ストレージ容量。 スマホのストレージ空き容量を「ガバッ」と空ける簡単な方法

ストレージとは パソコン初心者講座

ストレージ容量

もともとパソコンのストレージは、HDDとメモリしかありませんでした。 しかし技術の進歩とともにメモリの容量が増え、当時のHDD並みの容量を持ったメモリも登場しました。 そこで技術者たちが考えたのが「HDDのようにデータ保存にも使えるメモリができないか」ということです。 この発想が後に、SSDの開発へとつながりました。 パソコンのストレージといえばHDDとSSD!違いを見てみよう パソコンの内部ストレージには、HDDとSSDがあります。 以下、両者の特徴を比べてみましょう。 まず、HDDのメリットは、容量あたりの価格が安いため、大容量のストレージが低価格で手に入ります。 1TB超えの容量を持つ製品も。 ちなみに500GBは、写真なら約8万枚、音楽なら12万曲、動画なら120時間が保存できる容量です。 さらにデータの書き込み回数制限もありません。 デメリットは処理速度が遅く、動作音が大きい、衝撃に弱い、消費電力が大きいといった点が挙げられます。 一方、SSDのメリットは処理速度が速いことです。 また衝撃に強く、動作音も静か、さらに消費電力も低いです。 デメリットは容量あたりの価格が高いため、容量の主流はHDD よりも少ない250GB~500GBになっていることでしょう。 またデータの書き込み制限があります。 そのため1日中データの書き込みをするような使い方であれば、HDDがおすすめです。 どっち派?それぞれメリットがあるデスクトップとノートパソコン デスクトップとノートパソコンでは、スペックや持ち運びのしやすさなどに大きな違いがあります。 それでは実際、どちらを使っているユーザーが多いのでしょうか。 全国の男女にアンケート調査を実施し、訊いてみました。 【質問】 主に使っているのは次のうちどちらのパソコンですか? 【回答結果】 デスクトップパソコン:48 ノートパソコン:127 両方同じくらいの頻度で使っている:12 【アンケート概要】 調査地域:全国 調査対象:年齢不問・男女 調査期間:2017年03月10日~2017年03月16日 有効回答数:187サンプル ノートパソコン派が多いという結果に! ノートパソコンと答えた人が大半を占めるという結果になりました。 また、机の上においても場所を取らないから。 一方、スペック的なことを考えると「デスクトップに限る」という人も。 ・使いやすいから。 画面も見やすく、キーボードも打ちやすい。 また、場所や用途に応じて使い分けている人もいました。 ・持ち運びや家でつかうものとわける。 このように、用途に合わせてパソコンを選ぶのが大切だとわかる結果になりました。 効率的なビジネスのために!ノートパソコンを選ぶ基準とは? ノートパソコンのストレージ容量の目安は、2. 5インチHDDで500GBから1TB、SSDで120GBから250GBとなります。 ノートパソコンの場合、基本的にドライブは1つしか搭載できません。 ただし製品によっては、大容量HDDと小容量SSDを両方搭載したものもあります。 使用目的によっては、そういったハイスペックなモデルを選ぶ必要もあるかもしれません。 ただ、それ以上にビジネス用ノートパソコンではサイズも重要になります。 A4サイズ以上のノートパソコンは、ストレージ容量が1TB以上のものもあり、動画編集などの作業にも十分使えます。 その代わり重いため、持ち運ぶには不便です。 一方、A4サイズ以下なら重さも軽く、持ち運びに適しています。 小型な分だけストレージ容量は小さくなりますが、製品によっては容量が500GBあるものもあります。 ちなみにビジネスユースであれば、容量は最低250GBあれば十分といわれています。 画像や動画などを大量に保存するという使い方をしない限り、大容量HDDにこだわる必要はありません。 むしろ作業効率や、衝撃の強さといった点が大切になってくるでしょう。 その意味では、処理速度が速く、物理的衝撃にも強いSSD搭載のパソコンはおすすめです。 ノートパソコンの容量が少なくなったら? ノートパソコンはストレージ容量が少ないため、デスクトップ感覚で使い続けているとあっという間に容量が足りなくなってしまいます。 早めの対策で容量不足を予防しましょう。 ・外付けHDDの活用 外付けHDDに、内蔵ストレージのデータを移しましょう。 自宅で使うなら大容量の据え置き型HDD、外出用には電源の要らないポータブル型HDDがおすすめです。 ・USBメモリの活用 よく使うデータは、持ち運びに便利なUSBメモリに移しましょう。 64GBや128GBなどの大容量モデルも低価格で購入できます。 データの転送速度が速いのもメリットです。 ・クラウドストレージの活用 クラウドストレージにデータを保管するという方法もあります。 ただ同期の仕方によっては、データがどんどん上書きされてしまい、うまくバックアップを取れないこともあるので注意しましょう。 ・パソコン内は定期的に整理を 定期的にクリーンアップを行い、不要なソフトウェアやデータを削除しておきましょう。 デスクトップパソコンの容量不足… 対処法とは? デスクトップで使われている3. 5インチHDDは、2Tや3Tの容量があります。 そのため複数のドライブに分割しても十分スペースを確保できます。 しかし、それでもCドライブには注意が必要です。 Cドライブには、OSやソフトウェアがインストールされているほか、マイドキュメントなどのデータも保存されるため、容量不足に陥りやすいのです。 Cドライブの容量不足対策としては次のような方法が有効です。 ・ドライブ内の整理 不要なソフトやデータを手動で削除するほか、定期的にディスクのクリーンアップを行います。 削除したくないデータは、クリーンアップ前に、Cドライブ以外の場所に移動しておきましょう。 ・仮想メモリをCドライブからDドライブに変更 仮想メモリはストレージ容量が不足したときに使用する、一時的なデータの置き場所です。 この仮想メモリをDドライブに移すことで、わずかにCドライブの容量を大きくできます。 ・パーティションの割合を変更 「ディスクの管理」から、パーティションの割合を変更します。 Dドライブを縮小し、その分Cドライブの容量を拡張しておきます。 ・HDDの交換 全体的にストレージ容量が足りない場合は、より大きな容量のHDDに交換することも検討しましょう。 まとめ HDDとSSDには、それぞれメリットとデメリットがあります。 容量重視ならHDD、書き込み速度重視ならSSDといったように、目的に合わせて選びたいところです。 なおCドライブの容量が少なくなってくると、OSがフリーズするなどの弊害が起きてきます。 こまめにドライブ内の整理を行うなどして十分な容量を確保しましょう。 関連記事:.

