水作エイト。 水作エイトはソイルや大磯の中に埋めたほうが良いの?

水作エイトのろ過能力低下を防ぐ簡単な改造

水作エイト

八角形の形をした透明のプラスチックの入れ物の中に、白色のウールのようなものが入っているデザインになっていて、小学校に置かれてある水槽での飼育の際には、必ず水作エイトが採用されている位です。 水作エイトは簡単お手軽なのに大変優秀な濾過フィルター。 水作エイトの使い方は極めて簡単であり、エアーポンプを買ってきて、それにエアーチューブで水作エイトに接続して、あとは水作エイトを水槽に沈めるだけのお手軽設計になっています。 このような簡単な濾過フィルターが本当に機能するのか?と疑ってしまう人もいるかもしれませんが、水作エイトは濾過フィルターとしても大変優秀で、適合する水槽サイズ、飼育している生体の個体数によっては、それだけで普通に飼育が可能です。 ペットショップに行けば分かりますが、魚が売られている水槽を見ると、必ず大磯をしいた底面フィルターと、水作エイトが二個セットくらいで使われていますので、商業用としてもコストや手間ヒマ、その効果を考えると採用するに値する訳です。 単に水槽に放り込むだけ良いですし、定期的にバケツに入れてすすぐだけで良いので、エーハイム2213のような外部式フィルターのメンテナンスと比べると、あまりに簡単すぎて拍子抜けするくらいのお手軽さです。 水作ニューフラワーDXは、正直言ってそれを使う場所が殆どない話。 その外見はゼビウスに出てくるアンドアジェネシスそのままですし、水作エイトの上位互換としての商品なので、水作エイトMなどをたくさん買っている人であれば、一度は気になる存在なのが、水作ニューフラワーDXになるのではないでしょうか? しかし、いざ購入しようと思うとどうしても悩んでしまう類の商品ですから、なかなか購入するまでに時間がかかってしまうと思いますので、実際に購入してみた感想を言えば、購入しないほうが良いと言った感じです。 水作エイトの特徴としては白いウールの部分が大きいほど、その効果が高くなる訳なので、水作エイトニューフラワーDXのようにウールの部分が小さくて、大磯が入っている部分が大きい場合は、正直言って効果もあまりありません。 基本的には、大磯の中に沈めて使うと良いらしいのですが、それをするくらいなら、最初から底面フィルターを使ったほうが断然効果も高くて、メンテナンスも容易になります。 水作のプロホースという大変便利な水換え用の動画あるのですが、それを使う際にも、水作ニューフラワーDXが水槽の中に入っていると、使いにくくてしょうがなくて、水素の中を引っ掻き回すようになりますから、中の生体にもよくありません。 これを使うくらいなら、水作エイトMを2個使ったほうが絶対に良いと言えますし、私もすぐに水槽から取り出して、今では倉庫に眠ったままになっています。 屋外水槽で使えばよい?といった話になった場合は、水作ジャンボという水作エイトをさらに大きくした濾過フィルターを使ったほうが良いので、亀などを飼育している水深が浅い屋外水槽であれば、水作ニューフラワーDXが唯一適合できる環境であるといえるでしょうか?.

次の

使いこなせ水作エイト!初心者ろ過フィルター講座

水作エイト

今回はこの水槽で水作エイトコアMを導入します。 で、買ってきました。 このコアのパッケージには活性炭カートリッジ 参考は は付属されていますが、今回はバイオカートリッジ 写真右 を取り付けます。 活性炭カートリッジでも十分活用できますが、効果の持続が2週間とちょっと物足りないので我が家ではバイオの方を愛用しています。 早速取り出してみました。 こころもち、旧水作エイトよりも大きい気がします。 フィルターの取り外しも簡単で素晴らしい。 旧水作エイトは、使い続けていると細かい砂利がカバーと底皿の間やアタッチ部分に入り込んで中のフィルターを取り外しにくくなってしまいました。 その上にアタッチ部分の構造が細くてぶっ壊れやすいと言う難点が。 カバーにフィルターがくっついています、これは掃除しやすい。 このデザインを考えた人は本当に遅れてきた天才だと思います。 で、全体的にプラスチック部分が厚くなって、頑丈そうなつくりになっているような気がします。 が、しかし… うおいいい今度はカバーとフィルターをつなぐ部分がちゃっちくなってんじゃあねえかぁぁぁ!! cv. S田 なんだこの一長一短は… ふたを開けたところにちゃんと書いてありましたね。 さて仕方ないので、このツメの部分をぶっ壊さないように指をねじ込んで取り外します。 こんな感じでちょっとツメを外に広げてはずします。 余程力を入れない限り折れる心配はなさそうです。 m627.

