田村 まみ 選挙 区。 比例代表 国民民主党

箱根町長選挙 田村洋一氏が出馬表明 「行政と民間の壁取り払う」

田村 まみ 選挙 区

開票速報一覧・記事の見方• は当選。 候補者名の右に「特定枠」とあるのは、特定枠での当選。 開票途中での当選者は、朝日新聞社の判定による。 得票の少ない候補を当選とする場合がある。 政党の獲得議席数が先に決まるため、 がついた候補者の数と一致しない場合がある。 集計途中では、比例区の政党と候補の得票の合計が政党得票総数と一致しない場合がある。 選挙区の数値は、上段が得票数、下段が得票率。 選挙区での政党の略称は、自民(自由民主党)、公明(公明党)、立憲(立憲民主党)、国民(国民民主党)、共産(日本共産党)、維新(日本維新の会)、社民(社会民主党)、れいわ(れいわ新選組)とし、その他は諸派とした。 ブラウザーや端末によって正しく表示されない場合があります。 選挙特設ページ• 2020年7月5日投開票 都知事選のニュースはこちら。 2019年7月21日投開票 ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的に• 2019年4月 亥年選挙がスタート。 候補者の顔ぶれや開票速報、企画連載も。 2017年10月22日投開票 自民、公明両党で定数の「3分の2」を維持し、与党が大勝。 2017年7月2日投開票 小池氏支持勢力が過半数、自民は過去最低を大きく下回る23• 2016年7月31日投開票 小池百合子氏が増田氏や鳥越氏ら破り、女性初の都知事に• 2016年7月10日投開票 憲法改正に前向きな「改憲勢力」、参院全体で3分の2を超す• 2015年11月22日投開票 大阪知事に松井氏、大阪市長は吉村氏。 ともに「大阪維新の会」公認• 2015年4月 投票率、各地で最低更新 無投票も増加、空洞化示す• 2014年12月14日投開票 自公大勝、3分の2維持 「アベノミクス」継続へ• 2014年2月9日 舛添要一氏が細川護熙元首相らを破る• 2013年7月21日 自公が圧勝、過半数を獲得。 衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態が3年ぶりに解消• 2013年6月23日投開票 自公が全員当選、民主は第4党に転落• 2012年12月16日投開票 自公320議席超、民主は壊滅的敗北。 安倍政権が誕生• 2012年12月16日投開票 石原氏が突然の降板 都知事選に猪瀬直樹氏が初当選.

次の

2019参院選 国民 比例 田村麻美

田村 まみ 選挙 区

任期満了に伴い10月20日告示、25日投開票で実施される箱根町長選挙で、箱根町や小田原市などで飲食店を経営する田村洋一氏(55)が本紙の取材に応じ、出馬する意向を明らかにした。 6月24日起稿。 田村氏は、2015年に起きた大涌谷での小規模噴火の時、事業者らと勉強会の開催や対応マニュアルを作成し困難に立ち向かった経験などで、行政との壁を感じた部分もあったという。 そして、「昨年の噴火警戒レベル引き上げや台風被害、今回のコロナで商売人は苦労をしてきている。 民間の苦労や要望が行政に伝わり切れていないと感じた」と語った。 そのうえで「今の行政に無いわけではないが、今以上に皆の要望を受け止める受け皿が必要」と強調。 「行政と民間との壁を取り払い、公民連携を進め、箱根町の発展につなげたい」と出馬への動機を語り、町会議員をはじめ、町民の声を聞く機会を増やし、行政に反映させていきたいとした。 主な取り組みとして、観光資源の掘り起こし、災害に強い町づくり、少子化ならではの特化した教育、住民サービスの充実、交通インフラの整備などを挙げた。 田村洋一氏/(株)田むら銀かつ亭代表取締役。 小田原箱根商工会議所青年部OB会会長、箱根町観光協会インバウンド部会長、強羅観光協会副会長・専務理事、強羅飲食店組合組合長。 現職の山口昇士町長は引退を表明しており、正式に出馬を表明したのは田村氏が初めて。

次の

箱根町長選挙 田村洋一氏が出馬表明 「行政と民間の壁取り払う」

田村 まみ 選挙 区

来歴 [ ] 出身。 生まれて半年で両親の実家の広島県へ移住。 、、広島女学院高等学校卒業。 1999年(平成11年)3月、卒業。 同年4月、(現・)に就職。 岡山県のジャスコ児島店デイリー売場に配属される。 2002年(平成14年)イオンリテール労働組合(イオンリテールワーカーズユニオン) の非専従役員となる。 2006年(平成18年)から労働組合の専従役員となる。 2011年(平成23年)から(UAゼンセン)の役員を務める。 2016年(平成28年)UAゼンセンの政策委員会委員となる。 2018年(平成30年)6月6日、UAゼンセンは田村を翌年の参院選比例区にから立候補させると発表した。 2019年(令和元年)7月21日に行われた比例区に公認で立候補。 260,324票を得て、党内トップ当選を果たした。 所属団体・議員連盟 [ ]• 脚注 [ ].

次の