スプラ c帯。 【スプラトゥーン2】ウデマエSとS+の違いとS帯で勝てない原因を解説!

スプラトゥーン2、ガチアサリ追加ですよね?

スプラ c帯

スポンサードリンク ガチエリアのB帯で勝てない! ガチエリアのB帯で勝てない原因として「倒す数(キル)が少なく倒される数(デス)が多い」というのはよくありがちな原因であり、確かにその通りなのだが、それであれば基本的な立ち回りを練習するしかない。 ガチエリアはナワバリバトルの延長であり、他のルールと違い「ホコを持っていたからやられた」「タイミング悪くヤグラに乗って不利になった」ということがないからだ。 ただ、そういったわかりやすい原因ではなく 「敵をたくさん倒しているのに勝てない」「味方全体として倒している数も倒されている数も大体同じくらいなのになぜかノックアウトされてしまった」というようなよくわからないままに負けてしまうことがあるだろう。 恐らくこのページをご覧頂いている方も心当たりがあるのではないだろうか? ここがまさしくガチエリアのB帯を抜け出すキモになる。 ガチエリアでB帯を勝ち抜く立ち回りとは? ガチエリアは慌てて取り返さない ガチエリアを取られると相手のカウントが進む。 不利な状況にしたくないために、 スグに塗り返してカウントストップ、エリア奪取によるペナルティタイムを相手につけたい気持ちはよくわかる。 ところがこれを繰り返していると 不利になってしまう。 冷静に考えてみよう。 相手に塗り替えされたということは相手の前線が押しあがって塗り替えされた周辺には敵が潜んでいる可能性が大きい。 その状態ですぐに塗り返すのはそう簡単なことではない。 それにカウントストップまで塗り返せたとしても周囲に相手がいたらすぐにまた塗り替えされてエリアが相手のインクで染まってしまう。 ガチエリアを塗り替えされたら 意識したいのはガチエリアの周りだ。 相手からすればせっかく奪ったガチエリアをキープしたいという心理になる。 なので、ガチエリアには目が向きがちだが、その周辺はおろそかになりがちになる。 ガチエリアにはボムなどを投げて目を引かせておき、その間にエリアの周りを塗ってガチエリアを奪う準備をしておく。 味方が前線に戻ってきてないならガチエリアの周辺を塗り、余裕があれば敵を倒しながら奪うチャンスをうかがう。 そして、 ガチエリアの周辺を塗り反攻の準備が整ったら一気にエリアを奪取する。 このスピード感が大切だ。 エリアを取ったら前線をあげる! ガチエリアを取ったらあとはこのガチエリアを守り切ればいい! そう思っていないだろうか? スポンサードリンク ガチエリア周辺で戦うのは実は 守る側にとってリスクが大きい。 ガチエリア内でやられたら相手色のインクが飛び散ってしまうし、お互い攻め合っている中でうっかりエリアを取り返されてしまうと、形勢逆転されてしまう。 エリアを取ったら前線を押し上げる意識が大切だ。 ただ、相手のリスタート地点まで押し上げる必要はない。 エリアを守るためにはエリア周辺で戦うのではなく、そもそもエリアに来させないような位置で戦うこと。 これがポイントだ。 キル数、デス数は悪くないのに苦戦してしまう時はこの前線の押し上げが上手くいっておらず、エリア内に突っ込んでくる敵をぎりぎりで倒しているから見かけのキル数、デス数だけ良くなっている、というパターンが多い。 前線の押し上げ、意識してみよう。 自分の役割を意識しよう 自分が何の武器を選び、味方がどんな武器を持ってきたかで自分の役割が何になるのか意識しよう。 細かい役割を意識する必要はないが、 主に「塗り」をメインにするか、「キル」をメインにするかは最初に意識しながらバトルを始めるといいだろう。 例えば自分が52ガロンを持ってキルメインで行こうとしても味方の編成がスプラスコープ、ノヴァブラスター、ホットブラスターカスタムだったら自分が塗りメインで戦った方がチームの勝率は高くなる。 逆にこの編成であなたまでキルメインでいくと塗り負けてしまう。 細かく味方の武器が何でサブウェポンが何でスペシャルが何で…と見分ける必要はない。 ただ、シューター、ローラー、チャージャー、ブラスター…などおおまかな見分けはつけるようにしておこう。 エリアが二つある場合は味方の動きをよくみる ガチエリアが二つあるステージは味方4人で攻めるよりも1:3か2:2で別れたほうが効率がいい。 これは攻める時だけでなく、守る時も同じだ。 先ほどの『エリアを取ったら前線を押し上げる!』はエリアが二つある場合は、味方4人で前線を押し上げてはいけない。 必ず 一人は味方自陣側のエリア周辺に待機しておいた方がいい。 味方が一人残ってくれればあなたが進んでもいいが、逆に全員前線にあがってしまったらあなたは自陣側のガチエリア周辺に残ろう。 これはエリアを取り返す時も同様だ。 正直、負けている時の裏取りに近い行為は賛否両論あるが、B帯であれば、ガチエリアが両方取られている時は、味方自陣側に3人、敵陣側のエリアに1人で打開したほうが結果的に打開しやすいと感じる。 いずれにせよ、エリアが二つある場合は特に味方の動きを見ながら動こう。 スペシャルウェポンは打開のために使う 基本的にガチエリアでスペシャルウェポンを使うタイミングはエリアを取られて不利な状況からの打開の時だ。 そして打開は一人だけではできない。 取られているエリアにアメフラシやマルチミサイルを撃ち込んでも一瞬で塗り替えされてしまうだけだ。 味方の動きに合わせて援護するつもりでスペシャルウェポンを使うのがコツだ。 なお、ステージごとの打開ルートや打開方法は別記事にて解説予定だ。 準備出来次第お届けするのでお待ちいただきたい。 ガチエリアB帯での立ち回りまとめ ガチエリアのB帯を勝ち抜くための立ち回りで大切なのはエリアの周りに目を向けられるかということ。 エリアの周りの塗りはどうか、前線の押し上げはできているか、味方の編成と自分の役割はどうか、などなど。 単純に敵を倒したり、倒されるという数も大事だが、こうした状況判断を身につけることがb帯を勝ち抜くコツになってくる。 ぜひ何回もチャレンジしながら身に着けていってほしい。