次の

iPadの容量(ストレージ)の選び方!おすすめは?

ストレージ容量

パソコンの代表的なストレージは、やです。 OSやアプリケーションがインストールされていますが、作成したデータもこの中に入っています。 内蔵ストレージということもあります。 エクスプローラー、デバイスとドライブ。 内臓のCドライブ、内蔵・外付けのDドライブなどが表示されます。 OSのインストールされたCドライブが表示されます。 他に、外付けハードディスク、USBメモリー、光学ディスクもデータを保存するところなのでストレージになります。 バックアップなどで用いるこれらのストレージを、メディアということもあります。 は、インターネットで繋がっている場所にあるストレージということです。 雲のように、離れたところにあるので クラウド、 クラウドサービスともいいます。 自分で外付けハードディスクやUSBメモリーなどの媒体を用意しなくても インターネット上のストレージにデータをコピーして保存することができます。 オンラインストレージもハードウェアは、HDDやSSDが使われています。 内部ストレージ パソコンのHDDやSSDなど内蔵ストレージにあたるものを、スマートフォンやタブレットでは、内部ストレージともいいます。 内部の基板上にデータの保管・保存ができる記憶領域があり、OSやプログラム、ユーザーのデータが保存されています。 内部ストレージの容量は、どのくらいアプリをインストールできるか?データを保存できるか?ということに関係してきます。 スマートフォンやタブレットでは内部ストレージのことを、ということがあります。 ROMは、電気的信号で読み書きする 半導体メモリー、フラッシュメモリーです。 パソコンや周辺機器にもROMとよばれるものはあります。 マザーボード上のや周辺機器には、簡易的なプログラムが内蔵されています。 ただ、ユーザーのデータが保管できるようにはなっていません。 あくまで必要最低限のプログラムのみが入っており、機器の制御を行っているだけになります。 それに対し、スマートフォンやタブレットでのROMはデータの保存もできるようになっています。 外部ストレージ ストレージの容量は、磁気ディスクであるハードディスクが最も容量が多く、500GB~4TBが多くなっています。 大容量ストレージというときは、大抵ハードディスクのことを指します。 一方、ROMであるフラッシュメモリーを使った SSD、USBメモリー、スマートフォンやタブレットの内部ストレージ、メモリーカードなどはハードディスクに比べると容量は少なめです。 SSDは 120GB~1TB、USBメモリーは 4GB~128GB、内部ストレージは 8GB~32GB、メモリカードは 2GB~128GBなど。 光学ディスクでは、CDが700MB、DVDが4. 7GB、ブルーレイが25GBなどです。 一般的にハードディスクは容量が大きい、フラッシュメモリーは容量が小さいということになります。 サイドバー.

