サラ番2 ゲーム数。 【終了画面の設定示唆法則が判明!】押忍!サラリーマン番長2(サラ番2)

サラリーマン番長2(サラ番2) 設定判別 設定示唆 終了画面

サラ番2 ゲーム数

モード サラリーマン番長2のモードは全部で3つあります。 通常A モードA 、通常B モードB 、天国の3つです。 モード別の高確B ボーナス当選しやすいゾーン それぞれのモードで高確Bに期待できるゲーム数が違います。 モード別の高確B突入期待度は下記です。 天井は799G モードB:100・300の前半で必ず高確Bに突入。 同様に、モードAでも100や300Gで雫ステージに行く可能性がある。 モード移行率 追記 設定 モードA モードB 天国 1 76. 設定が1or6なら使えそうですが、2or6の配分ならこれだけで判断するのは少し難しそうです。 ゲーム数毎のボーナス期待度 引用元: 特徴としては下記です。 200Gと比較すると 400Gのゾーンが弱い。 500G台での当選もそこそこ期待できるため、モードBの割合も比較的高い。 天井恩恵 通常Aの天井に隠された恩恵あり 、天井狙い目 天井ゲーム数 モード 天井 A 799G B 561G 天国 99G 天井恩恵 天井到達時はボーナス確定ですが、通常Aの天井 799G 到達時にはさらなる恩恵があります。 その恩恵は 初期継続率優遇 初期漢気ポイント優遇 です。 モードAの天井 799G でボーナスに当選した場合は ハンコがMAX状態になります。 この恩恵は想像以上に強い恩恵です。 これに関しては期待値見える化のだくおさんが出しているに詳しく記載されていますので、そちらをご覧ください。 天井期待値の詳細やこの恩恵によって期待枚数が何枚増加するか詳しく記載されています モードAの天井に恩恵があるおかげで、思ったよりも天井狙いをしやすい機種であることが判明しました。 逆に、全体の機械割は変わらずに、天井に恩恵があるということは他にしわ寄せがきます。 通常Aの450Gと通常Bの210Gでは天井までのゲーム数はほとんど同じですが、天井恩恵がある分、前者の方が期待値が高いことにご注意ください。 この恩恵についてはもっと話題になっても良いと思いましたが、全く話題にすらなっていません。 ハンコがボーナス確定画面でいきなりMAXになる演出は違和感しかありませんが、多少違和感を感じてもほとんどの人は気にも止めないと思います。 番長3の15ベル天井も最初は発表されていませんでしたが、隠されていました。 こういう隠された天井恩恵とかはすごく面白いと思ったので、メーカー側も積極的に取りいれて欲しいです。 打てないと思っていたのが、実は打てましたってなる瞬間がたまらねえんだw 天井狙い目ゲーム数 380GからボーナスorAT当選まで打つ。 モードA抜けの440Gでも天井恩恵と600Gのゾーンが強いため、ここでやめずに必ず打ち切りましょう。 やめ時 やめどきを考える上で覚えておくべき重要な演出があるので、それらを説明してから詳細なやめどきを設定していきます。 シャッター演出 ボーナス終了後、AT終了後にシャッター演出が発生しますが、これでモードを示唆しています。 3つのパターンあり ロゴなし ロゴあり 白黒 ロゴあり 色付き モード別のシャッター演出振り分けは下記です。 この条件なら色付であれば68. 追記 モード移行の解析が出ましたので、改めて計算し直しました。 下記が解析を使った正式版 1 設定1 :モードA:76. シャッター モードA モードB 天国 ロゴなし 84. シャッター モードA モードB 天国 ロゴなし 71. モードBが確定している状況でも100Gからはほとんど期待値がないので、色付の場合も天国確認後やめか、モードBの100Gのゾーンだけ回して止めが良いと思います。 即営業会議 シャッター演出後、即営業会議から始まる場合があります。 この場合、天国の期待度がUPする可能性があります。 解析待ち 実践では高設定で2回だけ確認しましたが、どちらもモードBでした。 これに関しては解析待ちですが、天国のみを回しても良い気がします。 天井恩恵と600Gのゾーンが強いことでモードAが確定した400Gのゾーン抜けでも十分に期待値があるので、ここでやめないようにしましょう。

