あじあちゃんねるニュース。 あじあニュース2ちゃんねる

もえるあじあ(・∀・)

あじあちゃんねるニュース

日本政府、「純国産マスク」の製造をセイコーマートに要請=布・紐・包装・ミシン・トラックまで日本製 セコマ、月産100万枚の国産不織布マスク製造開始 セコマ(本社・札幌市中央区)は、グループ会社で設備開発や保守を行っている北石エンジニアリング(石狩市)で、国産不織布マスクの製造を8月下旬から開始、セコマグループ店舗で販売する。 経済産業省より不織布マスクの製造・安定供給に関する要請を受け、事業化することを決めた。 新型コロナウイルス感染症の拡大抑止や大規模災害時の衛生管理に不織布マスクは不可欠で、全国的に安定的な供給が求められている。 セコマは、経産省の要請を受けグループのサプライチェーンを生かした国産不織布マスクの製造・供給に乗り出すことを決めた。 マスクに使用する不織布は、王子ネピア(本社・東京都中央区)が国内製造したものを使用、ノーズフィッターや耳紐についても国内メーカーの国産品の供給を受け、純国産品として製造・供給する。 製造能力は、月産100万枚。 この事業は7月17日付で、経産省の「サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金」の対象に公募採択されている。 また、北海道より法人税減税等の適用が可能な「地域経済牽引事業計画」に承認されている。 [リアルエコノミー 2020. 21] 日韓関係崩壊の「真の意味」とは…日本企業が相次いで韓国企業との取引停止 日本との決別宣言 「私たちは日本とは違う道を進んでいきます」韓国の文在寅大統領は7月9日、韓国中部の利川市にある大手半導体企業SKハイニックスの工場を視察した際に演説し、こう高らかに宣言した。 2019年7月、フッ化水素など3品目について日本政府が韓国向け輸出管理を強化して以降、韓国では官民挙げて「NO JAPAN 」「脱日本」が叫ばれ、日本への敵対心・対抗意識が高まったままだ。 その間、日本製品の不買運動が巻き起こり、日本から輸入していた素材・部品の国産化や調達先の多様化が進められてきた。 規制強化からちょうど1年となる2020年7月、韓国政府やメディアからは「日本の輸出規制に打ち勝った」「こんなにも国産化が進んだ」「苦しんでいるのは日本だ」との声が相次いだ。 冒頭の文大統領の演説もその文脈でなされた「日本との決別宣言」あり、韓国国内の素材・部品・装備産業の飛躍と国際社会との協力こそが「韓国の道」だと強調したのだ。 「日本企業は関係を切らない」との楽観論 このような韓国政府の姿勢は、「国内向け」の面がある。 輸出の伸び悩み、若者の失業率の高止まり、天井知らずの不動産価格など、韓国政府の経済政策には国民の不満がたまっており、日本への強気の姿勢は格好の「ガス抜き」だ。 また韓国の経済専門家らに話を聞いてみると、日本による輸出管理の強化後もきちんと申請すれば輸出許可は出ている事から、「実際にはそれほど経済に影響は無い」ということは、早い段階から韓国側は理解していたようだ。 それでも強く反発したのは、「韓国を植民地化した『加害者』である日本が、『被害者』であり道徳的に上位な韓国を攻撃するような政策をとるのはけしからん」という心情的な理由が大きい。 また韓国では、輸出管理強化は「輸出規制である」と断定され、いわゆる徴用工を巡る訴訟で2018年10月に韓国最高裁が日本企業に賠償を支払うよう命じた事への報復であるというのが既成事実化されている。 報復なのだから、妥協したり折れたりしないという事だ。 日本製品不買運動を繰り広げ、いわゆる徴用工を巡る問題で有効な解決策を示さない韓国側の対応について、「日本企業が韓国から手を引いたら大変な事になるが、そういう危機感はあるのか? 」と前出の専門家らに聞いてみたのだが、大半は楽観的な答えだった。 彼らが自信の根拠にしているのは、日本企業との数十年にわたる協業関係と、人と人とのつながりを重視する文化の相似性だ。 そう簡単に日本企業は長年付き合った韓国企業を切るような事はしないので、大丈夫という自信があるようだった。 だが、現実はそう甘くは無い。 [FNN 2020. 21] 住宅価格の上昇を抑制するためのムン・ジェイン政府の需要抑制を骨子とした強力な不動産対策に対する国民の抵抗が拡散する形だ。 韓国を代表するポータルサイトであるネイバー急上昇検索語は最近、「キム・ヒョンミ長官嘘」「租税抵抗国民運動」「30-40代 ムン・ジェインに騙された」「ムン・ジェイン降りろ」などが上位に上がった。 この急上昇検索語チャレンジは、政府の不動産対策に反発する人々が集まった特定のカフェで自発的に選んだ標語にネチズンが同調しながら連日影響力を拡大している。 17規制遡及適用被害者救済のための会」「賃貸事業者協会推進委員会」「7. 10取得税遡及適用被害者の会」カフェなどが集まって、主導的に特定のキーワードを選定して、いわゆる「急上昇検索語上げ」に乗り出すと、実際に成功していることが繰り返されているのだ。 20日午後5時50分基準で「ムン・ジェイン降りろ」のキーワードは急上昇検索語1位に上がった。 中略 このカフェ側は25日の土曜日夜にはソウル中心部で大規模なろうそく集会も用意している。 以下略 英外相、中国がウイグル人に「おぞましい」人権侵害と非難 イギリスのドミニク・ラーブ外相は19日、中国西部の新疆ウイグル自治区で「おぞましく、甚だしい」人権侵害が起きているとして、中国政府を非難するとともに、関係者への制裁措置もあり得ると表明した。 ラーブ氏はBBCに、イスラム教徒への不妊手術の強制や他の迫害行為に関する報告について、「長年みられなかったことを思い起こさせる」と話した。 イギリスは同盟国と協力し、適切な対応を取ると強調した。 一方、中国の劉暁明駐英大使は日、強制収容所に関する話は「でたらめ」だと、BBCの番組で司会のアンドリュー・マーに説明。 ウイグル族は法の下で、他の民族と同じように扱われていると述べた。 「どの国も囚人を移送する」 ウイグルの人たちが目隠しをされ、列車に乗せられた場面と思われるドローン撮影の映像を見せられると、劉氏は映像が示していることは「知らなかった」とし、「どの国でも時々、囚人を移送する」と話した。 この映像は、オーストラリア情報機関が本物だと確認した。 劉氏は、「新疆に強制収容所などない」、「中国に対するでたらめな非難が数多くある」と述べた。 中国政府が「再教育施設」と呼ぶ場所には、過去数年間で100万人ものウイグル人が拘束されたとみられている。 中国は当初、施設の存在を否定していたが、新疆ウイグル自治区で独立を求める暴力行為が起きた後、テロ対策に必要だとして施設の正当性を主張している。 最近は、ウイグル族の人口抑制を目的に、女性に不妊手術や避妊具の装着を強制しているとして、当局が非難されている。 この件で国連に調査を求める声も上がっている。 続きはソース元にて [BBC 2020. 世界から批判を浴びながらも、日本はどうして捕鯨をやめないのだろうか。 中国メディアの百家号は16日、捕鯨を続ける日本人は「心が冷たい」と批判する記事を掲載した。 略 なぜ、日本は今でも捕鯨を「かたくなに」続けているのだろうか。 記事は、クジラは絶滅が危惧されており、人道面からも批判を受けていると指摘したうえで、「日本はそれに対して納得させる理由を提出できていない」と不満を示している。 記事によると、日本は捕鯨を続ける理由の1つとして「伝統文化であること」を挙げているが、「人道的な行為に符合しない血生臭い伝統など残す価値があるのか」と疑問を投げかけた。 また、日本は捕鯨が「純粋な商業活動」だと主張しているが、経済が十分に発達した今の日本に捕鯨という商業活動は必要ないはずだと論じている。 さらに、現代の日本人は「クジラ肉をたんぱく源とする必要性もない」と指摘。 豊かな日本人はほかの肉を食べることができ、しかもクジラ肉は特においしいわけでもなく、捕鯨の必要性が全くないと主張した。 最後に「日本はやはり残忍と言われるだけのことはある」と締めくくっている。 捕鯨に関しては、実際には海外からだけでなく国内からも批判が上がっているのは事実だ。 とはいえ、犬でも猫でも何でも食肉にする中国から残忍だと言われるのは複雑な気持ちだ。 [サーチナ 2020.

