ニュアンス 類語。 nuance(ニュアンス)の意味|フィーリングやトーンとの違いもわかりやすく解説

こだわりの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

ニュアンス 類語

例文 ・彼の発言は言葉とは逆のニュアンスが含まれていることが多いので注意してください。 ・母が語尾を上げて「いいわよ」という時は、否定的なニュアンスが込められています。 ニュアンスの語源 「ニュアンス」の語源は、フランス語の「nuance」です。 「絶妙な差異・陰影・絶妙な色合い」などの意味で、日本語の「ニュアンス」で使われる「言外に表された話し手の意図」の意味はありません。 「nuance」の「nu」は「雲(nuage)」と同じ語源で「雲が出て陰ること」の意味があり、「ance」は「~すること」です。 つまり、雲が出てきた時の空模様のような曖昧な雰囲気が「nuance」と言えます。 また、フランス語の「nuancer」は、「~に色合いをつける」「~に濃淡をつける」という動詞になります。 ニュアンスとつく言葉の意味 ファッションや美容などの世界では、「ニュアンス」がついた言葉が登場しています。 ここでは、その代表的なものを紹介しましょう。 ニュアンスカラー 最近ファッションで使われているのが、「ニュアンスカラー」です。 微妙で曖昧なカラーを指す言葉で、鮮やかなビビッドカラーとは異なり彩度の低いグレーがかった色合いになっています。 また、「ニュアンスカラー」は「くすみカラー」とも呼ばれ、「くすみピンク」「くすみグリーン」「くすみホワイト」などと表現されています。 ニュアンスネイル 「ニュアンスネイル」は、複数のポリッシュを混ぜて微妙な色合いを楽しむネイルのことです。 色をつける位置や形も自由なので、自分だけのネイルが楽しめます。 また、「ニュアンスカラー」のようにグレーがかったポリッシュを使ったネイルを「ニュアンスネイル」と呼ぶこともあるようです。 ニュアンスパーマ クルクルしたパーマでなく、自然な丸みのあるパーマが、「ニュアンスパーマ」です。 手先だけカールをつくる柔らかい雰囲気の「ニュアンスパーマ」は、男性にも人気のパーマになっています。 パーマ初心者でも体験しやすく、ゆるめのパーマなので髪へのダメージも少ないのがメリットですが、パーマが取れやすいというデメリットもあります。 ニュアンスのビジネス上での使い方 「ニュアンス」は、ビジネス上でも大きく2つの意味合いで使われます。

次の

「ニュアンス」の意味と語源、使い方、類語、英語・中国語を解説!

