コロナ オリンピック 中止。 新型コロナウイルスは収束する!?東京オリンピック中止はデマなのか検証|AchieveRog

東京オリンピックは中止すべき!中止しろ!延期しろ【新型コロナウイルス】

コロナ オリンピック 中止

新型コロナウイルスの影響で2020年7月の開催が危ぶまれている東京オリンピック。 「体育の日」から「スポーツの日」へ いつが祝日になるのかについては、「」で定められている。 そのうちの一つが1964年の東京オリンピックを記念した「体育の日」だったが、法改正で2020年1月から名称が「スポーツの日」に改められた。 「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」というのがその趣旨であり、本来は10月の第2月曜日が祝日となる。 オリンピックの中止・延期があっても、この「スポーツの日」の名称が「体育の日」に戻ることはない。 2020年だけ祝日を移動 問題は、この「スポーツの日」を含めて特別に3つの祝日が、2020年に限り、五輪シフトのために移動していることだ。 すなわち、「」により、「海の日」「スポーツの日」「山の日」が次のとおり変更されている。 大会の円滑な準備や運営などを図るというのがその狙いだ。 再変更には法改正が必要 ただ、これらはすでに特措法によって移動が実行済みとなっている。 この特措法の改正が行われない限り、たとえオリンピックが中止・延期になったとしても、2020年の「海の日」「スポーツの日」「山の日」はそれぞれ移動となった7月23日、24日、8月10日のままで変わらない。 また、その特措法によって2020年限定の措置とされているため、2021年以降は、例えば「海の日」が7月の第3月曜日であるなど、祝日法の原則に戻ることになる。 もし延期が半年後や1年後、2年後といった時期になれば、新たな開会式・閉会式の日に合わせ、改めてその年の祝日を移動させる法改正が必要となる。 一方、中止・延期が決まったからといって、先ほどの3つの祝日をもとに戻せば、カレンダーの表記と異なるなど大混乱が予想される。 2020年の祝日はオリンピックの中止・延期と関係なくそのままにしておく、といった措置が望ましいだろう。 (了) ~序章 1 逮捕2日前 夜半、携帯電話に着信履歴。 大阪地検の特捜部長からだった。 折り返すと、「自宅でゆっくりしている時に悪いな。 検事正から話があるそうやから、明日の午後1時に検事正室に来てくれるか。 検事正には部長も同席するようにと言われた。 用件は不明や」とのこと。 日曜日の23時になろうかという時間だったし、翌9月20日は敬老の日だった。 地検トップの検事正がわざわざ特捜部の部長と検事をセットで休日の庁舎に呼び出すということ自体、穏当でない。 ちょうど9日前には、僕が主任検事として捜査の取りまとめを行った厚労省虚偽証明書事件で、担当課の元課長に無罪判決が下っていた。 捜査当時は「社会・援護局長」という厚労省の要職に就いていた方だ。 引責のための突然の人事異動の話か、フロッピーディスクのデータ改ざんの件ではないかと直感した。 僕は何よりも法と証拠を重視すべきプロの法律家である検事として、絶対にやってはならない罪を犯した。 元課長やそのご家族をはじめ、厚労省事件に関わった全ての関係者の皆さまに与えた計り知れない苦痛を思うと、まさしく万死に値する行いにほかならない。 検事として、それ以前に一人の人間として、衷心からのお詫びの気持ちを形に表すべく、けじめをつけなければならない。 後輩検事の一人に改ざんの件を告白した際、「最後は僕が首をくくって責任をとるから」と言っていたが、いよいよその時がやってきたようだ。 (続).

