キリキザン ふい うち。 【ポケモン剣盾】キリキザンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ふいうち

キリキザン ふい うち

説明文 たたかうわざ ・・・・ あいてより さきに こうげき できる。 あいてが だすわざが こうげきわざ でないと しっぱい する。 漢字 相手より 先に 攻撃 できる。 相手が だす技が 攻撃技でないと 失敗する。 コンテストわざ つぎの ターンで さいしょに えんぎを することが できる。 :進化による継続• :進化による継続• :ポケモンドリームワールド• :ポケモンドリームワールド こんなときに使おう• 特定の条件下で成功する。 威力が高く、先制できるのでピンチ時に逆に相手を倒すことも可能である。 ただし、相手が攻撃技を仕掛けてこないと失敗する。 を貼られたり有利なポケモンに交代されないように、やなどを交えるのが有効。 また、ダブルバトル・トリプルバトルでは相手の・にも注意。 読みが必要な技だといえる。 上述の点を逆手にとり、相手が変化技を使用・他のポケモンに交代する隙を狙ってでの奇襲攻撃やで起点を作るコンボも可能。 優先度が1しかないため、相手になどで先手を取られてしまうと不発に終わることを覚えておこう。 におけるふいうち 悪エネルギーがついているとダメージが追加される効果のあるワザとして登場。 におけるふいうち PP7。 2マス先の敵を攻撃する。 本編とは異なり、成功するのに条件はない。 7秒 ダメージ発生時間 0. 3~0. 以下のポケモンが使用できる:• 以下のアップデートがあった。 ジムバトル・レイドバトル• 秒数:0. 秒数:1. 7 備考• 相手がすでに技を使い終わっていた場合は、たとえそのターン相手が選んだのが攻撃技であったとしても、ふいうちは失敗する。 相手が選んだ攻撃技の対象に自分が含まれていなくても成功する。 は、のみ技を使ったターン・反動で動けないターンのどちらもふいうちが成功する。 以降では、反動で動けないターンはふいうちが失敗する。 は、溜めているターン・技を発動したターンのどちらもふいうちが成功する。 は、例え選ばれる技が攻撃技であっても、その技自体が変化技ならふいうちは失敗する。 以降はに対してはふいうちが成功する。 ・は、わざを使用して攻撃を予知したターンはふいうちが成功する。 実際にダメージが発生するターンにふいうちが成功するかどうかはそのターンに相手が選択していたわざによって決まる。 状態・状態・状態の相手に対するふいうちは失敗し、これらの状態が攻撃を防いだ時の効果も発生しない。 相手が・・特性などで動けないターンも、相手が攻撃技を選んでいれば成功する。 英語名が"Sucker Punch"であり、わざ名にパンチが入っているにもかかわらずならびに特性の対象わざでない。 そのためか、とはこの技を覚えるがは覚えない というよりてつのこぶしを持つポケモンでこの技を覚えるポケモンはいない。 サイドチェンジで相手のポケモンの位置が変更された場合、成否判定は変更された後のポケモンが実際に攻撃技を使っているかどうかに依存する。 にはふいうちをレベルアップで覚えるグループのポケモン 系統 が野生で登場せず、タマゴわざで覚えるのものみのため、ネイティにふいうちを覚えさせるためにはふいうちを覚えたネイティかをかオーラポケモンで出てきたときに捕獲する必要がある。 Ver. 0 のでは、以下の条件の時に使うと、対象が攻撃技を選んでいてかつ先制を取れた場合でも、ふいうちが必ず失敗してしまうバグがあった。 このバグはVer. 0において解消された。 攻撃対象が、バトル開始時左側にが置かれたトレーナー 以下ホストとする が初手でホストから見て左側に繰りだしたポケモン 以下Aとする である。 どちらかのトレーナーのポケモンが最後の1体しか残っていない。 リーグカードが表示されるのはにおいてのみだが、シナリオ等NPCとのバトルでは主人公がホスト扱いになる。 等では相手の1体を倒し、次のターンでAが攻撃技を、もう1体のポケモンがAにふいうちを選択することでこの現象を見ることができる。 Aがやによって最初に繰りだした位置とは変わっていた場合も、2の条件を満たせばAに対するふいうちは失敗する。 ホスト側が残り1体であり、Aの横の空白のマスにふいうちの攻撃を指定した場合も、自動的にAに攻撃対象が移るため失敗する。 ホストではないトレーナーのポケモンに対するふいうちがこれらの条件で失敗することは無いため、ホスト側が一方的に有利になる現象だといえる。 シングルバトルでは発生しない。 ポッ拳シリーズにおけるふいうち• ではのわざとして登場する。

