お菓子 春。 【おかいもの】ほんのりと春めく 3月の京菓子3選|そうだ 京都、行こう。

彼岸にお供えするのはどんなお菓子?おすすめのお菓子をご紹介します|終活ねっとのお坊さん

お菓子 春

京都の花街・祇園の一角にある「鍵善良房」店主の今西善也さん。 季節感に富んだお菓子を作り続ける江戸享保年間創業の老舗「鍵善良房」の当代が、豊かな四季の移ろいや、日本の美を映しだす愛らしいお菓子にまつわるお話を毎月お届けします。 熟練の技術が必要な、 「はんなり」という銘を表す、 京都らしい可憐なお菓子 旧暦の4月は夏の入りですが、いまの暦では春の盛り。 春爛漫、心躍る季節。 菓子屋の工場も少し賑やかです。 その看板を見ると祇園町の人らは、いよいよ春本番を前に心が浮つきます。 お菓子もそのころになると、春のお菓子が並び始め、ピンクに黄色、緑と、明るい色を使う作り手の気持ちは明るくなります。 「こなし」を薄いピンク色に染めて、へらで桜の花を模った「はんなり」というお菓子は、この季節を代表する上生菓子。 京都で「備中」と呼ばれる岡山産の白小豆は、いまでは大変貴重で高価です。 味がよく、その白小豆で作った白餡(あん)に小麦粉を混ぜ蒸し上げ、熱いうちによく揉んだ生地を「こなし」といい、京都の上生菓子ではよく使われます。 鍵善良房 「こなし」という言葉はそのよく揉む作業から来たといわれています。 京都以外で使われる「練りきり」と似ています。 しかし、作り方も風味も違い、上生菓子を作る京都の菓子屋にとっては、とても大事で、お店それぞれの個性が出るものなのです。 その「こなし」を使った「はんなり」は一見簡単そうなお菓子なので、お菓子作りを体験する方々にもよく作っていただきます。 ただ薄くぼけたピンクの色の加減や、へらを使って均等に5弁の花びらを作り、桜の花を形作るのは本当に難しいので、「職人さんはすごい」とみなさんに言っていただけることが多いです。 若い職人でも上手に桜の花を形作る子はいます。 しかし、その「はんなり」という銘を表すような、絶妙に可憐なお菓子を作るにはなかなか熟練の技術がいるようです。 柳の緑と桜のピンクの2色のそぼろを付けたきんとんです。 上生菓子は、このように古い歌や詩から着想をいただいて作ることがあります。 それはお茶事と一緒にできてきたお菓子だからでしょう。 さまざまな趣向で行われる茶事、その設えや道具と同じように菓子もその趣向にあわせて作られます。 そのような歴史から、京都の上生菓子はなるべく作り込みすぎず、その銘を聞いて完成するよう作られています。 「都の春」と聞いて、上の歌が出てくれば、この2色の単純なお菓子にも奥行きが生まれてくるというものです。 京都の菓子屋はちょっと上品に。 ピンクと白、そして小豆餡の 「祇園だんご」で花見に趣を 鍵善良房 円山公園の枝垂れ桜もだいぶ高齢で、私が子供ころに見たような派手さはもうありません。 それでも、まだまだきれいな花を満開に咲かせ、それを見る人々を魅了し、花見のころになると多くの人で賑わいます。 せっかく拵(こしら)えるのならばと、ちょっと上品にピンクと白、そして小豆餡のお団子に。 それが「祇園だんご」です。 お酒を飲んで大騒ぎの花見もいいですが、おいしいお茶とお菓子の花見も趣があっていいのではないでしょうか。 「都をどり」とは、毎年4月1日から約一カ月、京都最大の花街・祇園甲部の芸妓・舞妓が年に一度、新作の舞を披露する催し。 明治5年の創始以来、京都に春を告げる風物詩として知られ、「都をどり」のために誂えられる西陣織の友禅や帯など、舞台を支える伝統や芸術にも注目が集まります。

