ほうれん草 プランター。 初心者でも簡単!ほうれん草の育て方!家庭菜園で美味しく育てよう!

ほうれん草の育て方 プランター栽培方法や収穫のコツや目安

ほうれん草 プランター

もくじ• ほうれん草の育て方【冬のプランター栽培にほうれん草がおすすめな3つの理由】 夏はとにかく栽培する野菜がたくさんあるので、ほうれん草を栽培するスペースや余裕がないのが本音ですが、ほうれん草はそれだけではなく冬に育てた方が良い理由があります。 箇条書きしてみると、 【冬の栽培のメリット】• ほうれん草は気温が下がり霜があたると甘みが出ておいしくなる• 冬のほうが病気や害虫の予防対策が簡単(栽培初期の害虫対策のみ必要)• アブラナ科の野菜が多い冬場の畑の輪作に入れやすい 以上のは冬の栽培に適している理由で、さらにプランター栽培をする場合のメリットも付け加えておくと、 【プランター栽培のメリット】• ほうれん草は浅型の小型のプランターで栽培が出来る(これは小松菜や小カブなどと交互に輪作できる)• 他の野菜と土壌適正酸度が違うので単体で育てられるプランターが向いている(アルカリ性に傾いた土壌を好む)• プランター栽培も畑での栽培も 基本的には変わりませんが、プランター栽培での種まきなどについての特徴は、本文第3章【3.6】あたりに触れています。 本日はご訪問ありがとうございます。 このサイトは、家庭野菜をキーワードに家庭菜園での野菜の育て方や野菜を使った家庭料理などについて書き綴っています。 面白いなと思った方はお使いのブラウザーにブックマークなどして、ほかの記事もご覧いただけると嬉しいです。 ここからは本題の記事【ほうれん草の育て方】をお楽しみください。 ほうれん草の育て方【家庭菜園の予備知識】 ほうれん草の育て方【栽培の基本情報】 野菜の種類 科目 適正土壌酸度 株間 連作障害 栽培難易度 ほうれん草 ヒユ科 ㏗6. 5~㏗7. 5~7. 0と アルカリ性よりの土壌を好みます。 栽培の2週間くらい前までに苦土石灰や消石灰をまいて中和しておきましょう。 石灰はしっかり入れておきましょう。 一般的な 他の野菜より多めにしてください。 石灰の中和と同時に化学肥料をまいてしまうと土の中で化学反応を起こして作物の成長に影響を与える可能性があるので、早いうちにまいておくのがBESTです。 堆肥と元肥を与えて土を耕しておきましょう 定植の7日くらい前までに土に堆肥として牛糞や鶏糞、豚糞などを与えてよく耕して、化成肥料を使う場合は元肥として10-10-10や14-14-14などの化成肥料を一株に対して1握り程度混ぜておきましょう。 元肥とは定植前に施す肥料のことで、同じ肥料でも堆肥とは土に栄養を与えてふかふかな土を作るのに適した肥料のことを指します。 牛糞堆肥は土をふかふかにしてくれる堆肥としての特徴が強く、鶏糞は堆肥としての力はあまりありませんが、肥料分を多く含んでいます。 豚糞堆肥はある意味万能で堆肥としても元肥としても大変有効な肥料です。 ここまでの作業は畑でもプランターでもだいたい同じです。 畑で栽培する場合は畝を作って水はけを良くしておきましょう 堆肥を入れてよく耕したら幅60cm~70cm高さ10cmほどの畝を作ります。 畝を作ると水はけがよくなります。 畝ができたらマルチを敷いて地温を上げておきましょう 畑で栽培する場合黒色のマルチを敷いておくと地の温度を上げてくれるので定植後の成長が促進されます。 また黒マルチは光を通さないので雑草の繁殖を防いでくれます。 値段は少し上がりますがシルバーマルチもあり、こちらはアブラムシなどの光るものを避けて行動する一部の害虫の接近を予防する効果があります。 土の跳ね返りによる病気の侵入を防いでくれるのでマルチは有効で、さらに放置しておくとすぐに雑草が生えて手に負えなくなるので黒マルチは必須です。 