型紙 いら ず マスク。 【無料型紙】立体マスクメンズサイズ追加:全4サイズ【ウイルス花粉対策】

【無料型紙】立体マスク【レディース&キッズサイズ】

型紙 いら ず マスク

こんにちは。 洋裁を自宅で学べる365回講座 ずぼらでもパリコレ 小川です。 巷では、マスク不足が深刻な状況に陥って、マスクを手作りしようにも材料さえないという事態になって、お困りの方も多いかと存じます。 花粉症の季節がそろそろ始まっているので、悩ましい方も多くいらっしゃるでしょう。 いま、ミシンの経験が少なくても、ダブルガーゼが得意じゃなくても、縫わなきゃ!って焦っている人も多いはずですよね。 今回は、こういうご時世であるため、マスクの作り方を徹底的に細かく解説し、無料で公開します。 手作りのマスクは洗い替えが必要ですから、量産できることが求められます。 失敗してほどいたりしている時間よりも、作業効率を良くしてどんどん量産する、縫いやすいことがカギになります。 立体マスクの縫いにくい点 ここにタイトル立体マスクの縫いにくさ• 出来上がり線が曲線ばかりで、伸びたり縮んだりしやすい• 素材も柔軟性が高く、伸び縮みする• ガーゼ素材は縫い目が沈んでほどきにくい• 曲線があるのもの0を3重、4重に重ねるとトラブルだらけ 立体マスクは縫いにくさでも筆頭クラスかもしれないですね。 3重4重に生地を重ねて、不織布の市販の立体マスクに負けないような、湿度と保温など、ガーゼでもウィルスに戦える機能を加算したいものですが、そう簡単にいきません。 立体マスクはなぜ縫いにくいのか 立体マスクを3重4重にしたいときに、多くの方は端から端まで、3重、4重のままの分厚さで縫ってしまいます。 検索でマスクの作り方の情報を調べても、ダブルガーゼの生地質を理解して、伸ばさないように縫う方法を提供している方を、見つけられませんでした。 曲線だらけの立体マスクを、どうやって重ねた生地で形にしようか、これだけの情報では作れないと私は感じました。 マスクを縫うとは、頻繁な洗いに堪える縫製である必要があると感じるんですが、私が目にした情報では、 ガーゼ素材は返し縫いで縮んで縫いにくいから、返し縫いをしないで縫う と書いてあって、はぁ???ってなりました。 頻繁に洗われ、うっかりしたら 殺菌のため煮沸消毒や液体に浸けられたりするんでしょう? 丈夫で丁寧に縫われたものの方が、良いに決まってますよね。 マスクは顔を覆うので、丁寧に縫われたものの方が喜ばれる マスクは、お顔を覆うものですから、雑に縫われたものよりも、緻密な丁寧さを感じさせるものの方が、人となりが誠実そうに見えますし、重要なことではないでしょうか。 【手作りの素朴な温かさ】は、こういう時はあまりうれしくないような気がします。 不織布の高気密なマスクで、防御力を上げたいところなのに、ガーゼの穴はウィルスをどかどか通してしまう巨大な穴で、防御に適していないっていうことは、誰しも知っています。 それでもマスクがないからと言って、何もしないでいるのは心配だし、じかに吸い込むのも嫌だから、手作りの布帛でもOKになる訳ですよね? ここは重要なポイントです。 だって、あなたの熱意がウイルスを殺してくれるものではない以上、縫う気持ちや感情は、素材のパワーになりません。 ですので、3重、4重に生地を重ねて、せめて湿度や保温が保てるようにする多機能さを捨ててはいけないと思うんですよ。 ええ、少し難しくても3重、4重にして防御の強いものを縫って欲しいんです。 そして丁寧に縫ってあるなぁって感動してもらえるもので、巷の手縫いマスクの上の上を狙いたいと思いませんか? 立体マスクの曲線は、逆に攻めるポイント 立体マスクの曲線だらけの縫い目は、攻めるポイントがはっきりしているので戦いやすい品物です。 立体マスクの型紙の考え方 私はもうずっと裁断の方法について発信してきていますが、あなたはまだ、生地に印をして裁断しようとしますか? 今すぐ、生地に印をするのは間違いだと認識して欲しいです。 下記の輪で裁断する不具合の出方について、見てください。 立体マスクのように、小さいパーツを縫い合わせて形に出すようなもは、裁断が正確になされていると非常に作業が早く、苦労少なくできます。 そうです!量産化できるわけですよ。 印をしてチョキチョキと不明瞭なパーツをチマチマと切っているようでは、時間はあっという間に過ぎて、あなたの疲労も強くなるばかり。 不毛でしかありません。 立体マスクの型紙に付与すべき機能• 印を生地に書くような型紙ではないこと• 印をつけたい時に、出来上がり線はここだよ!って正確な場所を教えてくれる型紙であること• 出来上がり線を確認しやすい型紙にすること 立体マスクは曲線だらけなので、型紙のパワーがある方がずっと縫う人の負担を減らしてくれるというわけです。 ここまでよろしいでしょうか?^^ では、動画をご覧ください。 動画でもご説明していますが、型紙の修正などにも使える、実践的なやり方です。 全部をいちいち書き直していたら、紙がいくらあっても足りないですし、保管も大変です。 修正を加えて、それが正解だったらその情報をしっかり取れないようにして、保管すればOKです。 ぜひあなたの創作にもお使いください。