次の

もえるあじあ(・∀・)

あじあちゃんねるニュース

中国が日本にも注文 米によるハイテク5社排除で 略 中国政府はアメリカ政府が中国企業5社の製品を使う企業との取引を来月から禁止することを批判し、日本政府に対しても「是非をはっきりさせてほしい」と求めました。 中国外務省は「アメリカ政府は国家安全の概念を過大解釈している」と非難しました。 そのうえで、中国企業が不公平に扱われていると強調して「正義感のある国は立ち上がってほしい」と述べました。 アメリカ政府は「国防権限法」に基づき、来月13日から中国企業5社の製品を使っている企業との取引を禁止します。 日本企業もアメリカ政府と取引をするためには、この5社の製品の排除が求められます。 日本にとっては、いわば「アメリカか、中国か」の選択が迫られることになりますが、さっそく中国政府は日本政府に対して「是非をはっきりさせてほしい」と求めました。 [テレ朝 2020. 安倍晋三首相は早期の承認を目指していたが、厚生労働省が慎重姿勢を崩さず、見送りになっている。 内科医の浜六郎医師によると、人によっては平均血中濃度が極端に上昇することがあり、非常に危険だという。 「アビガンを使った治療で患者が死亡した場合、死因が感染症によるものなのか、アビガンの害なのか区別がつかないのです。 アビガンの副作用とされる催奇性も問題ですが、致死量に近い使い方のほうが、さらに重大です」 また、薬剤師で『その「1錠」が脳をダメにする』などの著書がある宇多川久美子氏は「抗生物質は必要ない」と語気を強める。 「抗生物質はウイルスには効かないし、むしろ私たちが持っているいい菌まで殺してしまうので、絶対に飲まないほうがいいです。 腸内細菌のバランスを崩して、免疫力を下げるということははっきりと言えます」 全文はリンク先へ [aera 2020. 18 嗚呼!もう合併後の新党名として「民主党」は使えません。 スマイルおじさんがまんまとゲット済みですから。 立民+国民で「民主党」復活なら〝届け出済〟マック赤坂氏と競合危機 — アーズム魂!😈👻👾 fukuchin6666 立民+国民で「民主党」復活なら〝届け出済〟マック赤坂氏と競合危機 立憲民主党と国民民主党の合流協議が、また始まった。 両党が合意した場合、党名には略称でも「民主党」を是が非でも復活させたい考えだ。 ところが、同名の政治団体がすでに存在。 その党首は、あのマック赤坂港区議(71)というから混乱に拍車がかかりそうだ。 略 スマイル党党員でマック氏の秘書を務めている込山氏は「実は政治団体『民主党』は、民主党解党後の2016年にマック赤坂党首が政治団体として届けています。 嫌がらせをするワケではないが、略称が民主党となった場合、選挙の時にはややこしくなりますよ」。 総務省の政治団体届け出を見ると「民主党」の代表者氏名には、確かにマック氏の本名「戸並誠」の名前があった。 党名重複ケースは過去にもある。 ルール上は政治団体の党名重複は問題ないが、既存の国政政党と同じ党名を後出しでは登録できない。 民主党の場合、解党後にマック氏が新たに届け出ているため、立民と国民による民主党が復活となった場合でも並び立つことになる。 複雑になるのは、党名を記入する衆院選や参院選(候補者名でも可)だ。 マック氏の「民主党」が10人以上の候補者を擁立すれば比例区に届け出が可能となり、「民主党」が競合することになりかねない。 旧民主党勢は「かつての栄光よ、もう一度」といきたいところだが、党名は簡単に変えるものではないようだ。 全文はリンク先へ [東スポ 2020. ただし相手のある交渉ですから私たちの希望だけが通るとは限らない。 本社所属で、九州豪雨取材のため熊本県に出張中だった。 同社によると、カメラマンは13日に航空機で熊本県入りし、主にレンタカーを使って八代、人吉両市などで取材した。 15日午後から倦怠感が出始め、16日朝に37.4度の熱とせきなどの症状があったため八代市内のホテルで待機。 同日午後にPCR検査を受け、陽性が確認された。 大阪支社から派遣され、大阪支社から派遣され、一部取材で同行した20代の男性記者が濃厚接触者と判断され、近くPCR検査を受ける。 以下略 全文はリンク先へ [時事 2020. 17 00:31].

