タワー マンション 武蔵 小杉。 【大公開!】武蔵小杉のおすすめタワーマンションランキングTOP8

武蔵小杉の問題点は「街づくりを誰もやらない」

タワー マンション 武蔵 小杉

右から、パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー、同ステーションフォレストタワー、エクラスタワー武蔵小杉 街道を駅側に戻って、グランツリー武蔵小杉のすぐ北側。 低層階に中原市民館が入り、周辺で最高の高さを誇るのが「 パークシティ武蔵小杉 ミッドスカイタワー」(2009年築、59階建)。 47階の3LDK(99. 05m2)で8,302万円。 さらにその隣りに「 パークシティ武蔵小杉 ステーションフォレストタワー」(2008年築、47階建)。 41階に共用のスカイビューバスを備えた豪華物件。 ダイエー経営の「foodium(フーディアム)武蔵小杉」にも直結している。 このように、 合計11本ものタワーマンションが武蔵小杉駅を囲んで林立していることになる。 さらに、東急スクエアの西隣りに新たなタワーマンションが建設中で、 さらに5本の新設が決まっている。 横須賀線の東側にそびえるオフィスビル「NEC玉川ルネッサンスシティ サウスタワー&ノースタワー」と合わせて、首都圏屈指の超高層ビル群の成長はまだまだ続くようだ。 しかし、現地で街の人々に話を聞いてみると、現実は多少異なることがわかってきた。 毎月納品のためにタワーマンションを訪ねるという洋品店の店主が語る。 「入居者の方から聞いた話なので、正確な現状はわからないのですが、 満室どころか、けっこう空き部屋が多いみたいなんです。 新築からこの10年のあいだに早くも売りに出した方もいれば、初めから投資目的で買われた外国人の方々も多いようで、お部屋を訪ねたときに 地下の駐車場を何度か見ましたが、確かに空きが目立ちますね」 日本国内の大手不動産サイトを覗いてみると、確かにどのタワーマンションも売りに出ている部屋が少なからずある。 外国人投資家の売買はこうしたサイトからは見えてこないことも考えると、この店主の証言はある程度正しいのだろう。

次の

武蔵小杉駅の47階建て停電タワーマンションはどこかを地図で

タワー マンション 武蔵 小杉

武蔵小杉のタワーマンション群(撮影=編集部) 今、 武蔵小杉はどうなっているのか。 この間、浸水して停電が起こった「武蔵小杉駅前の タワーマンション2棟の不動産価格が下落している」など様々な情報が出ている。 果たして事実なのか。 被災2カ月後の武蔵小杉を取材してみた。 タワマン住民、市に賠償求め要望書 東急・JR武蔵小杉駅周辺を含む川崎市中原区の被害は、最終的に住宅半壊483戸、床上浸水381戸、床下浸114戸に上った。 タワーマンション付近などは最大浸水水約1. 3メートルだったという。 12月5日、浸水したタワーマンションの周辺に行ってみたが、電気も復旧し、平穏な日常を取り戻しているようだった。 男性住民に話を聞いたところ、次のように語った。 「何も話せません。 もうこれからは、法律的な話になってきています。 マンション価値が下がったという話を最近よく聞きます。 損害を被った分、ちゃんと被害弁償してもらわないといけないので」 確かに住民らはこの日、行動に出ていた。 5日付共同通信『武蔵小杉タワマン浸水、住民が検証と賠償求め要望書』によると、「被災住民らが5日、市が逆流を防ぐゲートを閉めなかった判断は過失だとして、第三者委員会による検証と賠償を求める要望書を福田紀彦市長宛てに提出した。 台風の影響で水位が上昇した際、市は雨水が街中にたまるのを避けるため操作手順書に従いゲートを閉めなかった。 11月から開いている住民説明会でも『適切な判断だった』と説明している」という。 市「手順書通り適切に行った」 浸水被害を受けたタワマンの周辺は、生活排水と雨水を同じ排水管で流す「合流式下水道」となっている。 大雨の場合、生活排水は雨水と一緒に多摩川の放水口で放流されるのだが、今回は台風の影響で川の水位が想定以上に上昇。 川の水位より高い位置に設置してあった放水口が水没し、川の水が逆流してマンホールから噴き出した。 放水口には水門が付いていて、川と市街地の排水を遮断することもできた。 ただ、水門を閉めれば川の水は逆流しないが、市街地の排水は不可能になり、下水がマンホールからあふれ出ていた可能性もあった。 川崎市はこのことを指して、ゲートを閉めなかったことを「手順書通りの適切な判断だった」としているのだ。 そもそも市が用意していた水門操作の手順が適切だったのかという疑問もある。