次の

立体マスクの型紙 量産しやすい作り方無料公開 ずぼらでもパリコレ

型紙 いら ず マスク

こんにちは、あやぞうです。 相変わらずどこに行ってもマスクは売り切れ。 前回は私用に3枚、長女と次女にそれぞれ2枚ずつ作りました。 子供サイズの紙マスクは長女、次女それぞれ20枚ずつぐらいあったのでしばらくは併用しながら使っていましたが、ついに長女用の紙マスクが底をつき、今週からいよいよ全面的に手作りの布マスクへとシフトしています。 長女は大人用の小さめサイズ使用。 布マスクは一応2枚ずつあるので交互に洗って使うことはできるけれど、途中で汚れたりしたときの替えがないのは不便だし、同じマスクばかり使ってると傷みも早いので洗い替え用にただ今鋭意量産中です。 定番の立体マスク 差し当たって緊急性のある長女の分から量産開始。 前回作ったものと同じタイプの立体マスクをまずは2枚作りました。 参考にさせていただいたのは前回同様『』さんの『』の記事です。 本当に簡単に出来るので初心者さんもぜひチャレンジしてみて下さい! ミシンが無くても手縫いでもOKですよ。 作る前は裏表ガーゼ2枚だと薄いかな~と心配でしたが、作ってみると薄さはあまり気にならず、これ以上重ねると縫いにくいし着けてて苦しくなりそうなので2枚でも十分だと思います。 型紙なしで作れるプリーツマスク そして、今回初めてプリーツマスクにも挑戦してみました。 大きい方が私、小さい方が長女用です。 参考にさせていただいたのはニット生地の通販SMILE店主さんのハンドメイドブログ『』の『』という記事。 なんと型紙なしでプリーツマスクが作れちゃうんです! もうズボラな私のためにあるようなレシピwww 立体マスクと比べるとちょっとミシン掛け&アイロンの回数が多いけど、作り始めてみると直線ばかりなので意外と立体マスクよりも楽かもしれないです。 1枚作って理屈が分かれば2枚目は割とあっという間にできちゃいました。 立体マスクの時は少し張りのあるオックス生地をお勧めしましたが、プリーツマスクの場合はプリーツ部分が重なって厚みが出すぎてしまうので、少し薄手のシーチング生地の方が綺麗に作れると思います。 出来れば直接肌に当たる裏地だけでもガーゼを使いたいので、今は表地を別生地にしてガーゼの在庫を節約しながらマスクの量産をしています。 本当は両面ガーゼの方がフワフワで着け心地も良さそうだけど、なんせガーゼが手に入らないので仕方ないです。 シーチング生地はガーゼより色柄が豊富で、その分好みの柄で作れるので、気分やファッションに合わせてマスクも選べるように、色んな色柄でマスクを作っておくのもいいかもしれませんね。 今度は立体マスクもシーチング生地で作ってみようと思います。 保育園でも小学校でも、手作りマスク姿の子供が増えてきました。 地域によってはボランティアで手作りマスクを配布してくれたり、ハンドメイドが得意なママさんがお友達に作ってくれたりもしていて、どんどん手作りマスクの輪が広がってきていますね。 子供も「自分だけの特別なマスク」という気持ちになるのか、紙マスクの時よりも喜んでつけてくれています。 「あまりお裁縫が得意ではないから」と敬遠している人もいらっしゃるかもしれませんが、作ってみると驚くほど簡単に出来る手作りマスク。 まだ作ったことが無いというみなさんも、ぜひマスク作りに挑戦してみて下さい! 意外とハマっちゃうかもしれませんよ~www では。 xiaocaiaya.