次の

もえるあじあ(・∀・)

あじあちゃんねるニュース

日本政府、「純国産マスク」の製造をセイコーマートに要請=布・紐・包装・ミシン・トラックまで日本製 セコマ、月産100万枚の国産不織布マスク製造開始 セコマ(本社・札幌市中央区)は、グループ会社で設備開発や保守を行っている北石エンジニアリング(石狩市)で、国産不織布マスクの製造を8月下旬から開始、セコマグループ店舗で販売する。 経済産業省より不織布マスクの製造・安定供給に関する要請を受け、事業化することを決めた。 新型コロナウイルス感染症の拡大抑止や大規模災害時の衛生管理に不織布マスクは不可欠で、全国的に安定的な供給が求められている。 セコマは、経産省の要請を受けグループのサプライチェーンを生かした国産不織布マスクの製造・供給に乗り出すことを決めた。 マスクに使用する不織布は、王子ネピア(本社・東京都中央区)が国内製造したものを使用、ノーズフィッターや耳紐についても国内メーカーの国産品の供給を受け、純国産品として製造・供給する。 製造能力は、月産100万枚。 この事業は7月17日付で、経産省の「サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金」の対象に公募採択されている。 また、北海道より法人税減税等の適用が可能な「地域経済牽引事業計画」に承認されている。 [リアルエコノミー 2020. 21] 日韓関係崩壊の「真の意味」とは…日本企業が相次いで韓国企業との取引停止 日本との決別宣言 「私たちは日本とは違う道を進んでいきます」韓国の文在寅大統領は7月9日、韓国中部の利川市にある大手半導体企業SKハイニックスの工場を視察した際に演説し、こう高らかに宣言した。 2019年7月、フッ化水素など3品目について日本政府が韓国向け輸出管理を強化して以降、韓国では官民挙げて「NO JAPAN 」「脱日本」が叫ばれ、日本への敵対心・対抗意識が高まったままだ。 その間、日本製品の不買運動が巻き起こり、日本から輸入していた素材・部品の国産化や調達先の多様化が進められてきた。 規制強化からちょうど1年となる2020年7月、韓国政府やメディアからは「日本の輸出規制に打ち勝った」「こんなにも国産化が進んだ」「苦しんでいるのは日本だ」との声が相次いだ。 冒頭の文大統領の演説もその文脈でなされた「日本との決別宣言」あり、韓国国内の素材・部品・装備産業の飛躍と国際社会との協力こそが「韓国の道」だと強調したのだ。 「日本企業は関係を切らない」との楽観論 このような韓国政府の姿勢は、「国内向け」の面がある。 輸出の伸び悩み、若者の失業率の高止まり、天井知らずの不動産価格など、韓国政府の経済政策には国民の不満がたまっており、日本への強気の姿勢は格好の「ガス抜き」だ。 また韓国の経済専門家らに話を聞いてみると、日本による輸出管理の強化後もきちんと申請すれば輸出許可は出ている事から、「実際にはそれほど経済に影響は無い」ということは、早い段階から韓国側は理解していたようだ。 それでも強く反発したのは、「韓国を植民地化した『加害者』である日本が、『被害者』であり道徳的に上位な韓国を攻撃するような政策をとるのはけしからん」という心情的な理由が大きい。 また韓国では、輸出管理強化は「輸出規制である」と断定され、いわゆる徴用工を巡る訴訟で2018年10月に韓国最高裁が日本企業に賠償を支払うよう命じた事への報復であるというのが既成事実化されている。 報復なのだから、妥協したり折れたりしないという事だ。 日本製品不買運動を繰り広げ、いわゆる徴用工を巡る問題で有効な解決策を示さない韓国側の対応について、「日本企業が韓国から手を引いたら大変な事になるが、そういう危機感はあるのか? 」と前出の専門家らに聞いてみたのだが、大半は楽観的な答えだった。 彼らが自信の根拠にしているのは、日本企業との数十年にわたる協業関係と、人と人とのつながりを重視する文化の相似性だ。 そう簡単に日本企業は長年付き合った韓国企業を切るような事はしないので、大丈夫という自信があるようだった。 だが、現実はそう甘くは無い。 [FNN 2020. 