うんこ ちゃん の 家具 屋 さん。 ウンコちゃんの家具屋さん, 4

ウンコちゃんの家具屋さん, 4

うんこ ちゃん の 家具 屋 さん

ある日、マンションの敷地に黄色いトラックが まいど、マスクド・ニシオカです。 自分が住んでいる大阪市内にあるマンションは、戸数が600近くありまして1000人以上は住んでいると思います。 そんな、マンションの敷地には引越しのトラック、宅配業者のトラック、コープ生協のトラックなど、いろんなトラックが入ってきます。 もう20年弱も住んでいる自分としては、どんなトラックが入ってきていても驚くことがありませんが、先日見かけたトラックは二度見してしまいました。 (画像はホームページより) ウンコちゃんの家具屋さん? その日は晩ゴハン(カレー)を食べに行く予定だったので、帰ってから調べてみるとこんなサイトが見つかりました。 どうやら本当にある家具屋さんのようです。 しかも、創業13年とありますので長く続いているお店のようです。 ちゃんとしているお店です。 ふざけているようではありません。 スポンサーリンク 気になるのは「ウンコちゃん」の由来 どうやら、家具業界ではB級品のことを「うんこちゃん」と呼ぶことがあるそうで、そこから取ったのと、あとは家具を売るお店というのは家族が来店することが多いので、子どもが「うんこ」と聞けば喜ぶのと、あとは大阪特有の「飴ちゃん」というチャンをつけると可愛く聞こえるという文化、だそうです。 一応、大阪人としては「飴ちゃん」とは言いますが「ガムちゃん」とは言わないことをお伝えしておきます。 TVメディアにも引っ張りだこ この名前だからかどうかは別として、TVメディアでも多く出ているようです。 これだけ多くのTVに取り上げられれば、さすがに儲かっているでしょう。 しかし・・・ 大阪生まれの大阪育ち、お店のある門真市で仕事をしたこともありますが、このお店の存在を知りませんでした。 これは、知らない自分を恥ずべきなのか知られていないお店を鼓舞するべきなのか、う~む。 スポンサーリンク お店の戦略としては共感が持てる 自転車で45分くらいで行けるくらいの距離なので、実際に行ってみてその感想を書けば良いのですが、取り急ぎネットにある情報だけの感想ですが、お店の戦略には共感が持てる店がいくつかあります。 子どもにサービスをして家族に来てもらえるようにする• 覚えやすい名前• 安く売るための安く仕入れる仕組み作り• トラックの貸し出しで車の無い家庭にも売れる• トラックのナンバープレートが「931」徹底している• 家具屋さんらしくない雰囲気作り こういう運営方針の会社が生き残ってくれるのはすごくうれしいですし、何となく応援したくなります。 大阪にしか店舗が無いのが残念ですが。 最後に まことに申し訳ないのですが、貧乏性の自分としては新しい家具を買う予定はございません。 でも、何か楽しそうなのでこのお店には行ってみたいなと思います。 冷やかしで、ごめんなさい。 もう一度お店のHPのリンクを貼っておきます。 でわ、股!! maskednishioka.

次の

ニトリよりもIKEAよりもウンコ!「ウンコちゃんの家具屋さん」八尾本店に行ってみた

うんこ ちゃん の 家具 屋 さん

2010年08月26日 22時00分 「ウンコちゃんの家具屋さん」のトラックに遭遇しました ある日車で移動していたところ、「 」というとんでもない店名が書かれた運送トラックが走り抜けていったので、思わず激写しました。 上の写真を見ても分かるように、およそ家具屋のものとは思えない斬新すぎるデザインになっていて、ものすごいインパクトを放ちながら公道を爆走していました。 編集部に戻った後もあのトラックの姿が忘れられなかったので、どんなお店なのか調べてみることに。 そして「ウンコちゃんの家具屋さん」のホームページを発見したのですが、そのリニューアルに当たって思わぬところから強い風当たりを受けているようです。 詳細は以下から。 移動中の車内からふと外を見ると、「unkochan. com」というあまりにも衝撃的なドメイン名が。 どう見てもアレがデフォルメされたキャラクターが、関西弁を操りながら空を飛んでいます。 よく見るとマントの影から排せつしています。 カオスすぎてもはや何がなにやら…… そのままこのトラックはインターから降りていきました。 残ったのはあまりにも強い衝撃と、「一体あれは何だったんだ……」という強烈な疑問符。 なので、まずはサイトを探してみました。 ページのタイトルは「無題ドキュメント」となっていますが確かに公式ページで、店内の様子を映すライブカメラも絶賛稼働中。 90年代のサイトデザインを思い起こさせるレトロでど派手な雰囲気です。 サイトトップから、壁面にマスコットキャラクターが描かれた実店舗が映っているGoogleストリートビューにリンクしています。 また、金タイツにアレのかぶり物をした人(店長さん)がサイト上に登場しているなど、あのようなトラックを爆走させても何ら不思議のないコンテンツの数々。 このサイトの上部にある「新しいうんこちゃんの家(ホーム)へ行く」というリンクをたどっていくと、現代風になりつつもやはりマスコットキャラクターが全力で出迎えてくれるサイトにたどりつきます。 しかし、新サイトの方は通販にかかる送料などが空白状態になっているので電話で問い合わせてみると、工事中でまだネット通販の利用はできないとのこと。 制作が止まっている原因は「Yahoo! 経由で通販を開始しようとしたところ、 ウンコちゃんという名前がアウトということで審査に通らない」という衝撃の事実が発覚……。 「Yahoo! の人は東京の人だからなんでしょうねえ」とお店の方は言っていましたが、早く東西の壁を乗り越えて通販が始まるのを祈るばかりです。