ニュアンス 類語

ニュアンスはどこの国の言葉? ニュアンスはフランスの言葉 ニュアンスはフランスの言葉が元になっていると言われています。 フランス語には「nuance」、英語では「shade」という意味の言葉があります。 意味は、「 同色間の)色合い、色調、濃淡、 音、香り 味など)」です。 ニュアンスという言葉について知らなければ英語だと勘違いしてしまう人がほとんどでしょう。 ここでしっかりと、元はフランス語であるということを覚えておいてください。 普段何気なく使っている言葉でも、その由来について改めて知ると、いろいろな発見があって面白いと思いませんか?また、ニュアンスという言葉一つとっても、そこには様々な意味が込められています。 全てをしっかりと認識しておきましょう。 以下に関連記事として、「イシュー」の使い方や意味、英語での例文をまとめたものがあります。 ビジネスシーンで多く耳にする「イシュー」という言葉ではありますが、その正しい意味を理解している人は少ないのではないでしょうか。 そんな人こそ、この記事を読んでその正しい使い方について学んでみてください。 フランス語である「ニュアンス」が英語よりもメインで使われている理由 フランス語である「ニュアンス」が英語よりもメインで使われている理由について、不思議に感じませんか?なぜ世界共通語である英語の「shade」よりもフランス語であるニュアンスがメインで使われているのかというと、ニュアンスには「shade」と比べていろいろな意味合いが隠されているからです。 「shade」とは「色合い、色調、濃淡」という意味を持つ言葉ですが、ニュアンスにはそれ以外の意味も含まれています。 それは「言外に表された話しての意図」という意味です。 このような様々な意味が含まれている言葉だからこそ、フランス語といえども日本語として日常的に使われるようになったと考えられます。 微妙なとついていることから分かるように、はっきりと区別がつくような意味合いのことを指すものではありません。 よく注意しないとわからないような意味合いのことを、ニュアンスというのです。 つまり言葉の裏側を読み取るような意味合いのことを指します。 はっきりと言葉にすることができないようなものを「ニュアンス」というのだと認識しておけば、まず間違いはないでしょう。 言葉自体に定義はないので、日常会話の中でどう表現して良いか迷うものがあれば、「ニュアンス」を用いて伝えるようにしてください。 ここまでで分かるようにニュアンスとは汎用性の高い言葉なのです。 なぜフランス語であるニュアンスが、日本語でもここまで使われるようになったのか、この汎用性の高さに着目すると、その意味がわかるのではないでしょうか。 限定的な場面でのみ使えるという言葉ではないが故に、様々なシーンで使われるようになり、「ニュアンス」という言葉は社会に広く浸透していったのです。 こちらにもまた「微妙な」とついていることから分かるように、パッと見ただけでは気づくことのできないような色合いのことを、ニュアンスと言います。 はっきり区別できるようなものではなく、わずかな差のことこそ「ニュアンス」と呼ぶのです。 よくよく着目してみればやっと分かるような違いについて、日本語で「色のニュアンスが違う」などという言い方をします。 一方、目で見てはっきり違いが分かるようなものは、わざわざ「ニュアンスが違う」などという表現方法をしなくても、的確にその違いを伝えることができるでしょう。 以下に関連記事として、「ノウハウ」の意味や類語、使い方や例文に、日本語での言い換え表現についてまとめられたものがあります。 ノウハウとはニュアンスと同様よく耳にする言葉ですが、カタカナで意味がわかりづらいと感じていた人も多いはずです。 そんな人こそ、この記事を読んでその意味について理解してみましょう。 「とろみのあるテクスチャーのシャンプー」というようにして使われることの多い言葉ですが、一言で言うと「材質感覚」のことです。 ニュアンスのように微妙な違いに着目をする言葉なので、類語としてあげるには適していると言えるでしょう。 その場にかもし出されている気分やムードのことを表す言葉で、明確に定義されているわけでは無いもののことです。 ここから、ニュアンスとは非常に近い意味を持つと言うことが理解できるのでは無いでしょうか。 曖昧なもののことをニュアンスと呼ぶのだと思うとわかりやすいでしょう。 「なんとなく受ける感じ」「感覚」などという意味を持つフィーリングという言葉ですが、ニュアンスと同じくカタカナ言葉である上に、ほとんど同じような意味を持つことが理解できるでしょう。 