ほうれん草の種まき 直接蒔く場合は条蒔きがおすすめ 条間15㎝~20㎝ 株間5㎝~10㎝ 条間15㎝~20㎝で溝を作って条蒔きしてください。 最終的に 株間5㎝~10㎝になるように段階的に間引いていきます。 私はマルチをカッターナイフで横に切って溝を作っています。 条蒔きした後はしっかり土をかぶせておきましょう。 プランターで栽培するときはパラパラ蒔き プランターで栽培する場合は最終的に株と株の間が5㎝から10㎝になることを想定しながらパラパラ蒔きしてください。 パラパラまいた上には土をかぶせておきましょう。 ほうれん草の植え付け ポット苗を買って苗から育てる場合や、ポットなどで発芽させた苗を植え替える場合の手順はその他の野菜と同地です。 植穴をあける 苗の定植はポット苗植え付け用の器具や球根植え付け用の器具を使うと簡単です。 器具を使ってポットとだいたい同じ深さの植穴を作って植え付けます。 植穴に水を入れる 苗を植え付ける前に植穴に水を入れて畝にある程度水分を浸透させておきましょう。 適当な量でOKです。 こうしておくと定植後の苗が根張りしやすくなります。 苗を植え付ける 水が浸透したら苗を植え付けて、畑の土とポットの土の間に間隔が出来ないようにしっかりなじませておいてください。 ほうれん草の株間 ほうれん草を畑で栽培する場合は 株間5cm~10cm取ると良いでしょう。 ほうれん草の栽培は種から条蒔きすることがおすすめです。 条蒔きして最終的に株間5㎝~10㎝に間引き栽培すると効率よく栽培できます。 プランターを使う場合はパラパラ蒔きでOKです。 条間15㎝~20㎝ 株間5㎝~10㎝(段階的に間引き栽培) ほうれん草のプランター栽培 プランターの場合はパラパラ蒔き 段階的に間引き最終的に株間5㎝~10㎝程度) プランターで栽培する場合、野菜用の浅型プランターがおすすめです。 プランター栽培の場合肥料切れや水切れを起こしやすいので気を付けてください。 ほうれん草の栽培で重要な防虫作業 ほうれん草栽培には欠かせない要素はいくつかありますが、私が思う最も重要な要素は防虫の作業です。 冬場の栽培でも栽培初期はまだ気温も暖かくモンシロチョウなどが産卵場所を探して畑の周りを飛んでいます。 苗を植えつけたらすぐにトンネル支柱やダンポールなどの支柱を使って不織布か防虫ネットを張ってください。 すこし面倒な作業ですが、これをやるのとやらないとでは全然結果が変わってきます。 苗を植えたらすぐにトンネルで対策してください。 トンネルは追肥の時に少し開けたり、株が大きくなって圧迫されるようおになってきたら片方だけ外して解放してあげると良いでしょう。 そうしておくと、真冬に雪が降る前にもう一度軽くかぶせてあげることができます。 ほうれん草の追肥 1回目の追肥 1回目の追肥は草丈が5㎝を超えたころに行います。 化成肥料か鶏糞役一握り、約50gから70g程度を毎回施肥していくと良いでしょう。 条間に軽くまぶしていくイメージです。 土となじませておくと肥料の効きが早くなります。 2回目以降の追肥 収穫のたびに、だいたい2週間に1度を目安に追肥してください。 プランターの場合株間や株の周りにパラパラまいて軽く土になじませるイメージでOKです。 ほうれん草の水やり プランターで栽培する場合は特に水切れしやすいので注意してください。 表面が乾いたらたっぷりと水やりして水切れをさせないのが栽培のポイントです。 畑での栽培の場合は通常水やりは必要ありませんが、植え付け間際の小さい苗の時や冬場の乾燥時期時期には適度に水やりしてください。 ほうれん草の収穫 ほうれん草は草丈が20㎝~25㎝くらいに成長したものから順次収穫していきます。 はさみを使って根から株を切り離していくとうまく収穫できます。 ほうれん草の害虫 アブラムシ アブラムシは春から夏の終わりごろまでに飛来して繁殖する害虫で、ほとんどの野菜に被害を与える害虫の代表的存在です。 