次の

春色パッケージのお菓子特集!春のお菓子のギフト&お配りも

お菓子 春

京都の花街・祇園の一角にある「鍵善良房」店主の今西善也さん。 季節感に富んだお菓子を作り続ける江戸享保年間創業の老舗「鍵善良房」の当代が、豊かな四季の移ろいや、日本の美を映しだす愛らしいお菓子にまつわるお話を毎月お届けします。 熟練の技術が必要な、 「はんなり」という銘を表す、 京都らしい可憐なお菓子 旧暦の4月は夏の入りですが、いまの暦では春の盛り。 春爛漫、心躍る季節。 菓子屋の工場も少し賑やかです。 その看板を見ると祇園町の人らは、いよいよ春本番を前に心が浮つきます。 お菓子もそのころになると、春のお菓子が並び始め、ピンクに黄色、緑と、明るい色を使う作り手の気持ちは明るくなります。 「こなし」を薄いピンク色に染めて、へらで桜の花を模った「はんなり」というお菓子は、この季節を代表する上生菓子。 京都で「備中」と呼ばれる岡山産の白小豆は、いまでは大変貴重で高価です。 味がよく、その白小豆で作った白餡(あん)に小麦粉を混ぜ蒸し上げ、熱いうちによく揉んだ生地を「こなし」といい、京都の上生菓子ではよく使われます。 鍵善良房 「こなし」という言葉はそのよく揉む作業から来たといわれています。 京都以外で使われる「練りきり」と似ています。 しかし、作り方も風味も違い、上生菓子を作る京都の菓子屋にとっては、とても大事で、お店それぞれの個性が出るものなのです。 その「こなし」を使った「はんなり」は一見簡単そうなお菓子なので、お菓子作りを体験する方々にもよく作っていただきます。 ただ薄くぼけたピンクの色の加減や、へらを使って均等に5弁の花びらを作り、桜の花を形作るのは本当に難しいので、「職人さんはすごい」とみなさんに言っていただけることが多いです。 若い職人でも上手に桜の花を形作る子はいます。 しかし、その「はんなり」という銘を表すような、絶妙に可憐なお菓子を作るにはなかなか熟練の技術がいるようです。 柳の緑と桜のピンクの2色のそぼろを付けたきんとんです。 上生菓子は、このように古い歌や詩から着想をいただいて作ることがあります。 それはお茶事と一緒にできてきたお菓子だからでしょう。 さまざまな趣向で行われる茶事、その設えや道具と同じように菓子もその趣向にあわせて作られます。 そのような歴史から、京都の上生菓子はなるべく作り込みすぎず、その銘を聞いて完成するよう作られています。 「都の春」と聞いて、上の歌が出てくれば、この2色の単純なお菓子にも奥行きが生まれてくるというものです。 京都の菓子屋はちょっと上品に。 ピンクと白、そして小豆餡の 「祇園だんご」で花見に趣を 鍵善良房 円山公園の枝垂れ桜もだいぶ高齢で、私が子供ころに見たような派手さはもうありません。 それでも、まだまだきれいな花を満開に咲かせ、それを見る人々を魅了し、花見のころになると多くの人で賑わいます。 せっかく拵(こしら)えるのならばと、ちょっと上品にピンクと白、そして小豆餡のお団子に。 それが「祇園だんご」です。 お酒を飲んで大騒ぎの花見もいいですが、おいしいお茶とお菓子の花見も趣があっていいのではないでしょうか。 「都をどり」とは、毎年4月1日から約一カ月、京都最大の花街・祇園甲部の芸妓・舞妓が年に一度、新作の舞を披露する催し。 明治5年の創始以来、京都に春を告げる風物詩として知られ、「都をどり」のために誂えられる西陣織の友禅や帯など、舞台を支える伝統や芸術にも注目が集まります。

