一粒万倍日 宝くじ。 一粒万倍日に宝くじを買ったら当たりやすい?実際に当たった4人に買い方などを聞いてみました!

宝くじ買うなら一粒万倍日に買え!! [宝くじ・ロト・toto] All About

一粒万倍日 宝くじ

目 次• 天赦日は「日本での暦上では最も吉日の日」といった意味があり、寅の日には「虎には千里をもって千里を帰る」というような力を持っていることから寅の日にも適用されると考えられ、この天赦日や寅の日が一粒万倍日と重なると最高の吉日とされています。 一粒万倍日の読み方は「いちりゅうまんばいび」である場合や、「いちりゅうまんばいにち」といった読み方がされます。 この一粒万倍日の意味は、字からも読んでわかるように 膨れ上がる様を表しています。 というのも、一粒万倍日の意味の始まりは一粒の籾であり、この一粒の籾が万倍にも膨れ上がって豊かに実る様を表しています。 そのことから入籍や引っ越しといった「何か新しいことをはじめる日」として抜群に良い日とされています。 他にも、縁起が良い日としては天赦日や寅の日と言ったものがあり、一粒万倍日と大安、一粒万倍日と天赦日や寅の日といったように縁起が良い日とされる日が一粒万倍日と重なった場合にはさらに一粒万倍日の効果が倍増するとされています。 しかし、先ほどもご紹介したように、一粒万倍日には「膨れ上がる」といった意味があるので、不幸事などを自分が不利になるようなことをしてしまうと、その悩みの種も万倍になってしまうと言われています。 そのため、一粒万倍日には悩みの種になるようなことはあまりしないようにしましょう。 さらに、一粒万倍日はおおよそひと月に3から4日ほどある場合がありますが、大安や天赦日、寅の日の時と同様に、仏滅といった凶日を示す日と重なる場合があります。 そのような凶日を指す日と重なった場合には一粒万倍日の効果は半減されると言われています。 このような吉日を示す「一粒万倍日」ですが、月(24節気)や日の十二支によって異なり、一粒万倍日は「その月、(24節気)」と「日の十二支の日」に決められています。 一粒万倍とされる「月(24節気)」「日の十二支」は次の通りです。 「正月(立春から啓蟄までの範囲)は、丑の日と午の日」 「二月(啓蟄から清明までの範囲)は、酉の日と寅の日」 「三月(清明から立夏までの範囲)は、子の日と卯の日」 「四月(立夏から芒種までの範囲)は、卯の日と辰の日」 「五月(芒種から小暑までの範囲)は、巳の日と午の日」 「六月(小暑から立秋までの範囲)は、酉の日と午の日」 「七月(立秋から白露までの範囲)は、子の日と未の日」 「八月(白露から寒露までの範囲)は、卯の日と申の日」 「九月(寒露から立冬までの範囲)は、酉の日と午の日」 「十月(立冬から大雪までの範囲)は、酉の日と戌の日」 「十一月(大雪から小寒までの範囲)は、亥の日と子の日」 「十二月(小寒から立春までの範囲)は、卯の日と子の日」 以上の「月(24節気)」「日の十二支」が一粒万倍の日とされています。 一粒万倍日にするのがいいことは 先ほどもご紹介したように、「一粒万倍日」は物事を始めるには膨れ上がるのでとても良い日とされていますが、次のようなことがお勧めです。 引っ越し 引っ越しは一粒万倍日にはとても良い日とされています。 引っ越しは新生活を送る始まりの日とされているので、希望が膨らんでいく要因となります。 引っ越しは他にも大安などに引っ越し業者のスケジュールが埋まっている場合がありますが、一粒万倍日は空いている場合があるので、引っ越しの日を一粒万倍日の日にしてみるのもお勧めです。 大安と一粒万倍日が重なっていた場合はさらに一粒万倍日の効果が膨れ上がるとされているので特にお勧めです。 財布を買う 一粒万倍日の日に財布を買うのもお勧めです。 こちらも膨れ上がるといった一粒万倍日の意味がそのまま適用されますので、1円が1万円札に化けるかもしれません。 さらに財布は持っている年が多ければ多いほど、金運が逃げていくとされています。 そういったことからも、1年周期で春の一粒万倍日の日や秋の一粒万倍日の日に財布を買いかえるのはお勧めです。 どんな色の財布がいい 運気があがるとされている、財布は皆さんも聞いたことがあるかと思いますが、 黄色やピンクです。 財布にもお金を連想させるような外見を身に纏わせることによって運気が近寄ってくるとされています。 一方、 「赤色」の財布はやめた方がいいです。 というのも。 意味は先ほどと同じなのですが、赤は「赤字」といったものを連想させるので、お金の消費、お金の流れを早くしてしまう傾向があります。 そのため、財布を買う際に運気と財布の色が気になる場合には赤色は極力避けましょう。 入籍 入籍も一粒万倍日の日にはお勧めです。 入籍と言えば二人のこれからの人生が新しくはじまる日でもあるため、特にお勧めです。 大安や、天赦日と重なるとさらにお勧めです。 宝くじ 宝くじを購入する日もゲンを担ぎたい方には一粒万倍日の日がお勧めです。 小さな一粒が万倍にも膨れ上がる日ともされていますので、コツコツ宝くじを購入していればいつの日か成果が実るかもしれません。 一粒万倍日にしないほうがいいことは 一粒万倍日の日にした方がいいことがたくさんありますが、一方一粒万倍日の日にしないほうがいいことがあります。 それは 「借金」です。 何回もご紹介していますが、一粒万倍日には「万倍にも膨れ上がる」といった意味があるため、借金をこの一粒万倍日の日にしてしまうと、借金が万倍に膨れ上がってしまう可能性があります。 そのため、一粒万倍日の日は極力借金をしないようにしましょう。 取り返しのつかなくなった後では後の祭りです。 一粒万倍日と仏滅が重なった日は 次に一粒万倍日の日と仏滅の日が重なった場合についてご紹介していきます。 引っ越し 引っ越しの日に 仏滅が重なってしまっても大丈夫です。 仏滅の日に引っ越しはあまりよくないのでは?と考えてしまう方も多いと思いますが、実は仏滅は引っ越しに適しているのです。 というのも仏滅は最近になって「仏滅」と書かれるようになっていますが、昔では「物滅」と書かれていました。 仏滅=物滅でもあり、「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」「普段持っている余分なものを無くすことができる」というような日ともされています。 そのため、仏滅は実は引っ越しにおすすめの日でもあり、このことを知っている人が少ないので仏滅の日には引っ越し業者の日程を取れる場合が多いです。 結婚 一粒万倍日の日と仏滅が重なった日での結婚はあまりお勧めしません。 というのも、一粒万倍日と仏滅が重なってしまった場合は途中でもご紹介したように 効果が半減してしまうとされています。 そのため、せっかく結婚する場合には、これからもより良い幸せを送っていただけるように出来るだけ重なってない日をお勧めします。 入籍 入籍の場合も結婚と同様にあまりお勧めしません。 せっかく入籍してこれからの二人の人生を始めるのに、早速効果が半減しているのはもったいないです。 特に気にしない人は大丈夫ですが、一粒万倍日の日や仏滅が気になる場合にはお勧めはしません。 一粒万倍日と不成就日が重なったら 一粒万倍日の日と不成就日が重なった場合にはあまり物事を起こさないようにしましょう。 というのも、不成就日は仏滅と同じように一粒万倍日の効果を半減させてしまうとされています。 そのため、一粒万倍日と不成就日が重なった場合には一日大人しくしておきましょう。 気になる人はやはりゲン担ぎをしましょう! 一粒万倍日についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか? 一粒万倍日は言葉にもあるように万倍にも膨れ上がるような吉日の日とされていますので、ご存知なかった方はぜひ意識して新しいことをするきっかけの参考にしていただけたらと思います。

