きめつのやいば186ネタバレ。 きめつの刃ネタバレ184話考察とあらすじ!炭治郎を救うのは誰?

最新ネタバレ『鬼滅の刃』186

きめつのやいば186ネタバレ

スポンサードリンク 愈史郎を探しに行く村田 現実の世界では、村田は炭治郎が脈拍も息もしていないことに気づく。 炭治郎、死んでしまってはならない!と 必死に心臓マッサージをする村田。 しかし逆に村田自身の鼓動や息の音の方が大きくうるさいと感じてしまい、それほどまでに炭治郎の鼓動は小さく聞こえなくなっていた。 その時他の隊士から、下敷きになっている愈史郎を助けろと言われて涙と鼻水を出して驚く村田! だけど炭治郎も死にそうなんだ…と涙目で村田が訴える。 しかし他の隊士も焦る! 愈史郎を助ければ炭治郎を手当てしてくれるに違いない、と他の隊士が言い、無理やり村田を連れて行ってしまう…。 でも描写に焦っている感じが無くてなんだかお花畑感…。 あああ炭治郎~~!!! スポンサードリンク 縁壱と巌勝 そして縁壱のたった一人の兄、巌勝はとても親切な心の持ち主だったという。 それはいつも縁壱のことを気にかけてくれたから。 しかし父親には、縁壱には構うなと殴られてしまっていた。 その翌日も、また翌日も。 ある日、巌勝は父親に殴られ、顔が腫れ上がったままになってしまったが、それでも巌勝は落ち着きを保ち、縁壱に会いに来てくれた。 そして縁壱に笛を与えた。 何か用があったら笛を吹いて知らせると伝えてくれた。 巌勝…つまり後の黒死牟ということですが、黒死牟が縁壱に思っていた感情と、縁壱が巌勝に対して思っていた感情とはやはりズレがあったのですね。 ふたりの想いはもうこんなに幼少期の頃からすれ違っていたなんて悲しすぎます…。 外の世界を知る縁壱 縁壱は忌子だと自身のことを思っていたため、母の死後、縁壱は僧になろうと家を出る。 ただ出家するように言われていたものの結局寺へは行かなかったという。 それよりも縁壱は、どこまでも続く美しい空の下を思いっきり走りたかったのだと。 ただ、一昼夜走り続けても、疲れて足が止まることはなかったと。 それだけ、自然の美しさ、外の世界の寛大さを感じ取っていたのでしょうね。 スポンサードリンク うたと出会う縁壱 ある山の中、とある田んぼのところで縁壱は、おそらく同年齢の少女と出会う。 桶を持ったまま全くピクリとも動かない少女。 流行病により家族を全員失ったという。 そのために少女は、田んぼにいるおたまじゃくしを捕まえて家に連れて帰ろうとしていた。 そう言ってまたその少女は動かなくなってしまった。 しかし夕方、その少女は桶の生き物を田んぼに逃がしてしまった。 連れて帰らないのか?と聞くと、おたまじゃくしが親兄弟と引き離されてしまうのは可哀想だと。 そんな寂しそうにしている少女と自分を重ねた縁壱は、それなら自分が一緒に家に帰ろうと言った。 黒曜石のような瞳の少女の名は、うた、といった。 スポンサードリンク うたと縁壱の別れ 10年が経ち、縁壱はうたと結婚した。 身籠ったうたが臨月となり、出産に備えて産婆を呼びに山を下りた縁壱。 日が暮れる前に帰るつもりだった。 その途中、心臓の悪い老人に出会い、戦争で負傷した息子の死に目に会いたいというので送り届ける縁壱。 産婆を呼ぶのは明日にして家路を急ぐ。 結果帰りが遅れてしまい、縁壱が帰宅したとき、うたとお腹の中の子は殺されていた。 炭治郎はゾッとする…。 縁壱は語る。 自分が命より大切にしているものでも、他人は容易く踏みつけてくるものだ、と。 うたを埋葬する縁壱 縁壱はうたの遺体を抱いて10日間茫然としていたが…鬼の痕跡を追ってやってきた剣士に、「埋葬してあげなければ可哀想だぞ」を言われ意識を取り戻す。 そして、うたと子供を埋葬した。 この、「鬼の痕跡を追ってやってきた剣士」は髪型からしてを操る剣士ですね! 後の煉獄杏寿郎の祖先ということでしょうか? スポンサードリンク 縁壱の夢 縁壱の望み。 その夢はただ、家族との静かな暮らしだった。 小さい家に布団を並べて暮らし、愛する人の顔がすぐ近くにある距離で、手を伸ばせば愛する人の顔に触れられること。 ただそれだけでいいという、ささやかなもの。 しかしその望みは叶わず…。 本当に、縁壱の心の悲しみが伝わり、不憫すぎます…。 縁壱が呼吸を教える うたと子供を埋葬した後、縁壱は鬼狩りとなった。 鬼を追う者自体は昔からいたものの、呼吸を使える者はいなく、縁壱が教えていくことに。 初代の柱となった者たちはとても優秀で、もとから「炎」「風」「水」「雷」「岩」の剣術を使っていた。 そこに縁壱が上乗せをして呼吸を使う要することで、鬼殺隊の戦力は飛躍的に向上した。 ここで炎、水、風を纏う柱たちの戦いの描写が! さらに鬼狩りたちはすさまじい勢いで鬼を倒せるようになっていく。 後に、部下を鬼に殺された巌勝とも再会し、巌勝が鬼狩りに参加することになる。 スポンサードリンク 鬼滅の刃186話ネタバレの感想考察 縁壱の過去が語られましたね。 縁壱は炭吉と出会った時点で、 既に自分の妻や子を鬼に殺されていたのです。 ただ平凡な幸せが欲しかっただけなのに、現実はなんとも辛く悲しいものなのでしょうか。 縁壱がこの話を炭吉にしたのも、きっと炭吉が幸せだからでしょうね。 そして鬼狩りとなった縁壱は、無惨を見つけます。 ここから無惨のトラウマとなった、二人の戦いが始まるのでしょうか。 一方で、現実では 愈史郎がまだ生きている事が判明しました。 下敷きになっていて動けないようですが、おそらく助ける事が出来るでしょう。 そして 愈史郎の能力により、瀕死の炭治郎が助かりそうですね。 話はまだしばらく縁壱の過去が描かれていくでしょう。 本作の根幹となる、非常に重要な過去です。 次回も楽しみですね! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