小さな個体が群集している様子がものすごく気持ち悪いと感じる方が多いと思います。 アブラムシの駆除方法 アブラムシにもたくさんの種類がいて、たくさんの種類のアブラムシが寄生します。 いずれも株のエキスを吸引し、ウイルス性の病気を媒介するので駆除が必要です。 テントウムシの成虫はアブラムシを食べる益虫ですが、テントウムシがいることはアブラムシもいるということになるので注意してください。 無農薬で栽培する場合はガムテープで除去したり、牛乳を散布して窒息死させたり、木炭や竹炭を作る際に発生する煙の成分を冷却して得られた水溶液である木竹酢を散布したり、黄色い粘着力のある札を作物にぶら下げたり、銀色のマルチや光テープで囲ったり対処の方法はたくさんあります。 冬場の栽培はアブラムシの被害は少なく、秋口の苗がまだ小さいころにトンネル栽培することでアブラムシの被害は抑えられます。 薬品を使う場合はアーリーセーフがほうれん草に対応しています。 アーリーセーフは自然由来の成分で構成されているオーガニック薬品です。 ハダニ ハダニはコナジラミやアブラムシと同様に葉の裏などに寄生して樹液を吸引する害虫です。 梅雨明けから夏場に多く繁殖して被害を与えます。 非常に小さく単体では見つけにくいのですが、数が増えてくると白くカスリ状に見えるので、この時点で被害に気付くことが多いので予防しておくことが大切です。 ハダニの除去方法 ハダニの予防にはアーリーセーフが有効です。 1本持っていると便利な薬品です。 コガネムシの幼虫 コガネムシの幼虫は土の中で根を食害し最悪の場合全てを枯らしてしまいます。 成虫は葉を食害し繁殖も旺盛なので厄介な害虫です。 見つけたら捕殺しましょう。 コガネムシの幼虫の駆除方法 耕しているときや掘り返しているときに出てきたら捕殺しておきましょう。 ヨトウムシ アブラナ科の野菜が好物のヨトウムシですが、アブラナ科だけでなく多くの野菜を食い荒らします。 蛾の幼虫ですが昼間は株もとや土中に潜み、夜になると地上に現れます。 だいたいは茶系の芋虫で中型から大型です。 3㎝くらいから6㎝くらいのところでしょうか。 ヨトウムシの駆除方法 昼間は土中にいることが多いので駆除するのが難しく、また姿が見えないので出没していることすら気づかないことすらあるくらいです。 見つけ次第捕殺することがおすすめです。 虫の姿がないのに葉が虫食まれている状態を見たら土中にヨトウムシが潜んでいることをまず疑ってください。 ネキリ虫 昼間は土中に潜んで夜になると地表に出てきます。 地表の茎をかじっ足り食いちぎったりする害虫です。 ネキリ虫の駆除方法 耕しているときや掘り返しているときに出てきたら捕殺しておきましょう。 被害が確認されたときはカブの周りを掘り返して出てきたら捕殺します。 薬品で予防する場合は 、ネキリべイトが対応しています。 その他の害虫 カタツムリやナメクジなども柔らかい葉を食害します。 ダンゴムシも根や茎を食害します。 ほうれん草の病気 ここでは代表的なものを記載することにします。 病名はたくさんありますが、いずれの病気もかかってしまってからの対応よりも常に予防しておくことが大切です。 予防としては、植え付け前に石灰や有機たい肥を多用して、健全なアルカリ性の土を作ることと、株の風通しを良くして害虫の除去をしっかりすることです。 うどん粉病 うどん粉病は野菜だけでなく植物全般に発生するウイルス性の病気で、葉に白い斑点が出て放置しておくと葉が真っ白にうどん粉をまとったようになっていき、いずれ枯死してしまう怖い病気です。 ひどいときは隣接する他の植物にも感染して被害を広げる場合があるので早めの対策が必要です。 うどん粉病の対策 うどん粉病が毎年発生するような場合は発生前からの予防が大切です。 うどん粉病になる前にアーリーセーフなどの液剤を散布しておくことが大切です。 