風邪 に いい 食べ物。 コンビニで買える消化に良い食べ物まとめ!風邪の時におすすめなのは?

コンビニで買える!風邪で動きたくないときにおすすめのやさしい食べ物

風邪 に いい 食べ物

まずは、風邪について知っておこう。 正式な名称は「風邪症候群」といい、鼻・口・喉など空気の通り道の炎症を指す。 風邪の引き始めと感じたら、原因であるウイルスに対する抵抗力・免疫力を高めることが大切。 身体や胃腸が疲れていると、ウイルスも入ってきやすい。 基本的には十分な睡眠と、風邪の引き始めに良い栄養素が入ったバランスの良い食事を心がけることが一番だ。 また、身体が温まり血液の循環がよくなると、免疫機能があがるといわれている。 ちょっと体調が優れないなという時は風邪に良い食べ物を使った温かいメニューを食べるようにし、身体を冷やさないように心がけたい。 風邪の引き始めのときに積極的に摂りたい栄養素• 葛湯 葛の根を砕いて、デンプン質を取り出したのが葛粉。 葛粉と水を鍋に入れて溶かし、木べらなどで練りながらゆっくりと加熱する。 とろみが出て色が透明になったら、砂糖やはちみつを加えて調味。 生姜を足すと、さらに身体が温まって美味しく味わうことができる。 梅醤油番茶 種を取ってほぐした梅干し、おろし生姜、天然醸造しょうゆをカップに入れて練ったあと、熱い三年番茶を注ぐ。 塩分濃度が高く殺菌作用のある梅干し、身体を温める番茶と生姜、発酵食品であるしょうゆを合わせた、マクロビオティックでは万能薬としても紹介される飲み物だ。 風邪に効く食べ物を使った、身体を整えてくれる飲み物として知っておきたい。 卵酒 日本酒180mlを鍋で温める。 アルコールを飛ばす場合は1分以上沸騰させ、少し冷ます。 卵1個に砂糖大さじ1〜2を加え、白身の塊がなくなるまでよく混ぜる。 卵に酒をほんの少しずつ加えながらよく混ぜ、とろりとしたら出来上がり。 料理酒は不可。 酒の代わりに牛乳を使えば子供も安心のホットミルクセーキに。 生姜湯 生姜一片をすりおろし、絞り汁に砂糖か蜂蜜大さじ1〜2を加え、熱湯を注ぐ。 大根おろしやレモンの絞り汁を加えるのもいい。 熱湯の代わりに、加熱して炭酸を飛ばしたコーラを使うと、海外でも風邪対策に飲まれているホットジンジャーコーラに。 豆腐うどん めんつゆにおぼろ豆腐を崩し入れてサッと煮る。 ニラや生姜、ねぎなど温める食材を好みで。 茹でたうどんに豆腐入りのつゆをかけて完成だ。 豆腐の良質なたんぱく質も摂れて、身体を芯から温めることができる。 焼き梅干茶 梅干し1個をトースターやグリル、フライパンで焼き色が付くまで温める。 焼いた梅干しをほぐして種を取り、熱々のお茶を注ぐ。 お茶は、緑茶やほうじ茶、玄米茶など不発酵タイプがベター。 カフェイン抜きにしたい場合は麦茶かそば茶を使用しよう。 ネギ味噌汁 1. 白ネギ7〜10cmをみじん切りにし、鰹節1〜5g 小分け袋タイプの1袋分くらい 、味噌大さじ1を加えて少し練り、熱湯を注ぐ。 ネギはニラに替えてもOK。 生姜を加えるのもおすすめ。 風邪予防に力を入れていても、体調を崩してしまうことがあるだろう。 高熱が出る時や、胃腸風邪などを引いてしまった時には、体内から普段よりもたくさん水分が発散されてしまう。 体内の水分量が減ってしまうと、脱水症状が起こりやすい状態となってしまい、どんどん体調が悪化してしまう原因となる。 ウイルスと戦える身体にするためには、風邪に効く食べ物から栄養を摂取するのはもちろん、水分の補給も意識的に行わなければいけない。 効果的に水分を補給するためには、一度にたくさん摂取するのではなく、こまめに少量を飲むのがおすすめ。 胃腸風邪などで少量の水分でも吐き下してしまう場合は、吐き戻さない程度の少ない水分を、こまめに補給するよう心がけてほしい。 少量の水分にも身体が拒絶反応を起こしてしまうような状態であれば、脱水症状を起こす危険度もあがってしまう。 そのような場合には、医療機関を早めに受診し点滴などの適切な処置を受けるのが賢明である。

次の

【風邪】や【喘息】で長引く咳に効く食べ物や飲み物をご紹介します!

