睡眠 時 無 呼吸 症候群 診断。 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群 ahiとは?

睡眠 時 無 呼吸 症候群 診断

先日、僕のFacebook友達が奥さんから 「最近イビキがひどい」と言われたと投稿されてて、僕はすぐに 「ひょっとしたら睡眠時無呼吸症候群(SAS)かも?」と思い、彼に病院で検査することを勧めました。 調べてみたら、案の定、 睡眠時無呼吸症候群だったのですが、最近僕のまわりでもかなり睡眠時無呼吸症候群の人が増えてきました。 睡眠時無呼吸症候群は 「突然死」にも繋がる怖い病気ですから、早めに気づいて軽度のものであれば、 寝具を変えたり寝る姿勢を変えたり対策をすれば良いのですが、重度の場合は医師の指導を受け、 マウスピース、 CPAPなどの器具を装着したり、場合によっては手術が必要な場合もあります。 今回の彼のように家族と一緒に寝ている人は、「いびきがうるさい」と気づいてもらえますが、僕のように 一人暮らしをしている方や家族と 寝室を別にされている方は、自分ではイビキに気づきませんので手遅れになる場合もあります。 そんな方にオススメの アプリがありましたので、今回紹介させてもらいます。 僕が無料アプリ「イビキー」を見つけたきっかけ 僕は、元々全く いびきをかかないので、睡眠時無呼吸症候群は気にしてなかったのですが、最近、 朝起きると舌がカラカラに乾いていて、 寝覚めも以前よりスッキリしなかったんです。 それで、ひょっとしたら?と思ったんですけど、一人暮らしですから確認するには病院に行くしかありません。 何かいい方法は無いかなぁ?とネットで調べていたら、この 睡眠時無呼吸検出アプリ「イビキー」を見つけたんです。 睡眠時無呼吸検出アプリ「イビキー」とは? このアプリは東京の千代田区のお茶の水駿河台下交差点近くの循環器内科の院長、五十嵐健祐氏が開発したアプリです。 iPhoneをお使いの方であれば、 App Storeで 「イビキー」で検索してもらえば、すぐに見つかります。 一応、念の為に「イビキー」のダウンロードページのリンクも貼っておきますね。 これを使えば一人暮らしの方でも、自分がどれくらいいびきをかいているかがわかるようになります。 (正直、ビックリしました) でも、各時間帯を再生してみたところ、全くいびきはかいていませんでした。 (一安心です) この結果から考えると、アプリの説明では 枕元の枕の横側にセットするように書かれていたのですが、そこに置いた場合、 シーツや枕カバーの擦れる音までひらってしまい、いびきと認識してしまうようです。 (あくまでも無料アプリですからね) 実際に使用する際には、いびきの音だけをひらうように、もう少し距離を離した所に置く方がいいと思います。 (ご自身で一番自分に合う距離を見つけて下さいね) 睡眠時無呼吸症候群(SAS)にまつわるエピソード 同僚Aのケース アラフォーの メタボ体型の男性社員だったのですが、睡眠時無呼吸症候群でしっかり寝たはずなのに、一日中睡魔に襲われてるようでした。 昼食を食べながら寝てしまうのもしょっちゅうでしたし、 会議で重役が目の前にいる状態でも無意識のうちに寝てしまってました。 同僚Bのケース 副鼻腔炎の症状がある男性社員だったのですが、仕事で同じ車で営業先から帰る途中だったのですが、 高速道路で走行中(彼の運転)に熟睡されてしまいました。 怖くなって、すぐに運転を変わったのですが、後日彼が一人で運転中に 事故って車を廃車にしました。 (幸いにも怪我はありませんでした) 同僚Cのケース 身長が170cmくらいで 体重が170kg以上という「小錦」のような体型をしてたんですけど、(彼が 助手席に座るとサイドブレーキに太ももの肉が被るくらいでした)会社で昼寝をしている時も誰が見ても 「息をしていない」のがわかるくらいの重症でした。 見ているとだんだんと顔が真っ青になっていき、苦しくなって起きて「は~、は~」いってるような状態でした。 元カノの場合 実は、以前付き合っていた元カノが重度の睡眠時無呼吸症候群で、 CPAPを使ってました。 お泊りをする時にもCPAPは手放せません。 CPAPというのは専用の コンプレッサーを使って空気の圧力で気道を拡げる治療器具なんですが、当然一晩中コンプレッサーの音がします。 (小型で消音設計ですが) 最初はCPAPの音が気になりましたが、だんだんと慣れて普通に寝られるようになりました。 まとめ 睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、太っている人の病気だと思われている人も多いのですが、 あごが小さい、 鼻の気道が狭い(鼻の穴が小さい)というような人もなりやすい病気です。 また、 タバコによる喉の粘膜の炎症や、 アルコールによる喉まわりの筋肉の弛緩によっても起こります。 心当たりのある方は早めにチェックしておいて下さいね。 初めまして。 20数年くらい、朝起きても寝た気がしなく。 ・・・・・・をやってみたのですが、 折れ線グラフは再生されていくのですが 音が出ません。 (アイフォンの音量は最大にしています。 ) 機内モードoffでしましたが、 再生するときは機内モードonに戻しています。 それが関係してるのでしょうか。 アイフォンはベッドの枕もとの台の上においてしたので、 枕などの雑音ではないです。

