片足 だるい。 ふくらはぎがだるい!そんな悩みを改善する極上セルフケアをご紹介

ふくらはぎがだるい原因はこの3つ!効果的な対策もご紹介!

片足 だるい

血行不良 ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれている部位です。 ふくらはぎは下半身に血液を送り出すポンプの役割を持っています。 そのポンプ機能がうまく働かず血液の流れが悪いと、ふくらはぎにだるさを感じます。 血行が悪くなる理由は主に ・冷え ・筋肉の凝り固まり ・水分の不足 が挙げられます。 エアコンの効きすぎや 冷たい物の飲み過ぎは、体が冷える原因となってしまい体のだるさを感じたりします。 普段から体を冷やさないよう、気を付けましょう。 運動不足や、 長時間同じ体勢でいた時は、筋肉が固まってしまい血行不良の原因となります。 生活の中に。 適度な運動を取り入れましょう。 デスクワークや立ち仕事の方は、時々 ストレッチをするだけでも、血行促進に有効です。 水分不足で体内のミネラルバランスが崩れると、筋肉や神経の調整が乱れてしまいます。 特に マグネシウムや カルシウムの不足が原因となる事が多いです。 定期的に水分を補給するよう意識しましょう。 血行不良が原因の、ふくらはぎのだるさ解消におすすめな対策は、 入浴とマッサージです。 入浴は体が温まり血行促進には非常に効果的です。 また、マッサージを行うことで血液の循環をさらに高めます。 マッサージの手順は、入浴中に座りながら、足首からふくらはぎへ、そして膝、ふとももへと 足先から心臓に向かうイメージで優しく手で摩って下さい。 体内の血液の流れを動かすイメージで、ぜひ行ってみてくださいね。 スポンサードリンク 下肢静脈瘤 下肢静脈瘤は、足の静脈に血液が溜まってしまう病気です。 この病気に罹ると、 足の血管がうねうねと蛇行して、皮膚の上から見てもわかるほどに膨れ上がってしまいます。 症状としては、ふくらはぎのだるさ以外にも、 ・足のむくみ ・足の血管がズキズキと痛む ・寝ている時に足がつる などがあらわれるのが下肢静脈瘤の特徴です。 さらに病気が進行していくと、皮膚の色が変色し始めて、湿疹が起こり、潰瘍ができることもあります。 下肢静脈瘤は、マッサージしても、あまり効果がありません。 病院で行なう治療としては、血管内に硬化剤を注射したり、血管内にワイヤーを入れて静脈瘤を引き抜く ストリッピング手術が有名です。 遠目に見てもわかるほどに血管が皮膚の上に浮き出ている場合は、かなり症状が進行しています。 早急に病院で診療を受けて、手術を行なったほうがよいでしょう。 自宅で行なう対策としては、 圧迫療法が効果的です。 足を締め付ける効果がある弾性ストッキングを履くことで、広がった血管を物理的に狭くして、ふくらはぎに血管が溜まるのを防ぎます。 ただし、圧迫療法では、下肢静脈瘤の進行を防止することしかできません。 病気を治療するためには、手術を行なう必要があります。 スポンサードリンク 間欠性跛行 間欠性跛行は、ふくらはぎのだるさに加えて、 少し歩いただけでも、痺れや痛みが生じるのが特徴です。 休憩を挟むことで症状が一時的に緩和されますが、運動を再開すると、またすぐに痛みや痺れが再発します。 酷くなると200メートル程度の距離を歩いただけで、痛みや痺れが生じます。 60歳以上の高齢者に多い病気ですが、若い人でも 冷え性や 飲酒・ 喫煙などが引き金となって、発症することがある病気です。 原因は神経性と血管性の2つに分けられていて、神経性の場合は、脊髄や背骨に問題を抱えている場合が多いです。 坐骨神経痛を持病として抱えている人もいます。 血管性の場合は足の血管が硬化しています。 いわゆる 動脈硬化の一種で、血管の内壁が狭くなることで、血液の流れが悪くなってしまう症状です。 間欠性跛行の対策としては、神経性であれば、根本的な原因である坐骨神経痛や腰痛を改善していくことが重要です。 症状が悪化している場合は、神経ブロックや外科的な手術を行なう必要もあります。 血管性の場合は、まず動脈硬化の検査を行い、血管拡張作用を持つ薬を服用する薬物療法が一般的です。 脳血管障害や 虚血性心疾患といった、命に関わる病気が合併症として考えられますので、必ず病院で精密検査を受けるようにしましょう。 まとめ ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれている部位です。 実際に、ふくらはぎは下半身の血液を動かすポンプの役割を持っています。 まず、日頃から半身浴やマッサージを行なって、ふくらはぎの冷えや疲れを解消するように心がけましょう。 それでも、ふくらはぎがだるい時は、下肢静脈瘤や間欠性跛行といった病気である可能性があります。 早めに 内科か 血管外科の診断を受けて、適切な治療を行なうことが大切です。 関連記事としてこちらもご参考下さい。

