あおり運転 プレート。 あおり運転動画をSNSにアップ!? 肖像権の侵害や名誉毀損にならないの?(くるまのニュース)

【DQN車両画像掲示板】あおり運転の車のナンバープレートが晒され中!プライバシー侵害や名誉棄損にならないの?

あおり運転 プレート

ドライブレコーダーの「あおり運転」に対する効果 ドライブレコーダーで撮影した映像は、あおり運転をされた時にも証拠として使用する事が出来ます。 また、あおり運転対策をする為にドライブレコーダーを使用すると、リアカメラを使用する事になりますが、リアカメラは後方から確認することが出来るので、あおり運転そのものを未然に防ぐ可能性も高くなります。 あおり運転を録画したドライブレコーダー映像の証拠能力 ドライブレコーダーで撮影した映像は、以前は映像の改ざんが出来る事から、証拠として使用する事は出来ませんでした。 しかし、現在では映像データが複雑になり、改ざんが難しい上、万が一改ざんしたとしても解析出来るようになったことから、証拠として使用する事が出来るようになりました。 実際に、交通事故や交通トラブルでの裁判でもドライブレコーダーの映像が重要視される様になっていますので、ドライブレコーダーの証拠能力は非常に高くなっています。 しかし、あおり運転の証拠として使用する為には、車のナンバープレートと相手の顔を撮影する必要があります。 もちろん、車のみの撮影でも車種の特定は可能ですが、所有者や運転者の特定は難しく、捜査が困難となってしまいます。 その様な場合にも、ナンバープレートと相手の顔が分かれば、車の所有者や、あおり運転時の運転者を確実に特定する事が出来ますし、事件の早期解決にも繋がります。 この様に、ドライブレコーダーの映像には証拠能力がありますが、あおり運転の証拠として使用する場合は、相手の車のナンバープレートや相手の顔を撮影する事で、より確実な証拠として使用する事が出来ます。 ドライブレコーダーで記録したあおり運転は摘発・検挙に役立つ ドライブレコーダーの映像に証拠能力があることは上でご説明した通りですが、具体的にはあおり運転者の摘発・検挙に役立てることが出来ます。 あおり運転は悪質な場合、あおり運転者の免許を停止させる事が出来る可能性もあります。 また、あおり運転を行った場合には一発免許取り消しまで検討されています。 この様に、あおり運転は証拠があることであおり運転者を摘発・検挙する事が出来ますので、証拠がある場合には警察へ証拠を提出するようにしましょう。 あおり運転被害にあったら警察に通報を! あおり運転被害にあった場合、まずは相手に進路を譲ることが大切です。 道路の右車線を走行している場合には、左側の車線へ移動して進路を譲りましょう。 また、一車線の道路では、安全に注意し道路の左端に停車し、あおり運転車に道を譲ります。 この時、人目につかない場所で停車してしまうと、周りの目がないことから、より大きなトラブルとなってしまう可能性がありますので、できる限り人目のつくところで停車する様にしましょう。 あおり運転をされた場合、停車後の対応も重要です。 停車後にはまず、車の窓、ドアをロックし、あおり運転者と対峙しないようにしましょう。 車のロックが完了したら、警察への通報を行います。 警察に通報することで、近くにいる警官がすぐに駆けつけてくれますので、絶対に自分だけで解決しようとしてはいけません。 