フラット 35 福岡 銀行。 西日本シティ銀行フラット35

西日本シティ銀行フラット35

フラット 35 福岡 銀行

フラット35とは? フラット35とは、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して融資する住宅ローンで、2003年からサービスがスタートしました。 新築の建築・購入資金だけでなく、中古住宅の購入などでも利用でき、銀行やフラット35専門の金融機関など民間の金融機関から手続きができるという申請のしやすさが特徴。 さらに、契約する際の保証人および保証料、繰り上げ返済手数料も不要と、手間や諸費用が抑えられるのもポイントです。 フラット35の特徴として、固定金利型であることが挙げられます。 全期間の金利が固定されているので、借り入れから返済が終わるまでの金利と返済額が変わりません。 借り入れ時にはすでに今後支払っていく金額が決まっているので、家計や返済プランが立てやすいといえます。 ただし同じフラット35でも、取扱う金融機関ごとに金利や手数料が異なるので注意しましょう。 住宅や環境に合わせたさまざまなコースがある フラット35には、住宅や環境に合わせたさまざまなタイプが揃っているので、自身の購入予定の住まいに合わせて選ぶことができます。 例えば、耐震性や省エネ性など一定の基準を満たすと一定期間さらに金利が引き下げられるフラット35S。 フラット35と銀行ローンの違いとは? フラット35は銀行からも申請が可能な住宅ローンですが、銀行ローンとは違った扱いとなります。 この2つのローンの違いについて詳しく説明します。 金利タイプが選べるかどうか フラット35は全期間固定金利型の住宅ローンですが、銀行ローンは固定金利や変動金利などいくつかの金利タイプの中から選べることが多いです。 全期間固定金利型の場合、借り入れ時から返済額が変わらないため、金利上昇によるリスクがないというメリットがある分、世の中の金利水準が下がったとしても返済額は減らないというデメリットもあります。 またフラット35の場合、変動金利より金利が高めに設定されている場合があるので、フラット35と銀行ローンの両方を検討する際は、金利についてしっかりと比較してから選ぶようにしましょう。 フラット35は保証人および保証料は不要 銀行の住宅ローンの多くは保証料が必要となりますが、フラット35は保証料および保証人が不要であるため、保証に関する費用は抑えられます。 しかし、フラット35の場合、手数料を換算すると銀行ローンの保証料とあまり変わらない場合があります。 一方、銀行ローンはたとえ金利は低くても、手数料や保証料を含めた総合的な金額がフラット35の住宅ローンよりも高くなる場合があります。 このため、2つのローンを検討する際は、フラット35と検討中の銀行ローン双方の総返済費用がいくらになるのかを確認してから申し込みするようにしましょう。 フラット35と銀行ローンで異なる審査基準 フラット35と銀行ローンではそれぞれ審査基準が異なります。 フラット35の場合、年間合計返済額が年収に占める割合(=総返済負担率)として、年収400万円未満なら総返済負担率は30%以下、400万円以上なら35%以下という基準を設けています。 ローンの借り入れを申し込む際、勤続年数や勤務形態は問われないため、転職して間もない人や正社員ではない人でも借り入れしやすいのが大きなメリットです。 一方、銀行ローンでは年収基準に加え、収入の安定度も審査対象となります。 今後の返済を見据えての厳重な審査となるため、転職したばかりなど収入が安定しない人は借りにくいというのが現状です。 ローンの対象となる建物の基準が異なる また、住宅ローンとフラット35では建物の基準も異なります。 フラット35は、質の高い住宅に住んでもらうことを目的としているため、一般的な住宅ローンよりも建物の基準が厳しく、住宅金融支援機構の技術基準を満たしていないと利用することができません。 さらに、住宅の床面積が一戸建ての場合は70m2以上、マンションなどの共同建ての場合だと30m2以上が必須となります。 また、新築と中古住宅それぞれにおいても購入金額や竣工からの年数などの条件があり、特に中古住宅では新耐震基準が適用されたものであるかどうかも審査基準の対象項目となります。 そしてフラット35の大きな特徴である技術基準において住宅の構造や断熱構造、区画などの細かな設定がなされています。 銀行ローンの場合は、提供する銀行によって基準は異なりますが、建築基準法に基づいて建築されていることを基本とし、フラット35よりは間口が広いのが特徴です。 ただし購入・建築価格には上限があります。 建設費(土地取得費に対する借入れを希望する場合は、その費用を含む)または購入価額が1億円以下(税込)の住宅が対象となります。 団体信用生命保険加入の有無 銀行ローンでは団体信用生命保険への加入が必須となり、加入前に健康状態の告知が必要となります。 一方フラット35では、団体信用生命保険への加入は任意となっています。 団体信用生命保険に加入したい場合は別途お金がかかるため注意しておきましょう。