次の

太ももがだるい原因とは?効果的なストレッチやマッサージを紹介

片足 だるい

足がだるい原因 疲労 足がだるい原因として最も多いのは疲労です。 筋肉を使いすぎると、筋肉が固まってしまい、血液を循環させる機能が低下してしまいます。 この時、疲労物質が蓄積するのです。 足は心臓から遠く、重力に逆らって血液を循環させるのに大きなエネルギーを使う場所です。 そのため、血液の循環が滞りやすく、疲労物質が蓄積しやすい部分と言えます。 足がだるいと行動が鈍くなり、活動が減ってしまう方もいますが、これでは疲労回復に返って時間がかかってしまいます。 足にたまった疲労物質をしっかり循環させて排出するには、少々だるくても体を動かすことが重要です。 立ち上がるのが辛いなら、まずは座ったままストレッチをしてみましょう。 入浴時には湯舟につかって体を温めましょう。 疲労による足のだるさは、体を動かして疲労物質を排出すると回復します。 なかなか回復しない場合や、繰り返し生じる場合は疲労ではなく病気の可能性があります。 気象シンドローム 気象シンドロームという言葉をご存じでしょうか? その名の通り、 気温や湿度などの変化に伴う気象の変動により起こるさまざまな体調不良のことです。 そして、気象シンドロームは足に最もあらわれやすいことで有名です。 気象に変化によって、足の筋肉が弛緩したり、汗が出にくくなったりすることにより、足が重く感じてしまうのです。 気象が変化しやすい、季節の変わり目や梅雨の時期に足がだるく感じたらこの気象シンドロームを疑ってみてください。 解消するには、お風呂に入っているときに自分の足をマッサージすることがおすすめです。 筋肉をよく揉み解すようにしっかりとマッサージしてみてください。 病気の可能性は? 下肢静脈瘤 足のだるさが症状としてあらわれるときにまず考えられるのが、 下肢静脈瘤という病気です。 下肢静脈瘤は、長時間立ちっぱなしの仕事に従事している方や2回目以降の妊娠時などに生じることが多い病気です。 足の静脈で血液が逆流しないようにしている静脈弁が機能しないくなり、血液が滞りコブができてしまいます。 足のだるさの他、痛みやかゆみが現れることもあります。 解消法 初期の段階であれば、疲労時と同じようにストレッチをしたり温めて血液の循環をよくすることで解消されますが、それでも回復しない場合は医療機関で相談しましょう。 下肢静脈瘤の治療は生活習慣の改善が重要です。 長時間立ちっぱなしのお仕事をされる方は、同じ姿勢ばかりにならないように定期的に足を動かせるように配慮しましょう。 1時間に一度は休憩をとることも大切です。 休憩時や就寝時には足を少し高く上げると良いでしょう。 入浴時には温めながら足のマッサージをすると効果的です。 下肢静脈瘤は女性に多い病気です。 弾性ストッキングを着用することで足の血液循環をスムーズにする効果があります。 弾性ストッキングは、足を締め付けることが目的ではありません。 足首から段々圧力が弱くなるように設計されており、血液が心臓へ戻る力を補助してくれます。 弾性ストッキングは、種類・サイズや着用方法など自分に合ったものを着用することで効果が発揮されます。 違和感を感じる場合は無理に継続せず、医師に相談しながらすすめましょう。 下肢静脈瘤は進行すると、生活習慣の改善だけでは対処できません。 静脈瘤に薬を注射して静脈を硬化させる硬化療法や、カテーテルを入れて血管内から熱を加えて焼く血管内治療、静脈瘤を除去する方法などがあります。 病状や環境によってどの治療法が良いのか変わってきます。 医師と相談しながら、自身に合った治療法を探しましょう。 糖尿病腎症 糖尿病をかかえている方が注意したいのが糖尿病腎症です。 糖尿病腎症は、糖尿病で長年高血糖が続くことで腎臓が機能低下を起こしてしまう合併症です。 腎臓の機能が低下すると体内の水分量の調節がうまくできなくなります。 そのため足がむくみ、だるさが生じることがあります。 糖尿病の合併症です。 血糖コントロールが何よりも重要ですので、主治医と相談しながら治療を進めましょう。 まとめ 足がだるい場合、ちょっとした疲れだと放置してしまいがちです。 しかし疲労が原因であっても、体を動かさなくては改善されません。 ストレッチや入浴など、血行をよくするよう心がけましょう。 一時的なだるさであれば問題ありませんが、ストレッチや入浴などでも改善が見られない場合は病気の可能性があります。 他にも症状がないか確認してみましょう。 下肢静脈瘤や糖尿病腎症などの病気が原因となっている場合は、自身で改善させることは困難です。 できるだけ早く医師に相談し、症状や環境に合った治療法を探しましょう。

