マラッカ 海峡 は インドネシア と ど この間。 マラッカ観光!世界遺産の街

マラッカ観光!世界遺産の街

マラッカ 海峡 は インドネシア と ど この間

導入前の課題 インドネシア国マラッカ海峡及びシンガポール海峡船舶航行安全システム整備プロジェクト 背景 マレーシア、インドネシア及びシンガポールの3国と海域を共有するマラッカ・シンガポール海峡は、その長さが250海里に達する、重要な国際的且つアジア諸国間の結節点として、戦略的に重要な海上交通の要衝となっております。 同海峡は、今日のグローバル経済の影響を受け、日本船籍14,000隻の貨物船を含む年間90,000隻以上もの船舶が通過する重要な国際航路となり、その結果、同海峡における交通安全の確保の必要性が幅広く認識されるようになってきております。 また、マラッカ・シンガポール海峡における船舶の航行安全が、マレーシア、インドネシア、シンガポールの経済発展に大きく寄与することとなったと言っても過言ではなく、特に海上貿易に大きく依存する沿岸諸国の経済成長を大きく左右する重要な要因となっております。 更に、東アジアにおける中東からの原油の輸入のほとんどがマラッカ・シンガポール海峡を通過する船舶によってもたらされるため、同海峡において、円滑かつ安全な海上交通が常に維持されることは、全世界の利益にかなうことを意味しています。 また、同海峡における海上事故による環境汚染を未然に防ぐことも重要であることから、このような交通が輻輳する国際航路においては、海洋汚染を防ぐための適切な手段を講じることにより、海上交通を安全、且つ確実に管理することが必要となります。 課題 マラッカ・シンガポール海峡における船舶の増加が、船舶の安全及び海域の環境状況に対し、深刻な影響を与える懸念が高まってきており、インドネシア国としてこれら諸問題についてに緊急に取り組まなければならない状況となっていました。 海上輸送量の増加に伴い発生する、事故、環境汚染は、船舶同士の衝突、接触、爆発、火災等、に起因して発生していることから、人命の損失、環境破壊、同海峡を生活の糧とする住民へ経済損失をもたらす深刻な結果となっています。 海上における船舶の航行安全の向上や海洋環境の保全を目的とした、最新の技術及び管理システムの必要性を背景として、インドネシア国では、船舶航行管理システム(VTS)の導入が喫緊の課題となっておりました。 しかしながら、インドネシア国では、これまで、海上交通が輻輳する港湾のアプローチ航路、有害危険貨物を運搬する船舶の動向、及び狭隘航路における船舶の運行等、を安全に管理する最適な海域監視システムが稼働していない状況となっていました。 第一期 導入エリア 第ニ期 導入エリア 導入のポイントと解決方法 レーダーセンサーを活用した海上交通監視システムの導入 インドネシア政府の要請に応え、日本政府は本プロジェクトを日本の無償資金協力で実施することを決定いたしました。 日本無線は、当該プロジェクトを受注し、GPS機能付きレーダーシステム、レーダー捕捉システム、多機能コンソール、VHF無線機、マイクロ伝送装置、AIS,CCTVカメラ、VTSデータシステム、ウェブサーバー、記録再生システム、気象センサー、等からなる統合システムを納入いたしました。 本プロジェクトは、2017年の6月に無事完工し、インドネシア政府への引渡しを完了いたしました。 第一期 導入設備.