アーリーセーフとカリグリーンが有効です。 萎凋病(いちょうびょう) 気温が高温の時期に発生する病気です。 部分的にしおれて、やがて下葉から褐色に変色し株全体がしおれてしまします。 病原菌は糸状菌(カビ)で、土から根に感染して広がっていきます。 萎凋病(いちょうびょう)の対策 病原菌は土中で蓄積して数年から数十年生き残ります。 予防には連作を避けてください。 鉢植えやプランター栽培の場合、萎凋病が発生した土は使わに方が良いでしょう。 畑などの露地栽培で萎凋病(いちょうびょう)が発生した場合、株は撤去して、薬剤で消毒してください。 ほうれん草の萎凋病(いちょうびょう)には GFベンレート水和剤が有効です。 灰色かび病 茎や葉が解けるように腐る病気で、進行が進むとやがて灰色のカビに覆われて枯死する病気です。 高湿で風通しが悪い状態で発生し、病原菌はしおれた過花弁、害虫の食害の跡、チッソ過多により軟弱に育った組織から侵入することが多く、枯れた花をこまめに摘み取ったり殺菌剤を使う場合は、予防として消毒しておくのも有効です。 灰色かび病の対策 先ほども述べたように、風通しを良くして咲き終わった花弁はこまめに撤去することで環境は改善されます。 発生した場合は枯れた部分は完全に取り除きましょう。 予防には カリグリーンが有効です。 カリグリーンはほうれん草の灰色かび病に対応しています。 ほうれん草のコンパニオンプランツ ほうれん草と相性のいいコンパニオンプランツ ネギ類 ネギ類は夏の高温時に発生する、ほうれん草の連作障害を防止する効果があるといわれています。 葉ネギ 葉ネギはほうれん草の硝酸性窒素(しょうさんせいちっそ)含有量を抑えてくれる効果があるとされています。 ハーブ類と花類 マリーゴールド 線虫よけ効果 サルビア 虫よけ効果が期待できる カモミール 虫よけ株を元気にする ミント 虫よけになる ほうれん草と相性の悪い植物 ほうれん草は他の野菜と適正土壌酸度が違いすぎるので大抵の野菜野菜との相性はよくありません。 混植にはご注意ください。 ほうれん草の前作に適している植物 キュウリ キュウリはほうれん草の前作に適しています その他 トウモロコシやマリーゴールドは前作に適した作物です。 ほうれん草の後作に植えると良い野菜 サツマイモやレタス、マメ科野菜などがほうれん草の後作に適しています。 逆に、トマトなどのナス科野菜の場合、高温時に発生する萎凋病(いちょうびょう)などの発生原因にもなりかねないので気を付けてください。 今日は最後までご覧いただいてありがとうございます。 この記事が面白い、または参考になるなどと思った方は、ブックマークやシェアしていただけると嬉しいです。 またのご来訪心よりお待ちいたしております。

次の

日本ほうれん草 栽培記録

ほうれん草 プランター

知っておきたいほうれん草の基礎知識 ほうれん草は、中央アジアを原産地とするアカザ科ホウレンソウ属の植物です。 栄養価が高い野菜としても知られており、ビタミンAやビタミンC、カロテン、鉄、カルシウム、マグネシウムなどを含んでいます。 また、ほうれん草は、東洋種と西洋種の2種類があります。 現在は、両方の特性を活かした交雑種が多く販売されており、耐病性があって栽培しやすいのが特徴です。 東洋種の特徴 ・葉の先がとがっている ・根が赤い ・葉肉が薄い ・味が淡白なので和食向き 西洋種の特徴 ・葉の先が丸い ・根元の赤味が淡い ・葉肉が厚い ・味が濃いので炒め物向き ほうれん草の栽培時期 ほうれん草は冷涼な気候を好むため、寒さが増して霜に当たることで甘みが増します。 ほうれん草の種まきは、春まき・夏まき・秋まきと時期をずらして何度も栽培する方法がとられています。 寒冷地や冷涼地では4~5月・6~9月・9~10月、一般地では3~5月・7~9月・9~11月、暖地では2~4月・8~9月・9~1月に種まきが行われます。 