以下に関連記事として、「フォローする」の意味や類語、使い方に例文についてまとめたものがあります。 よく耳にする「フォロー」という言葉ですが、その正しい意味や使い方にはどのようなものがあるのでしょうか。 トーンとは音の高低や色の程度のことを表す言葉です。 「声のトーンを落としてください」などという使い方をすることができます。 ニュアンスも色調のことを表す言葉でもあるので、この二つが似たような意味を持つことが理解できるでしょう。 肌合いとは「ものの表面の感じや肌触り」「その人物の持つ気質や特徴」という意味です。 ニュアンスも感覚的なものを表す言葉であることから、肌合いと同じような意味を持つということが分かるでしょう。 真っ向から反対されたというわけではなくても、少しでも反対意見が感じられた場合に使うことができる表現です。 「ノー」と言われていなくても、あまり良い顔をされなかった場合などに用いて状況を表現しましょう。 反対されたわけでも賛成されたわけでもないという微妙な状況において、ニュアンスという言葉は便利に使うことができます。 相手からの小さな嫌味をどのように表現をするべきか悩んだら、「反対のニュアンスが含まれていた」として第三者に伝えるようにすると良いでしょう。 これで正しく理解してもらえるはずです。 完全に好みとは言わないまでも、雰囲気が好みだという場合において使うことができる表現です。 色合いなど、なんとなく気に入ったようであれば、このようにして好感触であることを伝えるようにすると伝わりやすいでしょう。 以下に関連記事として、「エトセトラ」という言葉の意味や書き方などについてまとめられたものがあります。 ニュアンスと同じく使う頻度の高いカタカナ言葉である「エトセトラ」ですが、その正しい意味とは一体どのようなものなのでしょうか。 この記事を読んで、ニュアンスの意味について知るのと同時に学びましょう。 自分で分かりづらいと感じながら相手に説明をせざるを得ない時などに使うことができる例文です。 微妙なニュアンスではあるものの、最大限理解をしてほしいと願いながら、相手に伝えるようにしましょう。 事前に微妙なニュアンスで伝えるということを言っておくことで、相手に汲み取るための努力をしてもらうことができます。 また、説明するにあたって適切な言葉が見つからない時も、この例文を使って「あとは自分なりに解釈してほしい」と伝えるようにしましょう。 相手に反対意見をそれとなく伝えたものの、正しく理解してもらうことができていなかった場合に使うことのできる例文です。 相手が言いたいことを理解しておらず、求めていない行動をとったような時に使いましょう。 「それは難しいというニュアンスで言ったことだ」と伝えることで、相手は自分の間違いに気がつくはずです。 やんわりと反対されていたことも分かるでしょう。 別の方法を模索してもらうためにも、早々に「違うニュアンスで伝えた」ということを話すようにしてください。 想像していたものと違うものが出来上がっていた時や、相手に伝わっていたのが自分の想像と違う見解だったというような場合に使うようにしましょう。 ニュアンスが違ったということを表明することで、軌道修正ができます。 以下に関連記事として、「オーセンティック」という言葉の意味や使い方、類義語に対義語、英語での例文などをまとめたものがあります。 ニュアンスと同じく、オーセンティックという言葉について正しく理解ができている人は少ないのではないでしょうか。 ここで分からないカタカナ言葉の意味をできるだけ知っておきましょう。 ニュアンスの使い方をマスターしよう! ビジネスシーンのみならずテレビや日常会話でも「ニュアンス」という言葉が散見されるこの頃、その意味をわからずに困っていた人も多いのではないでしょうか。 そんな人でも、この記事を読めばニュアンスの使い方をマスターすることができたはずです。 微妙な程度を示すニュアンスについて、正しく理解し使ってみましょう。 実際にニュアンスという言葉を使ってみると分かるでしょうが、言い表す言葉が見つからない状況において、これは非常に便利で汎用性の高い言葉です。 ニュアンスという表現さえ覚えておけば、的確に言い表すことができない時に感じるモヤモヤした感情も吹き飛ばしてくれるでしょう。 そんな便利な言葉「ニュアンス」について、その例文や使い方、類語表現を習得することができたら、日常生活において表現の幅が広がること間違いなしです。 使えるようにしておくべき語彙は多々ありますが、その中でもニュアンスは、広く使うことのできる万能なワードです。 ぜひ頭に入れておいてくださいね。