次の

【キリキザン育成論】剣舞&ふいうちで相手をしばる!対策と弱点も解説|ポケモット

キリキザン ふい うち

キリキザン とうじんポケモン ぜんこくNo. 625 マウンテンNo. 049 高さ 1. 6m 重さ• 0kg• けたぐり威力80 タイプ• タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 52で『コマタナ』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• なし 主な入手方法 ORAS• なし 生息地 XY• なし 主な入手方法 XY• 自分や味方の技で下がった場合は効果がない。 相手の技で『ひるみ』状態にならない。 なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 技を受けた時、技のPPを2減らす。 /レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 基本 はがね 物理 - 100 10 そのターンに最後に受けた技のダメージの1. 5倍をその相手に与える。 基本 ノーマル 物理 40 100 35 通常攻撃。 基本 ノーマル 変化 - 100 30 相手全体が対象。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 基本 むし 物理 40 95 20 連続で使用すると攻撃が当たる度に威力が倍増していく 最大160。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 基本 あく 変化 - 100 15 使用後、相手は同じ技を連続で出せなくなる。 6 ノーマル 変化 - 100 30 相手全体が対象。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 9 むし 物理 40 95 20 連続で使用すると攻撃が当たる度に威力が倍増していく 最大160。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 14 あく 変化 - 100 15 使用後、相手は同じ技を連続で出せなくなる。 17 あく 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 22 ノーマル 変化 - 100 10 相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 33 あく 物理 60 100 10 そのターン、相手が既にダメージを受けている時、威力が2倍になる。 38 はがね 変化 - 85 40 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 41 あく 変化 - 100 15 5ターンの間、持っている道具を使えなくなる。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 46 はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 63 ノーマル 変化 - - 20 自分の『こうげき』ランクを2段階上げる。 71 ノーマル 物理 - 30 5 相手を『ひんし』状態にする。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 1 あく 変化 - - 15 自分の『こうげき』『命中率』ランクが1段階ずつ上がる。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 12 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 技. 15 ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 28 じめん 物理 80 100 10 1ターン目に地中に潜り、2ターン目に攻撃する。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 31 かくとう 物理 75 100 15 相手の技『リフレクター』の効果を受けず、相手の技『リフレクター』『ひかりのかべ』を壊す。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 37 いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 40 ひこう 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 41 あく 変化 - 100 15 使用後、相手は同じ技を連続で出せなくなる。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 46 あく 物理 60 100 25 相手が持っている道具を自分の物にする。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 54 ノーマル 物理 40 100 40 この技のダメージで相手のHPが0になる時、相手のHPを1にする。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 56 あく 物理 - 100 10 自分の持っている道具によって効果が変化する。 投げつけた道具はなくなる。 63 あく 変化 - 100 15 5ターンの間、持っている道具を使えなくなる。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 66 あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 67 ノーマル 物理 70 100 5 前のターンに味方のポケモンが倒されていると威力が2倍になる。 68 ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 69 いわ 変化 - - 20 自分の『すばやさ』ランクが2段階上がる。 73 でんき 変化 - 100 20 相手を『まひ』状態にする。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 75 ノーマル 変化 - - 20 自分の『こうげき』ランクを2段階上げる。 81 むし 物理 80 100 15 通常攻撃。 86 くさ 特殊 - 100 20 相手の『おもさ』が重いほど威力が高くなる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 95 あく 特殊 55 95 15 相手全体が対象。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 1 ノーマル 物理 50 95 30 通常攻撃。 遺伝 ノーマル 変化 - - 5 『ゴースト』タイプではない相手は逃げたり、交代できなくなる。 自分が場を離れると効果は消える。 遺伝 あく 物理 40 100 20 相手がポケモンを交代する時に攻撃すると、交代前のポケモンに2倍のダメージを与える。 遺伝 かくとう 物理 60 100 10 そのターンに相手の技のダメージを受けると威力が2倍になる。 必ず後攻になる 優先度:-4。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ORAS ノーマル 特殊 50 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS ゴースト 変化 - 100 10 相手の最後に使った技のPPを4減らす。 ORAS エスパー 変化 - - 10 自分の特性を相手の特性と同じにする。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。 ORAS あく 物理 65 100 20 相手が道具を持っている場合、ダメージが1. 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 ORAS はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 ORAS でんき 変化 - - 10 5ターンの間、『じめん』タイプの技を受けなくなる。 ORAS あく 物理 95 100 15 自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する。 ORAS ドラゴン 物理 40 90 15 1ターンに2回連続で攻撃する。

次の

【S6ダブル最終17位】疾風リザキザン

キリキザン ふい うち

キリキザン とうじんポケモン ガラルNo. 247 ぜんこくNo. 625 高さ 1. 6m 重さ• 0kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Bisharp タイプ相性による弱点• 25 進化の流れ• 自分や味方の技や特性で下がった場合は効果がない。 相手の技で『ひるみ』状態にならない。 なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 第8世代からは、相手の特性『いかく』の効果も受けない。 /レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 5倍をその相手に与える。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 ダイマックスしている相手には無効。 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ダイマックスしている相手には無効。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分が場を離れると効果は消える。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 [Lv. トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。

次の