次の

足が重い原因は?考えられる病気とその対処法を知ろう!

片足 だるい

もっと見る 一日活動して夜帰宅すると、足がむくんで朝より膨張しているように思えることがあります。 通常 足のむくみは左右両方に表れますが、 片足だけむくむ場合は「下肢静脈瘤」などの病気も考えられます。 この記事では片足だけにむくみが起こる原因と解消法、病気の可能性について解説します。 むくみの仕組み まずむくみはどのようにして起こるのか、メカニズムをみていきましょう。 1.血液循環が滞るとむくみが起こる 人の体は血液循環を繰り返しており、心臓から送り出された血液は全身を巡って再び心臓に戻ってきます。 中でも足は心臓から離れているため、その血液を戻す際には大きな力が必要となります。 しかしこの機能が正常に働かないと、心臓に戻せなかった血液や余分な水分がふくらはぎの周辺にたまり、むくみとなります。 足は第2の心臓 「足は第2の心臓」と呼ばれるほど、血液循環において重要なはたらきをしています。 心臓から血液が送り出されるときは鼓動がポンプの役割を果たしていますが、足から心臓に血液を戻すときはその役割をふくらはぎの筋肉が担います。 しかし長時間同じ姿勢でいたり立ちっぱなしだったりすると、重力がふくらはぎの筋肉に負担をかけ、血液循環が滞ります。 2.塩分やアルコールもむくみを起こす 塩分やアルコールの摂りすぎもむくみを引き起こします。 塩分がむくみを起こすメカニズム 塩分には水分を抱え込む性質があります。 そのため塩分を摂りすぎると余分な水分を排出しきれず、ためこんでしまうことでむくみが起こります。 アルコールがむくみを起こすメカニズム アルコールの場合は逆で、利尿作用がはたらくことで体内の水分が失われていきます。 これによって血液の濃度が高くなり(=血液が濃くなり)、体は血液を薄めるため血管内に水分を摂りこむようになります。 そのためアルコールを摂りすぎると、利尿作用のはたらきとは裏腹に、体内に水分がたまってむくみが生じます。 片足だけむくむ原因 足のむくみは両足に表れるのが一般的ですが、何らかの病気が原因となっている場合、左右どちらかにむくみが表れることがあります。 考えられる病気としては下記の通りです。 1.下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう) 静脈内で血液が逆流している状態です。 静脈には血液の逆流を防ぐために「逆流防止弁」というものがありますが、この弁が遺伝要素や過度な立ち仕事など、何らかの理由で機能しなくなると血液の逆流が起こります。 すると静脈内の圧力が高まることでその部分が膨れ上がり、血管の盛り上がりやむくみが表れます。 放っておくとどうなる? 放っておくと、 足のつりや色素沈着、潰瘍、出血などの症状となってあらわれます。 2.エコノミークラス症候群(深部静脈血栓症) 飛行機など長時間足を動かせないような環境下では、足の静脈に血栓(血の塊)ができやすくなります。 血栓ができると血液循環に支障が出るため、むくみが起こります。 放っておくとどうなる? 放っておくと、静脈の血栓が歩行などをきっかけに足の血管から離れ、血液の流れに乗って肺に到着し、肺の動脈を塞いでしまい、死に至ることもあります。 