次の

サラ番2 天井狙い・設定狙い・勝つための立ち回り

サラ番2 ゲーム数

頂ラッシュ突入 さて、番長ボーナスから無事、三番勝負を勝ち抜き、ラッシュを獲得したわけなのですが、今回は轟と鏡の2種類から選べるようです。 基本的には5号機のサラ番と同じだと思うので順番に轟から始めたいと思います。 頂ラッシュは枚数管理のARTで100枚スタートなのですが、一定の残り枚数(250枚~230枚、150枚~130枚、50枚以下)になると頂SRUSH高確に突入し、スラッシュチャンスの確率が増加する仕様です。 なるほど、レバーオンに力の入る叩きどころポイントがあるのはイイじゃないか。 つまり、この間にベルを引きまくって枚数を増やすのもよし、レア役を引いて残り差枚数を増やすのもよし。 しかしこの機種の目玉機能として、残り差枚数300枚超えた時の恩恵の決算ボーナス連打というものがあります。 ですのでここはしっかりと残り差枚数を増やしていけば、長くラッシュを楽しめるので頑張りどころです。 ハンコ10個獲得からの煽りから、これは前作の漢岩演出ですね。 赤色だとチャンスアップのようです。 SRUSHなので2画面で上乗せのチャンスがあるのですが、今回は片側30枚のみでした。 その後もベルやレア役で上乗せを重ねてスラッシュ終了。 これで残り差枚は約180枚程度にまで回復し、ARTを消化していきます。 再び、いや三度の頂SRUSHへ 残り50枚を切ったところでまたスラッシュ高確に移行するのですが またしてもスラッシュ突入します。 え?これ簡単じゃね?というくらい簡単に突入するやんwww このスラッシュと抜けた直後の高確で再度スラッシュに突入します。 それぞれ差枚数を120枚、70枚獲得し、残り差枚数が230枚程度にまで増加し、リミットの残り差枚300枚が見えてきました。 獲得枚数700枚を超え、残り差枚数も200枚近くと1000枚獲得が見えてきたところで謎の煽りから連続演出に発展します。 謎の煽りから連続演出発展 後で調べて知ったのですが、ART中もボーナス抽選をしているようで、ここで引いたボーナスの一部で絶頂ラッシュに突入するようです。 何にせよ薄い所を引けたようで一気に回復 獲得枚数1000枚超えとエンディングの折り返し地点近くまでやってきました。 4、5度目の頂SRUSH突入その後 さぁ、もう1波乗ってエンディング目指すぞ!なんて言ってたら残り差枚数50枚を切り、何度目かのスラッシュ高確へ。 うん、やっぱり終わらないw なんてほくそ笑みながら打っている最中、残り差枚数150枚を切ったところで突入した高確1ゲーム目・・・ またしても画面が分割してしまわれます。 何が何やら意味が分からずとにかくベルで乗せまくり、途中発生したスラッシュ上乗せチャレンジでその状況を理解します。 頂XSRUSHに突入していた そう、頂SRUSHの上位互換、頂XSRUSH(クロスラッシュ)でした。 これはスラッシュの突入の一部で突入するんですかね。 総決算ボーナス フリーズのヌルりとリールが回る瞬間はほんとたまんないですね。 限界突破1発目は必ず総決算ボーナスになるようで、2発目以降からは抽選で「決算」「総決算」と選択されるようです。 5ゲーム間で後のボーナスの枚数を獲得していくわけなんですが、この時ノリにノッテいる状態だと差も当然の事のように・・・ 7揃いをさせてしまいます。 いや、出来すぎだわ。 300枚を超えると決算ボーナス確定のフリーズが必ず発生します。 そう、このタイミングでベル引かなければ永遠と決算ボーナスループが続いてしまうというキチガイ仕様www 決算ボーナス後の1ゲーム目は ベルナビが出ないことを祈れ!!! その1ゲーム目がこれなんですが、ベルナビ無し、 ハズレ目2確で決算ボーナス確定です。 このSRUSHで100枚近く取れると仮定し、決算ボーナスまでたどり着ければエンディングはもらったなと思いつつ、コツコツを上乗せをしていき、残り差枚数280枚程度になったときに突然、爆音を遮るようにシャッター演出から次回予告演出が始まります。 さらば豪北~エンディング~ 次回予告の先は 「さらば豪北」 そうです。 これがエンディングの入口でここから2400枚獲得するまでオリジナルのムービー演出が流れていきます。 エンディングの内容のネタバレは此処では控えさせて頂きますので是非、皆さん自身の目で確認して下さい。 ただ、エンディングについて1つだけ言いたい。 初打ち後の総括 ずっと打ちたいと思っていたサラリーマン番長2 緊急事態宣言が発令されて自粛モードが続いていた中、やっと打てた結果が最高の結果となり本当に充実したクソ楽しい稼働でした。 台の特徴も前作をしっかりと踏襲し、通常時も違和感無く打てたという事と、ART中のイケイケ感、ツボにハマった時の爆発力は6号機の中でも上位に来る機種だと思います。 超番長ボーナスと絶頂ラッシュを引くその日まで・・・ 未だ悪い所を見ていないので現時点では高評価しかありませんが6号機では初めて、もう少し打ち込んでみたいと思えた機種です。

次の

サラリーマン番長2(サラ番2) 設定判別 設定示唆 終了画面

サラ番2 ゲーム数

番長お馴染みで 設定5は荒い仕様になってるみたいです! 導入日はいつ頃? 導入は 4月20日~予定! 約35,000台が完売で増産まで決まってるとか!番長・大都人気すごいですね。 天井ゲーム数・天井恩恵 天井は 765G+前兆で、天井恩恵はボーナス当選となっております。 ATは差枚数管理で純増3枚! ATは差枚数仮型となっており、最初は100枚スタートし、50枚、150枚、250枚獲得ごとに頂スラッシュのチャンスが来るようです。 ゲーム数だろうが差枚数だろうが鏡のカカカカモーンが聞ければそれでいい... 頂スラッシュの上には 頂クロススラッシュも... 超番長や絶頂、残り差枚数300枚以上で突入する 頂総決算ボーナスなど前作と同じ部分もありつつ、新要素もあり面白そうです。 通常時はハンコが鍵を握る!? 通常時は初代と同じように、ゲーム数解除とレア役での解除があります。 ハンコは押し順の中段ベル「ハンコベル」成立で1つ貯まり、 10個貯まるとボーナスやCZの抽選をします。 10個未満でボーナスに当選した場合は、貯めた数に応じてAT突入率UP抽選をします。 押忍弁当からの特命 さらに、押忍ベルならぬ 押忍弁当やハンコ10個から入るCZ「特命」からボーナスへのルートもあり。

次の