鬼滅の刃/きめつのやいば最新話189話ネタバレ・画バレ解説・感想+190話考察【週刊少年ジャンプ2020年6、7合併号】

きめつのやいば186ネタバレ

今回の186話は 「良い意味での小休止」という扱いになったのではないかと思う。 炭治郎が緊急事態なのは変わらないけど、その深層意識の中では…? 鬼滅の刃186話より引用 炭治郎が緊急事態なのは変わらない! 炭治郎の意識の中では父の記憶の追体験。 縁壱との会話がなされることになった。 本当に心から、人の幸せを願っている男だったようだ! 鬼滅の刃186話より引用 彼は本当に心から、人の幸せを願っている男だったようだ! また同時に、今回の縁壱の振る舞いを見ていると、どこか冨岡さんと似ている部分があるようにも感じたかな! クールというか何というか、感情の起伏がわりと少ない(コントロールしている?)かのような雰囲気。 あるいは達観したような様子がそう感じさせるのかもしれないね! 【スポンサーリンク】 縁壱の半生について語られることに! 作中では以下、縁壱の半生についても語られることになった。 彼の妻は 「うた」といい、とても賑やかな女の子だったようだ。 縁壱はここでも深くうたに感謝していた。 (おかげで、というフレーズより) 他人に対して 「ありがとう」の気持ちが強いのもまた、縁壱の特徴だとわかる! 鬼滅の刃186話より引用 他人のしてくれたことに感謝を汲み取るのがうまいタイプ! 縁壱は優れた剣士であるばかりか、人としても非常に尊敬できる人物であることが改めてわかった。 また同時に、自分自身のことを呪っていたように見えた黒死牟についてもまた、少し見え方が変わったよね。 まさに 「気づかぬうちに自分に呪いをかけたのは自分自身」って感じの雰囲気だったと思う。 で、ラストは縁壱と無惨の邂逅にてフィニッシュ! 鬼滅の刃186話より引用 縁壱と無惨の邂逅にてフィニッシュ! このシーンでは背後に珠世さんもいるねー。 なんだか物憂げな雰囲気。 対して無惨は相変わらず傲慢な笑みを浮かべている。 縁壱はこの瞬間 「この男を倒すために生まれてきた」と悟ったようだけど、さて以降の展開がどうなるか…だよね。 このまま順当にいけば、次回の187話は 「縁壱vs無惨の戦い」が描かれてくるはず。 縁壱は黒死牟との戦い半ばで寿命を迎えたことになってるから、この時の戦いは引き分け…というか無惨を取り逃がす…って感じになるのかな? だとしたら縁壱は無惨をそれなりのところまで追い詰めるに至ったはず。 以降の回想では 「この時に無惨を追い詰めるに至った技」を、炭治郎に共有することになるのかもしれないね!.