次の

ウンコちゃんの家具屋さん, 4

うんこ ちゃん の 家具 屋 さん

一人暮らし 2018. 16 2020. 08 SAGAT さがやん 名前強すぎ。 大阪でオシャレで安いインテリア探すなら、ウンコちゃんの家具屋さんがおすすめ。 新生活や模様替えで新しい家具が欲しい。 そういう時、あまり予算に余裕がない人は大抵「IKEA」や「ニトリ」に行きがち。 ですよね? たしかにこの二つの店舗、実際めちゃコスパのいい家具を多く揃えていて、ぼくも今までかなりお世話になっています。 しかしどうしても無難になってしまうので、人に見える空間くらいは少し違うものにしたい、そんな風に考える、 遅れてきた思春期。 そして向かったのが、大阪の 「ウンコちゃんの家具屋さん」でした。 どんな名前やねん、と思わず突っ込まずにはいられないのですが、知り合いがこの家具屋でめちゃオシャレなベンチをかなり安く購入したのを聞いて、ずっと気になっていたのです。 そして今回、のを機に、ついに足を運ぶことに。 結果、一気にファンになってしまったので全力で紹介させてください。 目次から読む• ぼくが行ったのは、八尾本店。 一度見たら忘れられないこのビジュアル、たまりません。 ぶっ飛びすぎてる名前の理由は、業界用語。 なんでも関西の家具業界では、 キズのついたB級品やアウトレットに出るような展示品などを「ウンコちゃん」と呼んでいたそうな。 店内VTRより そういった家具の専門店として2002年に創業されてから、大阪では知る人ぞ知る人気家具屋さんのポジションを確立したみたいです。 アウトレット家具ばかり取り揃えているのでそのお値段も、クオリティに対してめちゃ良心的。 大阪人 あと元インテリアデザイン専攻 としては、ワクワクが止まりませんでした。 安いのにオシャレな品揃え 実際に並んだ家具たちは安いからといって質が悪いものなんてことは全くなく、むしろなんでこれがその値段!?なんてものばかり。 デザインはウッドを基調とした西海岸風のアメリカンなものが多く、男心をくすぐるラインナップがずらり。 ソファやテーブル、ベッドフレームに雑貨など、基本的なものはだいたいなんでも揃います。 その品揃えと価格を見れば、人気が高いのも納得。 平日のお昼間にも関わらず、ぼく以外にも数組のお客さんが家具を物色していました。 ウンコに対するこだわりがすごい ウンコちゃんという冠をつけて営業しているだけあって、店内に散りばめられたウンコがすごい。 字面もすごい 人気商品にもウンコ。 無料のうちわもウンコ。 しかもオマージュ ニトリもウンコ。 奥までたくさんあるよ!ブリッ! 陽 気すぎる。 接客も超いい そんなテンション高い店の店員さんたちも皆、満面の笑顔で「こんにちは〜!」と挨拶。 しかし、家具を眺めている時にあちらから話しかけてくることはなく、こちらが質問するとすごく丁寧に対応してくれる。 ぼく、これを勝手にユニクロスタイルと呼んでいるのですが、家具でも服でも、最初から店員さんにオススメを押し付けられるのではなく、ある程度自分で吟味した後、改めて自分のセレクトが正しさやオススメの組み合わせを店員さんに尋ねて判断したいんですよね。 ウンコちゃんの店員さんはどれだけウロついててもずっと笑顔で挨拶するだけで、話しかけたらこれでもかと言わんくらいに対応してくれるので、安心して色んな質問をすることができました。 配送も丁寧かつスピーディー 結局対応してくれた店員さんがすごく丁寧かつ優しかったのもあって• ソファ• ローテーブル• ダイニングテーブルセット• 全身鏡 を購入してしまいました。 当日は、前の配送先を出るタイミングで連絡をしてくれたおかげで無駄に待つこともなく、家具の設置自体もとてもスムーズ。 玄関廊下をソファが通れないというハプニングがありましたが 実は最初からあちらには懸念されてて、ぼくがいけると言ってしまったのですが…汗 、結局ベランダから吊るして入れるという緊急対応をしてもらうことで事なきを得ました! 追加で2000円かかっちゃったけど 持ってきてくれたスタッフさんもすごくフレンドリーで、家具を使う上で色々とアドバイスをくれたりしたのも嬉しかったなぁ〜。 関西で家具買うなら、一度足を運ぶ価値あり というわけではじめての「 ウンコちゃんの家具屋さん」だったのですが、総合的にとても満足度の高い家具購入体験でした。 次に家具を買うことがあったら、真っ先にここに行くだろうし、人にも勧めるなぁ。 ちなみに、今回の買い物でスタンプカードが一枚まるまる埋まって3000円分になったので、近々またすぐに行こうかと思います。 そんな感じで。

次の