時期によって変動がありますが、種まきから1~2カ月ほどで収穫が可能です。 夏まきできるほうれん草の品種 ここでは、特に夏まきに適している「アクティブ」「ジャスティス」「ミラージュ」という三つの品種について紹介します。 アクティブ アクティブは、葉が黄色く変色し、しおれてしまう「萎凋病(いちょうびょう)」に対して強い耐性があります。 生育スピードは遅めで、低温期は特にゆっくり育ちますが、春から夏には、25~28日ほどで収穫できます。 葉は浅い切り込みがある広葉で、味が良いことでも知られています。 ジャスティス ジャスティスは、アクティブ以上に萎凋病に強い耐性を持ち、白や黄色の斑点ができる「べと病R-1~9、R11~16」にも抵抗性があります。 葉は、色が濃く滑らかな剣葉で、とがった葉先には浅い切り込みがあります。 夜間の高温期が続いても、生育遅延などが起きにくい耐暑性を持ちます。 種まきから収穫までの期間も短とされ、収量性にも優れています。 ミラージュ ミラージュは、耐暑性に優れているため、暖地では7月中旬~8月下旬、寒冷地では7月中旬~8月中旬の種まきが適しています。 アクティブ以上に萎凋病に強く、べと病R-1~7に抵抗性を持っています。 葉は濃い緑色で、滑らかな剣葉をしていて、葉先がとがっています。 アクティブやジャスティスと違い、はっきりと切り込みが入っているのが特徴です。 耐暑性があるので、高温期でも生育遅延などの障害が起きにくく、夏場でも安定的に収穫ができるでしょう。 プランターでの栽培方法 ほうれん草はプランター栽培が可能なため、日当たりのあまり良くないベランダなどでも丈夫に育ちます。 ここでは、プランターで栽培するために知っておきたいポイントを紹介します。 プランター選び ほうれん草は根が深く伸びるため、根がプランターの底に当たって生育不良を起こしてしまわないように、深さ20~25センチの物を選びましょう。 10リットル以上の容量があるプランターは、水持ちが良いため育てやすいのでおすすめです。 土づくり 土づくりの手間を軽減するためにも、市販の培養土を利用すると便利です。 軽石をプランターの底に敷き、1~2センチの「ウォータースペース」(プランターの上縁から土の表面までの空間)と呼ばれる空間を設けて、培養土を入れます。 ウォータースペースをとることで、水やりの際に土の流出を防げます。 管理方法 発芽するまでは土の表面が乾かないように水やりを行い、発芽後は乾いたら水やりをしっかりするようにしましょう。 湿気に弱い性質があるため、本葉が5枚くらいまでは、水やりは控えめにすると根がよく伸びます。 最初の間引きは、双葉が完全に開いてから株間が3~4センチ間隔になるように行い、より大きく育てたいときには、6センチ間隔で2回目の間引きを行います。 ほうれん草は光の影響を大きく受けるため、街灯や室内の照明などの影響も考えて置き場も考えるようにしましょう。 収穫 品種にもよりますが、夏まきと秋まきは、種まきから約30~40日で収穫できるまで成長します。 収穫のタイミングは、草の丈が25センチ程度に育った頃が目安です。 葉が折れないように株元の土を押さえながら引き抜くか、株元から切って収穫します。 自宅で栄養たっぷりのほうれん草を育てよう ほうれん草は、春・夏・秋と、種まきの時期が複数回ありますので、家庭菜園を始めやすい野菜の一つです。 また、種まきや収穫したい時期に合わせて品種を選ぶことで、一年中、自宅で育てたほうれん草を楽しむことができるでしょう。 サラダや煮浸し、炒め物など、調理方法も簡単なので、手軽に栄養をとることができます。 調理前にアク抜きをすることで、カルシウムの吸収を妨げるシュウ酸を取り除くことができるので、必ず行うようにしましょう。 【プランター栽培について読むならこちら!】.

