引越し 単身 おすすめ。 単身パックの相場の値段の比較。ヤマトとサカイ、日通とアートのベスト1

【激安】単身引越しのおすすめ比較!単身パック&プラン&格安プラン|100円引越しセンター

引越し 単身 おすすめ

単身引越しを格安料金でしたいならプロスタッフがおすすめです。 一人暮らしの単身分のお荷物にぴったりのサービスでお得に引っ越ししよう。 たくさん運べる引越し単身パック プロスタッフの引越し単身パックは たっぷり運べて割安な料金設定です。 たしかにプロスタッフより安い料金の軽トラを使った引っ越し屋はたくさんあり、10,000円以下の値段に惹かれる人も多いことでしょう。 しかし、軽トラで収まる荷物量ってその内容によっては意外に積めない場合が多いです。 ほとんどが同じサイズのダンボールばかりの荷物だと、たくさん積むことができますが、自転車や原付バイク、ベッドなど大きくて嵩張る形状の場合は1台で載り切らないなんてことにも。 新居までの往復回数が増えたり、トラックの台数が必要になると追加料金により、予算オーバーなんてことにもなりかねません。 その点プロスタッフは単身分の荷物量には余裕があるトラックで運搬をするので、嵩張る荷物があってもたっぷりと積み込むことができます。 結果、トータルで見た場合に単身引越しが安い料金で終わらせることができるのです。 プロのスタッフが作業します。 お手伝いは不要です 軽トラ系の引越し業者は 作業員1名による作業が前提の料金体系のものが多いです。 そういった業者は冷蔵庫や洗濯機、ソファーなどの大きな家具、家電については手伝いを要求されます。 また時間制料金を採用している場合もあるので、ダンボールの運搬も手伝わないことには追加費用が発生する可能性もあります。 若い男性であれば安くなるなら手伝ったとしても問題ないでしょうが、女性の場合はそう簡単にもいきません。 またトラブルの元にもなりかねないのが保障に関する問題です。 二人での運搬中に荷物を落とすなどして壊れた場合にどちらに責任の所在があるのかと揉める可能性もあるでしょう。 プロスタッフなら自社スタッフによる作業を徹底させているので、お手伝いは不要です。 また単身引越しばかりではなく、荷物が大きな家族引越しも頻繁に行っているので、単身専門業者と比較しても高い技術を持っています。 大切なお荷物を確かな作業品質と丁寧な作業でお運びするので作業内容重視の方にはおすすめします。 15,000円と格安料金の引越し単身パック プロスタッフの引越し単身パックは 基本料金が15,000円と格安で提供しています。 たしかに10,000円以下の業者と比較すると高く感じる人もいるかもしれませんが、前述したような様々な条件を加味していくと結果的に一番安かったという場合が多いのも事実です。 品質にもこだわる格安引越しなので、業者選びに迷っているなら見積りだけでも取ってみて損はないかもしれません。 電話ですばやくお見積もり 実際に営業マンが目で見て初めて見積もりをする引越し業者が多い中、プロスタッフの引越し単身パックは 電話で見積もりをしています。 訪問見積もりは業者にとっても負担が大きい見積もり方法です。 だからこそ呼ばれたからには何度も食い下がりなんとしてでも契約を取ろうと頑張ります。 プロスタッフは電話見積もりによって営業コストを削減し、コストパフォーマンスが高い単身引越しを提供しています。 特に一人暮らしの女性にとっては知らない男性を部屋に上げるのは怖いという方もいるでしょう。 そんな人にこそプロスタッフの電話見積もりを活用して欲しいです。 また他社の見積もり額が高かったので料金だけでも聞いてみたいという方にもプロスタッフはおすすめできる単身引越し業者です。 気軽な気持ちで問い合わせてください。 単身引越しに力を入れるプロスタッフとしては、格安の長距離便を提供することは無視できない問題でした。 というのも、長距離便は近距離の移動よりもトラックを拘束する時間が長く、料金も高くなりがちです。 でも、拘束している時間のほとんどは移動距離とお一人分の荷物でトラックを走らせると非常に効率が悪いのです。 実際、長距離引越しの見積もりを依頼してびっくりするような高い見積もりを出された人も多いのではないでしょうか。 