次の

【スプラトゥーン2】A帯は闇?S帯に上がれない・抜けられない人の特徴とは?|ゲームエイト

スプラ c帯

スポンサードリンク ガチエリアのB帯で勝てない! ガチエリアのB帯で勝てない原因として「倒す数(キル)が少なく倒される数(デス)が多い」というのはよくありがちな原因であり、確かにその通りなのだが、それであれば基本的な立ち回りを練習するしかない。 ガチエリアはナワバリバトルの延長であり、他のルールと違い「ホコを持っていたからやられた」「タイミング悪くヤグラに乗って不利になった」ということがないからだ。 ただ、そういったわかりやすい原因ではなく 「敵をたくさん倒しているのに勝てない」「味方全体として倒している数も倒されている数も大体同じくらいなのになぜかノックアウトされてしまった」というようなよくわからないままに負けてしまうことがあるだろう。 恐らくこのページをご覧頂いている方も心当たりがあるのではないだろうか? ここがまさしくガチエリアのB帯を抜け出すキモになる。 ガチエリアでB帯を勝ち抜く立ち回りとは? ガチエリアは慌てて取り返さない ガチエリアを取られると相手のカウントが進む。 不利な状況にしたくないために、 スグに塗り返してカウントストップ、エリア奪取によるペナルティタイムを相手につけたい気持ちはよくわかる。 ところがこれを繰り返していると 不利になってしまう。 冷静に考えてみよう。 相手に塗り替えされたということは相手の前線が押しあがって塗り替えされた周辺には敵が潜んでいる可能性が大きい。 その状態ですぐに塗り返すのはそう簡単なことではない。 それにカウントストップまで塗り返せたとしても周囲に相手がいたらすぐにまた塗り替えされてエリアが相手のインクで染まってしまう。 ガチエリアを塗り替えされたら 意識したいのはガチエリアの周りだ。 相手からすればせっかく奪ったガチエリアをキープしたいという心理になる。 なので、ガチエリアには目が向きがちだが、その周辺はおろそかになりがちになる。 ガチエリアにはボムなどを投げて目を引かせておき、その間にエリアの周りを塗ってガチエリアを奪う準備をしておく。 味方が前線に戻ってきてないならガチエリアの周辺を塗り、余裕があれば敵を倒しながら奪うチャンスをうかがう。 そして、 ガチエリアの周辺を塗り反攻の準備が整ったら一気にエリアを奪取する。 このスピード感が大切だ。 エリアを取ったら前線をあげる! ガチエリアを取ったらあとはこのガチエリアを守り切ればいい! そう思っていないだろうか? スポンサードリンク ガチエリア周辺で戦うのは実は 守る側にとってリスクが大きい。 ガチエリア内でやられたら相手色のインクが飛び散ってしまうし、お互い攻め合っている中でうっかりエリアを取り返されてしまうと、形勢逆転されてしまう。 エリアを取ったら前線を押し上げる意識が大切だ。 ただ、相手のリスタート地点まで押し上げる必要はない。 エリアを守るためにはエリア周辺で戦うのではなく、そもそもエリアに来させないような位置で戦うこと。 これがポイントだ。 