次の

ほうれん草の育て方【冬のプランター栽培にほうれん草がおすすめな3つの理由】

ほうれん草 プランター

ホウレンソウの作り方はコツさえ分かれば簡単!日当たりの良い暖かいベランダで品種を選べば12月末まで種まき(植え付け)が可能です。 多少日当たりの悪いベランダのプランターでもぐんぐん育つので、ホウレンソウは初心者も育てやすい人気の葉野菜です。 ホウレンソウには、根元が赤く切れ込みが深い淡い葉色をした剣葉の東洋種と地上部が淡色で葉色の濃い丸葉の西洋種があります。 東洋種は葉が薄くてあくが少なく人気の品種。 収穫までは1か月から2か月程。 ホウレンソウは短期間で収穫できる野菜なので、ぐんぐん育ってとっても楽しいですよ。 ホウレンソウの収穫時期が重なってしまわないように、種の植え付け時期をずらしておけば、少量ずつ収穫が出来るうえ長い期間、収穫を楽しめます。 ホウレンソウにはビタミンAの他、ビタミンB群・カルシウム・葉酸、特に鉄分を多く含むため、貧血気味の方にもおすすめ。 くせのある西洋種はバター炒め、葉の柔らかい東洋種はサラダやお浸しなどに。 ホウレンソウにはビタミンAの他、ビタミンB群・カルシウム・葉酸、特に鉄分を多く含むため、貧血気味の方にもおすすめ。 くせのある西洋種はバター炒め、葉の柔らかい東洋種はサラダやお浸しなどに。 ホウレンソウの育て方ページ目次 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ホウレンソウは(・・)、(・・)が可能です。 収穫は種まきから1. 5~2か月です。 中間地以西では厳寒期を除いて1年中栽培が可能ですが、秋まき秋冬栽培は、秋の長雨や台風の影響、それによる病害の発生が起きやすいので注意しましょう。 夏まき夏どりでは最も抽苔しやすく立ち枯れ病など土壌病害も発生しやすい作型です。 初心者は夏まきは避け春まきか秋まきがおすすめ。 夏まきで育てる時は耐暑性のある品種を使うと失敗が少なくなります。 秋まきの時は寒冷紗や不織布をべた掛けすると発芽率が上がります。 日が長くなると搭立ち(トウ立ち)するので、外灯や部屋の明かりには注意。 酸性度にとても弱いので苦土石灰等で中和してから育てましょう。 種を数回に分けて撒くと長期間収穫を楽しめます。 ホウレンソウに適したプランターサイズ ホウレンソウを育てるときのプランターサイズは小型サイズ(45㎝~)または、中型タイプ(60㎝~)で育てましょう。 ホウレンソウは数センチ間隔で植え付けて間引きながら育てられるので、植木鉢などでも育てることも十分可能です。 ホウレンソウ栽培に適した用土の種類は? ホウレンソウの栽培に適した用土ですが、プランター栽培の場合は市販の培養土を利用すると簡単です。 自分で作る時は赤玉土6. 5:腐葉土2. 5:バーミキュライト1を混ぜ合わせた物を使います。 ホウレンソウは酸性土壌に弱いため、pH6. 0~6. 8に調整しておきます。 植え付ける2週間前までに土作りを済ませておき、植え付けの1週間前には元肥を施しておくようにしましょう。 元肥に鶏糞や堆肥などの有機肥料使う場合、種まきの直前に撒くとタネバエの発生を助長してしまいます。 有機肥料を使う場合は、遅くても2週間以上前に施肥する様にしましょう。 ホウレンソウ栽培に適した畝は高さ10㎝幅60㎝の平畝です。 根が張りやすいようにしっかりと耕しておきましょう。 プランターに入れる土の量は? プランターに入れる土の量は上部の縁から3~5㎝ほど低めです。 ウォータースペースを残して培養土を入れておくようにしましょう。 ベランダ菜園では土の量が多すぎると水やりの際に用土があふれて床や排水口を汚してしまうことがあります。 ホウレンソウはどの品種を選んでも上手く育てられますが、植え付けの時期に合った品種を選ぶようにしましょう。 発芽率を向上処理されているもの(プライマー種子)など、発芽率の高い種子を選ぶことがポイント。 例えば「パンドラ」は夏からは早春まき用の品種で、寒さに強く厳寒期でも安心して栽培することが出来ます。 年間を通して育てやすく収量性に優れている「マグワイヤ」、耐暑性・耐寒性ともに優れた品種。 春まき専用品種は「プリウスセブン」や「晩抽赤茎ミンスター法蓮草」、秋まき専用品種は「ディンプル」アクの少ない品種でサラダや生食に向いています。 