だからこそプロスタッフでは、少しでも安い見積もりを実現するために、単身引越しの長距離移動におけるコストダウンを目指しました。 混載便や帰り便、航空便やフェリー便など、あらゆる方法を駆使して長距離便を格安費用で承ります。 不用品買取で格安引越しをしよう! 引越しを機に不用品を処分したいというお客様は多いものです。 しかし、昨今では自治体であっても不用品の処分に費用が掛かる場合が多いです。 お客様にとっては不要の物であってもリサイクル品としてまだまだ使える物も多く、そのまま処分してしまうのは非常にもったいない話です。 エコが叫ばれている今だからこそプロスタッフでは、不用品買取のサービスも実施して資源の有効活用に微力ながらも取り組んでいます。 特に一人暮らしの単身引越しでは学生さんが実家に帰ったり、結婚を機に単身向け冷蔵庫や洗濯機などの必要がなくなるケースが多いようです。 使用年度も比較的新しい物が多く、リサイクルショップでも需要が高い商品なので高価買取が見込めます。 また運搬する対象の荷物が減れば、相対的に引越し費用も安くなります。 そういった意味では一度で二度おいしいのが不用品買取なのです。 このサービスを活用すれば、単身でも激安料金の引越しができるかもしれませんよ。 まだまだ使えそうな不用品がある人にとってはおすすめ引越し業者ですよ。 オプションサービスも豊富です 家族引越しなら当然の梱包や開梱のサービスもご依頼いただけます。 それ以外にも荷物保管やエアコン・ウォシュレットなどの電気工事、ハウスクリーニングやペット預かりなどのサービスもお気軽にご相談ください。 引越し料金は少しでも安くしたいものです。 ここでは少しの工夫で単身引越しの見積もりで大きな値引きを獲得できるような格安方法をご紹介します。 引越しの荷物量を減らして安くする ホントなのって思えることですが、実際に引っ越しの訪問見積もりをしていると「この荷物は新居で処理したい」なんてことを言われるお客様は案外多い物です。 でもそれらをトラックに積み込むということはゴミをお金を払って運んでもらっているということに他なりません。 不要な荷物は見積もり前にできるだけ処分しておくことが最もおすすめな方法です。 見積もり時に「引越し当日までに捨てておく」なんて言われても営業マンは全面的には信用しません。 どうしてもリスクを考え、それらの荷物も積めるだけのトラックを見積もってしまうのです。 荷物量を大きく減らせればその分料金も下がり激安引越しも夢じゃないのです。 例えば、自治体に粗大ごみを出すのにごみ置き場まで一人で出せないと言うような場合はぜひご相談ください。 そういったお手伝いにも柔軟にお応えします。 安い日を選んで引越しする 引越しは混みあう日とそうでない日があります。 有名なのは春の繁忙期(シーズン)ですが、通常月であっても土日や祝日が忙しく、月初めよりも月末のほうが忙しい傾向があります。 また大安や友引などと言った縁起の良い日を積極的に選ばれる方も多く人気です。 当然忙しい日は暇な日と比較して料金が高くなる傾向が高いです。 もし、引越し日が忙しい日からずらせるのであれば、安い見積もりが受けられるでしょう。 また小さな引越し業者の場合ですと大きな家の引越しを1件受けただけでもトラックの予定が埋まってしまうことがあります。 暇そうだなと自分で日程を選ぶのではなく、引越し業者と相談し値引き交渉することで激安見積もりを受けられる確率が高まります。 その為にも一般的に言われているよりも早めに見積もり依頼することが大切です。 ダンボールを用意して値引き交渉をする ダンボールと言うのは意外と高価な物です。 今ではホームセンターで引越し用ダンボールでも手に入りますが、小さなダンボールでも100円以上で売っています。 引越し屋によっては無料サービスのところが増えていますが、段ボール代だけでもかなりの費用負担になるのが分かります。 ご自身で集めることができるのであれば、引越し会社としても値引きの交渉に応じてくれる場合があります。 少しでも安く引越ししたいのならダンボール集めを検討してみる価値はあります。 ただし注意したいのが、柔らかいダンボールは避けることです。 スーパーでもらえるお菓子やトイレットペーパーのダンボールは弱くて積み重ねに耐えられません。 集めるのであれば、電化製品や果物、野菜などのダンボールが頑丈にできている傾向があります。 またできるだけサイズを揃えなければ、トラック内での積み重ねが難しくなります。 作業遅延を招くようなダンボールばかりだと値引きは期待できないかもしれません。