次の

iCloudストレージが「残りわずか・いっぱい」容量を減らす方法/削除

ストレージ容量

iPhone SE 64GBモデルは2万9,800円から買える iPhone SEのラインナップはストレージ容量の違いにより3モデル。 64GBが4万4,800円、128GBが4万9,800円、そして、256GBが6万800円です。 (いずれも税別) そして、Appleストアから購入する場合、すでにお使いのiPhoneを下取りしてくれる「Apple Trade In」という仕組みを使うと、たとえばiPhone 8を下取りに出せば最安2万9,800円からiPhone SE 64GBモデルを手に入れることができます。 下取り価格はモデルにより異なり、iPhone XS Maxなら最大4万円 、iPhone SE(初代)なら最大2,000円と幅があります。 iPhone SE(2020)はカメラやディスプレイの仕様を絞っているとはいえ、最新世代のプロセッサーを搭載しているため長期間利用できることが見込まれるわりには、かなり安く手に入れられることがわかりますね。 ハイエンドのiPhoneを横目に「4K60pの動画なんか容量食うから撮らないし」「カメラのレンズは普通のがついてればいいし」と思っているであろう多くのユーザーにしてみれば、待ちに待った低価格モデルです。 iPhone SEの容量はどれがいいか? さて、今回の主題はiPhone SEはどの容量のモデルを買うのがいいかです。 既存のデータの容量や使い方によって適したモデルが異なるのは当たり前で、それに個別にこたえることはできないので、ここでは私の場合を例に考えてみたいと思います。 ほかのケースでも同じように考えれば大体の目安はわかるはずです。 現在の使用状況 私が現在使っているのはiPhone XRの64GBモデルです。 iCloudの200GBプラン(月額400円)と組み合わせて使っています。 9GB(35. 1GB使用済み)、iCloudの空き容量が72GB(128GB使用済み)です。 これはおそらく、iOSの「iPhoneのストレージを最適化」機能を使って、容量の大きなオリジナルの写真・画像はiCloudに置き、iPhone本体にはサイズの小さなコピーだけ保管しているためだと思われます。 このため、iCloudの使用済みストレージのほうは、大半が写真と動画に占められています。 ちなみに、写真は4,225枚、動画は1,113本あるようです。 まとめると、ぜんぶで264GBのストレージがあり、そのうちおよそ163GBが使用済みで、101GBが空いている。 全体でみるとデータの大半は写真と動画だが、iPhone本体では写真・動画は1割にも満たない、ということですね。 今後2年でどれくらい増えるのか? iPhone本体に保存されているデータの大半を占めるのはアプリ本体とそのデータです。 その中身を見てみると、ノートアプリや音楽配信アプリがそれぞれせいぜい1. 5GBほどを使っている程度です。 数100MB程度を使っているアプリがたくさんありますが、これらはほとんどアプリ本体のサイズだと思われます。 データを抱えていると思われるアプリのうち、ノートアプリはテキスト情報が主体なので、今後容量が爆発的に増えるとは思えません。 また、SpotifyやYouTubeなど配信系のアプリは、ユーザーが能動的にダウンロードしたものを除けば、古いデータは適宜廃棄していくはずなので、ユーザー自身が使い方を変えない限りは容量が増えていくことはないでしょう。 そう考えると、これまでどおりiCloudに写真のオリジナルを逃がせるなら、今後iPhone本体のストレージに追加される比較的容量の大きなデータは、新たに撮影する写真の縮小コピーが大半ということになります。 