次の

【無料型紙・レシピ付き】ゴム不要!簡単ニットマスクの作り方

型紙 いら ず マスク

表生地、裏生地を各2枚裁断します。 上下の形が似ているので、シールなどで上方に目印を付けておくとスムーズです。 表裏共に生地を中表にし、マスク中心部分を1センチで縫い合わせます。 ガーゼ生地はズレやすいので、ゆっくりと途中で押さえを上げて生地を整えると綺麗に仕上がります。 表布・裏布共に縫い代を左に倒し表側から2~3ミリのラインをコバステッチで押さえます。 縫い終わった写真です。 マスク中心の縫い合わせがポコポコと生地がつれているように見えるのは、裏の縫い代があるからなんです。 裏にして、今縫った箇所の余分な縫い代をハサミでカットします。 私はこの クラフトチョキを愛用しています。 とにかく切れ味抜群で、本当に作業がはかどります。 絶対に買って損はない、超おすすめ道具です。 マスク本体をカットしないようにゆっくりと丁寧にカットします。 この余分な縫い代をカットすることでマスク中心の縫い合わせがとてもスッキリ仕上がります。 上目印のシールを見ながら、中表に生地を合わせていきましょう。 裏表どちらも縫い代を同じ方向に倒してコバステッチをしましたので、中表に合わせるとちょうど互い違いに合わせられるんです。 これもスッキリと綺麗に仕上がるポイントです。 まず上下の中心、次にサイドという感じでクリップで固定しましょう。 下の写真を参考に、マスク本体の上下を1センチで縫い合わせます。 マスクをサイドから表に返し、アイロンで丁寧に整えましょう。 続いてゴム入れ口を作っていきましょう。 表生地は裏生地より15ミリ長くなっています。 余分にはみ出ている表生地部分に裁ほう上手などののりで裏側に一度折ります。 さらにもう一度裏側に折り、アイロンでしっかりと整えまち針などで仮止めします。 折り込んだゴム入れ口をミシンで縫い合わせます。 この時ガーゼがズレ無いように、PPバンドなどを使うと綺麗に仕上がります。 最後にマスクゴムをいれ完成です。 マスクゴムは約25センチくらいを2本用意し、お好みの長さにカットし結びましょう。 お疲れ様でした! 立体マスクが出来上がりました。 初心者さんにも2,3枚作れば簡単綺麗に仕上がる立体マスクだと思います。 立体マスクは上下が分かりにくいですよね。 今回作った型紙は下ラインはほとんど真っ直ぐなラインになっていますので、確認してみて下さい。 キッズ向けにはアップリケやスタンプなどで上下の目印があるといいかもしれませんね。 はじめまして。 いつもブログ拝見させて頂いてます。 こちらの型紙で春夏用にポケット付きで作らせて頂きました。 こちらの型紙が1番お気に入りでこちらで家族や友人の分も量産したいと思いまして、秋冬用マスクにフィルター代わりにキルト芯 ドミット芯 を挟んだマスクを作りたいのですが何か良い方法ないでしょうか? フィルターポケットはなしでノーズワイヤーは入れれるようにしたいのですが、Smileworksさんのすごく分かりやすい説明と動画のおかげでポケット付きのマスクを作ることが出来たので、ぜひキルト芯、ノーズワイヤー入りのマスクの作り方のアドバイスを頂けたらと思いコメントさせて頂きました。 お忙しい中恐縮ですが、ぜひアドバイス頂けると助かります。 本当に素敵な型紙の無料公開ありがとうございます。 はじめまして、手作りマスクを検索していてこちらにたどり着きました。 とてもわかり易く初心者でも作りやすい作り方や型紙の公開をありがとうございます。 お陰様で家族分をひとまず1つずつ作ることができました! 2つお伺いします。 1、当方ブログを開いているのですが、そこで「作りました」と成果品を公開するのは大丈夫でしょうか?(詳しい作り方の説明手順はなく、型紙もご公開されているものをそのまま写真に撮らず、厚紙に転写したものを掲載予定) 2、1にご許可をいただける場合、記事中に「参考にさせていただいた作り方」としてこちらのHPをリンクさせていただくことは可能でしょうか? お忙しい中恐れ入ります。 