次の

2020年 一粒万倍日やってはいけない事・やるといい事 知らないと損する?

一粒万倍日 宝くじ

種をまくと何倍にも大きく育つという事から、物事をスタートするのに良い日と言われています。 また、一粒の籾である少額なものが、稲穂に育って大きな金額になる事に由来して、少額で買えて高額な金額になるかもしれない「宝くじ」は、 一粒万倍日の流れに沿ってるものというわけ。 この日に借金をすると、ゆくゆく何倍にも借金が膨らんでしまうとも言われているので、人にお金を借りて宝くじを買ってはいけない日でもあります。 (一粒万倍日 以外でも、モラル的にNGですが…) ちなみに、一粒万倍日は、1ヶ月に2〜3回あるケースもあり、他の吉日と重なると そのパワーを倍増させる効果があると言われています。 なので、もともとプレミアムな天赦日にさらに一粒万倍日が重なっている日があったら… その日は、宝くじ購入必須の 超プレミアムデーという事になります。 ここまで以外の吉日も紹介しますね! 天赦日と一粒万倍日が宝くじを買う吉日としてメジャーな日ですが、それ以外にもおすすめできる日は複数あります。 寅の日 寅の日は 12日おきに訪れる吉日の日で、金運招来日として知られています。 虎は千里行っても千里戻るという所から、お金を使ってもお金が戻ってくる日という理由から、金運招来日とされているわけです。 巳の日 寅の日と同じく十二支の一つで、12日おきに訪れる日です。 金運の神さまとして知られる弁財天の使いがヘビ(巳)で、その日に願い事をすると 巳が使いとなって弁財天さまにお願いしてくれると言われます。 全国の神社には、弁財天様を祀ってある神社がいくつかあり、「銭洗い」をしたり「蛇の像」が立っている所も。 巳の日に、そんな弁財天さま由来の神社を訪れてお願いした後で、宝くじを購入すると よりご利益をうけた状態で買う事ができるかも?• 通常は12日に1回ですが、12日が5回繰り返される中の1回(つまり60日に1回)は、 己巳(つちのとみ)の日と言われていて、 通常の巳の日に比べて、さらに縁起が良い日です。 不成就日と呼ばれる日は、とにかく縁起がよくない日。 そして、厄介な事に 他の吉日と重なる事が多々あります。 不成就日は全てのパワーをダメにする日。 なので、天赦日であっても不成就日が重なっている日はNG日。 同じく、一粒万倍日やその他の吉日も同様にダメな日になってしまいます。 吉日でもあっても 「その日は、不成就日になってない?」は注意しておいて下さいね。