現在、iPhone本体のストレージに保存された「写真」の容量は1. 51GBなので、これが今後2倍になろうと3倍になろうと、iPhoneのストレージはビクともしません。 今使っているiPhone XRのデータをそのままiPhone SEにコピーしたとして、同じ64GBモデルなら空き容量はおよそ29GB。 それだけあれば、iPhone本体はまったく問題なさそうです。 iCloudの容量は大丈夫なのか? 先に書いたとおり、現在利用しているiCloud Driveは200GBプラン。 使用済みの容量はおよそ128GBで、その大半が写真と動画のデータです。 この128GB部分が2倍に増えると256GB となり、より上位のプランに移行しなければなりませんが、なんとiCloudの料金プランは200GBの上が2TBとなっており、料金も400円から一気に1,300円に跳ね上がります。 この支払いは毎月のことなので、できれば現在の200GBプランのまま乗り切りたいところです。 さて、写真・動画を保存するために利用されている128GBのうち、最も古いデータは2014年に撮影したものでした。 その後、歴代のiPhoneとiPadで撮影した写真、動画、スクリーンショットはすべてここに含まれているはずです。 その間、iPhoneやiPadが新しくなるにつれ、カメラの画素数もさぞや増えているだろうと調べてみると、2014年当時使っていた(はずの)iPhone 5こそ8Mピクセルですが、その後手に入れたiPhone SE(初代)が12Mピクセル、以降、iPhone 8 PlusもiPhone XもiPhone 8もiPhone XRも、みんな12Mピクセルで、写真1枚あたりのデータ量はたいして増えていません。 動画もiPhone SE(初代)で4K30pに対応し、その後はiPhone 8 Plusでフレームレートが60fpsに増えましたが、2017年にiOSのカメラが容量効率の良いHEVC(h. 265)フォーマットに対応したので、やはりデータ容量はたいして増えていません。 この傾向は今後も続くでしょう。 むやみに画素数ばかり増やしても、ストレージ容量や回線容量やプロセッサーの処理能力を食うばかりであまり良いことはありません。 とすると、これまでと同じペースで撮影するかぎり、今後2年くらいでiCloudの残り容量70GBを食い尽くすことはないと期待できます。 結論 ~ 64GBで足りる このように、私がiPhone SEに乗り換えるとしても、iCloud Driveの200GBを利用し続けるかぎり、ストレージ容量は64GBモデルで問題なさそうなことがわかりました。 もう一つ気になるのは、たとえば2年後にiPhone SEを手放すときに、64GBモデルのリセールバリューが128GBや256GBと比べて著しく劣る状況になっていないかです。 未来について確かなことは言えませんが、たとえばAppleの下取りの仕組みである「Apple Trade In」の下取り価格を参考にして想像してみることはできるでしょう。 2020年4月の時点で、2018年に発売されたiPhone 8のApple Trade Inによる下取り価格は、64GBモデルが1万5,000円、128GBなら1万5,500円、256GBでも1万6,000円となっており、ストレージ容量による価格差はほとんどありません。 新品購入時には、64GBと256GBでは1万7,000円の差があったのですが、2年後にはほぼ横並びになるということですね。 リセールバリューもとくべつ劣ることはないと期待できます。 以上を踏まえると、iPhone SE(2020)で私が選ぶべきモデルは64GBモデルということになりました。 安いモデルで済むのはとてもありがたいことです。 リンク: リンク: リンク: リンク: リンク:.

次の