次の

オリンピック中止・延期なら、海の日、スポーツの日、山の日はどうなる?(前田恒彦)

コロナ オリンピック 中止

日本での現在の状況は? 日本に対する懸念は山のようにある。 新型ウイルスの発生源である中国に地理的に近いこと、東京五輪のボランティア訓練が延期になったこと、先週の東京マラソンで一般参加者が制限されたこと、サッカーJリーグをはじめとする各種スポーツの試合が中止になったこと、そして学校の閉鎖要請だ。 4日には、4月に東京で行われる予定だったラグビーの「アジア・セブンズ・インビテーショナル」の試合も中止が決まった。 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長はこの日、2日間の理事会を終えて、ローザンヌで記者会見を行ったばかりだった。 東京五輪の組織委員会も、新型ウイルスによる感染症(COVID-19)を受けて聖火リレーを縮小することで合意している。 今年のオリンピックの聖火は来週にも、ギリシャで点灯される予定だ。 3日には日本の橋本聖子五輪相が、して話題となった。 IOCの見解は? Image copyright Getty Images Image caption 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長 ローザンヌで行われた記者会見でバッハ会長は、五輪大会が延期されるのかという矢継ぎ早の質問をかわし続けた。 24時間前に橋本五輪相が認めた事実が、バッハ氏に急いで予定外の声明を作らせたのかもしれない。 バッハ氏はこの会見で、オリンピックが予定通り開かれることに自信があると述べ、選手らに準備を呼びかけた。 バッハ会長はまた、もしもの時の「プランB(次善策)」の存在も否定し、延期や中止に関わる決定に対する言及を避けた。 さらには、説得力は大きくなかったが、理事会では「延期」や「中止」といった文言は一切出なかったと強調した。 一方で、代表選手を選出する試合などが中止になっていることで「困難」が生じていることは認めている。 国際パラリンピック委員会(IPC)は、こうした事態を受けて出場資格の見直しが必要だと述べている。 5日に発表したスポーツ選手宛ての書簡でバッハ会長は、もう少し現実的な話をした。 そこでは新型ウイルスが「全員にとって大きな懸念」であると認め、理事会でも「大きな議題」として取り上げられたと話した。 五輪大会を予定通り開催できるという自信はどこから来ているのかという質問には、世界保健機関(WHO)との定期的な情報交換の中で得たガイダンスを理由に挙げたが、具体的にどのような助言だったかは説明しなかった。 もしもの時の次善策はあるのか? バッハ会長の安心を促すメッセージは、オリンピックへの出資者や選手など、日本にいる多くの人々を安心させただろう。 しかし、会長がただ否定しているだけではないかと疑う人もいるかもしれない。 あるいは、避けられない事実を先延ばしにしているだけだと。 さらに、緊急時の対応計画を用意しないのは無責任ではないかと思う人もいるだろう。 実際には、IOCは確実に次善策を用意している。 ある内部筋によると、IOCはテロや戦争、自然災害、ボイコットといったあらゆる不測の事態に備え、次善策を準備しているという。 バッハ会長は決してパニックに陥っているという様子を見せないが、記者会見では、過去の大会でも困難に直面してきたと語った。 2016年のリオ大会の前にはジカ熱やロシア政府主導のドーピングスキャンダルに悩まされ、2018年の平昌冬季五輪の準備期間でも、朝鮮半島での核戦争の脅威にさらされたと述べた。 なのでもしかしたら、バッハ会長の冷静な表情にも納得が行くかもしれない。 結局のところ、IOCはバブルの中で運営をしているようなもので、誰かに期待されているからといって、警告を発したりはしないのだ。 これは賢いやり方かもしれない。 IOCはただでさえ、世界の都市に五輪開催に立候補するよう説得しなければならない困難に直面しており、今回の危機はそうした中で起きた。 バッハ会長が東京五輪の延期や中止を急ぐことは、本当に必要となるまではまずないだろう。 もしそうなれば、将来的には他の都市の立候補を妨げてしまうかもしれないからだ。 なぜ最終決定とはならないのか? Image copyright Getty Images まず、現段階で最終決定を下すのは時期尚早かもしれない。 すぐに大会が始まるということであれば、日本政府の大規模集会に対する施策を見ても、そして何千人ものスポーツ選手が選手村という狭い空間に集結することを考えても、当初の計画通りというわけにはいかないだろう。 しかし多くの人が期待しているように、新型ウイルスのアウトブレイク(大流行)のピークが訪れ、夏に向けて緩和されていけば、大会は予定通り開催されるだろう。 次に、もしIOCが公に大会の延期や中止を認めてしまったら、確実に損害を与えるような影響が出るだろう。 チケットや宿泊施設などの販売は落ち込み、選手に心配を与え、究極的にはオリンピックの財布を握っている放送局やスポンサーなどにも損害を与えることになる。 