21] 住宅価格の上昇を抑制するためのムン・ジェイン政府の需要抑制を骨子とした強力な不動産対策に対する国民の抵抗が拡散する形だ。 韓国を代表するポータルサイトであるネイバー急上昇検索語は最近、「キム・ヒョンミ長官嘘」「租税抵抗国民運動」「30-40代 ムン・ジェインに騙された」「ムン・ジェイン降りろ」などが上位に上がった。 この急上昇検索語チャレンジは、政府の不動産対策に反発する人々が集まった特定のカフェで自発的に選んだ標語にネチズンが同調しながら連日影響力を拡大している。 17規制遡及適用被害者救済のための会」「賃貸事業者協会推進委員会」「7. 10取得税遡及適用被害者の会」カフェなどが集まって、主導的に特定のキーワードを選定して、いわゆる「急上昇検索語上げ」に乗り出すと、実際に成功していることが繰り返されているのだ。 20日午後5時50分基準で「ムン・ジェイン降りろ」のキーワードは急上昇検索語1位に上がった。 中略 このカフェ側は25日の土曜日夜にはソウル中心部で大規模なろうそく集会も用意している。 以下略 英外相、中国がウイグル人に「おぞましい」人権侵害と非難 イギリスのドミニク・ラーブ外相は19日、中国西部の新疆ウイグル自治区で「おぞましく、甚だしい」人権侵害が起きているとして、中国政府を非難するとともに、関係者への制裁措置もあり得ると表明した。 ラーブ氏はBBCに、イスラム教徒への不妊手術の強制や他の迫害行為に関する報告について、「長年みられなかったことを思い起こさせる」と話した。 イギリスは同盟国と協力し、適切な対応を取ると強調した。 一方、中国の劉暁明駐英大使は日、強制収容所に関する話は「でたらめ」だと、BBCの番組で司会のアンドリュー・マーに説明。 ウイグル族は法の下で、他の民族と同じように扱われていると述べた。 「どの国も囚人を移送する」 ウイグルの人たちが目隠しをされ、列車に乗せられた場面と思われるドローン撮影の映像を見せられると、劉氏は映像が示していることは「知らなかった」とし、「どの国でも時々、囚人を移送する」と話した。 この映像は、オーストラリア情報機関が本物だと確認した。 劉氏は、「新疆に強制収容所などない」、「中国に対するでたらめな非難が数多くある」と述べた。 中国政府が「再教育施設」と呼ぶ場所には、過去数年間で100万人ものウイグル人が拘束されたとみられている。 中国は当初、施設の存在を否定していたが、新疆ウイグル自治区で独立を求める暴力行為が起きた後、テロ対策に必要だとして施設の正当性を主張している。 最近は、ウイグル族の人口抑制を目的に、女性に不妊手術や避妊具の装着を強制しているとして、当局が非難されている。 この件で国連に調査を求める声も上がっている。 続きはソース元にて [BBC 2020. 世界から批判を浴びながらも、日本はどうして捕鯨をやめないのだろうか。 中国メディアの百家号は16日、捕鯨を続ける日本人は「心が冷たい」と批判する記事を掲載した。 略 なぜ、日本は今でも捕鯨を「かたくなに」続けているのだろうか。 記事は、クジラは絶滅が危惧されており、人道面からも批判を受けていると指摘したうえで、「日本はそれに対して納得させる理由を提出できていない」と不満を示している。 記事によると、日本は捕鯨を続ける理由の1つとして「伝統文化であること」を挙げているが、「人道的な行為に符合しない血生臭い伝統など残す価値があるのか」と疑問を投げかけた。 また、日本は捕鯨が「純粋な商業活動」だと主張しているが、経済が十分に発達した今の日本に捕鯨という商業活動は必要ないはずだと論じている。 さらに、現代の日本人は「クジラ肉をたんぱく源とする必要性もない」と指摘。 豊かな日本人はほかの肉を食べることができ、しかもクジラ肉は特においしいわけでもなく、捕鯨の必要性が全くないと主張した。 最後に「日本はやはり残忍と言われるだけのことはある」と締めくくっている。 捕鯨に関しては、実際には海外からだけでなく国内からも批判が上がっているのは事実だ。 とはいえ、犬でも猫でも何でも食肉にする中国から残忍だと言われるのは複雑な気持ちだ。 [サーチナ 2020.

次の