次の

【増えすぎ地獄】武蔵小杉のタワーマンション買って後悔しがちな理由【浸水・水没被害について追記あり】

タワー マンション 武蔵 小杉

コンテンツ• タワーマンションの歴史について タワーマンションは、一般的に20階以上のマンションのことを指します。 国内における タワーマンションの第一号は埼玉県にある与野ハウスであると言われております。 この与野ハウスは1976年に建設された21階建て、総戸数463戸のマンションであり、当時は日本でも初めてのタワーマンションということで大変話題となったようです。 与野ハウスを皮切りに東京でもタワーマンションの開発がスタートし、1997年に西新宿の再開発で西新宿パークサイドタワーという20階建てのタワーマンションが建設されました。 その後、2020年に控える東京オリンピックの選手村も建設されている中央区のタワーマンション群の開発は1998年から始まりました。 特に都心部は、2002年に港区の汐留駅最寄りの東京ツインパークスという二棟からなる総戸数1,000戸のタワーマンションが建ち、開発ラッシュのピークを迎えることになりました。 今では東京23区だけでも400棟以上のタワーマンションが建ち、総戸数では13万戸に及びます。 東京都全体では441棟、神奈川県、埼玉県、千葉県の首都圏も含めますと合計700棟以上のタワーマンションがあります。 その中でもダントツにタワーマンションの棟数が多い市区町村が70棟ある港区と60棟の江東区です。 港区は先に紹介した東京ツインパークスをはじめ、赤坂、麻布、青山の3Aと呼ばれるエリアを中心に六本木や白金、高輪エリアにも多くのタワーマンションがあります。 首都圏に700棟あるタワーマンションの居住者もこの港区のタワーマンションに住むことを夢見ている人も多いのではないでしょうか。 江東区は豊洲や有明、東雲など湾岸部を中心にタワーマンションが建設され、2000年以降は総戸数1,000戸以上の大規模物件も次々と建設され、日本でも指折りのタワーマンションの建設エリアとなっております。 江東区は元々は工場地帯であったり、埋め立て地であることから土地の価格が安かったため、港区などの都心エリアと比較し、リーズナブルな価格でタワーマンションを購入することができたため、ファミリー層を中心に大変人気があります。 武蔵小杉のタワマンを買った筆者が考えるタワマンのメリットとデメリット 実は筆者も昨年タワーマンションを購入しました。 購入を検討する際、タワーマンション限定で探しておりましたが、2018年半ばはまだ米中の貿易摩擦もなかったことから、世界的に景気が良く、日本の不動産価格も東京オリンピックを目指して好調に推移している時期でした。 そのため、港区や渋谷区などではとてもサラリーマンには手が届かない価格になっており、必然的に都心の周辺エリアで探すことを余儀なくされます。 以前、中央区のタワーマンションにも住んでいたため、今回は勉強も兼ねて、今まで住んだことがないエリアで探しておりましたので、中央区は候補から外し、港区や渋谷区などの都心エリアにアクセスしやすく、街自体に魅力があると感じた 大崎と 武蔵小杉の2つのエリアに絞りました。 大崎は品川区であり、山手線の沿線であることからロケーションは抜群に良かったのですが、希望の間取りと価格の乖離があったことから最終的に武蔵小杉を選択しました。 武蔵小杉は神奈川県川崎市中原区にあり、今でこそ少しずつ知名度が上がってきましたが、少し前までは工場が多く建っているエリアで工業地帯でした。 現在では15棟のタワーマンションが建ち、全国でも18番目にタワーマンションの棟数が多い市区町村になります。 では、実際に武蔵小杉のタワーマンションを購入した筆者ならではの武蔵小杉というロケーション、またタワーマンションならではのメリットとデメリットを実体験をもとに解説します。 武蔵小杉のタワーマンションのメリットについて まずは、武蔵小杉のタワーマンションのメリットについて解説したいと思います。 第1位:交通アクセスの良さ よく武蔵小杉に住んでいると言うと、「朝の通勤ラッシュは改札が大渋滞なんでしょ?」