あひるの空617。 【あひるの空】登場キャラクターの強さランキングトップ15を発表!

あひるの空の最新刊52巻(あひるの空 THE DAY(2))の発売日はいつか予想!収録されるのは何話かネタバレも紹介!

あひるの空617

2019年2月13日発売日の少年マガジン2019年11号の最新話! あひるの空【第614話】を読んだのでネタバレと感想を書いてみました。 彼の脳裏には、空の母親である車谷由夏 くるまたに ゆか が浮かぶ。 「始めに言っておくが、ウチじゃレギュラーはとれねーぞ」 酒巻監督は、鷹山が空の母親に教えられたことがあることを知っていた。 知っていて尚、そう言った。 その理由は、高校バスケだから。 中学のバスケと違い、高校デバスケでは体格差が如実に現れ、能力よりも秀でたモノが必要となる。 「1年で、あと30センチ伸ばせるか?」 そして酒巻監督は、鷹山が空の母親に憧れを抱いていることも理解している。 確かに彼女は低い身長というハンデがあっても大成した。 だが、パイオニアの後ろに道はない。 ないからこそのパイオニアだと告げる。 最後に彼女に感化されるだけじゃなく、自らが本当に望んでいるものを見つけろと言うのだった。 その時、酒巻監督はまた声をかける。 それでも彼は飛ぶことを求めた。 そんな時、空と出会う。 「日本で最高の最小プレイヤーになってやる…!」 空の言葉を聞いた時、確かに風が吹いたと感じた。 結局何が言いたいのかな…。 実際、鷹山は天下の大栄でレギュラーを取っており、結果を出してます。 それはつまり私から見れば、酒巻の言ったように本来望むものを見つけたと思えます。 ですが、それは虚構であり実際彼は見つけていないのでしょう。 そして未だに空の母親の後を追う。 だから、違う道を行く空が異質に見えるのでしょうか。 ということは、戦う意思というのは彼の意地でしょうか。 それとも、以前に空と会った時に何かを感じた。 それをまた求めているのか。 うーん…難解 笑 615話の考察 さて、次週は言うまでもなく、空と鷹山のスリーポイント合戦でしょう。 このフリでそれ以外があったら逆に面白い! 何も予想することがないので、これにて終わりです 笑 それでは、次週でお会いしましょう!! 好きな漫画を無料で読む方法 今回のネタバレはどうでしたか? やっぱり漫画は絵を見たい!というあなたには、U-NEXTがオススメです。 U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で週刊少年マガジンを読めます! この機会にチェックしてみてください。

次の

あひるの空ネタバレ616話(最新話)!考察や感想も!【FIN⑳】

あひるの空617

あひるの空【最新話】617話のネタバレ「家鴨は飛べる」 九頭高7点の横浜大栄が28点。 鷹山が得点を決めたあとに、鷹山の顔を見て、笑みを浮かべていた空であった。 鷹山は、空の表情を見てブキミに思っていた。 21点差ということもあり、九頭高ベンチ組は、焦っている様子だが車谷監督は、ピンチでも何でもないと焦っていない。 それでも、誰が見てもピンチであると思っている九頭高ベンチ組。 コート上では、まったく焦っている素振りも見せず、落ち着いて行こうと空が、メンバー達に伝える。 すると百春は、その通りいつものことだと気合を入れる。 そして、空がボールを持ち攻め込もうとする心の中で、自分が横浜大栄にいたらスタメンになれるか分からないし、自分は千秋達と出会えて幸運であったと感じていた。 そして、鷹山があるいてきた道のりが遠かったことも分かるかもしれないし、分からないかもしれないと思っている空であった。 空は、鷹山と初めて出会った時、同じ空を見ていたという。 鷹山は、空のシュートモーションを見た時に、羽が生えているような気がしていた。 由夏と夜道を帰っている鷹山。 空を見上げ、鳥を見た鷹山は、飛びたいと思っていた。 バスが来るまで時間があるから、お弁当を買って行こうと言うと、屁理屈を並べ友達なんかいらないという鷹山。 でも、バスケはチームプレイだから我のぶつかり合いばかりでは勝つことはできないよと鷹山に伝える由夏。 以前に、酒巻監督に言われた家鴨は頑張って飛ぶことは、できないと言われてしまったと悲しい表情をしている鷹山。 その鷹山の表情を見て、由夏は、私とそういうことは、似ているから飛ぶことができると心強い言葉をかけた。 そして見事、スリーポイントを決める空。 家鴨は、空を飛ぶことができる。 どちらも譲ることはせず、家鴨が飛べることを証明する。

次の

最新ネタバレ『あひるの空』616

あひるの空617

あひるの空【最新話】617話のネタバレ「家鴨は飛べる」 九頭高7点の横浜大栄が28点。 鷹山が得点を決めたあとに、鷹山の顔を見て、笑みを浮かべていた空であった。 鷹山は、空の表情を見てブキミに思っていた。 21点差ということもあり、九頭高ベンチ組は、焦っている様子だが車谷監督は、ピンチでも何でもないと焦っていない。 それでも、誰が見てもピンチであると思っている九頭高ベンチ組。 コート上では、まったく焦っている素振りも見せず、落ち着いて行こうと空が、メンバー達に伝える。 すると百春は、その通りいつものことだと気合を入れる。 そして、空がボールを持ち攻め込もうとする心の中で、自分が横浜大栄にいたらスタメンになれるか分からないし、自分は千秋達と出会えて幸運であったと感じていた。 そして、鷹山があるいてきた道のりが遠かったことも分かるかもしれないし、分からないかもしれないと思っている空であった。 空は、鷹山と初めて出会った時、同じ空を見ていたという。 鷹山は、空のシュートモーションを見た時に、羽が生えているような気がしていた。 由夏と夜道を帰っている鷹山。 空を見上げ、鳥を見た鷹山は、飛びたいと思っていた。 バスが来るまで時間があるから、お弁当を買って行こうと言うと、屁理屈を並べ友達なんかいらないという鷹山。 でも、バスケはチームプレイだから我のぶつかり合いばかりでは勝つことはできないよと鷹山に伝える由夏。 以前に、酒巻監督に言われた家鴨は頑張って飛ぶことは、できないと言われてしまったと悲しい表情をしている鷹山。 その鷹山の表情を見て、由夏は、私とそういうことは、似ているから飛ぶことができると心強い言葉をかけた。 そして見事、スリーポイントを決める空。 家鴨は、空を飛ぶことができる。 どちらも譲ることはせず、家鴨が飛べることを証明する。

次の