寝間着 浴衣。 浴衣を寝巻にするライフスタイルをご提案!

寝巻き 浴衣|寝巻(寝間着)と浴衣の違いと特徴

寝間着 浴衣

暑い夏、快適にそして過ごすために皆さんはどんなことをしていますか? 海や山へのレジャーのおでかけを楽しんだり、図書館や美術館など涼めるところに行くのもいいアイデア。 また家の中ではエアコンを上手に使ったりしてできるだけ快適に、そして特に夜は、上質な睡眠をとれることを考えて工夫していることかと思います。 エアコンは使いすぎると体調を崩します。 かといって無しでは、この蒸し暑い日本を乗り切ることは不可能。 また、よく眠れないと夏バテにもなりやすいですし、暑いのが苦手な方にとっては、なんとなく体もだるくなる季節でもあるかもしれません。 そんななか、夏を快適に過ごす、心地よい眠りに誘ってくれるという、浴衣についてご紹介したいと思います。 浴衣と言ったら夏には欠かせない、夏を彩ってくれるとても素敵なもの。 夏祭り、花火大会には欠かせない、特に素敵なデザインやカラーの浴衣姿の女性をたくさん見受けられますよね。 見ているだけで涼やかに感じる浴衣。 夏だけに着るのは勿体無いような感じもします。 この浴衣ですが、実は元々は 湯浴み着なのです。 バスローグのようなものですね。 また、浴衣は寝巻きとしてもちいることもあります。 温泉に行けば、必ず、寝間着用にこの浴衣が揃えれれていますよね。 温泉に行ったときぐらいしかきないかも、という方も多いかと思いますが、着てみるとなんとなく心地もいいし、動きにくいようでそうでもない、なんだかリラックスできるような感覚になりませんか? この浴衣を寝巻きにとして利用している人も結構多いようです。 パジャマがわりに浴衣を着るというライフスタイルをはじめてみませんか? スポンサーリンク 夏に浴衣で寝るメリット、デメリット!? では、夏に浴衣を着て寝るメリット、そしてデメリットについて考えて見たいと思います。 ますメリット• 通気性がいい 浴衣の素材は麻や棉など肌触りもよく、通気性がとてもいいのです。 体を冷やしすぎない 夏だからと言って何も着ないで寝たら、風邪をひいてしまったなんてことはありませんか? 浴衣なら程よい涼しさを与えてくれるとともに、体温もキープできるので冷えすぎることはないのです。 古くなった浴衣ならリフォームして寝間着にできる 昔着ていた浴衣でも簡単にリフォームして寝間着にできます。 女性用の浴衣は、丈が長く作られているので、通常の浴衣を着るときにおはしょりができますが、この部分をカットしてなくせば、温泉できるようなサイズに。 エコに活用できるのが浴衣なのです。 なんだか着て寝て見たくなりますよね。 ではデメリットとは?• 朝起きたときにはだけやすい これが一番浴衣を寝間着にしたくない点なのかもしれません。 ボタンがついていない浴衣はどうしてもこの可能性が。。。 シワになりやすい 素材が原因でシワになりやすいということも。 寝間着ですからそんなに気にしなくてもいいかもしれません。 浴衣を寝間着にするのはいいポイントもたくさんです。 しかし寝巻きとして浴衣を使用した際、デメリットにあげた、どうしても気になってしまうのはだけてしまうという点が。 はだけるのを防ぐには、 浴衣を腰のあたりでシワのないように左右に引っ張ります。 男性は、骨盤のあたり、女性は腰のあたりをぐいっと締め上げるようにしましょう。 そうすることによってはだけてしまうのを防ぐことができます。 慣れれば、快適に眠ることができますよ。 汗をかいても、さらっとした通気性の良さを感じる浴衣、夏場にはぜひ寝間着として活用してもらいたいものです。 スポンサーリンク.