最近は見かけなくなりましたが、日本で昔から栽培されてきた東洋種の「日本」。 純粋な東洋種で葉柄が長く葉の切れ込みが深いのが特徴。 食味も良く耐寒性が強い秋~冬まきに適した品種です。 楽天市場で人気の種は amazonのホウレンソウの種は ホウレンソウを種から育てる(種のまき方) ホウレンソウの種から育てる時に気を付けるポイントは?種をまく深さや種のまき方について ホウレンソウは畑に直播きする野菜。 条間は10㎝以上確保しないといけませんが、60cmのプランターの場合なら2条撒きも出来ます。 長い棒などで浅めに撒き溝を付けて、そこに1センチ間隔で種を蒔いていきましょう。 その後の生育を揃えるために溝の深さを同じにするのがコツです。 マルチ栽培をする場合は、秋まきでは透明ポリマルチに1穴あたり6~8粒ほど蒔いて覆土してやります。 発芽適温外に種まきすると発芽率が低下して日数もかかってしまいます。 発芽日数が長くなると病害や障害が発生しやすくなるので注意しましょう。 ホウレンソウは株間が狭くても十分育ちますが、密植しすぎると葉色が淡く葉肉が薄く株張りも悪くなってしまいます。 他の野菜ほど株間を広くとる必要はありませんが、5㎝程度を確保しましょう。 株を大きく育てたい時は収穫まで2回ほど間引きを行って株間を取ります。 間引いた苗ももちろん食べることが出来ます。 ホウレンソウは種まきが終わったしたら、少し多め(5㎜程度)に覆土して、手のひらで軽く押さえておきます。 種を植え付け後はプランターの底から流れ出るくらいたっぷりと水やりしましょう。 種まき後は3日~1週間ほどで発芽が始まります。 発芽してすぐのホウレンソウは茎がとても細くて弱いので、強い雨に直接当たると折れてしまうことがあるので注意しましょう。 ある程度(本葉3~4枚)に育つまでは、雨に当たりにくい場所で育てるのがコツです。 春植えのホウレンソウを育てる時は高温には注意が必要です。 低温地域で秋冬植えをする場合は、低温対策を行います。 マルチを掛けたり、ホットキャップなどで温度調整してやりましょう。 ホウレンソウの発芽率を上げるには?ホウレンソウの芽が出ない時の対処法は? 園芸店やホームセンターで売られているホウレンソウの種は薬剤処理をしているものも多く発芽は良好です。 ホウレンソウの種子には果皮を取り除いたネーキッドやプライミングといった種の周りに発芽を良くする薬剤処理されたものがあります。 これらの種はそのまま種を蒔いても上手に発芽してくれるので初心者の方はこれらの種がおすすめ。 薬剤処理をしていない種は、種をまく前に水に一晩(半日)浸けると発芽が良くなります。 手間は掛かりますが、吸水させた後に水気をよく切りビニール袋に入れて室温程度の日陰で1~2日放置しておくと催芽させることが出来ます。 秋まきの場合は催芽処理(あらかじめ発芽させておく処理)は必要ありません。 ホウレンソウの間引きのタイミング(間引く時期)と間引き方は? ホウレンソウは収穫までに少なくとも2回は間引きを行います。 株間をしっかりと確保することが多収穫に繋がります。 1回目は本葉が2~3枚になった頃に株間が3㎝程度になるように間引き、2回目の間引きは草丈が5~7㎝になった頃に株間を5~6㎝まで広げます。 間引きのあとは追肥を行いましょう。 ちなみに間引いた苗は間引き菜として、サラダや汁物の具などに利用できます。 ホウレンソウが育たない ホウレンソウの株を大きく育てるには? ホウレンソウが大きく育たない原因のひとつに間引きが足りないことがあります。 株を大きくしたいときは株間を十分に確保して日当たりと風通しを良くしましょう。 間引きを行う時のタイミングですが、本葉が4~6枚になった頃(草丈が8㎝を超えた頃))に行います。 株を大きく育てるために、7~10㎝を目安に間引きしましょう。 低温期だと地面に張り付くように葉をひろげるため15㎝は必要です。 その他、ホウレンソウが育たない原因には「酸性土壌になっている」「気温が高い」「水やりが少ない」「元肥と追肥の量が少ない」などがあります。 ホウレンソウの水やりの頻度。 水やりの回数(タイミング)は?1回の水やりで与える水の量はどれくらい? ホウレンソウは乾燥を嫌いますので、発芽後も乾かし過ぎは禁物です。 