次の

【単身パック比較】おすすめの単身引越しが安いプランと業者別料金見積もりの相場

引越し 単身 おすすめ

この記事の目次• 単身の引越しでは、一人だからこそ荷物量がそれほど多くなりません。 そのため、うまく工夫して引越し費用を安くしたいと考えている方もいますよね。 単身で引越しをした場合、実際の 引越し費用の相場はどれくらいなのか知っていますか?この記事では、単身の引越し費用相場をはじめ、費用を抑えるコツについてご紹介していきます。 単身の引越しにかかる費用の相場 引越しにかかる費用は、荷物の量や移動距離などの状況に応じて大きく変わります。 ここでは、引越し費用に影響する3つの要因をはじめ、単身の引越しでの一般的な引越し費用の相場について見ていきましょう。 引越し費用に影響する要因は3つ 単身やファミリーなど人数に関わらず、引越しの費用を大きく変動させる要因に3つがあげられます。 引越し先までの移動距離• 荷物の量• 引越しの時期 単身の引越しの場合、荷物の量が少ない分引越し費用を抑えられますが、引越し先までの移動距離や時期によっては引越し費用が高くなってしまいます。 学生の場合は入学・卒業シーズンの3月前後、社会人の場合は人事異動時期の3月や10月前後に引越しが集中します。 単身の引越しにかかる引越し費用相場 引越し一括見積もりサイトの「ズバッと引越し比較」の情報によると、引越し先までの移動距離や時期に応じて、以下のような単身の引越し費用の相場になります。 参考: 通年の相場を見てみると、移動距離が20kmまでの 近場であれば3万円台で済むことが分かります。 また、移動距離が200kmを超えると2倍以上の金額になります。 移動距離を変更して引越し費用を抑えるということは現実的ではないので、安くしたい場合は他の2つの要因について工夫をする必要があるでしょう。 さらに引越しの 3~4月の繁忙期は通常期に比べると引越し費用が 15~30%程度割高になることが分かります。 引越し費用を少しでも抑えたいのであれば、繁忙期は避けて引越しを行いたいですね。 居住環境などによって引越し費用が変動することも?! 引越し費用に大きく影響する要因は3つのほか、何階建てのマンションなのか、運ぶ家具荷はどんなものがあるのかなど、居住環境や条件によっても金額が前後します。 引越し費用に影響するそのほかの要因• 旧居や新居のフロア階数• 旧居や新居のエレベーターの有無• 旧居や新居の前面道路幅(トラックの停車の可否)• 運ぶ家具に高価なものはないか• 運ぶ家具にガラスなどの繊細なものが多くはないか• 引越し業者のトラックやスタッフの空き状況 荷物を運ぶ時にエレベーターがないと、作業に時間がかかったり人数を必要としたりすると引越し費用が変わってきます。 作業の難易度やリスク、必要な人員数などによっても引越し費用は変わるのです。 「単身向けパック」と「単身向けプラン」の違いって? 「単身向けパック」では荷物を コンテナボックスで運びますが、「単身向けプラン」では通常のようにトラックに荷物を積み込んで運ぶので一般的な引越しと同様に、すべての荷物が載せられます。 荷物の量によってどちらを利用するのか選びましょう。 「単身向けパック」 積める荷物の量の上限が決まっていて、引越業者が用意したボックスに収まるだけの荷物しか運べません。 「単身向けプラン」 運びたい荷物の量に合わせたトラックで荷物を運びます。 原則ファミリー向けの引越しプランとの変わらずトラックを1台準備するため、単身向けパックよりも費用がかかります。 荷物の量が少ない単身者におススメなのが「単身向けパック」 「単身向けパック」は多くの引越し業者が提供している引越しプランです。 「単身向けパック」を提供している主な引越し業者を紹介 「単身向けパック」では、コンパクトなコンテナボックスに荷物を積んで運びます。 単身向けパックを提供している主な業者は以下の通りです。 