次の

着物と浴衣の店 かもや呉服店

寝間着 浴衣

暑い夏、快適にそして過ごすために皆さんはどんなことをしていますか? 海や山へのレジャーのおでかけを楽しんだり、図書館や美術館など涼めるところに行くのもいいアイデア。 また家の中ではエアコンを上手に使ったりしてできるだけ快適に、そして特に夜は、上質な睡眠をとれることを考えて工夫していることかと思います。 エアコンは使いすぎると体調を崩します。 かといって無しでは、この蒸し暑い日本を乗り切ることは不可能。 また、よく眠れないと夏バテにもなりやすいですし、暑いのが苦手な方にとっては、なんとなく体もだるくなる季節でもあるかもしれません。 そんななか、夏を快適に過ごす、心地よい眠りに誘ってくれるという、浴衣についてご紹介したいと思います。 浴衣と言ったら夏には欠かせない、夏を彩ってくれるとても素敵なもの。 夏祭り、花火大会には欠かせない、特に素敵なデザインやカラーの浴衣姿の女性をたくさん見受けられますよね。 見ているだけで涼やかに感じる浴衣。 夏だけに着るのは勿体無いような感じもします。 この浴衣ですが、実は元々は 湯浴み着なのです。 バスローグのようなものですね。 また、浴衣は寝巻きとしてもちいることもあります。 温泉に行けば、必ず、寝間着用にこの浴衣が揃えれれていますよね。 温泉に行ったときぐらいしかきないかも、という方も多いかと思いますが、着てみるとなんとなく心地もいいし、動きにくいようでそうでもない、なんだかリラックスできるような感覚になりませんか? この浴衣を寝巻きにとして利用している人も結構多いようです。 パジャマがわりに浴衣を着るというライフスタイルをはじめてみませんか? スポンサーリンク 夏に浴衣で寝るメリット、デメリット!? では、夏に浴衣を着て寝るメリット、そしてデメリットについて考えて見たいと思います。 ますメリット• 通気性がいい 浴衣の素材は麻や棉など肌触りもよく、通気性がとてもいいのです。 体を冷やしすぎない 夏だからと言って何も着ないで寝たら、風邪をひいてしまったなんてことはありませんか? 浴衣なら程よい涼しさを与えてくれるとともに、体温もキープできるので冷えすぎることはないのです。 古くなった浴衣ならリフォームして寝間着にできる 昔着ていた浴衣でも簡単にリフォームして寝間着にできます。 女性用の浴衣は、丈が長く作られているので、通常の浴衣を着るときにおはしょりができますが、この部分をカットしてなくせば、温泉できるようなサイズに。 エコに活用できるのが浴衣なのです。 なんだか着て寝て見たくなりますよね。 ではデメリットとは?• 朝起きたときにはだけやすい これが一番浴衣を寝間着にしたくない点なのかもしれません。 ボタンがついていない浴衣はどうしてもこの可能性が。。。 シワになりやすい 素材が原因でシワになりやすいということも。 寝間着ですからそんなに気にしなくてもいいかもしれません。 浴衣を寝間着にするのはいいポイントもたくさんです。 しかし寝巻きとして浴衣を使用した際、デメリットにあげた、どうしても気になってしまうのはだけてしまうという点が。 はだけるのを防ぐには、 浴衣を腰のあたりでシワのないように左右に引っ張ります。 男性は、骨盤のあたり、女性は腰のあたりをぐいっと締め上げるようにしましょう。 そうすることによってはだけてしまうのを防ぐことができます。 慣れれば、快適に眠ることができますよ。 汗をかいても、さらっとした通気性の良さを感じる浴衣、夏場にはぜひ寝間着として活用してもらいたいものです。 スポンサーリンク.

次の

寝間着で浴衣はアリ?季節ごとにパジャマと使い分ける!

寝間着 浴衣

、このページはインラインフレームを使用しています。 インラインフレームに未対応のブラウザをお使いのかたはこちらへどうぞ このページはインラインフレームを使用しています。 ご確認お願い申し上げます。 浴衣も羽織もオールミシン仕立、丸洗いOK、旅館浴衣定番、お洗濯にも強い綿生地を使用。 浴衣は首下背に当て布付、袖付下に補強布付で丈夫です。 筒袖単衣仕立てで共紐付き内ポケット有り。 羽織も内ポケット付きで重ね着してもふっくら余裕のある大きめサイズのLサイズです。 男女兼用なのでカップルやご夫婦でお揃いもお楽しみ頂けます。 勿論、旅館、温泉関係者様の業務用の客室浴衣としての大量購入も大歓迎です。 浴衣は種類豊富なサイズでお客様のニーズにお応え致します。 業務用はもちろん、日本古来より愛されてきた、お風呂上がりや部屋着のリラックスウエアの浴衣をご家庭でもいかがでしょうか。 表記サイズ 〜旅館浴衣サイズ〜 上記をご参照ください。 [梱包・包装について] ゴミ削減とお客様に少しでも安くご提供出来るようにコストダウンに努めておりますため過剰梱包をしないエコ出荷にて商品を出荷しております。 なお、包装等での理由による返品、交換は固くお断りいたしておりますのでご了承ください。 [注意事項] 皆様により良い商品をより安くご提供させて頂けますよう、初期不良以外での返品は一切承っておりません。 イメージと違う、サイズ、カラーを間違って購入した、購入後にしつけ糸を取った、軽く羽織る等の着用後等の、お客様の都合による返品は受け付けておりませんので、あらかじめご容赦ください。 返品ができるのは交換品が欠品の場合のみになります。 ご了承ください。 必ず会社概要等をよくご確認の上、ご注文手続きをお願いいたします。 ご注文完了後は出荷前の商品でも交換・キャンセルはお受け出来ません。 あらかじめご了承ください。

次の