次の

睡眠時無呼吸症候群の診断・治療

睡眠 時 無 呼吸 症候群 診断

すいみんじむこきゅうしょうこうぐん 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS) 【概要】 睡眠中に無呼吸を繰り返すことで、様々な合併症を起こす病気です。 【疫学】 成人男性の約3~7%、女性の約2~5%にみられます。 男性では40歳~50歳代が半数以上を占める一方で、女性では閉経後に増加します。 【発症のメカニズム】 空気の通り道である上気道が狭くなることが原因です。 首まわりの脂肪の沈着が多いと上気道は狭くなりやすく、肥満はSASと深く関係しています。 扁桃肥大、舌が大きいことや、鼻炎・鼻中隔弯曲といった鼻の病気も原因となります。 あごが後退していたり、あごが小さいこともSASの原因となり、肥満でなくてもSASになります。 【症状】 いびき、夜間の頻尿、日中の眠気や起床時の頭痛などを認めます。 日中の眠気は、作業効率の低下、居眠り運転事故や労働災害の原因にもなります。 【診断】 問診などでSASが疑われる場合は、携帯型装置による簡易検査や睡眠ポリグラフ検査(PSG)にて睡眠中の呼吸状態の評価を行います。 PSGにて、1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせた回数である無呼吸低呼吸指数(AHI)が5以上であり、かつ上記の症状を伴う際にSASと診断します。 その重症度はAHI5~15を軽症、15~30を中等症、30以上を重症としています。 【治療】 AHIが20以上で日中の眠気などを認めるSASでは、経鼻的持続陽圧呼吸療法(Continuous posi-tive airway pressure:CPAP)が標準的治療とされています。 CPAPはマスクを介して持続的に空気を送ることで、狭くなっている気道を広げる治療法です。 また、下あごを前方に移動させる口腔内装置(マウスピース)を使用して治療することもあります。 小児のSASではアデノイド・口蓋扁桃肥大が原因であることが多く、その際はアデノイド・口蓋扁桃摘出術が有効です。 【生活上の注意】 肥満者では減量することで無呼吸の程度が軽減することが多く、食生活や運動などの生活習慣の改善を心がけることが重要です。 アルコールは睡眠の質を悪化させるので、晩酌は控える必要があります。 【予後】 成人SASでは高血圧、脳卒中、心筋梗塞などを引き起こす危険性が約3~4倍高くなり、特に、AHI30以上の重症例では心血管系疾患発症の危険性が約5倍にもなります。 しかし、CPAP治療にて、健常人と同等まで死亡率を低下させることが明らかになっています。

次の

睡眠時無呼吸症候群 ahiとは?

