なんで 負け た のか 明日 まで に 考え と いて ください。 なんで負けたか明日までに考えといてください

【APEX】なんで負けたか明日までに考えといて下さい【エーペックスレジェンズ】

なんで 負け た のか 明日 まで に 考え と いて ください

別にさんのではないけど、この文や煽りが流行りに流行っていたので考察 ? していきたいと思います。 そしたら何かが見えてくるはずです。 ほな、いただきます。 大体の方には煽りに聞こえる方が多いのかなと思います。 これでこの記事を終えるのももったいないので過去から学んでいければと思います。 の至言「反省する人は成功する」 寝る前の一時間はその日の反省を 自分がお伝えしたい点は ・毎日何も考えずに1日を生きるのと、毎日振り返りを行い1日1日成長するのには大きく差が出るということです。 参考までに私が教訓にしている数式があります。 01の法則 1. 01の365乗=37. 8 ・0. 99の法則 0. 99の365乗=0. 03 1. 01の法則のように毎日努力をする人は大きな力になり、反対に0. 99の法則のように毎日妥協してサボってしまうと力がなくなってしまいます。 まあ「継続は力なり」といったところです。 まゃんけんの勝敗はなのでそれに反省する意味は特にないが、特に仕事で上手くいっていない時は毎日就寝前に振り返りを行い、良かった点、改善すべき点を出し、明日も同じ失敗をしないように取り組んでいきましょう。 latios358.

次の

なんで負けたのか明日までに考えといてください

なんで 負け た のか 明日 まで に 考え と いて ください

そのまん丸お山、プライスレス! アルティメット丸山彩。 ひらたてです。 お金ってあるじゃないですか。 皆さん知ってますかね? 知らない人のために説明すると次のようなものです。 物やサービスを入手する際に、それを提供してくれる人になんの対価も渡さないわけにはいかないので、国や地域ごとに共通の単位を用いて提供してもらう物やサービスに数字を付けました。 昔の偉い人が。 提供してもらう人がその付いている数字のぶんだけ提供してくれる側に渡し、提供する人はその数字を渡してくれた人に対して物やサービスを提供する。 こういうシステムが世の中には存在しており、そのシステムの中での「数字」、これがお金として成り立っています。 お金、つまり数字は、金属製の小さくて丸い板や丈夫な紙によって数字の大きさをあらわし、適宜見合った数字のぶんだけのそれを相手と授受します。 この金属製の丸い板や丈夫な紙そのもののことをお金と呼ぶ人も多いです。 この説明で理解できましたでしょうか。 拙い言葉になってしまって申し訳ありません。 で、このお金というのはどこで入手するかというと働いて入手するんですね。 バカバカしくなってきたので「働く」とは何かを懇切丁寧に説明するつもりは無いし、なんなら俺も「働く」をよく知らないまであります。 フリーターと言えば聞こえはいいですが実質的には無職だし。 フリーターと言っても別に聞こえよくねえし。 うっせえし。 死ねし。 2世代前のギャルの真似事してる女子高生みたいな口調になってっし。 おかしいですよね。 食って寝て遊んで1日終わってたら金が入るべきだろ。 どうなってんだ社会。 それでどすね(誤字が京都人みたいになってるのが金曜の深夜2時に箸でシチューを食べながらこんなクソブログ書いてる身としてはめちゃくちゃツボだったのでそのまま残してあります)、俺こう見えて無職なので、友人から職には就いたほうがいいと力説されるんですよ。 意味わかんないんですよね。 週5で8時間働いて残業や休日出勤も存在するような地獄に自ら首突っ込むわけねえだろ。 女王様系の風俗嬢に赤いエナメルのピンヒールでケツ穴グリグリされる趣味があるようなマゾ男でもそんな地獄に首突っ込まねえぞ。 ていうか世間のマゾヒスト野郎どもはなんでそんなに働く体力があるんだ? 無理だろ。 少なくとも俺には無理だよ。 こんなに強い言葉で力説していますが、別に働くことに対して否定的ではないんですよ俺は。 今までやってきたバイトはどれをとっても、欠点もあるけど楽しい点だっていっぱいあります。 共通して言えるのは悲しいことに俺に女の子との接点が全く生まれなかったことです。 働くことは暇つぶしになるし、お金も手に入る。 人とのコミュニケーションも生まれる。 マジでいいことばっかです。 俺が無理だって言ってんのはそんなに長時間長期間労働する体力がねえよってことです。 マジでここのバランス調整が狂ってる。 働きたくねえって言ってるんじゃない。 最低限の生活をするために必要な労働が大きすぎるって言ってるんだ。 俺には無理だ。 だからわかんないんですよ。 なんで俺こんなにお金ないのかわかんないんです。 俺は割と結構頑張ってバイトしてます。 結構体力のカツカツまでバイトしてるんです。 なのにお金ないんです。 意味わかんないんです。 無理なんです。 マジでこれ以上働けないです。 おかしいだろ狂ってるだろ俺はこんなに必死になって生きたい生きたい生きよう生きよう生きる生きる生きる生きる生きる生きるって考えてるのに無理なんだもんおかしいだろどうなってんだよおかしいだろほんとにおかしいって無理なものは無理だっておかしいんだってみんな気が狂ってんだよおかしいだろ。 ほな、いただきます。 HRTIT.