ヤマト「単身引越しサービス」• 日通「単身向けパック」• サカイ引越しセンター「小口便引越しサービス」 荷物をコンテナボックスに詰め込んで、他の引越し依頼者のコンテナボックスと一緒にトラックなどで運ぶので、コストダウンを実現しており、 おトクな費用で引越しができます。 「単身向けパック」で運べる荷物の量はこれだけ!大手3社を比較 単身向けパックで運べる荷物の量とサイズには上限があります。 3社のコンテナボックスの大きさと料金について見ていきましょう。 「単身向けパック」のメリット・デメリット 単身向けパックの 最大のメリットは安さでしょう。 また、荷物の量を確認するために訪問して見積もりをとってもらう必要がなくお手軽です。 ただし、荷物の量に上限あるとデメリットもいくつかあります。 例えば自転車や組み立て式家具、3ドアの冷蔵庫など、単身パックでは運べないものもあります。 また、移動距離や引越し先によっては、単身向けパックを選べない場合もあります。 荷物の量が多いなら「単身向けプラン」を選ぼう 「単身向けパック」では荷物が運びきれない場合、荷物の量に上限のない「単身向けプラン」を選ぶとよいでしょう。 「単身向けプラン」を提供している主な引越し業者を紹介 単身向けプランでも、引越し業者によってはさまざまなプランが設定されています。 例えば、以下のような単身向けプランがあります。 アーク引越センター「ミニ引越しプラン」 段ボールが50枚まで無料でもらえたり、ハンガーボックスが5個まで無料で利用できたりなど、便利でおトクな特典があります。 アリさんマークの引越社「ミニ引越しプラン」 畳3畳分程度の荷物を運んでもらえます。 目安は段ボール20箱までと、単身向けパックでは載せられない冷蔵庫や自転車、洗濯機、電子レンジ、テレビなどです。 「単身向けプラン」のメリット・デメリット 単身向けプランの場合、単身パックと異なり荷物の量を気にすることなく、自転車やベッドなどの 大きな荷物を載せられるので、荷物の量が多い方におススメです。 また、ダンボールなどの梱包資材がサービスでつく場合があるのでぜひ利用しましょう。 ただし、単身向けプランは単身向けパックに比べるとやはり引越し費用が割高になります。 単身の引越し費用を抑える3つのコツ 引越しの時期は、新居にかかる費用など、さまざまな状況で資金が必要になります。 できるだけ引越し費用を抑えるための3つのコツをご紹介します。 荷物の量が減るように工夫する 引越しの移動距離や時期については、都合によって調整できない場合が多いですよね。 それなら、引越し費用に大きく影響すると考えられる要因の一つである 「荷物の量」を少なくすることで、コストダウンを図りましょう。 例えば、古い家電や寝具があれば処分して引越し先で購入したり、不要な衣類や食器などを処分するなど、「断捨離」をしながら荷物の量を減らしてみましょう。 引越しをきっかけに不要なものを一気に処分し、気持ちよく新しい生活をスタートさせましょう。 引越し業者以外に引越しを頼む 引越し業者以外でも、 配達・配送をしてくれる業者はあります。 荷物の量や内容によって、以下のような業者を利用し引越しをすることができます。 ゆうパックや宅急便などの宅配サービス 例えば赤帽であれば、運べる荷物の量の上限は基本的に軽トラック1台分です。 荷物の量が少ないのであれば、赤帽を利用したほうがおトクになる可能性もあります。 引越しの一括見積もりで引越し費用が安い時期を選ぶ 単身向けパックや単身向けプランなど、サービス内容を吟味して引越しプランを選ぶことは引越し費用を安く済ませる方法としておススメですが、引越しの時期にも注目してみましょう。 引越し業者にとって一般的な繁忙期は共通していますが、繁忙期シーズンとして設定している日程が、引越し業者ごとに異なる場合があります。 特に 3月中旬など、超繁忙期に入る前などは料金を安く設定している可能性があるので、注意して探してみてください。 数日異なるだけで業者ごとに引越し費用が大きく変動することがあるので、引越し一括見積を利用して見積もりをとって、自分に合った引越しプランを選びましょう。 