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』180

きめつのやいば186ネタバレ

これまでのあらすじ 禰豆子を人間に戻すべく、その鍵を握る鬼舞辻無惨を討伐するため鬼殺隊へと入ることになる竈門炭治郎。 数々の鬼との戦いを経て成長し、ついに無惨の本拠地である無限城へと討ち入りすることになる。 数々の犠牲を払い、上弦の壱である黒死牟や、因縁の相手である上弦の参・猗窩座も打ち破り、残すは親玉である鬼舞辻無惨のみ。 しかし、追い詰めたはずの無惨は、以前にも増して強大な存在となっていた。 禰豆子が炭治郎の元へと向かっているが、柱や善逸、伊之助は全滅させられてしまう。 無惨と対峙している鬼殺隊士は、残るは炭治郎のみ。 十二鬼月をすべて討滅し、すべての元凶である鬼舞辻無惨と対峙しているのは現在となります。 伏線がほとんど残されていない 存在が確認されていなかった「善逸・伊之助・カナヲ」については、姿を隠して戦いに参戦しているのが判明し、愈史郎も生存確認。 鬼舞辻無惨についても、珠世としのぶの調合した薬を投与され、徐々に弱体化が始まっています。 物語の鍵となる、大きな伏線はほとんど残っていない状況になります。 他に残っている伏線 ・青い彼岸花はどこにあるのか ・禰豆子はいつ到着するのか ・13個目のヒノカミ神楽は発動できるのか ・炭治郎は人間の姿に戻れるのか 上記が、物語でまだ触れられていない要素になります。 すでに無惨との戦いが最終局面に入っていることを考えると、炭治郎がヒノカミ神楽を舞いきることができるかどうかは、ほとんど確定しています。 また禰豆子も、もうじき到着しそうな気配があります。 あと数話で最終回を迎えてしまいそう ・無惨が逃げる可能性 ・新たな鬼の登場 ・第2章のスタート といった展開も考えられますが、少なくとも 現在の最終決戦についてはあと数話で終わってしまいそうです。 また、無惨が逃げるかどうかについては、珠世の薬で「9,000年以上老化してしまっている」ことから、逃げる可能性は低いと考えられます。 いくら無限の命がある鬼とはいえ、 髪の色が戻らなかったりと老化の影響が出ているため、逃げても結局弱体化して破滅の道しか残されていません。 無惨としても、 今夜中に鬼狩りを全滅させると言っていることから、逃亡する可能性は限りなく低いでしょう。 鬼滅の刃が完結したらどうなる? 次の章が始まる可能性はある 200話くらいで終わってしまいそうな気配のある鬼滅の刃ですが、最終回を迎えて完結したらもう終わりなのでしょうか? 現時点ではなんとも言えませんが、「BORUTO」のように子孫たちの物語が始まる可能性はあります。 ただ、無惨を倒すとすべての鬼が滅んでしまうということから、同じ時代での次章ではなく例えば 「現代編」といった感じで世代を大きく超えることになるのではないでしょうか。 新連載が始まる可能性が高い 鬼滅の刃の作者である「吾峠呼世晴」先生ですが、短編集のクオリティも非常に高く、引き込まれる作品になっています。 そのため、鬼滅の刃は引き伸ばしを一切せずに綺麗に完結させて、次の新連載に取り掛かる可能性もあります。 ヒットメーカーの吾峠呼世晴先生のことですから、鬼滅の刃と同じくらい、あるいはそれ以上の人気が出る新連載を生み出してくれると思います。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

次の