次の

なんで負けたか明日までに考えといてください

なんで 負け た のか 明日 まで に 考え と いて ください

「……ライザー、ちょっと聞きたいんだけど、貴方の家のメイド、これは何なの?」 「ワイの趣味やで」 フリフリのフリルと短めのスカートに長いソックスとガーターベルト。 髪型も統一感がなく、ポニーテールからおさげ眼鏡まで、幅広いメイドが揃っている。 情けない姿だ。 「気持ち悪い……。 私にもそういうことをやろうとしてるのね!」 リアスが言った。 「いや……、なんかお前、変な病気とか持ってそうやし……。 梅毒とか」 「はああああ?!!!!持ってないわよ!!!誰が梅毒ですって!!!!」 「あとなんかケバいしくさそう 小並感 」 「臭くないわよ!!!!ちゃんとお風呂入ってるわよ!!!!」 キレまくるリアス。 怖、近寄らんとこ……、と言い残して去ったライザー。 「ふう……、相変わらず最低ね、あいつ」 「あ、あの、リアス様?」 イライラを隠しきれずにいるリアスに、メイドがおずおずと話しかけてきた。 「ドレスは、ウエディングドレスと、ライザー様が用意したイメクラドレス、どちらにしますか?」 「………………ちょっと待って、ライザーを殺してくるわ」 「わー!お、お待ちくださいぃー!!!」 ところ変わって、ライザーの部屋。 ライザーは、結婚式だからと言って、特別な衣装を着ようとは思わなかった。 クソ高い金を払って、人生で一度しか着ない高級スーツを買うくらいなら、その金は馬券かパチンコ代に変えた方が有意義だと、ライザーは本気で思っている。 いつもの白いズボンに、白色で裏地が紫のコートを羽織り、上半身は全裸という、ワイルドスタイルである。 そのワイルドスタイルであっても、鋭く渋い相貌と、巌のような筋肉、それに刻まれた刺青から、様になっているので、特に格好について他人から何かを言われることはなかった。 「ライザー様ぁ、本当にスーツは着ないんですか?」 「ええやん、イメクラ嬢相手に着込んでも意味ないやろ?」 「駄目ですよライザー様!相手はグレモリー家ですよ!」 ミニスカメイド達にまとわりつかれるライザー。 ライザーは基本的に、お高くとまった貴族の悪魔には嫌われるが、その気安さと人当たりの良さから、一般的なメイドや領民からの支持は絶大なものであった。 メイドからすれば、粗相をしても笑って許し、下々の者である自分達に挨拶や激励を忘れず、たまにチップをくれて、その上見てくれも非常に良いライザーとその眷属達は、主人としてありがたい存在だった。 最低限のことは自分でやるが、基本的には頼ってくるので、お世話のしがいもあるし、何より、自分達一人一人の名前を覚えていてくれている。 ユーベルーナ達眷属も、悩みを聞いてくれたり、お喋りしてくれたりと、とても優しい。 メイド達は、ライザー達に一生をかけて奉仕したいと思っている。 「ええんやで!お前らもあんなイメクラ嬢褒めんでええわ!」 「まあ、確かに、自分のこと美人だと思ってそうなところが鼻につきますが」 「なんかビッチっぽいのは認めますけど」 「チョロそうですよね」 などと、リアスの悪口で盛り上がる。 そして、時間になると。 「ンアーッ!そろそろ行くかあ!行きますよー行く行く」 背伸びをして、ライザーが披露宴の会場へ向かった……。 因みに、そんなことをしている間、一誠君は披露宴への討ち入りの準備を始めていた。 炎と共に、会場に転移したライザー。 懐から、ユーベルーナが書いてくれた、挨拶のカンペを読む。 「はい、えーと、ちょっと待って、難しくて覚えてないわ」 貴族達は、あからさまにカンペを取り出したライザーの無様さに眉をひそめた。 「えー、冥界に名だたる貴族の皆様、ごさ、ご参集?下さりー、フェニックス家を代表して、おれい、御礼?申し上げます、あー、本日皆さんがおいでなすったのは、このわたくしがクソイメクラ嬢、いや、リアス?だっけ?と結婚するらしいんで、えー、その素晴らしい瞬間を共有したいと……、思ったからです」 何故かこの有様のスピーチをやりきっただけでドヤ顔を晒すライザー。 そして、何故か感動しているライザーの眷属。 「紹介いたします!こちらが、きさき?のリアス?ぐれもり?です!」 転移してくるリアス。 「グダグダじゃないの!!!」 「え?いや、パーフェクトやろ」 「ライザー様にしてはとても頑張りましたよー 小声 」 「ほら、ユーベルーナも言ってる」 「貴女!ライザーを甘やかさないの!」 