単身の引越し費用相場を知ってコストダウンしよう 単身での引越しの場合、相場を知るには 引越し一括見積もりを利用することがおススメです。 手軽に引越し費用の相場を知ることができ、よりおトクに引越しができます。 ひとつの引越し業者のだけでなく、複数の引越し業者の情報を一括してとることができ、引越しに関する豊富な知識や情報を備えていることも魅力です。 ぜひ活用してみてくださいね。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くなる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も見直してみましょう。 電力会社のプランを比較すればお得に電気も使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

単身パックS・L(WEB割引き実施中)

引越し 単身 おすすめ

料金目安 プラン名 区分 詳細 日通 1. 8万円~ 単身パックS 単身パック 荷物量に応じたS・Mの2サイズ 2万円~ 単身パックL 単身パック 要見積 単身パック当日便 単身プラン 近距離限定のトラックチャータープラン ヤマト 1. 5万円~ ミニ引越しプラン 単身プラン 標準的なチャータープラン 佐川 2. 1万円~ カーゴプラン 単身パック 標準的なBOX輸送プラン 3. ただ荷物量さえ少なければ何人家族でも利用可能です。 要は荷物がそれぞれBOXやトラック内のスペースに収まればOK。 また、表の相場はあくまで参考目安で、 利用者それぞれの引越し条件次第で大きく料金が変動します。 なので、比較的安い日通にしたってヤマトにしたって「 この業者の単身パックが安い!」ということは言えないんですね。 つまり、予定日(時期)、引越し先(距離)といった条件次第で各社料金が異なるため、自分の条件で見積もりを出してもらって比較して初めて安い単身パックが分かります。 単身パックの予約は埋まりやすい! 単身パック(BOXタイプ)での引越しを希望するなら 見積もり予約は早めにとっておくのがおすすめ。 というのも、単身パックは他の利用者のボックスと一緒に1トラックで輸送するので、他の予約との都合を考えてトラックを走らせる必要があります。 そのため、利用者1名にトラック1台貸切りの通常プランと比べて、業者側のスケジュール調整ががむずかしいので希望日での予約が取りづらいんですね。 加えて単身パック自体が人気のサービスなので、そもそも予約が埋まりやすい。 特に土日・月末月初・3月4月に引越し予定があるなら尚の事。 なるべく早く、予約に空きがある業者の単身パックを一括見積もりで探して比較、最安値の見積もりを出しておくことが肝心! 単身パックと単身プランの違いは意外と知られてない 一人で引越しをする場合にまず思い浮かぶのが「引越し単身パック」と「引越し単身プラン」この2つ。 パッと聞いただけで同じ意味だと捉えがちですが、両者は全然別物です。 料金も違ってくるし、運べる荷物の量も変わってきます。 この違いを簡単にまとめてみました。 単身パック 単身プラン 荷物 少ない 多い 料金 安い 高い ダンボール 有料 無料 単身パック:ボックスで輸送する カーゴ(コンテナボックス)に入りきる荷物の量の引越しが対象。 引越し業者が他の輸送荷物と混載して運べるため、その分料金が安くなります。 「単身パック」という名称は日通の商標登録となっているため、他の引越し業者、例えばヤマト運輸なら「ヤマト単身引越しサービス」など独自のプラン名を使っています。 BOXの図を見てもらえば分かるように、本当に荷物が少ない人だけが使えるサービスプラン。 単身プラン:トラックをチャーターして輸送する 単身パックでは入り切らない荷物量の人が使う一人向けの引越しプラン。 ただ、「単身」とついているだけで基本的にはトラックを1台チャーターするため、他の引越しと同等の扱い。 単身パックと違って、ダンボールが無料になったり、荷造りをしてくれたりするサービスも付いています。 つまり基本的には通常の引越しプランとそれほど大きな差はないということになります。 両者のメリットデメリットと選び方 両者の違いを知っておくことで、予算や手間、荷物量などに応じて、あらかじめ自分はどちらのプランなのかをざっくり把握した上で引越し業者と相談できます。 