風邪 に いい 食べ物

〇葛湯 葛の根を砕いてデンプン質を取り出したのが葛粉。 風邪の引き始めに効く食べ物の代表例だ。 葛粉と水を鍋に入れて溶かしたら、木べらなどで練りながらゆっくりと加熱。 とろみが出て色が透明になったら、砂糖やはちみつを加える。 生姜を足しても美味しい。 〇梅醤番茶 種からほぐした梅干し、おろし生姜、天然醸造しょうゆをカップに入れて練った後、熱い三年番茶を注ぐ。 殺菌効果のある梅干し、身体を温める番茶と生姜、酵素を持つしょうゆを合わせたマクロビオティックでは万能薬としても紹介される飲み物だ。 〇豆腐うどん うどんのつゆにおぼろ豆腐を崩し入れてサッと煮る。 ニラや生姜、ねぎなど温める食材をお好みで。 ゆでたうどんに豆腐入りのつゆをかけて完成だ。 豆腐の良質なタンパク質も摂れて芯から温まる。

次の

風邪に効く食べ物、飲み物 早く治したい人は必見です!

風邪 に いい 食べ物

まずは、風邪について知っておこう。 正式な名称は「風邪症候群」といい、鼻・口・喉など空気の通り道の炎症を指す。 風邪の引き始めと感じたら、原因であるウイルスに対する抵抗力・免疫力を高めることが大切。 身体や胃腸が疲れていると、ウイルスも入ってきやすい。 基本的には十分な睡眠と、風邪の引き始めに良い栄養素が入ったバランスの良い食事を心がけることが一番だ。 また、身体が温まり血液の循環がよくなると、免疫機能があがるといわれている。 ちょっと体調が優れないなという時は風邪に良い食べ物を使った温かいメニューを食べるようにし、身体を冷やさないように心がけたい。 風邪の引き始めのときに積極的に摂りたい栄養素• 葛湯 葛の根を砕いて、デンプン質を取り出したのが葛粉。 葛粉と水を鍋に入れて溶かし、木べらなどで練りながらゆっくりと加熱する。 とろみが出て色が透明になったら、砂糖やはちみつを加えて調味。 生姜を足すと、さらに身体が温まって美味しく味わうことができる。 梅醤油番茶 種を取ってほぐした梅干し、おろし生姜、天然醸造しょうゆをカップに入れて練ったあと、熱い三年番茶を注ぐ。 塩分濃度が高く殺菌作用のある梅干し、身体を温める番茶と生姜、発酵食品であるしょうゆを合わせた、マクロビオティックでは万能薬としても紹介される飲み物だ。 風邪に効く食べ物を使った、身体を整えてくれる飲み物として知っておきたい。 卵酒 日本酒180mlを鍋で温める。 アルコールを飛ばす場合は1分以上沸騰させ、少し冷ます。 卵1個に砂糖大さじ1〜2を加え、白身の塊がなくなるまでよく混ぜる。 卵に酒をほんの少しずつ加えながらよく混ぜ、とろりとしたら出来上がり。 料理酒は不可。 酒の代わりに牛乳を使えば子供も安心のホットミルクセーキに。 生姜湯 生姜一片をすりおろし、絞り汁に砂糖か蜂蜜大さじ1〜2を加え、熱湯を注ぐ。 大根おろしやレモンの絞り汁を加えるのもいい。 熱湯の代わりに、加熱して炭酸を飛ばしたコーラを使うと、海外でも風邪対策に飲まれているホットジンジャーコーラに。 豆腐うどん めんつゆにおぼろ豆腐を崩し入れてサッと煮る。 ニラや生姜、ねぎなど温める食材を好みで。 茹でたうどんに豆腐入りのつゆをかけて完成だ。 豆腐の良質なたんぱく質も摂れて、身体を芯から温めることができる。 焼き梅干茶 梅干し1個をトースターやグリル、フライパンで焼き色が付くまで温める。 焼いた梅干しをほぐして種を取り、熱々のお茶を注ぐ。 お茶は、緑茶やほうじ茶、玄米茶など不発酵タイプがベター。 カフェイン抜きにしたい場合は麦茶かそば茶を使用しよう。 ネギ味噌汁 1. 白ネギ7〜10cmをみじん切りにし、鰹節1〜5g 小分け袋タイプの1袋分くらい 、味噌大さじ1を加えて少し練り、熱湯を注ぐ。 ネギはニラに替えてもOK。 生姜を加えるのもおすすめ。 風邪予防に力を入れていても、体調を崩してしまうことがあるだろう。 高熱が出る時や、胃腸風邪などを引いてしまった時には、体内から普段よりもたくさん水分が発散されてしまう。 体内の水分量が減ってしまうと、脱水症状が起こりやすい状態となってしまい、どんどん体調が悪化してしまう原因となる。 ウイルスと戦える身体にするためには、風邪に効く食べ物から栄養を摂取するのはもちろん、水分の補給も意識的に行わなければいけない。 効果的に水分を補給するためには、一度にたくさん摂取するのではなく、こまめに少量を飲むのがおすすめ。 胃腸風邪などで少量の水分でも吐き下してしまう場合は、吐き戻さない程度の少ない水分を、こまめに補給するよう心がけてほしい。 少量の水分にも身体が拒絶反応を起こしてしまうような状態であれば、脱水症状を起こす危険度もあがってしまう。 そのような場合には、医療機関を早めに受診し点滴などの適切な処置を受けるのが賢明である。

次の