片足のむくみの治療について 1.病院へ行くべき? ただの水分が溜まったむくみであれば、放っておいても治ります。 そうではない場合、片足だけむくむ場合は上記の病気が隠れている可能性があります。 進行すると命に関わることもあるため、早めに病院を受診して精密検査を受けましょう。 何科を受診したら良い? 一般的な 総合外来や内科、整形外科を受診します。 2.治療方法 特に病気などがなければ、 利尿薬を処方されることが多いです。 排尿を促すことで血液中の余分な塩分や水分を排出でき、むくみの解消効果があります。 利尿薬による利尿作用が、アルコールの利尿作用と異なるのは、塩分を尿として排泄できる点です。 塩分を排泄することで、アルコールのように血管内に水分を取りこもうとする働きが抑えられます。 また 弾性ストッキングを活用してむくみを解消する治療法もあります。 病院や近くの薬局で購入し、自宅で症状が改善するまではきます。 下肢静脈瘤の場合は? 弾性ストッキングなどで症状を改善したり、進行を予防したりする保存的治療、静脈瘤に薬を注射して固めてしまう硬化療法、その他手術やレーザーを使う血管内治療があります。 エコノミークラス症候群の場合は? 重症度によって治療法は異なりますが、軽度なら 血行をよくする薬の処方だけで済む場合もあります。 重度の場合はカテーテルや手術によって血栓を取り除く手術を行ったり、入院が必要となったりすることもあります。 4.むくみの解消法 自分でできるむくみの解消法をいくつかご紹介します。 マッサージ 最も効果的なのはマッサージです。 足にたまった血液を心臓に戻すイメージで、足首から上に向かって撫でるように流します。 特に入浴後など血液の循環が良くなっているときに行うと効果です。 むくみやすい方は習慣としてマッサージを取り入れてみましょう。 エコノミークラス症候群の場合、マッサージはNG エコノミークラス症候群によるむくみの場合は、 マッサージによって血栓が移動する可能性があるため避けましょう。 血栓が肺に移動すると「肺血栓塞栓症」を引き起こし、最悪の場合命にかかわることもあります。 片足だけむくんでいる場合はマッサージを避け、早めに病院を受診しましょう。 片足のむくみが、エコノミークラス症候群かどうかは、素人では間違うこともあります。 ずっと同じ姿勢を続けていた、乗り物に乗っていたなど、症状が出る前後のご自身の動きから判断しましょう。 適度な運動 ふくらはぎの筋肉が弱ると血流が悪くなってむくみやすくなるため、日頃から適度な運動を習慣化しましょう。 ウォーキングをしたり、移動時は意識して階段を使ったりすると効果的です。 食事は塩分を控えてカリウムを! また、食事の面からは 塩分を多く含むものは控えめにして、腎臓が悪くない人は水分を排出させる効果のある カリウムを多く含んでいる野菜や果物を意識して摂るようにしましょう。 まとめ 日常的によくみられるむくみは、両足に表れるのが一般的です。 そのため片足だけむくんでいる場合は病気の可能性が考えられ、進行すると命にかかわることもあるため注意が必要です。 足のむくみはあまり気に留めない方も多いですが、左右一方がむくんでいる場合は早めに病院を受診して検査を受けましょう。

次の