単身パックのデメリット:荷物量とダンボール調達 一覧にある通り、一番の違いは荷物量による料金の違い。 単身パックは距離数に対する料金がそれほど左右されないため、最安値料金で引越しできます。 1BOXで入り切るなら断然単身パックにしたほうが安く済みます。 ただし、これが単身パックのデメリットにもなり得ます。 例えば日通単身パックは荷物に上限はないけど、1BOXで入り切らない分は 追加料金が必要になるため、宅配便を使って別送するなどの方法も検討する必要が出てきます。 ダンボール数箱分くらいなら数千円で収まるので、基準となる荷物の絶対量が決め手に。 またダンボールは有料か自分で手配する必要も。 単身プランのデメリット:長距離引越し費用が高い これに対して、単身プランなら荷物量は気にせずダンボールも基本無料サービス。 荷運び、荷解きなどのオプションを付ければ手間や労力を気にせず引越し業者に全部任せてのんびり引越しを行うことも可能に。 ただ、その分料金は上がるし、 距離数が増えれば増えるほど更に割増になっていくのが最大のデメリット。 近距離の場合なら各社格安プランを打ち出していますが、長距離になるとやはりどうしてもそれなりの料金が掛かってきます。 単身引越しが安いのは単身パック?単身プラン?相場比較 単身パック 単身プラン 相場 約1. 5~4万円 約3~10万円 単身パックは他の荷物との混載輸送になるため、市内、県内を出て100kmとか300kmなど距離数が伸びても約3万円以内に収まることが多くなります。 これに対して単身プランはよほど荷物量が多くない限りは、距離数が一番大きく関わってくるため、それに応じて料金も変動します。 単身パックはボックス単位での料金となるため、仮に2BOXになった場合と単身プランと比較してどちらが安いのか?を判断しなければならず、業者によってこの料金は変わってきます。 どちらがいいのかは、荷物量、移動距離、サービスプラン(ダンボールや荷解き、清掃、廃棄処分など)の希望の有無で自分がどうしたいのかによって、また業者ごとにも変わるため、一概に定義付けはできません。 単身パックは全引越しプランの中で最安値になるので、どうしても安く済ませたい!という場合は、 荷物を売却したり処分したりしながら減らしていくしか方法はないと言えます。 ワンポイント アドバイス 引越し業者はたくさんあって、さらに「単身パック」「単身プラン」、さらには「単身サービス」「シングルプラン」「ミニ引越し」などプラン名が多すぎ。 価格はどこが安いのか、どのプランがいいのかを見極めるのは困難の極みです。 そんな場合は荷物量や移動距離、オプションまで含めた希望条件を踏まえて一括見積もりで一度に比較したほうが素早く分かるためおすすめ。 特定の荷物がある場合は利用できない これらを運んでもらうのは無理! 単身パックのBOXはどこの業者でも大きさがほぼ決まっています。 つまり、入り切らない荷物がある時点で使用は不可。 例えばベッド。 折りたためるものであれば大丈夫ですが、ベッドは大体170cm以上になりますよね。 また3ドアの冷蔵庫もギリギリ行けるかいけないか、ピアノや大型家具や家電がある時点で難しくなります。 ちなみに、原付きバイクなどエンジンが付いている乗り物、高価な美術品や有価証券、またペットも運んでもらうことはできません。 【料金事例付】単身パックを使った人の口コミ評判 普通でした• 引越し料金 41,000円• 引越し時期 7月• 引越し距離 同市内 引っ越し先が近場だったので、本来は自分達でできる距離でしたが、冷蔵庫、洗濯機がファミリー用のため、引っ越し業者にお願いすることにしました。 できるだけ費用を抑えたくて3件ほど電話しましたが、費用はさほど差がなかったため、対応の良さから日本通運を選びました。 しかし、単身パックだと電化製品が一人暮らし用だと思われていたようで10リットルの洗濯機、300リットル以上の冷蔵庫をみて、業者の方々に「まじかよ」というような発言をされたこと。 電話対応もよく、見積もりにスタッフが訪問して運搬物を確認するためにメモなどもしていたのに作業スタッフに引き継ぎされていなかったのか、そのスタッフの心情なのかはわかりませんが、聞こえてきてしまったのは非常に残念でした。 