睡眠 時 無 呼吸 症候群 診断

睡眠時無呼吸症候群でも、条件が限られても加入できる医療保険はある。 睡眠時無呼吸症候群と診断された場合、加入できる医療保険は限られてきます。 原因としては加入時に睡眠時無呼吸症候群と告知すると持病扱いとされてしまうためです。 睡眠時無呼吸症候群は保険会社に、高血圧症、脳卒中、心筋梗塞といった循環器系を蝕むおそれのある病気として認識されているので、保険会社側が被るリスクが高い人という判断を下され、受け入れされること事態が困難となってしまうのです。 そういった場合は、引受基準緩和型の医療保険を選びます。 引受基準緩和型とは保険に入るための条件を緩和した医療保険です。 医療保険に新しく加入する際、加入者は保険会社に告示書と呼ばれるものを提出します。 通常の告示書は、仕事内容や飲酒や喫煙のペース、持病について問われたものが一般的となっていて、 睡眠時無呼吸症候群の診断を受けている人は、この告示書に記載する義務があります。 しかし引受基準緩和型の医療保険の告示は、4~5つ程度の簡単な質問のみで持病を問うような質問事項はありません。 つまり睡眠時無呼吸症候群でも加入できる医療保険は存在するということになります。 健康体の人と比べて睡眠時無呼吸症候群の人は医療保険に加入しにくい? 通常の健康体の人は、病気になってしまうリスクがそれだけ低いので、医療保険は問題なく加入することができます。 しかしタバコを吸う人は、肺がん、そのほかの呼吸器系を蝕むおそれがあるため、保険料が割り高になっていることがあります。 睡眠時無呼吸症候群と診断された人も同様であり、将来病気になりやすいという判断を下され、医療保険に加入しにくくなってしまうのです。 あなたがもし、睡眠時無呼吸症候群であるかもしれないので病院へ行こうか検討しているとするならば、病院へ行く前に現在掛けている医療保険を速やかにもう一度見直してください。 医師から病名を告知されたあとの医療保険の加入は、大変難しくなってしまうからです。 自覚症状があるだけの段階であれば、保険会社に告知義務はなく、健康体の人と同じような扱いとなります。 保険に加入する前の基本的な健康診断も早い段階であれば、引っかかることもおそらくないといえるでしょう。 加入できる医療保険はどんな種類がある? 睡眠時無呼吸症候群でも加入できる医療保険の種類は以下の4つです。 引受基準緩和型 保険に加入するための条件、すなわち引受基準を緩和しているため、持病や健康上の理由で保険加入をあきらめていた方でも加入しやすくなった医療保険。 無選択型 医師の診査や告知書による告知なしで入れる医療保険で、引受基準緩和型よりも加入しやすくなった医療保険。 限定告知型 引き受け基準緩和型と類似したケースで、告知する項目が3~4個ほどしかなく、持病がある人でもクリアできてしまう医療保険。 無告知型 こちらは、告知なしで加入できる医療保険です。 誰でもどんな人でも加入することが可能です。 このように、睡眠時無呼吸症候群の告知をしなくても加入できる無申告型の医療保険が、今どんどん増えてきています。 最近では、持病ががんであっても加入できる保険まで誕生し、驚きを隠せません。 時代の変化の波に伴い、医療保険に対する消費者のニーズも少しずつ変わってきたせいなのでしょうか。 ただし、誰でも加入できるといったメリットを持つ反面、保険料がそのぶん割高となってしまうところがデメリットとなります。 睡眠時無呼吸症候群の検査入院は医療保険で対応できる? 睡眠時無呼吸症候群の検査入院は、医療保険での対応が可能です。 まだ少ないですが、対応可能な医療保険が増えてきています。 睡眠時無呼吸症候群の検査入院は、医療機関に1泊入院して、脳波や眼球運動までを調べる検査がおこなわれます。 この検査入院でかかった費用は、健康保険の適応となり3割の自己負担でおよそ4万~5万円かかります。 保険適用外の部屋代については、病院によって設定している金額に違いがあり、一概には示せません。 ですが睡眠時無呼吸症候群の人は、いびきをかくので基本的に個室が用意されていることが多いのです。 そこで医療保険での入院補償を適応させることで、支払う入院費を大幅に下げることができます。 医療保険は、治療を目的とした入院であれば入院給付金が受け取れると謳っています。 睡眠時無呼吸症候群の検査入院は、ただの検査ではなく、治療を目的としているので、多くの保険会社は適応範囲内としているわけです。 検査で睡眠時無呼吸症候群と診断されたら、加入していた医療保険はどうなる? 基本的に、医療保険契約期間中は告知義務というものがあります。 もしもこれを違反して告知をおこなわなかった場合、もらえたはずの給付金がもらえなくなるといった事態を招いてしまいます。 医師から睡眠時無呼吸症候群の病名を告知され、そのまま保険会社には何もいわず引き続き睡眠時無呼吸症候群の治療を続けて発覚した場合、これは立派な告知違反となります。 このように知らずに告知違反してしまっていたなんてケースは、意外と多いようです。 保険会社には、お客さま相談センターが設けられていますので、不明な点などはすぐに電話をかけて訊いてみることをおすすめします。 今まで入っていた保険の内容が、持病を持っている人は入れない内容であるのなら、持病を持っている人でも入れる保険の変更をすすめられることもあります。 給付金がもらえなかったなんて最悪な出来事を防ぐために、わからないことはすぐに尋ねるようにしましょう。 睡眠時無呼吸症候群を理由に加入の制限をされても、医療保険を選ぶのは自分自身 睡眠時無呼吸症候群と医師から診断されると入れる医療保険が制限されてしまうことがわかりました。 しかし制限されたとはいえ、自分が限られた医療保険の中からどれを選び申し込むのかは自由です。 一度保険料が高い無選択型の医療保険を選んでしまったとしても、治療を続けていくうちに症状が緩和され、自らの判断で現状より安い引受緩和型の医療保険に変更することも可能なのです。 昔はがん発症歴のある人が医療保険に加入できるなんて考えられない時代もありました。 ところが時代は医学の進歩に伴いどんどん変化を遂げ、保険業界に新風を巻き起こすような保険商材を誕生させてきました。 睡眠時無呼吸症候群の人に寄り添ったような新しい保険商材が今後販売される可能性だってゼロではありません。 状況というのは時間が経てばどんどん変化していくものです。 今の状況にぴったり合った医療保険を見つけたらそれを選ぶのはあなた自身なのです。

次の