次の

住宅ローン「フラット35」とは?審査条件・金利など初心者は必見

フラット 35 福岡 銀行

「マイホームを買おう!」と決めた時、住宅ローンについて調べ始めたタイミングで必ず耳にするのが 「フラット35」です。 でも、初めてお家を購入する方にとって、「住宅ローン」のことは知らないことだらけですよね。 銀行の住宅ローンは、「銀行名」が入ってるので「なんとなく銀行が融資してくれるんだ」と理解できますが、「フラット35」については、「そもそも何?」っていう方が多いのではないでしょうか? (実際に私が不動産営業マン時代は、ほとんどのお客さんに「フラット35ってなんですか?」と質問されました。 笑) 「フラット35」は住宅ローンの一種なんですが銀行の住宅ローンとは異なります。 住宅ローンを選んでいく際に、「フラット35」の審査基準、金利、メリットやデメリットなど詳しい内容を知っておかないと、他の住宅ローンと公平に比較検討することができません。 住宅ローンは長期的な返済の必要が出てくるので、あらゆる角度から徹底的にチェックを行い、審査基準や金利面、取り扱いの金融機関なども把握しておきましょう。 それでは、今回の記事は 「フラット35」について詳しく、そしてわかりやすく解説いたします。 そして、それだけでなく 一般的な銀行が用意する住宅ローンとの違いや比較なども行っていますので、必ずご覧下さい。 そして返済期間によって差があり、20年以下の場合は1. 220%~1. 910%、21年~35年の場合には1. 270%~年1. 「住宅金融支援機構」とは? 「住宅金融支援機構」とは、独立行政法人住宅金融支援機構という正式名称で、所管省庁が国土交通省住宅局と財務省の独立行政法人です。 (ちょっと小難しいですよね・・。 この辺りの意味は覚えておかなくても大丈夫です、国が管轄している法人なのかーくらいで思っておいていただければ大丈夫です。 ) 「住宅金融支援機構」については、公式ホームページもありますので、詳しくは以下も参考にご覧下さい。 =「住宅金融支援機構」が債権を買い取ることで銀行が融資する資金を確保することができます。 簡単に説明すると、 「住宅金融支援機構」が銀行のリスクを背負っている仕組みです。 後に説明しますが、「フラット35」の特徴のひとつとして金利が全期間固定金利があります。 全期間固定金利は、融資する銀行側からすると、資金もそれなりに必要となりリスクも高いです。 そのため、「住宅金融支援機構」が債権を買い取ることで、融資する銀行のリスクを背負っているという仕組みなんです。 (ちなみに、「買い取った債権はどうなってるの?」については、住宅ローン選びに必要な情報でないため、割愛いたしますね。 ) このような仕組みによって、最長35年の全期間固定金利サービスを実現していて、融資される際に決められた金利が返済まで変化することがないので毎月の返済が行いやすいという利点があります。 このあたりの仕組みのお話は覚えなくてOKですので、ここでは、 「フラット35」は全期間固定金利であることを把握しておきましょう。 また、一般的な「フラット35」の他にも、• 「フラット35」S• 「フラット35」リノベ• 「フラット35」子育て支援型• 「フラット35」地域活性型 というタイプも設けられています。 あらゆるニーズに対応していて、たとえ「団体信用生命保険」の加入が難しい場合にも借入れが行えます。 住宅購入を検討している人は本当に多種多様な境遇にあるケースが多く、多くの場合借入れが困難なケースも出てきます。 「フラット35」は、銀行の住宅ローンと違い審査基準も異なり(「フラット35」の詳しい審査基準は、この記事の後の段落でご紹介しています)、個人に関する審査は銀行の住宅ローンに比べるとハードルが低いため、銀行の住宅ローンの審査に落ちた人でも、あきらめず「フラット35」の活用も検討できることを覚えておきましょう。 以下を参考にご覧ください。 2,「フラット35」と「銀行の住宅ローン」を比較する 次に、 「フラット35」と「銀行の住宅ローン」の違いを簡単にわかりやすく比較しておきます。 