晴天の日は必ず水やりをしてあげましょう。 プランターでホウレンソウを栽培するときは週に1度水やりを兼ねて液肥を与えると生育が良くなります。 ただし、水やりは天気の良い日の午前中に1回だけ行い、日が陰る頃から夜間は葉が乾いている状態にしておくことがポイントです。 梅雨や秋雨時期など雨が続く時は水やりを控えましょう。 多湿環境下では病害が多発するためです。 ホウレンソウの追肥の時期はいつ頃?追肥のタイミングと与える量はどれくらいなの? ホウレンソウは生育の状態を見ながらチッソ成分の多い固形肥料または液体肥料を与えましょう。 追肥のタイミングは間引きを行ったあと。 化成肥料10g程度を条間に撒いて、周辺の土と軽く混ぜ合わせ株もとに寄せてやりましょう。 露地栽培でホウレンソウを育てている場合は1㎡あたり20~30gの化成肥料を列の間に施してやります。 草丈が10㎝以上に育った後の追肥は、水やりを兼ねて10日に1回、液体肥料を施してやると生育が良くなり収穫も多くなります。 ホウレンソウの収穫方法と収穫時期・収穫どきはいつ?収穫のタイミングや収穫の目安を知って美味しい頃合いを見極めましょう! ホウレンソウは植え付けてから春まきは30日~40日、秋まきは35日~50日ほどで収穫のタイミングを迎えます。 収穫のタイミングは草丈が20~25㎝に育った頃で、大きく育った株から順番に株ごと抜き取って収穫します。 土の質が良ければ35㎝前後まで育てても柔らかい葉を食べられます。 ホウレンソウは葉がとても折れやすいので、株元の土を押さえて株全体を持つように引き抜くようにすると良いでしょう。 株元にハサミを入れて切り取ってもかまいません。 ホウレンソウは霜や寒さに当たると葉をたんぽぽのように地面に広げる性質があり、栄養と甘みが増し葉も肉厚になります。 ホウレンソウは春になるとトウ立ちして開花します。 ホウレンソウは雄株と雌株がある雌雄異株なのでトウ立ちさせる株は複数残しましょう。 ホウレンソウは長日植物なので、花芽分化は西洋種で13~16時間以上、東洋種で12から13時間以上の日長で抽苔が始まります。 株が枯れたら採種開始。 種が出来たら乾燥させてから種を取り出しましょう。 ホウレンソウの種はイガイガしているのでゴム製の手袋などをはめて作業を行うようにします。 ホウレンソウは高温にとても弱いので、初心者は秋植えからチャレンジしてみましょう。 気温が高くなるとトウ立ちしやすい上、葉が黄色く変色して枯れてしまいます。 育てやすいオーライ、エスパー、次郎丸、アトラスなどがおススメです。 ホウレンソウは連作が出来ない野菜なので、最低でも1年間は同じ場所に植え付けしないように注意しましょう。 ホウレンソウによく発生する病害にはべと病(葉の表面に淡い黄色の斑点が発生する病害)があります。 他にも、苗立ち枯れ病(地際部が菌に侵される病害)やモザイク病(葉が縮んだり萎れたりする病害)があります。 初心者が病害にかからないよう上手に育てるコツは病気になりにくい抵抗性品種を選ぶこと。 ホウレンソウは乾燥を嫌いますが、多湿環境になりすぎないように注意しましょう。 畝を高くする、プランターの底に鉢底石を入れるなど、排水を良くする対策で多湿環境を改善することが出来ます。 (参考:) ホウレンソウを栽培する時に発生しやすい害虫は、アブラムシ類、ヨトウムシ、ヤガ、メイガです。 害虫を見つけたらすぐに取り除くようにして害虫被害を最小限に抑えましょう。 アブラムシはモザイク病などのウイルス病の感染源となります。 間引きを適宜行い風通しを良くすることでも予防できますが、気温の高い時期はをかけるなどして有翅アブラムシの飛来を防ぎましょう。 とにかく害虫は防除が大切です。 数が増える前に駆除を徹底することが被害を最小限に食い止める最大のポイントです。 害虫は春まきが発生しやすいので初心者は秋まきからチャレンジするのも良いでしょう。 (参考:) ホウレンソウのコンパニオンプランツ ホウレンソウと一緒に植えると相性のいい野菜は? ホウレンソウのはです。 ホウレンソウの種をまいた周辺に植えると効果的。 ホウレンソウにつく害虫は葉ネギを嫌うからです。 また葉ネギはホウレンソウの萎凋病を予防し硝酸を減らす効果も期待できます。

次の