こうしたIOCの立場に唯一、反対の立場を取っているのが、IOCで長く委員を務めているディック・パウンド氏だ。 パウンド氏は先週、遅くても5月には、大会を中止するかどうかの最終決定が行われるだろうと認めた。 究極的には、状況は流動的で、刻一刻と変化している。 バッハ会長が開催に自信を持っているからといって、現状がこのまま変わらないわけではない。 バッハ会長の発言を考える際には、こうした状況を考慮にいれる必要がある。 決定権は誰に? 東京五輪について、東京都とIOCが交わした契約の第66条「契約破棄」の項には、戦争(1916年、1940年、1944年にはこの理由で中止となった)や暴動、ボイコット、その他IOCが参加者の安全性が危険にさらされると判断した「いかなる理由」がある場合も、「開催都市から大会を撤退させる」権限はIOCが持つと定められている。 特筆すべきは、大会が2020年内に行われなかった場合には、IOCが契約を破棄できると書かれていることかもしれない。 延期についての言及はない。 つまり、IOCが権限を握っている。 しかし究極的には、IOCはWHOの専門家や日本政府の助言に従って動くことになる。 多くの責任がIOCの肩にのしかかる中、彼らがIOCに大会続行は無責任だと告げるまでは、IOCはできる限りその自信を保ち続けるよう期待されている。 多少の延期はありえるのか? 今週ローザンヌで動きを見ていた中で明確に感じたのは、橋本五輪相が話していた短期的な、3~4カ月の延期というのは非常に考えにくいということだ。 ほとんど不可能だと言ってもいい。 すでに数多くのスポーツイベントが予定されている秋から冬に五輪大会を滑り込ませるのは確実に、非常に難しい。 多くの国際大会が何年も前から計画されており、それらが影響を受ける可能性がある。 また4年前の合意では、選手村に建てられる住居5000棟以上がパラリンピック終了後に売却されることが決まっている。 大会を延期した場合、1万1000人もの選手や何千人ものスタッフを収容できる場所があるかどうかは不透明だ。 ホテルに空き室があるか、ボランティアが集まるかどうかも分からない。 IOCの最も重要な放送パートナーである米NBCも、延期という見通しには悲観的だろう。 五輪がアメリカのプロバスケットボールやナショナル・フットボール・リーグのシーズンととかぶるような事態は、視聴者にとってもマイナスの影響になることは明らかだ。 NBCは先に、東京五輪に向けて9億7000万ポンド(約1330億円)の広告収入をあげたと発表している。 その他の選択肢は? イギリスのサイクリング協会のスティーヴン・パーク氏は今週、五輪大会を無観客で行うのはどうかと提案した。 大会を丸1年延期する、開催場所を他の年に移す、などの案もある。 しかし、新型ウイルスのアウトブレイクが予定通りの開催を妨げるとなれば、一番可能性のある結論はパウンド氏が示した全面中止かもしれない。 全面中止は一見、問題外の選択肢に思える。 その影響は計り知れないだろう。 しかし面白いことに、全面中止は思っている以上に、IOCにとって不愉快な出来事とはならないかもしれない。 東京都の契約によれば、大会が中止となった場合、日本の組織委員会は「あらゆる形式の補償や損害賠償、救済措置などを申し立てる権限も、またそうした補償を受ける権利も失う」ことになっている。 つまり、東京都は損害についてIOCを訴えることはできないのだ。 IOC自体は、大会が中止となった場合に向けて7億ポンドを備蓄している。 これにより、各国のオリンピック委員会や国際的なスポーツ連盟を支援することは可能だ。 また、IOCは夏季五輪への投資額8億ポンドを守るため、2000万ポンドを保険に費やしているという。 この保険が今回の新型ウイルスのような病気を対象にしているのであれば、IOCは大会中止に伴う損害について申し立てができるだろう。 中止となった場合、一番被害を受けるのは? まずは保険業界。 大会が中止となれば、少しでも損害を回復しようとする放送局、広告会社、スポンサー、ホテル、そして日本の組織委員会によって、保険業界は突然、数億ポンドもの申し立てを受けることになるだろう。 日本は、大会チケットをめぐる損害については保険をかけているかもしれない。 しかし日本はこのオリンピックを、東日本大震災からの復興のきっかけにしようと考えてきた。 そのために過去7年にわたって行ってきたインフラ投資や大会の準備費用、合わせて10兆ポンドは戻ってこないかもしれない。 もう規模を縮小することは不可能だ。 投資は終わってしまっている。 低迷する日本経済にとっては、観光収入の減少も大きな打撃となるだろう。 最後に、何年にもわたって夢を追いかけ、トレーニングに勤しんできた選手たちだ。 今回の大会が唯一のチャンスだという選手も多いだろう。 どれだけの重圧がかかっているかを考えれば、バッハ会長が延期や中止を示唆することすらためらっているように見えるのも、必要になるまで決定を急いでいないことも、驚くことではないかもしれない。 (英語記事 ).