次の

春色パッケージのお菓子特集!春のお菓子のギフト&お配りも

お菓子 春

春と秋が近づくとお彼岸の季節だなと感じる方も多いのではないでしょうか。 お彼岸は春分の日と秋分の日をはさむそれぞれ前後3日間の計7日間の期間のことをいいます。 お彼岸の時はお墓参りに行って掃除を行うなど、いつも以上にご先祖を丁寧に供養する時でもあります。 そんなお彼岸ですが、みなさんはどんなお菓子をお供えしていますか? お彼岸と言えば「おはぎとぼたもち」を思い浮かべる方が多いと思いますが、どうしてお供えするのでしょうか。 「何でおはぎとぼたもちをお供えするのかわからない」「おはぎとぼたもち以外にどんなものをお供えするといいんだろう」とお供え物のお菓子を用意するときに迷われる方もおられると思います。 今回「終活ねっと」では、 お彼岸の時にお供えするお菓子について解説していきます。 具体的には、• 小豆の色に魔除けの効果があるとされているから 赤色は魔除けの効果があると昔から言われていて、お祝いごとなどでもたびたび小豆が用いられてきました。 もち米とあんこの合わさったお菓子であることから、ご先祖に自分たちの心を「合わせる」という意味があるから お彼岸は普段よりもより一層ご先祖に祈りを込める期間です。 そのことから、2種類の異なったものを合わせて作るおはぎが好まれているのです。 おはぎに使われる砂糖は昔は高級品だったから 江戸時代、砂糖は高級品で普段は口にすることがなかなかできない物でした。 といったものがあります。 お彼岸の期間は、ご先祖を供養し、彼岸(極楽浄土)へと近づくための修業期間とされています。 ですから、お彼岸は魔除けの「小豆」と高価な「砂糖」を用いて作った「おはぎ」をお供えすることによって、ご先祖を丁寧に供養し、自分たちの心をご先祖に寄り添わせる時期なのです。 ぼたもち ぼたもちはこしあんでもち米を包んだ生菓子です。 春のお彼岸にお供えします。 材料はおはぎと同じですが、おはぎは「粒あん」、ぼたもちは「こしあん」で作られているところが異なります。 秋のお彼岸のころは小豆の収穫時期に重なり、収穫したばかりの小豆を使ってあんこを作ります。 そのため、小豆の皮がやわらかく、粒あんにしておはぎとしていただきます。 春のお彼岸のころはしばらく保存しておいた小豆を使ってあんこを作るため、収穫したばかりのころに比べて小豆の皮が硬くなってしまっています。 ですから、春のお彼岸にはこしあんのぼたもちをお供えするのです。 「ぼたもち」の由来ですが、は春の季節の花である「牡丹の花」になぞらえて「牡丹餅」とされたことによるものです。 萩の花になぞらえて作られたおはぎが小ぶりの俵型なのに比べて、牡丹の花になぞらえて作られたぼたもちは大きな丸型をしています。 おはぎとぼたもちに形や由来などの違いはありますが、お彼岸にお供えする理由は同じです。 両方ともご先祖を大切に供養するために用意されているものなのです。 落雁 おはぎやぼたもちだけではなく、落雁もお彼岸にはよくお供えされます。 落雁は、米や麦などの穀物粉に水あめや砂糖、少しの水を加えて混ぜ合わせ、木型に入れて加熱・乾燥させてつくられる干菓子のことです。 蓮の花や鯛など形もさまざまで、さらに赤や緑などに着色されている落雁も多く、 華やかなお菓子です。 落雁がお供えされるようになった理由も様々ですが、• 砂糖が昔は高級品だったこと おはぎやぼたもちと同じく、落雁をつくるときに使う砂糖が高級品で現在のようにいつでもどこでも食べられるものではなかったので、ご先祖を供養する特別な品物として砂糖を使った落雁をお供えしました。 落雁が日持ちすること 落雁は水分が少ないため、生菓子に比べると長期間日持ちするお菓子です。 仏壇にはよく果物やお花がお供えされますが、これらも生菓子と同様に日持ちがしないため、日持ちしないものの代わりとして花や果物をかたどった落雁がお供えされました。 といったことがあげられます。 落雁はお彼岸だけでなく、お盆などご先祖を特別に供養するときにはよく選ばれているお菓子です。 お供え物のお菓子を選ぶポイント それでは、実際にお供え物のお菓子を購入する際に選ぶポイントを解説していきます。 日持ちがするもの お供え物のお菓子はなるべく日持ちがするものを選ぶようにしましょう。 お彼岸の期間は7日間あり、お供え物のお菓子もその期間仏壇にお供えしてあることが多いです。 ですから、生菓子のように日持ちのしないものは、お供えしている間に悪くなってしまうことがあります。 最低でも賞味期限が1週間以上、できれば 2~3週間以上あるお菓子を選びましょう。 また、日持ちがするお菓子でも、冷蔵・冷凍商品は避けましょう。 冷蔵庫や冷凍庫に保管しなければならないものだと、仏壇にずっと置いておくことができず、手を煩わせることになるからです。 お供え物のお菓子は、日持ちがして、なおかつ常温保存できるものにしましょう。 分けやすいもの お供え物のお菓子は小分けできるものを選ぶようにしましょう。 お供え物のお菓子を食べきれずに賞味期限を切らしてしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃいますよね。 羊羹など、大きなものを切り分けるようなお菓子だと、一度に食べないと悪くなってしまいますが、家族の人数が少ないと一度に食べきることは困難です。 