また、悪質な場合はその場で相手を逮捕してもらう事も出来ますし、そうでない場合にも、しっかりとその後の対応をしてもらう事が出来ますので、あおり運転の被害にあった時には警察への通報を行いましょう。 自動車保険会社もあおり運転対策を追加 2019年より自動車保険会社は、ドライブレコーダー特約と言うサービスを開始しました。 具体的な内容としては、月額650~850円で通信機能付きドライブレコーダーをレンタル出来るサービスとなっています。 この、レンタルできるドライブレコーダーには多くの機能があります。 例えば、あおり運転を受けた際にボタンを押す事で、あおり運転の証拠を撮影し、警備会社へ状況と場所の連絡をしてもらえる上、あおり運転が悪質な場合には警備員が駆けつけてくれます。 その他、あおり運転の被害にあった場所や映像を家族のスマートフォンへ送信してくれる、警察への通報を代わりにしてもらえる等の機能もあることから、あおり運転対策には非常に有効となっています。 しかし、あおり運転対策で重要となる、リア用ドライブレコーダーの取り扱いをしている自動車保険会社は、現在あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の1社のみとなっています。 その為、あおり運転対策でドライブレコーダー特約を利用する場合、自動車保険会社の選択肢が少なくなってしまいますので、よく検討してから利用する様にしましょう。 ドライブレコーダーであおり運転対策するなら後方カメラが必要! ドライブレコーダーは前方のみを撮影するものを使用している方が多く、自動車保険会社のドライブレコーダー特約でも前方撮影型のドライブレコーダーのみしか取り扱っていない場合が多くなっています。 しかし、あおり運転は基本的に後方から行われる事が多く、幅寄せや前方での急停車などをされない限りは、前方のみの映像では証拠として使用する事が出来ません。 この様な理由から、あおり運転対策をしたい場合には、後方撮影が出来るドライブレコーダーも必要となります。 後方の撮影が出来れば、相手のナンバープレートや、顔などを撮影出来ることから、確実に証拠として使用出来ます。 また、上でもご説明した通り、後方撮影が出来るドライブレコーダーを使用すると、後方からもカメラの確認が出来る事から、あおり運転そのものを未然に防ぐことも出来ます。 この様に、後方カメラがある事で、あおり運転の証拠として使用できるだけでなく、あおり運転の被害を減らし、身を守る事も出来ますので、あおり運転対策をする場合には、後方の撮影が出来るドライブレコーダーを使用しましょう。 あおり運転対策にドライブレコーダーを設置しよう! 以上があおり運転のドライブレコーダーの効果のまとめとなります。 これまでにご紹介した様に、ドライブレコーダーで撮影した映像には証拠能力がありますので、あおり運転を受けた際には非常に有効な証拠となります。 また、あおり運転の証拠があることで、あおり運転者を免許停止にする事が出来る事もあるため、多くの人があおり運転の証拠を警察に提供することで、悪質なあおり運転の撲滅にも繋がります。 この様に、ドライブレコーダーは使用する事で、自分の身を守ることも出来ますし、あおり運転を減らすことも出来ますので、あおり運転対策にドライブレコーダーを設置しましょう。