よく耳にする「フラット35」と一般的な金融機関が提供する「銀行の住宅ローン」は、以下の通りです。 やはり、「銀行の住宅ローン」は個人信用情報はもちろん、年収や安定した収入、雇用形態など、様々な審査基準がありそれなりに厳しい面も多いです。 それに比べて「フラット35」は、個人に関しては一定の審査基準(年収など)がクリアしていればOKで、どちらかというと「購入物件」に関わる審査基準をメインに見られます。 ) 上記のとおり、「フラット35」は、物件価格の9割が前提になるので、頭金が準備できない方には厳しい条件かもしれません。 ただ住宅ローンによる借入れの際には金利だけに注目するのではなく、その他の手数料や保証料、団体信用生命保険の料金などの支払いも生じます。 (なしのケースもあり) 保証料については、フラット35は必要がなく、都市銀行をはじめとした銀行は2%程度の保証料が請求されるケースが大半です。 整理しますと、審査の通りやすさの面では、基準の緩さのおかげで「フラット35」の方が借りやすくなります。 勤続年数に関する規定が設けられておらず、さらに返済負担率さえクリアしていれば年収額が審査に及ぼす可能性は基本的にはありません。 但し、借入額や金利のタイプなど、その他の項目を比較するとメリット・デメリットはやはり出てきます。 このあたりは、後の段落で詳しくご紹介いたしますので、そちらをご覧下さい。 3,気になる「フラット35」の審査内容について それでは、 「フラット35」の審査内容についてご説明していきます。 「フラット35」の審査内容の特徴は、下記の通りです。 ここだけチェック!「フラット35」審査条件の一覧• 最低限の申し込み要件を満たしているかどうか(年齢や国籍、永住許可など)• 返済負担率の割合• 定められている住宅基準に合致しているか 以上が特にチェックされやすい審査内容であり、下記がその詳細です。 まず 「日本国籍を有している人、もしくは特別永住者や永住許可を有している人かどうか」の確認が行われます。 そして多くの人が気になっているのが 返済負担率で、これは年収が「400万円以上か、未満か」で基準が異なります。 そして、 「購入する住宅や建築する住宅が住宅金融支援機構が決めている基準に合致しているか」も確認されます。 一戸建て住宅とマンションの場合で求められる床面積が違うものの、この面積が重視されることは事実です。 それ以外にも購入費用や建築費用が審査における条件となります。 4,金利はどんな感じ? 次に、 「フラット35」の金利も気になるますよね、どんな感じか見ておきましょう。 住宅ローンを利用して借入を行う際には毎月の返済のことを自然と考えてしまいます。 返済金額に大きな影響を与えるのが金利ですが、「フラット35」の金利は、2019年3月時点で下記の通りです。 220%~1. 270%~年1. ただ、「フラット35」Sの場合には、金利プランによって、当初5年間 or 10年間は、基準となる「フラット35」の金利から0. 25%(年)引き下げられます。 「フラット35」の金利は、一般金融機関が提供している「銀行の住宅ローン」サービスに比べて低いこともあれば高いケースも見られます。 自らが理想とする返済計画に基づいて最もお得であろう方法を探し出すことが重要です。 5,「フラット35」を活用するメリットとデメリット 次に、 「フラット35」のメリット・デメリットもわかりやすく説明しておきます。 一般的な住宅ローンとは一線を画した「フラット35」は、一番の特徴でもある固定金利の安心感を得られる嬉しい制度です。 メリットもたくさんあるものの、逆にデメリットもあるため、双方の特徴をチェックした上で申し込みを行ってください。 以上のようなメリットとデメリットがありますが、トータル的に考えると「フラット35」の魅力はやはり絶大です。 デメリットがあることも事実なので、自らの将来設計次第では望ましくありませんが、住宅ローン利用を考えている人はとりあえずメリットとデメリットを把握しておきましょう。 