小分けできるお菓子だとお参りに来られた方に分けることができますし、少しずついただくことができるので、一度に食べきる必要がありません。 ですから、小分けできるお菓子の方が後々のことを考えると便利です。 お彼岸の手土産にオススメのお菓子 それでは、お彼岸の手土産にオススメのお菓子を紹介します。 羊羹 お彼岸の手土産には羊羹(ようかん)がおすすめです。 羊羹は和菓子でありながら日持ちするため、好まれる方も多いです。 クッキーなどの洋菓子は、バターや牛乳などの動物性の材料が使われているため、お供え物としてふさわしくないとお考えになる方もおられます。 ですから、万人に好まれるものをお考えなら、 和菓子にするとよいでしょう。 最近では、羊羹も食べきりサイズのものの詰め合わせ商品が増えています。 羊羹一本は1人で食べるには量が多いので、一度封を開けてしまうと、日持ちしないので食べるのが大変ですよね。 ですが、食べきりサイズのものであれば、分け合って食べることができます。 手土産には食べきりサイズの羊羹がオススメです。 ゼリー 手土産には羊羹以外にゼリーもオススメです。 日持ちがする上に、小さいお子様からお年寄りまで 幅広く好まれる品物だからです。 羊羹などの和菓子は確かにお供え物として良いものなのですが、小さいお子様の中には和菓子が苦手という方もおられます。 小さいお子様がいらっしゃるご家庭に手土産を持っていく際には、羊羹よりもゼリーの方がオススメです。 特に秋のお彼岸はまだまだ暑いことが多いですので、のどごしのいいゼリーがお供え物としてよいのではないでしょうか。 お彼岸のお供え物にはのしをつける? お彼岸のお供え物には「のし」ではなく、「掛け紙」をつけましょう。 「のし」というのは、あわびを薄くのばして乾燥させた「あわびのし」を模した縁起物で、慶事のときのみ使われます。 よく弔事でも「のしをつける」といいますが、本来はのしのついた紙が「のし紙」ですので、「のしをつける」のは慶事のみです。 弔事の場合は、のしのない「掛け紙」を使いますので、弔事の時には「掛け紙をつける」というのが正しいです。 掛け紙の水引には 「黒白」か「黄白」の「結び切り」を選びましょう。 一般的には弔事だと黒白の水引が使われますが、関西では黒白ではなく、黄白の水引がよく使われます。 お供え物を持っていくご家庭の地域によって、使われている水引の色も異なりますので、あらかじめ調べておくとよいでしょう。 また、結び切りの水引はなかなかほどくことができないので、「不幸を繰り返さない」という意味が込められており、弔事の時に使われます。 水引には蝶結びのものもありますが、これは何度でも結べることから何回繰り返してもよい慶事の時に使われます。 ですから、お彼岸のお供え物の掛け紙には、間違っても蝶結びの水引は使わず、結び切りの水引を使いましょう。 表書きの上段には「御供」「御供物」と記入し、下段には自分の名前を記入します。 お菓子以外のお供え物• ろうそく 最近では柄が描かれたろうそくが増えてきており、種類も豊富です。 また、故人が近しい方であれば、お酒やビールや食べ物そっくりのろうそく(キャンドル)も作られていますので、故人の好きだったもののろうそくをお供えされるのもよいでしょう。 お線香 お線香にもいろいろな種類があり、煙やにおいが出ないものや、微香タイプのもの、香りが穏やかなものなどさまざまです。 故人のご家族の方の好みに合わせて選ばれるとよいでしょう。 果物 故人との「縁」と「円(丸い)」にかけて、丸い果物がよくお供え物として選ばれています。 お彼岸の季節にはかご盛りの果物がよく売られており、定番の品物でもあります。 ですが、暑い季節には果物はいたみやすいので、その時の気候を考えて選ばれるとよいでしょう。 お花 最近では、花束だけではなく、アレンジメントフラワーやブリザーブドフラワーをお供えされる方も増えてきています。 乾物や缶入りの食品 そうめんなどの乾物や缶ジュース・缶ビール・缶詰などは、日持ちするのでお供え物としてよく選ばれています。 お彼岸のお菓子のまとめ• 仏壇にお供えすべきお彼岸のお菓子にはぼたもちやおはぎの他、日持ちする落雁などがある。 ぼたもちやおはぎには、魔除けの効果があるとされている「小豆」と、昔は高級品とされていた「砂糖」が使われており、ぼたもちやおはぎをお供えすることでご先祖に心を寄り添わせてきた。 お供え物のお菓子を選ぶときには、日持ちがして小分けしやすいものを選ぶとよい。 お彼岸の手土産には日持ちして小分けできる一口サイズの羊羹やゼリーなどがオススメである。 お彼岸のお供え物には「のし紙」ではなく、「掛け紙」を用いる。 また、「黒白」「黄白」の「結び切り」の水引を使い、表書きの上段には「御供」「御供物」、下段には自分の名前を書く。 お菓子以外のお供え物には、ろうそくやお線香、お花や果物などがよく用いられる。 といったことが分かりました。 お彼岸を迎え、故人を偲ぶことはご遺族の方も喜ばれることです。 せっかくですから、お供え物も喜ばれるものを贈りたいですよね。 故人やご遺族のことを思いながら、そのご家庭に合った品物を選びましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の