キル数、デス数は悪くないのに苦戦してしまう時はこの前線の押し上げが上手くいっておらず、エリア内に突っ込んでくる敵をぎりぎりで倒しているから見かけのキル数、デス数だけ良くなっている、というパターンが多い。 前線の押し上げ、意識してみよう。 自分の役割を意識しよう 自分が何の武器を選び、味方がどんな武器を持ってきたかで自分の役割が何になるのか意識しよう。 細かい役割を意識する必要はないが、 主に「塗り」をメインにするか、「キル」をメインにするかは最初に意識しながらバトルを始めるといいだろう。 例えば自分が52ガロンを持ってキルメインで行こうとしても味方の編成がスプラスコープ、ノヴァブラスター、ホットブラスターカスタムだったら自分が塗りメインで戦った方がチームの勝率は高くなる。 逆にこの編成であなたまでキルメインでいくと塗り負けてしまう。 細かく味方の武器が何でサブウェポンが何でスペシャルが何で…と見分ける必要はない。 ただ、シューター、ローラー、チャージャー、ブラスター…などおおまかな見分けはつけるようにしておこう。 エリアが二つある場合は味方の動きをよくみる ガチエリアが二つあるステージは味方4人で攻めるよりも1:3か2:2で別れたほうが効率がいい。 これは攻める時だけでなく、守る時も同じだ。 先ほどの『エリアを取ったら前線を押し上げる!』はエリアが二つある場合は、味方4人で前線を押し上げてはいけない。 必ず 一人は味方自陣側のエリア周辺に待機しておいた方がいい。 味方が一人残ってくれればあなたが進んでもいいが、逆に全員前線にあがってしまったらあなたは自陣側のガチエリア周辺に残ろう。 これはエリアを取り返す時も同様だ。 正直、負けている時の裏取りに近い行為は賛否両論あるが、B帯であれば、ガチエリアが両方取られている時は、味方自陣側に3人、敵陣側のエリアに1人で打開したほうが結果的に打開しやすいと感じる。 いずれにせよ、エリアが二つある場合は特に味方の動きを見ながら動こう。 スペシャルウェポンは打開のために使う 基本的にガチエリアでスペシャルウェポンを使うタイミングはエリアを取られて不利な状況からの打開の時だ。 そして打開は一人だけではできない。 取られているエリアにアメフラシやマルチミサイルを撃ち込んでも一瞬で塗り替えされてしまうだけだ。 味方の動きに合わせて援護するつもりでスペシャルウェポンを使うのがコツだ。 なお、ステージごとの打開ルートや打開方法は別記事にて解説予定だ。 準備出来次第お届けするのでお待ちいただきたい。 ガチエリアB帯での立ち回りまとめ ガチエリアのB帯を勝ち抜くための立ち回りで大切なのはエリアの周りに目を向けられるかということ。 エリアの周りの塗りはどうか、前線の押し上げはできているか、味方の編成と自分の役割はどうか、などなど。 単純に敵を倒したり、倒されるという数も大事だが、こうした状況判断を身につけることがb帯を勝ち抜くコツになってくる。 ぜひ何回もチャレンジしながら身に着けていってほしい。

次の

【スプラトゥーン2】ウデマエCとBの違いとC帯で勝てない原因を解説!