という質問を受けますが、既に数年前に通勤ラッシュの渋滞は緩和され、人は多いもののなかなかホームまで上がれないということはありません。 それどころか、東急東横線や三田線、南北線の他、JR南武線、横須賀線も通っておりますので、渋谷、新宿、池袋、品川、横浜、川崎など主要ターミナル駅が全て電車一本で行けますので、交通のアクセスは抜群に良いです。 また、成田エクスプレスも通っておりますので、出張が多い筆者には非常に便利で、1時間30分ほどで成田空港までもダイレクトアクセス可能な立地は他に代えがたくもあります。 第2位:眺望の良さ これは階数や向きにもよりますが、筆者は50階以上のタワーマンションの40階以上の高層階を購入しました。 北向きの部屋で、東京方面を向いており、マンションの北側一帯は低層住居専用地域のため、高い建物が一切なく、戸建てが中心になります。 そのため、 東京都全体を見渡せるような眺望になり、東は品川の湾岸エリアから西は八王子まで見ることができ、東京タワーや東京スカイツリーも部屋から見えます。 また空気が澄んでいると埼玉新都心まで見えますので、双眼鏡を覗き込むと色々な情景を見ることができ、飽きが来ない眺望になります。 また、夜は 新宿の高層ビル群の夜景を楽しむことができ、10月には玉川の花火大会もありますので、ビール片手に自宅から楽しむこともできます。 不動産会社の営業マンによっては最初の一ヶ月しか眺望は楽しまず時間が経つにつれ外を眺めなくなる、というようなことを言う担当者もいますが、昼と夜、また季節によっても情景が変わり、多摩川の河川敷に緑もありますので、ずっと見ていられる飽きがこない眺望です。 また、一般的に北向きの部屋を避ける人が多いと思いますが、タワーマンションの場合は北向きであっても明るいので向きはあまり影響ありません。 むしろ方角よりも 眺望の良さを優先することが重要です。 第3位:共用施設の充実 タワーマンションのような大規模マンションを選ぶ方の中には 共用施設が充実していることを理由に住んでいる人も多いことと思います。 フィットネスルームやミーティングルーム、ゲストルーム、パーティールーム、スタディルーム、キッズルームと覚えられないほど施設がありますので、非常に便利です。 正直、利用頻度はあまり高くないのですが、いざ友人や家族のバースデーパーティーをしたい時に、自宅マンションでは掃除も大変ですが、マンション内のパーティールームを使えるのは便利です。 また、オフィス外で仕事をしている時はスタディルームでできますし、会議が必要な場合はミーティングルームも利用できますので、こちらもビジネスマンにとっては利用価値が高い施設になります。 その他、筆者が住んでいるマンションにはレストランやクリニックも入っており、重宝しております。 これらの共用施設は大規模マンションならではのメリットになります。 第4位:セキュリティ面の充実 朝8時から夜20時までエントランスにコンシェルジュがおり、マンション内にある防災センターのスタッフも見回りをしているため、カメラ以外にも目視の監視が あることから家族がいる人にとっては セキュリティが充実しているとことは お勧めのポイントです。 コンシェルジュにはクリーニングやリフォームの相談、共用施設の予約を依頼することができます。 第5位:周辺利便施設の充実 タワーマンションが建ちますと人口が増えますので、必然と周囲にスーパーマーケットや病院、学校ができます。 特に大規模で住民が増えれば増えるほど、周りの施設が充実しますので、徒歩5分圏内で必要なもの全てが揃います。 落ち着いた住宅街も良いのですが、 周りに生活利便施設が充実していることは、より快適な住環境を得る上で大事なポイントになります。 その他のメリットについて その他、細かい部分では各階にゴミステーションがあり、24時間ゴミ出しが可能です。 また、武蔵小杉ならではですが、 駐車場費用が安い点も魅力の一つです。 都心部ですと駐車場が少ないことから40,000円から70,000円ほどが相場になりますが、筆者が住んでいるマンションの駐車場は20,000円以下です。 (サイズにより駐車場代が異なります) そのため、電車も便利ですが、そこまで駐車場代が高くないので 車を持っていると行動範囲が各段に広がり、生活も便利になります。 武蔵小杉のタワーマンションのデメリットについて それでは、武蔵小杉のタワーマンションのデメリットについてもに解説します。 第1位:エレベーター、駐車場の待ち時間の長さ 高層階に住めば住むほど、自分が住んでいるフロアから一階に下りるまで時間を要します。 特に朝の通勤の時間帯はエレベーターの利用者が多いことから、一階から駅まで歩くのと同じくらい自分が住んでいる階から下に下りるまで時間がかかる感覚があります。 現在のマンションは武蔵小杉駅までの徒歩表記は5分ですが、エレベーターの待ち時間を含めますと、10分前には出る必要があります。 また、駐車場も平置きであれば良いのですが、 機械式駐車場は待ち時間が非常に長いです。 特に週末は出庫待ち、入庫待ちで5分ほど待つこともよくありますので、車で移動する際は、その待ち時間も頭に入れ、行動する必要があります。 第2位:売却や賃貸に出す場合に競合が多い タワーマンションの場合、総戸数が多いので、 売却や賃貸に出すことを考える場合、競合する物件は他でもなく、同じマンション内の他の部屋になります。 高く売れている部屋があればプラスに働きますが、売り急いでで安く売ってしまう部屋があるとその価格に流されてしまい、高値での売却が困難になるケースもあります。 一方、 マンション内の買い替えをする人も多いので、その点はプラスになると言えます。 第3位:地震発生時のエレベーター停止 地震大国の日本であるからこその悩みのタネですが、大きな地震が発生した場合は、 非常用の電源設備があっても一時的にエレベーターがストップします。 上るにしても下りるにしても高層階であればあるほど体力が必要になりますので、ご年配の方や小さい子供がいると万事の際はかなりの負担になります。 また、タワーマンションでも制振構造や免振構造など耐震構造がいくつかありますが、制振構造であっても揺れないことはないので、首都直下型地震が来た場合の不安は付きまといます。 【まとめ】武蔵小杉のタワマンは買った方がいい?それとも買わない方がいい? ここまで武蔵小杉のタワーマンションのメリットとデメリットについて解説してきましたが、武蔵小杉のタワマンは買った方がいいのでしょうか? それとも他のエリアでタワマンを探した方がいいのでしょうか? 総括しますと、 武蔵小杉のタワーマンションに住んだことで、筆者にとってプラスの部分が非常に多いというのが結論です。 価格以上に生活に豊かさが生まれ、プライベートが充実しました。 分譲マンションならではの設備の良さや圧倒的な眺望、共用施設の充実度が理由に挙げられます。 働いている人であっても寝ている時間を含めると、一日の半分ほどは自宅で過ごすことと思いますし、主婦の方であれば、なおさら自宅で過ごす時間が長いと思いますので、自宅へ投資をすることは人生そのものの豊かさ、満足度アップに直結することを身をもって実感しております。 これで損しない!不動産売却を成功させるための賢い不動産一括査定サイトの活用術 不動産一括査定サイトを運営している会社はすでに数多くあり、筆者が知っているだけでも30以上のサービスが存在しています。 不動産査定を依頼するにあたり、どの不動産一括査定サイトを利用すべきか迷っている方は、これから紹介する「不動産一括査定サイトの活用術」を試してみることをおすすめします。 その活用術とは、不動産一括査定サイトを3つ以上を組み合わせて利用する方法です。 不動産一括査定サイトによっては、マンションに特化したサービス、地方を得意とするサービスなど、それぞれ特色があります。 査定を依頼すること自体は、どの不動産一括査定サイトを利用しても無料なので、必ず3つ以上のサービスを利用することで適正価格を出してもらいましょう。 サービスの特性を理解して上手に組み合わせることが大切 上述した通り、不動産一括査定サイトによって、マンションに特化したサービス、地方を得意とするサービスなど、それぞれ得意ジャンルがあります。 