メリットやデメリットを把握した上でも、どうしても選びきれない人は、住宅ローンに強い専門家(ファイナンシャルプランナー等)に相談して、シミュレーションをしてもらいアドバイスをしてもらうことをおすすめします。 6,「フラット35」がおすすめの人はどんな人? 前段のメリットとデメリットをふまえた上で、 住宅ローンの「フラット35」の活用がおすすめの人は一体どのような人たちなのか?という点を取り上げてみます。 具体的には下記の通りです。 「フラット35」の活用がおすすめな人はこんな人です。 団体信用生命保険の加入が難しい人• 自分なりのライフプランを作って長期的に生活したい人• 不安定な職に就いている人(個人事業主、会社役員など)• 審査基準が緩い住宅ローンサービスを利用したい人 以上の人たちが「フラット35」がおすすめになってきます。 住宅ローンは大金を借り入れする制度のため、貸す側の金融機関も様々な審査を行っています。 「フラット35」は審査が緩いと言われることも少なくないので、不安を感じている人にも比較的おすすめです。 しかし闇雲に借りるのではなく、返済し続ける必要性があるのできちんと事前計画を立てましょう。 「フラット35」は固定金利制度なのでライフプランも立てやすいので計画立案も容易です。 7,「フラット35」を取り扱いを行っている金融機関情報 最後に、 「フラット35」の住宅ローンサービスを取り扱っている金融機関をご紹介しておきます。 「フラット35」の住宅ローンサービスを取り扱っている金融機関は、 全国に300以上存在しています。 大手都市銀行や信託銀行、有名ネットバンクをはじめ、各地方に根差した地方銀行や信用金庫でも取り扱いがあります。 その他にも信用組合や労働金庫、信農連のような機関での取り扱いもある点が特徴です。 特に、一般的によく知られている有名な取り扱い金融機関は以下の通りです。 「フラット35」の住宅ローンを取り扱っている有名金融機関一覧• 上記に加えて、「フラット35」では、• が有名です。 「300」を超える金融機関が対応しているものの、新規借入れではなく借り換えにも対応している金融機関は少々減ってしまい「300弱」になります。 「フラット20」もほぼ同様の金融機関数ですが、「フラット50」に関してはかなり対応している金融機関数が減ってしまいます。 「フラット35」はみずほ銀行をはじめとする都市銀行だけでなく近隣に多数存在している地方銀行や信用金庫などでも手続きが可能なため、申し込みの際に不都合を感じにくいです。 8,まとめ 「フラット35」は、「住宅金融支援機構」が民間の金融機関からローンの債権を買い取る形式を採用しています。 「フラット35S」をはじめとする関連サービスも用意されていて、なおかつ全期間固定金利ということで多くの人に安心感を与えています。 審査はそれほど厳しくはないものの最低限の申し込み要件や返済負担率の割合、定めている住宅基準に合致しているかがチェックされます。 メリットやデメリットもそれぞれいくつかありますので、自らの人生設計に照らし合わせた上で、活用するかどうか検討してください。 多種多様な金融機関での取り扱いもあるので申し込みも行いやすく、「フラット35」は今も人気のある住宅ローンサービスのひとつです。 記事更新日:2020年01月20日 記事作成者:希野 通貴 元不動産屋「希野」が、これからお家・マンションを購入する方が失敗しないように中立な立場で必要な情報提供します。 初めてお家・マンションを購入するされる方は、「右も左もわからない」、「高額な買い物なので不安だらけ」のような気持ちでいらっしゃる方がほとんどではないでしょうか? そのため、初めて家・マンションを購入する時に必要な情報ばかりを厳選して掲載しています。 元不動産屋「希野」が教える「家・マンション購入」の本音情報を教えます。 また詳しい「」もよろしければ参考にご覧下さい。 現在、「家・マンション購入の勉強ブログ」の登録ライターさんの求人情報を公開中です。 もし興味のある方は、以下をご覧下さい。