次の

宝くじを買うと当たる日?天赦日・一粒万倍日の意味を徹底解説

一粒万倍日 宝くじ

スポンサーリンク 2019年は2020年に開催される、記念すべき東京オリンピックを控えた準備の年ということで、日本にとっても節目の年になりそうです。 前回の東京オリンピックは56年前の1964年と、約半世紀ぶりの開催なんですよね。 少し気は早いですが、東京オリンピックはとても楽しみにしています。 やっぱりスポーツは楽しい! 金メダルという一つの目標にむかって、結果を残すために一度のチャンスにすべてを賭ける。 平昌冬季オリンピックもそうでしたが、競技だけではなく選手のみなさんそれぞれに、背景やドラマがあったりして、共感や感動できるところがあるのも楽しみの一つです。 と、宝くじの話から脱線してしまいましたが、実は宝くじの高額当せんにもアスリートの精神に通ずる点があると思うんです。 それは、アスリートが結果を残すために日々のトレーニングを積み重ねるように、宝くじも淡々と買い続ける不動の精神力が必要という点です。 メダルなんか獲れないよ。。。 なんて思いながら過酷で辛いトレーニングを、毎日積み重ねている選手はいないと思うんですよね。 わずかかもしれないけど、可能性を信じてトレーニングをしているわけです。 宝くじに当たるためのトレーニングはありませんが、自分に合った方法で運気を引き寄せることは可能です。 ということで2019年も吉日カレンダーを更新していきますので、よろしければご利用下さい。 長いこと宝くじを買い続け居いるにも関わらず結果がでないと、「当たるわけないよ!」なんて、モチベーションが大きく下がってしまうこともしばしばありますよね。 ちなみに、安っすい開運グッズは「なんじゃこらぁぁぁ!!!」と ・ いますぐ どこかがもげそう ・ いますぐ どこかが剥がれそう ・ いますぐ どこかが取れそう なんて、闇を抱えている場合も多々ありますので、安すぎる開運グッズには注意してください。 驚くことに日本人がこれだけ慣れ親しんだ大安をはじめとする六曜日は、いつ、だれが考案したものなのかはっきりしていないんですね。 それなのに、なぜここまで万人に意識されるようになったのか。 それだけでもすごく神秘性を感じてしまいます。 もともとは中国の占いが、室町時代に伝わったのが始まりと言われており、別名「六輝」とも呼ばれています。 鎌倉時代には現在の六曜日の原型とも言える暦があったそうで、それが現在の漢字、呼び方に変わって現在でも使用されているんですね。 実は、六曜日は宗教と関係しているものではなく、例えば大安に結婚式、仏滅に法事などの行事を行わなけなければいけないという、宗教的な決まりはありません。 六曜日がこれだけ生活に根付いているのは、われわれ日本人が、なにかというと「げんを担ぐ」民族性であることが、大きく関係しているんじゃないでしょうか。 大安は月に4~5回ありますので、宝くじの購入日としては狙いやすい吉日と言えるでしょう。 寅の日といえば、金運や財布をイメージする人も多いのではないでしょうか。 寅は「千里を往って、千里還る」と言われ、出ていったお金や財産も再び戻ってくるという意味合いから、金運や財運との縁が深くなっています。 古来から希少な動物とうのうは変わりなく、美しい黄金の毛並、他を圧倒する存在感もあって、時の権力者が好んで自身のシンボル、象徴としてきました。 寅は日本には存在しない動物だったので、空想、伝説上の動物として扱われていました。 ですが、日本にも寅が関わる数多くのエピソード残っています。 例えば、聖徳太子が物部守屋を討伐する際に、祈願で訪れた山に毘沙門天が姿を現したとされ、それが「寅年」「寅の日」「寅の刻」であったと言い伝えられています。 戦いに勝利することが出来た聖徳太子はその山を、「信ずべき、貴ぶべき山」信貴山と名付け、聖徳太子、毘沙門天、そして寅にゆかりのある地として現在信でも仰対象となっています。 毘沙門天は戦の神であるとともに、七福神の一人にも数えられ開運出世、財運、商売繁盛の神様として祀られています。 そして寅も毘沙門天の神使として、同じく祀られているんですね。 パワーストーンとして人気の高い「タイガーアイ」をご存知の人も多いと思いますが、身に付けると金運、財運に良いとされていますよね。 