スプラ c帯

A帯が闇とはどういうこと? A帯で負のループ!S帯へ上がれない状態! 「A帯が闇」と言う言葉を良く聞きますが、この「闇」と言うのはどういう事かというと、簡潔に言えば、A帯で負けが続き、A帯を維持しつつもS帯には上がれない状態を言います。 A帯は、ある程度スプラトゥーンに慣れてきたプレイヤーが到達できるくらいのウデマエ帯で、しかし同時に、 まだガチマッチにおけるルールへの理解度や、テクニックの未熟さが残るプレイヤーが多くいるウデマエ帯でもあります。 その類のプレイヤーが集まれば、必然的に、文字通り負のループに陥り、延々とS帯に上がれない状態になるのです。 これが「A帯は闇」と言われる所以です。 A帯に限らず闇がある? ルールや時間帯、ましてや実装直後の新ルールに関しては、その「闇」が顕著で、A帯に限らず、B帯やS帯でもその闇を実感することが出来ます。 A帯から抜けられない人の特徴 気づいてない?闇の原因はあなたにも…? S帯から上がれず、A帯から抜けられないでいる方の特徴を大まかにまとめると、以下の通りです。 テクニックが拙く武器熟練度が低い• それぞれのルールへの理解度が低い• 状況に合わせた適切な立ち回りができない• これだけが原因で上がれないという方は、時間はかかりつつも、テクニックの上達や武器の扱いに慣れたころには、A帯から抜けられるでしょう。 エリアなら塗る、ヤグラなら乗る、ホコなら運ぶ、と、そんな簡単なことを行っているのではありません。 エリアなら人数有利不利を意識し、ヤグラなら攻防の切り替えを意識し、ホコならカバーの徹底を意識し... というように、 そのルールにおいて重要な行動が何かを理解し行動に移せているかと言うことです。 不要な裏取りをしてドヤ顔キル稼ぎ、塗り乗り運びは完全に味方任せ、など、意味の分からない行動を取っているプレイヤーが多くいます。 ルールに見合った行動が出来ていない時間が多いと、前線放置と同等、地雷・戦犯と同レベルだと覚えておきましょう。 これ、非常に多いです。 戦況に合わせた攻防の切り替えや、チャンス時のカウント稼ぎ、必要な場面における確実なキルなどが出来ていないプレイヤーがほんとに多いのです。 例えば、「あそこで近くにいた自分が敵のホコ運搬を止めていたら勝てたんだ…」と言う状況に居合わせたことはありませんか?この様に、状況に合わせた立ち回りを徹底できないのは、ガチマッチ全ルールにおいて痛手となり、 勝機をかなりの確率で逃すことになります。 ここまでくるともう救いようがありません。 残念ですが、あなたのウデマエはそれが相応、と言うことになります。 A帯からS帯へ上がるために必要なこと その1:テクニックや武器の練習をする まずはひたすら練習しましょう。 スプラトゥーンでできるテクニックを磨き、自分に合った武器を見つけ、武器を極める。 実に単純明解ですが、練習あるのみと言うものです。 特にエイム力に関しては、練習した分しっかり対面時に成果が現れます。 対面負けしてデスしちゃう回数が多いな... と言う方は、1日30分〜1時間は練習時間を設けてみましょう。 その2:各ルールへの理解度を深める 例えば、「このルールだったらこの武器で防衛がしやすいな... 」や「ホコのルートはこっちが最短だから運ぶ時意識しよう」など、研究に研究を重ねて、勝機をより多く掴める機会を増やしましょう。 ルールを理解した分だけ、より勝利へ近づくことが出来ると言うことを忘れずに。 その3:状況把握と適切な立ち回りをする 状況把握とそれに見合った適切な立ち回りとは、言わば「状況判断能力」です。 そしてその 判断を瞬時にできることが重要になります。 これこそ数をこなさなければいけない部分でもありますが、闇にハマっているなら失敗パターンはよく理解しているはずです。 そうであれば、今後はその失敗パターンのトリガーとなってしまう行動は避け、別の立ち回りを徹底するのみ。 重ねた失敗を糧に、その状況に見合った適切な立ち回りを、瞬時に判断できる様に鍛えましょう。 あくまでA帯の闇の一部にならないようにまとめたものですが、A帯を抜けた以降でも必要になってくる、それどころか、上位勢と立ち回る上での基本中の基本となる要素ばかりなので、しっかり覚えておいて下さいね。 スプラトゥーン2 関連リンク•

次の