次の

長期固定金利住宅ローン「フラット35」(機構買取型)

フラット 35 福岡 銀行

九州最大の規模である福岡県にはメガバンクはもちろん沢山の金融機関があります。 その中でも地方銀行として地元の人に馴染みがあるのが、福岡銀行と西日本シティ銀行でしょう。 その他にも九州銀行や筑豊銀行、福岡中央銀行などが営業しています。 福岡銀行は県内に150店舗以上、西日本シティ銀行はそれを超える160店舗以上とこの2行が福岡県内では預金残高・貸出残高ともに圧倒的なシェアとなっています。 住宅ローンの借りれでもこの2行を借り入れ候補としている方が多いかもしれません。 しかし今、店舗を持たないかわりに金利が低いネット銀行の住宅ローンに注目が集まっています。 地域に密着した地元の銀行や信用組合、信用金庫などの金融機関とインターネットで全国どこからでも申し込みができるネット銀行の住宅ローンを比較してみましょう。 このページでは返済終了まで金利が変わることがない全期間金利固定型住宅ローンである「フラット35」に特に注目して解説していきます。 「フラット35」は地域や金融機関により違いがある? そもそもなぜ同じ商品である「フラット35」を比較しなければならないのでしょうか。 住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供している「フラット35」は、どの金融機関でもその商品性や審査基準は変わりません。 だからといって どの金融機関で借りても同じではないのが「フラット35」を借りる際に注意しなければならないポイントです。 「フラット35」で違いが出るのは 「金利」と 「事務手数料」です。 この2つを比較して借入先を決めなければ、商品性は全く同じ「フラット35」にもかかわらず「なんか友人が借りているフラット35よりも金利が高い」なんてことが起こってしまうのです。 ちなみに一番高い金利と低い金利ではかなりの差があります。 「フラット20」「フラット35」4月の適用金利 「フラット20」 「フラット35」 1. この表は住宅金融支援機構が発表している金利ですが「フラット35」でも「フラット20」でも0. そして 楽天銀行は最も低い金利で「フラット35」を提供している金融機関であることがわかります。 福岡県で「フラット35」を利用できる銀行は? 地方銀行では「フラット35」に関しては金利すら公式サイトに載せないことが多いですが、福岡銀行と西日本シティ銀行はじめとする県内の銀行ではどうでしょうか。 福岡銀行の「フラット35」 福岡銀行は福岡県福岡市中央区に本店をおく地方銀行で、預金額・貸出金額ともに大きな規模を持ち、不良債権比率の低さと財務基盤の強固さにより福岡県だけでなく全国でも抜きん出た有力な地方銀行です。 住宅ローンにも力を入れており、銀行で住宅ローンの相談といえば行員やFPが対応してくれるのが普通ですが、福岡銀行では建築士が間取りやインテリアなどの相談に答えてくれる窓口「住まいるギャラリー」を開設しているのも面白い特徴です。 そんな福岡銀行の「フラット35」は、公式サイトでは取扱いや金利・事務手数料などの詳細な情報はわかりにくいですが記載されています。 西日本シティ銀行の「フラット35」 西日本シティ銀行は福岡県福岡市博多区に本店をおく地方銀行です。 2004年に西日本銀行と福岡シティ銀行が合併して発足し、預金額・貸出額は福岡銀行には少し及びませんがこちらも国内で有力な地方銀行となっています。 しかし「フラット35」に関しては公式サイトで取扱いのアナウンスなどはなく、もちろん金利や細かい融資条件なども確認できないようです。 筑豊銀行の「フラット35」 筑邦銀行は福岡県久留米市に本店を置く地方銀行で、福岡銀行や西日本シティ銀行よりもかなり小さい規模の銀行です。 「フラット35」に関しては、筑邦銀行でも公式サイトには何も記載されておらず取扱があるのかすらわからない状態となっています。 プロパーの住宅ローンに関しても金利が記載されていないことから、基本的に窓口での相談をメインに想定しているようです。 北九州銀行の「フラット35」 北九州銀行は、福岡県北九州市小倉北区に本店をおく山口フィナンシャルグループ傘下の地方銀行です。 北九州銀行の公式サイトでは「フラット35」専用のページが用意され、取扱いや商品詳細、金利、事務手数料を確認することができます。 福岡中央銀行の「フラット35」 福岡中央銀行は福岡県福岡市中央区に本店を置く第二地方銀行です。 営業店舗は福岡県内のみで規模としては県内で最も小さい銀行となっています。 福岡中央銀行では「フラット35」の取扱はないようです。 この公式サイトで確認できた情報を元に、「フラット35」でもっとも大事な金利と事務手数料を比較してみましょう。 