その名称の通り、寅の模様にちなんだパワーストーンです。 ちなみに、毘沙門天は元はインドのヒンズー教の神様で、宝石を司る神様として崇められているのですが、宝石の神様=毘沙門天、タイガーアイ=寅という接点があるのも神秘的な話に思えます。 日本では空想、伝説の生き物であったにも関わらず、暦や干支にその名が使われ、残っているというだけでも寅の日には強いパワーを感じずにはいられません。 【一粒万倍日に行うと良いこと】 ・結婚、結納、入籍、慶事 ・出生届 ・引っ越し ・開業 ・財布の新調 ・新しいことを始める ・祝い事 ・宝くじを買う など 秋に沢山の籾を実らせ、黄金色に輝く稲。 一粒万倍日は、一粒の籾(もみ)が稲穂のように万倍にも実る吉日とされ、なにをするにも縁起の良い日です。 五穀豊穣という言葉がある通り、穀物が豊かに実ることは富の象徴でもあったんですよね。 一粒万倍日が宝くじの購入に最適な日として意識されるのは、大安と同じくに該当する日が多くて吉日を狙いやすいというのもあるんだと思います。 また、一粒万倍という名称が少しのお金で大金を掴むという、宝くじと相性がピッタリな点も人気の理由になっているんじゃないでしょうか。 回数が多いという意味ではミニくじとも相性が良いので、せっかく購入するなら是非とも狙いたい吉日となっています。 暦上でも大安より吉日とされ、祝い事や新しいことを始めるには最適な吉日とされています。 天赦日の読み方は「てんしゃび」もしくは「てんしゃにち」と読みます。 「百神が天に昇り、天が万物の罪を許す日」の意で、寅の日や一粒万倍日と比べても、日数が極端に少ないプレミアムデイ!暦上で最上の開運日とされています。 2019年は一年を通して、6回しかありません! ということで、ジャンボ宝くじ販売期間中と天赦日が重なる日は本当に稀で、しかも一粒万倍と重なる日なんてさらに貴重な超絶吉日であるという訳です。 「赦」という字は「許す」という意味ですが、とうぜん天が許す日なら何をしても良いと言う日ではありません。 今まで行ってきた良い行いに対して、天に祝福される日というように、わたしは解釈しています。 著名人、芸能人も「当たれば天国、負ければ地獄」という、ある意味勝負の世界ですから、縁起を意識するも多いんです。 暦を大切にしている芸能人もいて、天赦日に入籍する人もいるくらいなんですね。 暦上では最上の吉日ですから、金運に限らずあらゆる事始め、祝い事に良い日です。 2018年と同じく、2019年も3日間が該当していますが、365日のうち3日とかなり希少な吉日になっています。 そして気になる2019年、ジャンボ宝くじ販売期間中に該当する超絶吉日は「残念ながら該当なし」の予定となっています。 2018年はグリーンジャンボがバレンタインジャンボに名称変更になったのに合わせて、発売期間も変更になったため、奇跡的に超絶吉日が1日だけ該当していました。 ですが、2019年はそれを踏まえた上でも、超絶吉日がジャンボ宝くじ販売期間中に該当することはなさそうです。 残念ですが暦は変えることができませんので、そのなかでも運気の上がる最上吉日を選んで購入していきましょう! まとめ 祝い事や新しいことを始める時、引越しや結婚など日取りを決める時には必ず暦を意識していませんか? 日本人は昔から暦をとても大切にしてきた民族なんですよね。 六曜日や吉日は、いつ誰が考案したものなのかわかっていないにも関わらず、わたし達の生活の一部となって機能しています。 また、人の体や精神は月の周期、つまり新月から満月までのでの満ち欠けにも、大きな影響を受けていると言われています。 理由はわからないけど、自然と人の心に受け入れられ、生活の一分となる。 それはとても不思議なことです。 人間の気分や体調の様に、暦にもリズムがあって時が流れているということなんでしょうね。 2019年のジャンボ宝くじライフを楽しみに待ちたいと思います。 宝くじは当せんする確率がとてつもなく低いですが、全国のどこかに幸運を掴んでる人がいるのも事実です。 2019年も諦めずに、アスリートの精神を見習って、淡々と粛々と狙いすまして、幸運を掴みとりましょう!.

次の