次の

あおり運転動画をSNSにアップ!? 肖像権の侵害や名誉毀損にならないの?(くるまのニュース)

あおり運転 プレート

運転態様 違反の種別 違反点数など(普通車) 前方の自動車に激しく接近し、もっと速く走るよう挑発する 車間距離保持義務違反(道路交通法26条) 一般道:1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項2号) 高速自動車国道等:2点 反則金9,000円 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項1号の4) 危険防止を理由としない、不必要な急ブレーキをかける 急ブレーキ禁止違反(同24条) 2点 反則金7,000円 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項1号の3) 後方から進行してくる車両等が急ブレーキや急ハンドルで避けなければならないような進路変更を行う 進路変更禁止違反(同26条の2第2項) 1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項2号) 左側から追い越す 追越しの方法違反(同28条) 2点 反則金9,000円 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項2号の2) 夜間、他の車両の交通を妨げる目的でハイビームを継続する 減光等義務違反(同52条第2項) 1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項8号) 執拗にクラクションを鳴らす 警音器使用制限違反(同54条第2項) なし 反則金3,000円 2万円以下の罰金又は科料(道路交通法121条1項6号) 車体をきわめて接近させる幅寄せを行う 安全運転義務違反(同70条) 2点 反則金9,000円 3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道路交通法119条1項9号、同条2項) 初心運転者等保護義務違反(71条第5号の4) 1点 反則金6,000円 5万円以下の罰金(道路交通法120条1項9号) 出典:警視庁「」「」、 ささいな通行トラブルをきっかけに相手の車から幅寄せされたり、執拗に追い回されたりなどの悪質なあおり運転にあった場合は、駐車場など交通事故にあわない場所に避難しましょう。 高速道路ではサービスエリアやパーキングエリアに入るなど、なるべく相手の車から離れる工夫をし、相手と直接コミュニケーションを取ろうとしてはいけません。 相手が車外から車を降りるように迫ってきても、決して外に出ないようにしてください。 あおり運転にあったら、まず安全を第一に確保しましょう。 そのうえで状況や相手の車のナンバー、車種、車の色など、覚えている範囲で警察「110番」に通報しましょう。 また、あおり運転など悪質な運転・危険な運転に関しての情報がある場合は近くの警察署または、警察本部の相談窓口「#9110」に通報しましょう。 また岡山県では、岡山県内であおり運転や飲酒運転、無免許運転、暴走行為など危険な運転に関する情報、動画提供を受け付ける「」という専用サイトを開設しています。 専用サイトに投稿された運転の流れや、ナンバー情報などを捜査・交通安全に役立てるものです。 すべての車というわけではありませんが、一部の自動車には緊急通報システムが搭載されています。 トヨタ レクサス、グランエース• トヨタ 新型カローラ(ツーリング、スポーツを含む)• マツダ MAZDA3、MAZDA CX-30の「エマージェンシーコール」• 日産 軽自動車デイズの「SOSコール」 これらは車の中で急に具合が悪くなったときや、後ろから追突されたときだけでなく、あおり運転にあってしまい、身の危険を感じるようなときにもSOSボタンを押すことでオペレーターにつながり、緊急車両を代わって要請してくれます。 他にも緊急機関への通報や緊急車両の要請をスムーズに行うことができるサービスを提供している車やカーナビがあります。 自動車からの緊急通報サービスを提供している「」には以下のような声が寄せられています。 社会問題となっていることもあり「あおり運転」に対する意識が高まっています。 により「車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない」と、定められています。 たとえば高速道路などで後方のトラックが車間距離を詰めてきたようなとき、前方のドライバーがあおられていると感じてしまえば「あおり運転」となり、通報されてしまうこともありえます。 誤解による通報を防ぐためには、• 危険が発生した場合でも安全に停止できるような速度と車間距離をとる• 他の車の前方に急に割り込んだりしない• みだりに進路変更をしない。 進路変更するときはバックミラーや目視で安全を確認する• 追越しなどでやむを得ない場合を除き、同一方向に2車線あるときは左側車線を通行する• 3つ以上の車線があるときは、最も右側の車線は追越しのために空けておく などあおり運転と誤解されないような運転を常にする必要があります。 そして、無用なトラブルを避け、身を守るためにはドライブレコーダーを設置するということも有効です。 ドライブレコーダーは事故時だけでなく、自分の運転時の走行を録画してくれるので運転状況を確認することができます。 思いがけない事故、自分が安全運転をしていることを示すことにもドライブレコーダーは役立ちます。 チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内 万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。 ・ チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。 ・ 車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。 無料ロードサービスを提供します。 ・ 自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