次の

英語で「示す」「見せる」を意味する動詞のニュアンスの違いと使い分け方

ニュアンス 類語

「ニュアンス」の意味と語源 「ニュアンス」の基本の意味は「語句・表現などの微妙な意味合い」 「ニュアンス」の意味は「 語句・表現などの微妙な意味合い」です。 また、「 直接表現されていない話し手の意図」を「ニュアンス」といいます。 例えば、「皮肉と嫌味は同義語ですが、ニュアンスの違いがある」は、2つとも同じ意味の語句だけれど、絶妙な意味合いが違う言葉だ」という意味になります。 また、遅刻してしまったときに「随分お早い出勤ですね」と言われた場合、誰もが「嫌味」を言われているんだな、と感じとれると思います。 この「随分お早い出勤ですね」に隠されている話し手の意図(本当は来るの遅いねと言いたい)を「ニュアンス」といいます。 例文 ・日本語には、同義語でもニュアンスが微妙に違う言葉は沢山あります。 ・日本語を英語に翻訳すると、どうしても微妙なニュアンスの違いが生まれてしまれてしまう。 ・自分の表現が絶妙なニュアンスを上手く表現できているという自信はありません。 ・受け取り手のニュアンスの相違が、その後大きな問題となることとなった。 ・嫌味のニュアンスが込められていることにすぐに気がつき、イラだちを隠せなかった。 ・彼は、細かいニュアンスまできちんと説明できる頭の良い人である。 「ニュアンス」のファッションでの意味は「色合いや音質などの絶妙な差異」 「ニュアンス」のファッションでの意味は「 色合いなどの絶妙な差異」を言います。 例えば、同じ「赤」でも、黒ずんだような赤漆黒の色合いと、ピンクに近いような明るい「赤」だと、「赤」は「赤」でも雰囲気がだいぶ違ってきますよね。 このような、「色彩」やお洋服自体の雰囲気の絶妙な差異を、ファッションでは「ニュアンス」と表現します。 また、ファッションだけではなく芸術、音楽など幅広く使われています。 音楽では、「音程」・「リズム」・「テンポ」などで、「喜びを表現している曲」なのか、「悲しみを表現している曲」なのかといった雰囲気やイメージを汲み取ることができます。 こういった聞いていて感じ取れるものが音楽の「ニュアンス」と言えるでしょう。 さらに、料理や人の心理、態度にもニュアンスは現れることがあります。 ちみに「ニュアンス」という言葉は、 「絶妙な差異」 「微妙な違い」 が、本来の意味で、微妙な意味合いだから「気づき辛い」といったことから転じて、日本では「意味の違い」というような意味合いで使用されるようになりました。 例文 ・ドレスの試作品ができあがりました、お色味はこちらのニュアンスでよろしいですか? ・最近ではおしゃれすぎない、少し着崩したくらいのこなれニュアンスが流行りですよ。 ・ファションセンスはないですが、ニュアンス美人を目指しています。 ・この曲は、曲調から悲壮感溢れるニュアンスを感じ聞いていて涙が溢れました。 ・当時の料理人のニュアンスをできるだけ表現して作りたいと思っています。 「ニュアンス」の語源はフランス語の「nuance」 「ニュアンス」の語源は、 フランス語の「nuance」という言葉です。 フランス語の「nuance」の意味は、「絶妙な差異・陰影・絶妙な色合い」で、日本語だと「色の濃淡」といった絶妙な色味の違いなどを表現する意味をっています。 つまりフランス語では、「色合い・色調・トーン」といった芸術分野においての絶妙な差異を表現する言葉なのです。 フランス語の「nu」 は、「nuage (雲)と同じ語源で、「雲が陰ること」を意味し、「ance」には「〜すること」をという意があります。 つまり、「雲が出て陰る」ということを言い表している単語ということなのです。 なんとなく絶妙ではっきりとはしない「曖昧」なイメージを言い表していることから、日本では「語句・表現などの微妙な意味合い」といった意味で使用されるようになったということが考えられます。 「ニュアンス」の使い方 ニュアンスを汲み取る 「ニュアンスを汲み取る」の場合の「汲み取る」は、「 相手の事情や気持ちを推し量る」という意味で使用されています。 つまり、相手の口から出た言葉の真相を聞き手がなんとなく感じ取るというような場合に使用されるということになります。 例えば、「ニュアンスを汲み取ってほしい」と言われれば、相手の言っている言葉に隠されている気持ちを感じ取ってあげなければいけません。 例文 ・鈍感なので言葉ものニュアンスを汲み取って相手の気持を理解するのが苦手である。 ・語彙力がないので、ニュアンスで汲み取ってもらってもいいですか? ・彼は感受性が強く、ニュアンスを汲み取ることは、大の得意分野でした。 ニュアンスで伝える 「ニュアンスで伝える」という言い回しは、ハッキリと言葉にして表現するのではなく、「間接的」な表現をしたり、物の雰囲気で伝えることをいいます。 例えば、海外など言葉の通じない国で、英語が話せなくてもお互いに伝えようとしていることを、なんとなく言葉の使い方など雰囲気で読み取って理解することってありますよね。 そういった状況を「ニュアンスで伝える」といいます。 ・自分の相手に対する好意を、ニュアンスで伝えることに必死でした。 ・文章だけでは、気持ちのニュアンスを伝えるのは難しく、よく喧嘩になっていた。 ・こういいた絶妙なニュアンスを伝えるときに使える表現って何かありませんか? ニュアンスが似てる 「ニュアンスが似ている」は、「 雰囲気や意味合いが同じもののように感じる」ということを、伝えたいときに使用される言い回しです。 例えば日本語でいう「同義語」だけど絶妙に意味合いがちがう・使う場面が違っていくるといった言葉などに対して「ニュアンスが似ている言葉」と表現されます。 「似ている」は、「同じ用に見えるけど違う」という意味なので、結局は「似ているけど違う意味だよね」ということを伝えたいときに使用されます。 例文 ・この同義語はニュアンスが似ているけれど、使い方が違う言葉なんです。 ・ニュアンスが似ているので、さほど区別をつけることなく使用していました。 ・「綺麗」と「美しい」のニュアンスってよく似ていますよね。 ・新作は、1990年代に流行ったものと非常にニュアンスがに似ています。 ニュアンスでわかる 「ニュアンスでわかる」は、 はっきりと言葉に出していなくても雰囲気で感じ取ったり、なんとなく物事の意味や内容を理解することができるという意味で使用される言い回しです。 例えば、言いたいことがうまく言葉にして表現できない人に対して、出てきた言葉から言いたいことを汲み取るといったときに、「ニュアンスでわかる」といいます。 例文 ・メールでは表情こそわからないが、言葉のニュアンスでわかるときがある。 ・相手が何を質問したかったのか、その意図がだいたいニュアンスでわかった。 ・その妖怪名前のニュアンスから容姿を想像してみたんだけど、こんな感じ? ニュアンスがある 「ニュアンスがある」は、「そういう雰囲気があります」「〜のような意味合いがありますといった意味で使用されれる言い回しです。 何かを説明するときに、ハッキリと「こうです!」と言葉にして表現できないことってありますよね。 そういったときに、「〜というようなニュアンスがあります」と表現することによって、「だいたい〜のような意味合いや雰囲気があります」というように、少々曖昧ではありますがきちんとした文章にすることができます。 例文 ・この文章だとわかり辛いので、同じニュアンスがある言葉を探して入れ替えてみてください。 ・結婚してほしいとは、言われませんんでしたが、そんなニュアンスがあるセリフを言われましたね。 ・日本で使われている意味合いと語源である英語とでは、違うニュアンスがあります。 ニュアンスを受ける 「ニュアンスを受ける」は、「 〜という印象を受ける」というような意味合いで使用される言い回しです。 相手の言葉や、何か作品を見たり聞いたという場面で、はっきりとそう言われたり明記されたわけではないけれど、そう「感じ取った」ということを「ニュアンスを受ける」と表現します。 例文 ・悲しい歌詞からは想像もつかないほど、明るいニュアンスを受ける曲で驚きました。 ・彼の表情から、これ以上邪魔をしないでほしいというニュアンスを受け、すぐに帰った。 ・彼女はとても柔らかく優しいニュアンスを受ける話し方をする人でした。 ニュアンス的に 「ニュアンス的に」の、この場合の「的に」は、「〜そのようなようすの、それらしい」といった意味で使用されています。 つまり、「 本質的な意味合いとしては〜・・・」「 雰囲気としては〜・・・」というように意味になります。 例文 ・まあ、ニュアンス的には同じなんだけど、別の言葉を使ったほうが角が立たないよ。 ・あ、そっちの色合いのほうがニュアンス的には近いかも!! ・改善されたように思わせているだけで、ニュアンス的には何も変わっていません。 「ニュアンス」の類語・言い換え 印象 「印象」は、「 いんしょう」と読みます。 「印象」の意味は「 見たり聞いたりした物が人に与える直感的なイメージ」です。 一度何かを見た時に心に残っている感じたことを「印象」と言います。 例文 ・その言葉を聞いて、相当美しい景色を見ることができたのだなという印象をうけました。 ・撮影で一番印象に残っているシーンがあれば教えてください。 ・第一印象は「真面目そうな人」だったけれど、全然違ったのでいい意味で期待を裏切られました。 雰囲気 「雰囲気」は、「 ふんいき」と読みます。 「ふいんき」と読みがちですが、かれは間違いなので注意しましょう。 「雰囲気」の意味は「 その場やその場の人が出している気分・空気」です。 さらに、ある人が特別に感じさせる特別な気分を「雰囲気」といいます。 例文 ・文面からも起こっている雰囲気が感じられ、とにかく家に帰りたくないと思いました。 ・部長のお陰でいつも和やかな雰囲気で会議をすすめることができています。 ・芸能人独特の雰囲気を醸し出していて、思い切って話しかけることができなかった。 趣(おもむき) 「趣」は、「 おもむき」と読みます。 「趣」の意味は、 ・風情・情趣といった、自然などのあじわいある様子。 ・ありさま・様子 ・事柄の内容・趣旨 ・伝聞した内容・様子 といった意味があります。 だいたいは、ある傾向や趣向が感じらとられる様子に対して「趣がある」というように使われます。 例文 ・それは、どのような趣があって開かれた会議だったでしょうか? ・大人がやるのと子供がやるのとでは、趣が変わってくる。 ・母は、納得がいかない趣ではあったが、なんとか両親の了承を得ることができた。 行間 「行間」は、「 ぎょうかん」と読みます。 「行間」の意味は、「 文章の行と行の間」です。 直接言葉としては表現されていない、筆者の真意をその何も書かれていない「行間」から汲み取るという意味で「行間を読む」というような使われ方をします。 例文 ・行間をあけて書いたほうが、相手も読みやすいので気持ちが伝わりますよ。 ・大人になってからは読書をするときに、その行間を読むことが楽しくなった。 ・この行間には、何か伝えたい思いがあったのだろうか・・・・。 ノリ 「ノリ」とは ・調子づくこと ・音楽などに合わせてうまく調和すること ・場の空気に乗ること です。 例えば、音楽やリズムに合わせて身体を動かすことを「のる」といったり、その場の調子のいい雰囲気に合わせて自分もテンションを上げるというような場合に「のる」といいます。 例文 ・この曲、なかなかノリがいいね〜!!! ・二次会に行くか行かないかは、その場のノリで決めましょう。 ・元気がないときは「気愛を喜愛でノリノリのリカ」を読んでテンションをあげよう フィーリング 「フィーリング」は、「 なんとなく受ける感覚」という意味です。 何かを見たときに、感じる感情や、絶妙な雰囲気を「フィーリング」といいます。 ・直感 ・調子が合う というような意味合いで使用されることも多いです。 例文 ・彼とは、なんとなく出会った頃からフィーリングが合っていたように感じます。 ・物を買う時は、初めて見たときのフィーリングを大切にしています。 ・むしろフィーリングのほうが大切なときってありますよね。 テキスチャー 「テキストチャー」の意味は、 ・織物の折り方、織り生地 ・木材などの手触り・感触・質感 ・物体正面の質感を表現するために用いられる、物体の素材を模した小さな画像 です。 例文 ・新しいテキスチャーパックを調べてみたいと思います。 ・デザインというよりは、このテキスチャーが気に入りました!! ・テキスチャーがしっかりしているので長持ちすると思いますよ。 タッチ 「タッチ」の意味は、「 触れること」「 ある物事に関与すること」です。 また、絵を書く時の「筆使い・色使い」や、鍵盤やパソコンのキーボードといったボタンを押す時の感じを「タッチ」と表現することもあります。 例文 ・まだショックを受けているようなので、あのことについてはノータッチでお願いしますね。 ・全力で走ったのだが、タッチの差で電車は行ってしまい、絶望的な気分になった。 「ニュアンス」の付く言葉 ニュアンスネイル 「ニュアンスネイル」は、 絶妙な色合いの差異を楽しむネイルのことをいいます。 複数のポリッシュを混ぜて、絶妙な色合いを楽しむネイルが流行っています。 例えば・・・ ・透け感のあるネイルポリッシュを使って水彩画風に ・ブラックやホワイトをペールカラーのポピュラーとミックスして大理石風に ・夢かわいい色味のラメポリッシュを使ってオーロラ風に というように、デザインは様々あります。 ニュアンスカラー 「ニュアンスカラー」は、赤や黄色、緑などの「原色」ではなく、 曖昧なはっきりとしないような色合いのことを指します。 具体的な色味でいうと、「グレーがかった色」を想像していただけるとわかりやすいかと思います。 「くすみカラー」と言われることもあるように、くすんでいるような色味を「ニュアンスカラー」と いいます。 ニュアンスパーマ 「ニュアンスパーマ」は、 形をあまり変形させることなく、あくまでも自然にふわっとかけるタイプのパーマです。 ゆるーくかけるだけなので、くせ毛なのかパーマなのかわからないほど。 ショート・ミイディアム・ロングとどの長さでもかけることができるのが特徴的です。 かわいい雰囲気を作り出すこともできれば、大人っぽい雰囲気にすることもできる今人気のヘアスタイルです。 その他の「ニュアンス」 音声認識の「ニュアンス・コミュニケーションズ」 「ニュアンス・コミュニケーションズ」は、世界規模で活動しているコグニティブAI技術のリーディング府プロバイダーです。 「音声認識」を利用して、企業とお客様、人とテクノロジーの関係を改革使用としてくれている企業です。 本社は「米国マサチューセッツ州」にあります。 アイドルの「nuance ヌュアンス 」 「nuance ヌュアンス 」は、日本のアイドルです。 「ニュ」ではなく、「ヌュ」なのだそうです。 間違えないようにしてくださいね・・・。 「nuance 」は、2017年に結成された4人組の女性アイドルグループです。 表参道の「ヘアーサロン ニュアンス HAIR SALON nuance 」 「ヘアーサロン ニュアンス HAIR SALON nuance 」は、表参道にある美容室です。

次の