次の

水作エイトはソイルや大磯の中に埋めたほうが良いの?

水作エイト

誰でも簡単に利用することができる投げ込み式ろ過フィルターである水作エイトはエアーポンプをエアーチューブで取り付けて、水槽に放り投げるだけで濾過機能が作動しますし、メンテナンスも殆どフリーで扱いやすく価格も安いので人気があります。 何しろ、水作エイトといえば、プロ中のプロであるペットショップの展示水槽で必ず使われている位ですから、魚やエビを商品として販売しているペットショップが水作エイトを使うには理由があり、濾過性能の高さとコストパフォーマンスの良さになります。 この水作エイトに関して言えば、水槽のそこに敷き詰めているソイルや大磯の中に埋めて使うと濾過性能が高くなるので、普段から埋めて使ったほうが良いって話がありますので大磯やソイルの中に埋めようって思っている人もおいと思いますがどうでしょう? 水作エイトはソイルや大磯の中に埋めたほうが良いの? では、実際に水作エイトをソイルや大磯の中に埋めたらどうなるのか?、やってみればわかりますが水作エイトは想像以上に高さがありますので、簡単に埋めれませんし、埋める場合は相当なソイル、大磯が必要になるのであまり現実的な話ではありません。 それでも無理やり水作エイトをソイルや大磯の中に埋める場合、水作エイトを基準にしてピラミッドのような山盛りの地形を作り、その部分だけに大量の大磯やソイルを集めて平地に富士山が出来たような水槽のレイアウトになりますので、見た目もいまいち。 また、水作エイトをソイルや大磯の中に埋めても殆ど意味はありませんので、それをするくらいなら最初から専用の底面ろ過フィルターを使用しておいたほうが圧倒的位濾過性能は高くなり、水作エイトはそのまま普通に投げ込みで使ったほうが良いのです。 大磯の中に無理やり水作エイトを埋めると破損の原因になる? 土を焼き固めたソイルは柔らかいのでまだ良いのですが、大磯は大変硬い石の破片のようなものですから、その中に水作エイトを埋めるとどうなるのかと言えば、水作エイトのプラスチックの爪や結合部の隙間に細かい大磯の粒が大量にハマる状態になります。 これが、想像以上に厄介で、簡単には水作エイトの蓋を開けれなくなり、力任せに開けようとすると爪があっさりと割れてしまって、水作エイトを買い換える必要になってしまいますし、隙間にめり込んだ大磯の粒を取り除くのは大変難しい状態なのです。 基本的に水作エイトは大磯やソイルの中に埋めて利用するろ過フィルターではありませんので、それをする位なら水作エイトは単に投げ込むだけにしておき、底面ろ過フィルターをあわせて利用すれば、ペットショップの展示水槽と全く同じ環境になります。 大磯やソイルの中に埋め込んで利用するのは水作フラワーDXです。 水作エイトM、水作エイトS等は大磯やソイルの中に埋めて利用することを前提としていない設計になっていて、仮に無理やり埋めて利用しても濾過能力的には殆ど意味が無いことをしているだけで、更には水作エイトが破損しやすい状態になるだけです。 ただ、水作フラワーDXって水作エイトの高さが低くなり大きさが巨大になった、ゼビウスに登場するアンドアジェネシスのようなろ過フィルターがあるのですが、こちらでしたら、大磯やソイルの中に埋め込んで利用するとそれなりの効果を発揮します。 水作フラワーDXをソイルや大磯の中に埋めて利用するくらいなら、最初から底面ろ過フィルターを利用しておいたほうが良くて、水作フラワーDXはベアタンクの水槽や屋外の金魚飼育水槽などで利用したほうが良いので、やはり埋めるなら底面濾過です。 水作フラワーDXについては、実際に購入して使ってみても、あまりに大きいので室内の60cm水槽では邪魔になりすぐに取り出してから、その後は倉庫にしまっていますから、90cm以上の大きなベアタンク水槽で補助的に使う等の利用方法が良いですね。

次の