今回、比較対象とするのは「フラット35」で高い取扱い実績を誇るネット銀行の楽天銀行の「フラット35」です。 本当に金利と事務手数料に違いがあるのでしょうか。 福岡県で「フラット35」を利用できる金融機関の比較 銀行名 金利 事務手数料 繰り上げ返済 手数料 一部 公式サイト 福岡銀行 フラット20: 1. 返済口座に楽天銀行を指定した場合は借入額の 1. 比較するために調べてみて驚きましたが、福岡県内で営業している銀行の多くが「フラット35」の金利はおろか、変動金利や10年固定金利などのプロパーの住宅ローン金利に関しても公式サイトには掲載されていない場合が多く、住宅ローンの金利など詳しい情報は窓口で相談しなければわからない状況です。 その中でも、福岡銀行と北九州銀行は「フラット35」の専用のページを作り、金利や事務手数料などの詳しい情報を、店舗に相談に行く前に事前に把握することができました。 福岡県内の「フラット35」は事務手数料に違いあり 今回はネット銀行代表として「フラット35」の実行件数銀行1位の楽天銀行を比較対象として選びました。 楽天銀行は「フラット35」で違いのでる、金利と事務手数料のどちらも最低水準で提供している銀行です。 今回、福岡県内で利用できる「フラット35」を比較した結果、どの銀行も金利に関しては最低水準で提供されているものの、事務手数料に違いがあることがわかりました。 福岡銀行では借入額の1. 諸費用の中でも大きなウェイトを占める事務手数料は、契約時に現金一括で支払う必要があります。 なるべく安い銀行を探すべきでしょう。 その点で、福岡銀行で「フラット35」を利用する場合には、楽天銀行が最適ということになります。 福岡県で「フラット35」を借りるなら 地域に密着し地域の経済を支えている地方銀行や信金では、金利の情報すらも公式サイトに掲載されておらず「フラット35」には力を入れているとは思えない状況となっています。 では福岡県内で「フラット35」を利用しようと思った場合にはどうすればいいのでしょうか。 おすすめは金利と事務手数料が最低水準の楽天銀行の「フラット35」 先程の金利と事務手数料の比較でもわかりましたが、福岡県で「フラット35」を最も安く利用できるのが楽天銀行であることがわかりました。 楽天銀行の「フラット35」は全国どこからでも、インターネットで気軽に申込むことが可能です。 銀行の営業時間に銀行に出向くのは仕事が忙しく難しい方でもインターネットから申し込みが可能ですし、オンラインチャットチャットソフト「Skype」で平日22時まで予約制で相談が可能なので、銀行よりも相談しやすい体制を整えていると言えるかもしれません。 加えて、楽天市場をよく利用する方であればお買い物で使える楽天スーパーポイントが溜まりやすくなるなどメリットは更に大きくなります。 楽天銀行の「フラット35」はこの相談体制をはじめとする高い顧客満足を誇っています。 福岡県で「フラット35」を利用するときには楽天銀行が断然おすすめです。 楽天銀行の「フラット35」の金利や事務手数料以外のメリット、更に気をつけておきたいポイントを詳細に解説した以下の記事を参考にしてみてください。 対面相談で「フラット35」を借りたいときは 対面相談できないのは少し不安かもしれません。 そんな方にはネット銀行の「フラット35」を対面相談しながら借り入れる事ができるARUHI アルヒ の店舗がおすすめです。 福岡県にはARUHI アルヒ の店舗が2つあり、他の県よりも相談しやすい環境が整っています。 平日と土曜日の18:00や19:00まで営業しているので、仕事を少し早く終わらせて相談をしに行くこともできそうです。 特に借り換えを検討している方であれば、店舗で相談・申込みを行う前に事前にWEBから申し込みを行っておけば通常は借入額の2. ARUHI アルヒ で借り換えを検討している方は、WEBから申し込みを行ってから相談を行うようにしましょう。 ARUHI アルヒ 福岡中央支店 営業時間:10:00〜18:00 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3-4-5 ピエトロビル 9F 地下鉄空港線 「天神駅」西1番出口 徒歩2分 ARUHI アルヒ 福岡西店 営業時間:10:00〜19:00 〒814-0002 福岡県福岡市早良区西新1-10-27 西新プライムビル 2F 地下鉄空港線 「西新駅」 徒歩1分 ARUHI アルヒ も楽天銀行同様に最低水準の金利で「フラット35」を提供しています。 営業時間に関しても銀行よりも相談しやすいですしお近くの方で「フラット35」の利用を検討している方は相談してみてはいかがでしょうか。 相談は予約が必要ですが無料で行なえます。

次の