次の

マラッカ観光!世界遺産の街

マラッカ 海峡 は インドネシア と ど この間

マレーシア〜インドネシア間の海路の国境とルート マレーシア側マラッカ〜インドネシア側ドゥマイ 英語表記はMalacca〜Dumai。 フェリーについて マレー半島西海岸の町マラッカと、スマトラ島東海岸の町ドゥマイを結ぶフェリーが毎日1便運航されており、移動時間は2〜3時間ほど。 他にも、クアラルンプール郊外のポードディクソン(Port Dickson)やポートクラン(Port Klang)とマラッカを結ぶフェリーも、毎日ではないが1日1便運航されています。 また、マラッカは「Melaka」や「Malaka」と表記される場合もあるので注意が必要。 フェリー運航会社の公式サイトはこちら。 マレーシア国内からの行き方は? マレーシア国内からマラッカへは長距離バスで、クアラルンプールのTBSバスステーションから約2時間、ジョホール・バルのラーキン・バスターミナルから3〜4時間ほど。 マレーシア側タワウ〜インドネシア側ヌヌカンとタラカン 英語表記はTawau〜NunukanとTarakan。 フェリーについて ボルネオ島北東部のタワウと、同じくボルネオ島北東部の島ヌヌカンやタラカンを結ぶフェリーが運航されています。 タワウ〜ヌヌカンは1日2便で約1時間、タワウ〜タラカンは週に6便ほどで約3時間で移動できます。 インドネシアではボルネオ島のことを「 カリマンタン」と呼びます。 フェリーに関する詳細はこちら。 マレーシア国内からの行き方は? マレーシア国内からタワウへは長距離バスで、コタ・キナバル郊外のイナナン(Inanan)にあるノースシティ・バスターミナルから約8時間。 マレーシア〜インドネシアの陸路の国境とルート マレーシア側クチン〜インドネシア側ポンティアナック 英語表記はKuching〜Pontianak。 国際バスについて クチンとポンティアナックを結ぶ国際バスが1日7便ほど出ています。 数社がこのルートのバスを運行しており、マレーシア国境の町テベドゥ(Tebedu)とインドネシア国境の町エンティコン(Entikong)を経由して8〜9時間ほど。 国際バスが発着するのは? クチンからのバスが発着するのは、クチン国際空港の西にあるセントラルバスターミナルからで、ここからクチン市内とを結ぶバスも出ています。 マレーシアとインドネシアの関連記事 マレーシアについての情報はこの記事にまとめました。

次の

マラッカ海峡

マラッカ 海峡 は インドネシア と ど この間

冷戦の最中、われわれが一番恐れたことは、マラッカ海峡の封鎖でした。 今にして思うと、いささか滑稽ではあります。 マラッカ海峡は、日本と中東を結ぶ唯一の海峡ではないし、迂回航路はいくらでも設定できる。 その迂回による航海日数の超過は、せいぜい一週間前後です。 日本のガソリンは決して安いわけではないけれど、その一週間分のコストを全て末端価格に上乗せしたとしても、物価への影響は微々たるものです。 しかし、マラッカ海峡の重要性は、それを利用する各国、それを抱える周辺諸国、インドネシア、マレーシア、シンガポールにとっては重大です。 アイコンとしての重要さが失われたわけではない。 似たような問題に、シーレーン問題があります。 中国が軍事的覇権で手に入れようとしている南シナ海は、周辺事態法を議論する時にも、錦の御旗として利用されました。 しかし、フィリピンの領海内を通らせてもらうだけでも、この問題は回避できる。 中国がフィリピン相手に戦争を仕掛けでもしない限り。 海洋を巡る問題の複雑さは、それぞれの要件自体は、どこか一国にとって必ずしも致命的ではないということです。 マラッカ海峡問題しかり、南シナ海の人工島問題しかり。 そこで見誤り、アメリカが失敗したのが南沙諸島の人工島問題でした。 中国は、それを自国のライフラインの最重要課題であり、死活的権益と考えて突き進んだが、アメリカはそうではなかった。 そうは思わなかった。 中国がそこまで決意が固いとは微塵も思わなかった。 気付いた時には手遅れだった。 私たちが、あの海峡を奪われても余所で代替できると考える一方で、その権益は死活的だと考える国がある。 そこに誤解が生まれ、戦争へと至るステップを上がることになる。 〔大石英司/2019年5月〕.

次の