そんなことをしていると……。 「部長!!!」 会場のドアがぶち破られる。 「イッセー!」 「部長の処女は俺が守る」 「いやこいつ処女じゃねーって!ヤリマンガバマンやろどうせ!」 「だっ、誰がガバガバよ!殺すわよライザー!!!!」 「頭も穴もゆるゆるやろどうせ。 ガバ穴女や。 乳首真っ黒やで」 「殺すぅぅぅ!!!絶対に殺すぅぅぅ!!!」 混沌としてきた会場。 さあ盛り上がってまいりました。 そこで。 「これは私が用意した余興です」 「は?」 「お兄様!」 サーゼクス・ルシファーのエントリーである。 「誰かは知らんけど、結婚式に花嫁泥棒を招き入れるとかアホちゃうか?おーい、衛兵さーん、このヘンテコ肩パットマン捕まえてー」 もちろん、ライザーは魔王の顔など知らないので、こう返した。 「ラ、ラ、ライザー様ぁ!その方は魔王様ですよおおおお!!!」 悲鳴をあげるユーベルーナ。 「バッカ、ユーベルーナ!嘘言うなや!常識的に考えてみろや!てめーの妹の晴れ舞台をぶち壊しにする兄貴がいるか?大体にして、本物の魔王ならそんなアホなことせんやろうし、仕事もあって来れねえだろうが!」 ボロクソに言うライザー。 「いや……、私は本物の魔王なんだが」 「はぁん?アホ言うなや。 魔王っつったらバーン様みたいな白髪でヒゲのイケオジって決まっとるんや。 お前みたいなセンスゼロの肩パットの若造が魔王な訳ないやろ?」 ユーベルーナの顔は真っ青だ。 「ラ、ライザー様、昔、魔王様は代替わりして、今の魔王様は大変お若いんです。 こちらの魔王様は本物ですよ」 「マ?」 「マジです」 「ほーん。 で、何しに来たんや?」 「ライザー様敬語!!!」 「は、ははは、中々ユニークな子だね」 顔を引きつらせてそう言ったサーゼクス。 「で?要点だけ言ってくれへんか?ワイはもう帰りたい」 「ドラゴン対フェニックスの戦いを余興として……」 「ん、まあ、ええんちゃう?でもワイにメリットとかある?」 「ではこうしよう。 勝った方の願いをできる範囲で叶える、と言うのはどうかな?」 「ええやん!」 そんなこんなで、ライザー対一誠の戦いが始まる。 「10秒でケリをつける!」 威勢のいい一誠。 「なんか……、そう言うこと言うと大抵負けるからやめた方がええんちゃうか?」 余裕のライザー。 「これがバランスブレイカー、赤龍帝の鎧(ブーステッド・ギア・スケイルメイル)だ!!!」 「ほーん、で?」 「うおおおお!」 ボコボコに殴られるライザー。 「ん?」 若干チクっとしたことに気がついた。 「十字架だ!どうだ、効いたか!」 「あー、十字架ね。 なんかチクっとするわ」 「なら聖水で……」 「ハッ……、ハッ……、アッー!アーツィ!アーツ!アーツェ!アツゥイ! ヒュゥー、アッツ!アツウィー、アツーウィ!アツー、アツーェ! すいませへぇぇ~ん!アッアッアッ、アツェ!アツェ!アッー、熱いっす!熱いっす!ーアッ! 熱いっす!熱いっす!アツェ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アツイ!アー……、アツイ!」 焼かれるライザー。 「お前何するんや!」 「このまま、吹き飛べえええ!!!」 殴り飛ばされるライザー。 「やった、のか?」 しかし、ライザーは……。 「お前、お前な、さっきの聖水、蝋燭くらい熱かったゾ?ワイは暑いの嫌いなんやぞ」 「そ、んな!」 無傷で戻ってきた。 「まあ、取り敢えず死んどけや」 魔力が高まる。 「グスタフバスター!!!」 赤黒い魔力を放射しながら、魔力を纏った拳で突進しながら殴る。 「があっ」 一誠のバランスブレイカーはバラバラに破壊され、倒れた。 「よっしゃ!ワイの勝ち!なんで負けたのか、明日までに考えておいてください!ほな、いただきます!」 そう言ってどこからか出したコーラを一気飲みしたライザーは、告げた。 「何でも願いが叶う、つまり神龍。 ギャルのパンティと言いたいところだが、ワイは結婚をやめるぞー!!!」 『婚約破棄が願いだと?』 「せやせや、結婚をなかったことにしろや」 『分かった、良いだろう』 「ま、待てよ、まだ決着は……」 立ち上がる一誠。 「いや、無理ゾ。 お前じゃどんなに頑張ってもワイには勝てんわ。 ほら、イメクラ女を返却してやるから帰って、どうぞ」 「舐めやがって、クソ、クソぉ!!!」 「所詮ドラゴンは、前の時代の敗北者じゃけえ!!!ファー!!!草ァ!!!」 煽るだけ煽って満足したライザーは、普通に帰宅した。

次の