中国 新た な ウイルス。 武漢肺炎「元凶は中国がカナダから盗んだコロナウイルス」説を追う(北村 豊)

中国の新型コロナウイルスは人類崩壊の序章か

中国 新た な ウイルス

新型コロナウイルスに感染した人は海外に出るから、中国は安全だとの投稿も。 Weibo 日本では1月16日に、武漢から帰国した男性の新型コロナウイルス感染が明らかになり、一気に不安が高まったが、中国では11日の「41人が新型肺炎を発症」という発表を最後に、患者は増えていなかった。 武漢市当局は毎日、公式サイトで「新規増加なし」と情報を更新、2人の死者が出たものの、多くが治癒に向かっていると強調し、収束モードが漂っていた。 一方、今週になってタイと日本で武漢からの入国者の感染が分かり、ネットではこの奇妙な状況への反応が少なからず出ている。 17日からSNSのウェイボ(微博、Weibo)で目立ち始めたのが、「新型肺炎のコロナウイルスは、愛国ウイルスだ」といった言説だ。 同日午後、タイで2人目の感染が確認されると、「このウイルスは愛国なので、武漢から他の都市には広がらず、海外に出国する」「ウイルスに感染した人を国外に出す」などの投稿が拡散するようになった。 中国のSNSが政府によって監視され、情報規制が敷かれているのは周知の事実。 この投稿には冗談だけでなく、「海外で患者が出ているのに、中国では武漢に患者が封じ込められている」不自然さへの疑問も含まれているとみられる。 武漢市の衛生当局は18日、新たに4人の患者が確認されたと公表した。 武漢市当局公式サイト 新型肺炎の感染の強さに対しては、さまざまな投稿が交錯する。 「重症化しにくいから、心配することはない」という呼びかけがあれば、「マスクはしよう」「武漢には行かない方がいい」との投稿もあり、「人から人への感染」への懸念が広がりつつある。 そんな中、18日になって武漢市の衛生当局は新たに4人の患者が確認されたことを発表。 41人で止まっていた累計患者数は45人に増えた。 当局はパニックを避けるため、4人とも5~8日に発症し、8日から13日にかけて入院、現在は快方に向かっていると説明しているが、メディアは18日朝から患者の増加を一斉に報道。 17年前に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)とコロナウイルスの類似性が海外の研究者から相次いで指摘されていることを受け、SARSの病原体となったコウモリが今回も関わっているのではという疑いに、再び関心が集まっている。

次の

新型ウイルス、早期警鐘の中国人医師が死亡 自身も感染

中国 新た な ウイルス

【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

中国で新たな感染症の可能性「ハンタウイルス」とは

中国 新た な ウイルス

より 東京をはじめとした7都府県に、 緊急事態宣言が発令された。 地域によって状況は異なるが、東京の新宿歌舞伎町や銀座などの繁華街からは人の姿が消えている。 宣言の期限とである5月6日までに感染者数の減少が期待されているが、そこで目標達成とはいかない。 いち早く緊急事態宣言を行った北海道では、3月19日で一端解除となったものの再び感染者が増加しており、封じ込めに成功したとはいいがたい状況だ。 緊急事態宣言が解除されると感染の終息ムードが漂い、多くの人が出歩くことにより、感染が再び拡大してしまう。 そんな恐れもありながら、長期間の自宅待機を余儀なくされた人たちは、危険を忘れて外出してしまうのだ。 そんな緩みは、多数の犠牲者を出しているイタリアでも発生。 4月初頭からは各地で外出禁止令を守らずに外出する人が増えている。 イタリアでは感染拡大防止のため外出先や目的を書いた証明書の所持を義務づけ、違反した場合には最大3000ユーロ(約3万5000円)の罰金を定めている。 それにもかかわらず、勝手に外出する人たちで市場や繁華街がごった返していると現地でも報じられている。 中国、新たな感染拡大も発生 そんな現象は、強権を発動して都市封鎖を行った中国でも起こっている。 中国では、祖先を祀る年中行事である「清明節」の4月4日を、 新型コロナウイルスによる犠牲者を悼む全国追悼日と指定。 オンラインゲームや配信サービスなども、この日はすべて停止することを命じられた。 ところが、全国的な追悼日を指定したことで、逆に危機感が緩んだ。 水墨画の題材になった山々で知られている江蘇省の景勝地・黄山では、4日から2週間にわたって「入場無料」と告知された。 終息ムードのなかでの施策に、5日には数万人の観光客が押し寄せる騒ぎとなった。 同地を管理する管理委員会では、入場するにあたっては「健康コード(政府の発行する、健康体であることを示す証明)」を提示させるほか、必要な検査も行うとしていた。 ところが、中国のネット上に次々とアップされた映像を見ると、文字通り過密状態で、なかにはマスクをしていない人々もいるという有様だった。 中国では、この騒動に対して無症状の感染者が混じっていることを心配する声や、まだ終息しきっていない状況で観光地を無料開放する施策を行う江蘇省への批判の声が溢れている。 騒動を受けて無料開放はすぐに中止となったが、強権的な都市封鎖を行った中国ですら、終息ムードによる緩みは否めないのだ。 8日に、長らく閉鎖されていた武漢の封鎖が解除されたことで、習近平国家主席をはじめとして中国メディアのニュースに登場する各地の政府関係者のなかには、マスクをせずに取材に応じる者も出ているほどである。 武漢の封鎖解除と聞いて、「もはや流行は終わった」と思っている人が多いようだが、実際にはまだ移動制限は続行中だ。 しかし、全国追悼日から武漢の封鎖解除といった一連の流れを受けて、緩みが生じているのは間違いない。

次の