お手すきなときにでも、ご回答くださると幸いです。 返し縫いはした方がいいですが、あまり難しく考えず自由に楽しく作って頂くといいと思いますよ。 ハードルをなるべく下げて、とにかく口を覆うことが出来ればOKくらいに気楽に作って欲しいです。 もちろん販売されるような完璧なマスクを求める場合にはこうした方がいいなど沢山ポイントはありますが・・ このブログ記事にYouTubeで作り方動画がありますので、是非動画を一度ご覧になって下さい。 ブログよりも、動画の方が分かりやすいと思います。 動画を見て一時停止しながらまずは1枚作ってみて下さい。 2枚目3枚目と作れば、どんどんコツを掴んで上達すると思います。 とにかく楽しく作って出来上がる楽しみを味わって頂きたいです^^ ニットをお使いになるようでしたら、ニット針をおすすめします。 糸はキングやシャッペの普通の糸を使っています。 ブログ内で「レジロン」と検索すると出てきますが、私はニット生地屋のくせにニット糸は使っていないです(笑) 私は超ズボラですので、実を言うとあまり細かい事にはこだわっていないんです。 とにかくハードルを下げて下げて、あれがないと出来ないと考えずに 今あるのでとにかく作ってみて出来たらラッキーくらいに楽しんで下さい! 手芸は作りたい気持ちで作れちゃいます。 どんどん追求していくうちに、この道具があると効率がいいとか便利とかそれこそ道具は奥は深いです。 でも最初は本当に、出来上がることを楽しんでみて下さいね。 SMILE様 海外在住の日本人です。 マスク型紙と作り方の無料公開、本当にありがとうございました。 今月初めに義母からマスクを頼まれ、作り始めました。 いくつかの型紙を試作してみましたが、SMILEさんの型紙が着用した時に一番スタイリッシュに見えます。 それから、怒涛の如くマスク製作をし、親族、知人、友人、隣人にプレゼントするために80枚!も作りました。 北イタリアの友だちには、可愛い桜柄のガーゼ手ぬぐいから裁断し、とても喜んでもらえました。 小売店が閉店している、インターネットの配送が遅いため、手持ちのガーゼ手ぬぐいや大判ハンカチから作りました。 キレイな手ぬぐいやハンカチを裁断するのは、もったいないですが、1枚から数枚のマスクが作れます。 ゴムが長く必要になるのですが、70センチくらいのゴムを1本で輪に通し、着用時には首筋と後頭部に分けて付けると、耳が痛くないですし、一時的にマスクを外す時、首に掛けておけます。 こちらの手作りマスクは、上下2本の紐で結ぶ式の人が多いです。 手術時のマスクなどの仕様だそうです。 みんなにプレゼントしている時は、お元気でという挨拶のつもりでしたが、なんと明日からは外出時に口鼻を覆う義務が発令されたので、タイムリーなプレゼントになり、皆に感謝されました。 こちらでは日頃からマスク着用習慣がないので、家にひとつもマスクがない人もいるのです。 皆にとても喜ばれ、キレイなマスクと褒めれました。 SMILEさんのおかげで、私の株も上がりました。 本当にありがとうございました。 型紙との公開ありがとうございました。 「立体マスク」の基本編とアレンジ編を取り合えず一品ずつ試作しました。 家族用に2~3枚ずつ必要だから10枚前後作る予定です。 直線縫いしか出来ないオモチャみたいなミシンと、さらしの生地 もちろん無地 で作りました。 ミシン経験はお遊びで数えるくらいしか回してませんでした。 手芸経験としてはほぼ初心者 レシピと動画を見ながら作りきることが出来ました。 手芸初心者の悲しさか、仕上がりの左右の長さが合いませんでした。 型紙からきちんと裁断して縫製したのですが、最後のゴム入れ口の折り返して無理やり調節しました。 動画は工程の要点がハッキリしていて分かりやすいです。 またナレーションも個人の感想ですがとても聞きやすいです。 