各サービスの特性を理解した上で、上手に組み合わせて使うことが大切です。 オススメの組み合わせは、全国1,900社の不動産会社と提携する「イエウール」、大手不動産会社6社が共同運営する「すまいValue」とNTTグループ(株式会社NTTデータ・スマートソーシング)が運営している「HOME4U」です。 この3つのサービスを利用することで以下のようなメリットを得ることができます。 「イエウール」は全国1,900社の不動産会社と提携する日本最大の不動産一括査定サイト• 「イエウール」は、地方の小さな市町村でも査定に対応してくれる• 「HOME4U」はNTTグループ(株式会社NTTデータ・スマートソーシング)が運営しているため安心して使うことができる• 「HOME4U」は2001年に日本で初めてインターネットでの不動産一括査定サービスを開始しており、取扱件数の実績が豊富である• 「すまいValue」は三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、野村不動産アーバンネット(野村の仲介)、東急リバブル、小田急不動産の大手6社が運営している• 「すまいValue」のみ大手6社に依頼することができる 3つのサービスに査定を依頼することは、入力などに手間がかかってしまうとデメリットに思われがちですが、イエウール、すまいValue、HOME4Uの入力にかかる時間は3つ合わせてもたった2〜3分程度で完了します。 不動産売却を成功させるためには、複数のサービスに査定を依頼して適正価格を知ることは大切なことです。 サービス開始時期 2001年 取扱件数 70,587件 対象エリア 全国 提携会社数 1,300社 同時依頼数 6社 運営会社 株式会社NTTデータ・スマートソーシング NTTグループ(株式会社NTTデータ・スマートソーシング)が運営しているHOME4Uは、2001年に日本で初めて不動産一括査定サイトのサービスを開始しました。 HOME4Uは、大手不動産会社だけではなく、NTTグループのネットワークを活用して地方の中小企業や個人経営の不動産会社との提携も積極的に行なっています。 不動産業界のように古くからある業界には、特殊なルールや縄張りなどがあります。 不動産売却を成功に導くためには、三井や三菱、住友などの大手不動産会社だけではなく、同時に地方の中小企業や個人経営の不動産会社にも依頼することが重要です。 HOME4Uは、大手不動産会社から地域に精通した中小不動産会社まで約1,300社と提携しており、すまいValueと併せて査定依頼することをおすすめします。 すまいValue(すまいバリュー) サービス開始時期 2016年 取扱件数 115,967件 対象エリア 全国 提携会社数 6社 同時依頼数 6社 運営会社 三井不動産リアリティ株式会社(三井のリハウス)、住友不動産販売株式会社、三菱地所ハウスネット株式会社、野村不動産アーバンネット株式会社(野村の仲介)、東急リバブル株式会社、小田急不動産株式会社 すまいValueは三井不動産リアリティ(三井のリハウス)、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、野村不動産アーバンネット(野村の仲介)、東急リバブル、小田急不動産の大手6社に唯一依頼することができる不動産一括査定サイトです。 つまり不動産売買を検討している人の2〜3人に1人は三井不動産リアリティ株式会社(三井のリハウス)、住友不動産販売株式会社、三菱地所ハウスネット株式会社、野村不動産アーバンネット株式会社(野村の仲介)、東急リバブル株式会社、小田急不動産株式会社のいずれかは利用していることになります。 日本の不動産売買は大手不動産会社に大きく偏っていることがよくわかります。 大手不動産会社は抜群の知名度を活かして販売活動を展開して、多くの買主をリストに抱えているため、売主にとっては販売を依頼しやすいです。 不動産の査定を検討している場合、すまいValueには絶対に依頼すべきです。

次の