次の

新型コロナウイルスで東京オリンピック2020は中止?延期の可能性も!

コロナ オリンピック 中止

【新型コロナまとめ】 東京オリンピックは中止すべき!中止しろ!延期しろ!新型肺炎コロナウイルスが落ち着くまでは・・・ 本日、中国の武漢から帰国した200名あまりの日本人の検査で、 2人の検査拒否を認めた検疫官。 中国で100名以上が死亡しているにも関わらず、日本では検査拒否をした2名の日本人をそのまま帰宅させました。 やはり、これだけ危険な新型肺炎コロナウイルスなのに、 日本の安全衛生体制はとても油断しているし、ゆるすぎる。 もし、このまま 「東京オリンピックを中止しろ!」という意見を受け止めなければ、万が一では取り返しがつかないほどの大問題に発展するでしょう。 およそ半年後に控えた東京オリンピック2020ですが、その頃までに新型コロナウイルスの予防対策が万全になっている可能性は非常に低い。 アメリカの大学バスケットリーグでは、2名の選手が感染したことを受けて試合を中止するほど。 加えて、日本に住む私たち日本国民にとって、東京オリンピック2020の中止は悲しいかもしれませんが、 命には替えられませんよね。 なので、新型コロナウイルスの予防+治療方法などが確立させるまで、東京オリンピックなどの民族大移動は避けるべきでしょう。 そのため、 「東京オリンピックを中止しろ!」という意見に賛成する人々が増えています。 もちろん、WHOも新型コロナウイルスの脅威に強く警戒をしており、WHO 世界保健機関 およびIOC 国際オリンピック委員会 が東京オリンピック2020の中止協議をスタート。 東京オリンピック2020を開催するにあたって、日本では3兆円にもおよぶ投資金額が使わてきました。 でも、ここは人々の命を最大限に尊重すべきではないでしょうか。 【新型コロナまとめ】 WHOも東京オリンピックの中止要請・延期を決定か?検査拒否を認める杜撰な日本の安全体制。 特に、WHOが懸念しているのは、日本の意識の低さではないでしょうか?? 2020年1月29日、中国の武漢からチャーター便で帰国してきた日本人。 その200名あまりの誰もが新型コロナウイルスに感染している可能性が高かったですよね。 しかし、日本の検疫官は、2人を検査せずにそのまま帰宅させました。 検査を拒否した2人にも非があるかもしれません。 だけど、私が思うには、検疫官のプロ意識の低さが目に余ります。 なぜ検査拒否を認めたのか、その理由はまだハッキリしていません。 でも、スーパースプレッダーとなる確率もゼロではない中で、簡単に野放しにした判断はあまりにも甘すぎです。 このような杜撰な日本の状態で、東京オリンピックなんか開催したら・・・日本中が新型コロナウイルスで溢れ返りますよね。 加えて、東京オリンピックが終了した後、各国の人達が母国へと出国します。 つまり、日本で新型コロナウイルスに掛かった外国人も、祖国で新型コロナウイルスを感染させまくってしまいますよね。 そうなると、日本中だけでなく、世界中で新型コロナウイルスが感染しまくる状態に陥ります。 以上のように、.

次の