動画について個人の感想を。 ・クリアで見やすい。 ・短縮するところは早回しで見せてメリハリがある。 以上非常に好感が持てました。 重ねて型紙とレシピの公開にお礼申し上げます。 どの生地を使う場合でも、コットンやリネンなどの天然素材の生地は縮みが生じます。 その為水通しを進めている方が多くいらっしゃると思いますし、その通りだと思っています。 ですが私は面倒くさがりなので、水通しは行っていません。 水通しの作業があるだけでマスクを作るハードルが上がってしまうし、ダブルガーゼは地の目が歪みやすいからです。 またマスクは実際とても小さなアイテムです。 例えば5%縮む生地だったとしても水通しをしなくてもそれ程の影響はないと思っています。 きちんと水通しされて作られている方は凄いなと思いますが、完璧を求めるよりも私ならその手間を省いて1つでも沢山作りたいと思います。 また生地はお手元に届くまでの生産過程、カット作業時、また縫製時に多少のちりやホコリが付着していると思います。 その為縮みの面ではなく、衛生面から縫製後に洗濯をしてからご使用されることをおすすめしています。 参考になさって下さいね。 あまり難しく考えず、ハードルをなるべく下げて楽しく作って頂けますように。 丁寧な作り方画像がとてもわかりやすく1枚目から満足のいく仕上がりになりました! 今ほど裁縫が好きで良かった!と思った事は無いです。 裏地は晒にし、表地はお気に入りの生地でじゃんじゃん量産しています。 会社でも「すごいかわいい!!」と大好評でした。 着け心地の良さと毎日違う柄を着けられることでもう使い捨てマスクには戻れなそうです。 使い捨てマスクの在庫があるのに主人も毎日着けています。 毎日のマスク作りでステイホームが全く苦じゃないです。 無料で公開していただき感謝です!! ありがとうございました。 今までのハサミって何だったの…という程、切れ味抜群です! 作り方を教えて頂き、ありがとうございました。 手作りマスクを職場の人がしていて良いな、と思い 自分でも作ってみようと 生地は自宅にあったシャツなどをかき集め、 いざ縫おうとしたら、なかなか難しく 検索してこちらに辿りつきました。 動画で丁寧で分かりやすかったです。 コバステッチは最初は難しく苦戦しましたが 数を作るうちに上達し、 きれいに縫えるようになりました。 生地の組み合わせも、決まりがある訳ではないので 自分なりに変えてみたりして 縫いやすいとか、縫いにくい(素人には難しいという意味)も分かり、かなりの枚数を作りました。 新しい生地で作ったものは、 周りの人にあげたりして、とても喜ばれました。 マスクは小さな物だけど 出来上がると嬉しくて、 何か作るというのは、とても楽しいです。 お礼を兼ねて生地の購入をしたいので 落ち着いた頃、買わせていただきます。 それまで大変かと思いますが、 お身体に気をつけて。 感謝を込めて。 何年かおきにミシンブームがやって来る手芸好きのおばちゃんです。 マスクは縫わず嫌いでしたが、こちらの立体マスクが 「簡単綺麗に仕上がる素敵な型紙」で、すっかりはまってしまい プリーツや他の色々な形にもチャレンジしました。 手持ちの布を広げて「このデザインには、この布で、ここに柄がくるように」 考えると楽しくて 笑 たくさん作って娘や息子、その同僚、そのご家族へと渡っていき 使っていただいています。 型紙もですが、コメント欄も勉強になって「2歳の女の子用」のリクエストには 「キッズ用85パーセント説」のおかげで、バッチリ!! とても嬉しそうにマスクを着けているカワイ子ちゃんの写真が送られてきました。 コロナ騒動で暗くなりそうな中、楽しくミシンをして、直接会ったことのない人にも 喜んでもらえて・・・。 こちらの型紙と解りやすい作り方のおかげです、ありがとうございます。 これからも楽しみにしていますが、くれぐれも無理はされないようにご自愛くださいね。

次の