投稿日時:2019年04月25日 03:50 やや不満でした• 引越し時期 11月• しかし、運び出しは三人だったのに引越先に到着後のスタッフは1人で、家電とかがなかなか運べなかった。 梱包交代して頂いた食器が割れていた。 見積り段階でおまけしてくれると言っていたガスコンロや不要物の処理代が最終的に三万円ほど加算されていたのでおかしいが、スタッフに言っても確認してもらえない。 投稿日時:2019年04月25日 18:55 やや不満でした• 引越し料金 70,000円• 引越し時期 6月• あとは、自分の希望日時に融通をきかせることができれば、業者が引っ越しと引っ越しの合間での実施を了解したら少しだけど値引きしてもらえる。 しかし、自分では荷物は少ないと感じても、見積もりをしてもらうと単身パックでは厳しいのでプラン変更や一部の荷物処分を前提にされる。 単身パックの決め手はやっぱり荷物量。 これが8割以上の鍵を握ってると言っても良いですね。 ボックスに入れば格安、少しでも入り切らなければ通常便に… あとは距離数でも変動する場合があるので、やっぱりしっかりと見積もりを各社から取った上でどこにするのか決めたほうが無難です。 単身引越し費用が確実に安くなるおすすめの方法5つ! 単身で引っ越しする場合は「1人なんだし安くしてよ!」と業者に言いたいところですが、何もしなければ安くは収まりません。 値段を安くする方法を知っておくだけで、事前準備もできますので、管理人もよく使うおすすめの方法についてまとめておきます。 【1】安くなる時期を知っておく 引越しの超繁忙期は3月と4月。 年が明ける前に前倒しで引越しをする人も多いため、12月も相場料金は上がってきます。 それに比べて1月、6月、7月、11月は全体的に引越し件数が下がる傾向にあります。 月は選べないよ…という場合は、月末月初はせめて避けましょう。 特に月末は中旬と比べて1. 5~2倍に料金が跳ね上がる場合があり、これを知らなかった管理人は3万円台で済む引越しが8万円になったことがありかなりショックでした… 時期は特に大事と心得ておいてください! 【2】思い切って捨てるものは捨てる モノってなかなか捨てられないけど、バッサリ捨てて新調したほうが引越し料金と比べて安くなる場合もあります。 どうしても引越し料金に目が行きがちですが、捨てるものは捨ててしまったほうが結果安くつくことも。 断捨離する意味も含めて気分良くバーンと行くのはおすすめです。 【3】荷造り、荷解きは余裕を持って事前に行う 管理人も一度だけ使ったことがありますが、荷造り、荷解きを業者にお願いする おまかせパックなど使うと物凄く楽なので使いたくなっちゃうのですが、 これだけで2万円とか取られます。 あと、見積もりはできるだけ早めに取ってください。 引っ越し直前だと確実に料金は上がります。 【5】各業者の見積もり金額で値下げ交渉 【4】の相見積もりで出た「一番安い見積もり金額」を値下げ交渉の材料にします。 具体的にどういうことかっていうと 「この金額より安ければ考えるんですけどね~…」と他の業者に掛け合ってみると 「わかりました!もう少し頑張りますのでうちで!」って感じでどんどん安くなっていきます。 まとめ:少量の荷物を安く送るには1社の単身パックにこだわらない 単身パックはとどのつまり、 ボックスに荷物積めるだけ積んで運ぶから割安!という混載便サービス。 …たしかにお得感あるし、安さにも納得できますよね。 でも一定額じゃない。 そこが肝心なんです。 引越し料金は、その時その時、あらゆる要因で相場が変動します。 それはどの引越し業者の単身パックでも一緒。 「少量の荷物だし、~社の単身パックが一番安いはず!」 っていう考えは大きな誤解なんです。 つまり一旦、~社の単身パックを本命としておいて、できるだけ多くの業者の見積もりと比較してみてください。 見積もり比較した結果 一番安いのは 他社の通常プランかもしれないし、 ~社の単身パックかも。 いずれにせよ、見積もり比較さえやっておけば あなたが運びたい荷物量を一番安く運んでくれる引越し業者に必ず出会えます。 SUUMO引越し.

次の