次の

「あおり運転」をギャフンと言わせるなら、このドラレコが切り札です

あおり運転 プレート

あおり運転の行為をYouTubeやSNS動画にアップして再生数を稼ぐ人も見受けられますが、映像にはあおり運転をするドライバー、車両、ナンバープレートなどが映っていることもあります。 このような場合、名誉毀損で訴えられることはないのでしょうか。 あてはまるのは名誉毀損だけではない? 2020年6月30日末に施行された「妨害運転罪」により、あおり運転が再び注目を浴びています。 なかには、こうしたあおり運転の行為をYouTubeやSNS動画にアップして再生数を稼ぐ人も見受けられます。 映像には、あおり運転をするドライバー、車両、ナンバープレートなどが映っていることも多いですが、名誉毀損で訴えられることはないのでしょうか。 交通関連に詳しい法律関係者は、次のように話します。 「状況によって異なるため一概にはいえませんが、ドライブレコーダーの映像を事故の証拠提出などの目的以外に使用した場合、肖像権・プライバシーの侵害や、名誉毀損罪、偽計業務妨害罪などに問われる可能性は十分にあります」 肖像権の侵害以外にも罪に問われる可能性があるとのことですが、それらは一体どのような内容なのでしょうか。 まず、肖像権・プライバシー権の侵害についてです。 肖像権とは、みだりに自己の容姿などを撮影されない権利です。 実際に、民法 七百九条では「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。 」と記載され、違反した場合には写真や動画の削除が求められるほか、賠償金が請求されます。 ただし、仕返しや憂さ晴らしといった側面がある場合に限り、肖像権やプライバシーの侵害は適用されます。 そのため、撮影方法や動画のアップ目的によっては、上記のケースに当てはまらない可能性もあります。 名誉毀損罪では、刑法 第二百三十条に「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀き損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。 」となっています。 これは、ドライバーの社会的な評価を下げるような「レッテルを貼る」行為です。 そのため、あおり運転をしたとされる車両に対して、悪質な運転行為をする人物であるといった印象を与えた場合は、該当する恐れがあります。 また、許可なく車両やナンバーをネット上に晒すといった行為も同様です。 しかし、以下の特別事例にあてはまる場合は、名誉毀損にあてはまらないとしています。 公共性 摘示した事実が公共の利害に関する事実である ・2. 公益目的 摘示の目的が専ら公益を図ることにあった ・3. 真実性 真実であることの証明があった 要するに、あおり運転による妨害行為が事実だと証明されたうえで、迷惑行為の抑止として判断できれば、罪に問われることはありません。 ですが、ネット上にアップするという行為は、社会的な制裁をくだす「私刑」と判断される可能性が高くなります。 前述の通り、仕返しや憂さ晴らしとみられる可能性が高いため、罪に問われる可能性は非常に高いとされています。 偽計業務妨害罪では、刑法 二百三十三条に「虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。 (威力業務妨害)」と記載されています。 動画内の車両が社用車などであった場合、企業にクレームが殺到する可能性があり、従業員のあおり運転が事実であることが証明されれば、企業側は社会的に責任を負う可能性も出てくるのです。 しかし、事実無根の誤情報だった場合は、会社の業務を妨害する行為にあたるとされ、動画をアップした本人に罰則が適用されます。 以上のように、あおり運転の一部始終を残してネット上にアップする行為は、さまざまな罪に問われるケースがあります。 なお、あおり運転を目撃した際の行動について、前述の法律関係者は以下のように話します。 「万が一、あおり運転を見かけたり撮影した場合は、ネットに晒すのではなく、110番通報や警察本部の相談窓口『#9110」』に通報するか、近くの警察署に情報提供するなどといった方法を取るのが良いでしょう。 人の罪を裁くのは、人ではなく『法』です」 あおり運転していないのに! もし誤解されて通報をされたら? 通報する側ではなく、通報される側になってしまった場合、誤ってあおり運転だと認識されてしまったときはどのように対処するべきなのでしょうか。 まずは、あおり運転の定義として、以下10項目があげられます。 ・通行区分(左側通行)違反 ・車間距離を詰める ・急ブレーキをかける ・不必要なクラクション ・急な進路変更(割込み) ・ハイビーム威嚇の継続 ・乱暴な追越し ・左からの危険な追越し ・幅寄せや蛇行運転 ・高速道路での最低速度違反や駐停車 上記の行為をおこなうことで、あおり運転とみなされる可能性があるので注意が必要です。 誤解を招かないためにも、このような運転は控えましょう。 なお、誤解を解くためにもっとも効果的なのは、ドライブレコーダーの映像です。 事故の記録のためだけでなく、自分自身の走行状況を確認することができるため、今後の交通社会ではマストな装備といえます。

次の