ラブレター カナイセイジ。 【カードゲーム】ラブレターの遊び方とゲーム紹介

ラブレター (カードゲーム)

ラブレター カナイセイジ

ボードゲームやってますか!?スマホとかプレステじゃなくて、『人生ゲーム』とか『モノポリー』みたいな形のあるゲーム。 こういったアナログゲームが流行っています!ボクも『』を作るときはかなりゲームメカニックを意識したんですよ! 『』や『』といった新しい定番ゲームがたくさん生まれている現在は『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』が出た頃のファミコンブームの頃に近いものを感じます。 そして日本人デザイナーとしてアナログゲームの新しい定番『』を世界に送り出したのがさんです! 世界的なゲームを生み出した発想法 【カタパルト式なかむら】 『ラブレター』はどういう発想から生まれたんでしょうか? 【カナイセイジさん】 今ゲームには三つの要素があると言われていまして。 テーマ、メカニクス、コンポーネント。 『ラブレター』の場合はコンポーネントがスタート地点でした。 16枚のカードゲームという発想はここからなんですよ。 そこで『ラブレター』の原型となる最初のゲーム『RR』を作りました。 これが100個売れたんです。 2010年で来場者が1000人くらいのイベントだったので、これは大ヒットといえました。 その次に作ったのが『R』(再版名R-Rivals)で三作目が『ラブレター』でした。 『RR』も『R』も二人用のゲームだったので、16枚という縛りでさらに複数人でプレイできるゲームを作ろうというのが『ラブレター』のゴールでした。 あと少し意識していたのが『ごいた』ですね。 あれは32枚で4人用なので、ちょっとキャッチーな道具を用意できないか考えていました。 【カタパルト式なかむら】 キャッチーさといえば、お姫さまにラブレターを送るあのテーマはどうやって思いついたんですか? 【カナイセイジさん】 これは自分をほめてやりたいですね(笑)。 最初はスパイものだったんですよ。 スパイが偉い人にご注進するというゲーム。 ただこれだとどうも色気がない。 そこでふと「あ、お姫さまでいいんじゃないか?」って思いついたんですよ。 あれは自分でもヒットでした。 【カタパルト式なかむら】 スタートアップの世界だとプロトタイプを作って、ユーザーテストをして、と一つのプロダクトを完成形まで持っていくのに随分と時間がかかります。 【カナイセイジさん】 『ラブレター』は安産型でした(笑)。 その原型となるゲームが二つあったからかもしれませんが、2、3ヶ月でできました。 もちろん、ユーザーテストとかもやるんですが、評価されるゲームはアイデアの段階でもかなりいいことが多いです。 ゲームデザイナーとしての出発点 【カタパルト式なかむら】 すでにいろんなインタビューで聞かれてると思いますが(笑)、ゲーム作りをはじめたきっかけを教えてください。 【カナイセイジさん】 中学生の頃からテーブルトークRPGが好きで、大学でもロープレサークルに所属していました。 ゲームが好きで自分でも作りたくなった。 でも、テーブルトークRPGは作るのが大変。 トレーディングカードゲームも考えたんですが、これも一人で作るにはヘビーすぎる。 イラストもたくさん必要だし、勝ち方もたくさん考えないといけない。 一人でも作れるゲームということでボードゲームに落ち着いた感じですね。 【カタパルト式なかむら】 今でこそアナログゲームはすごい盛り上がりを見せていますが、当時はまだそれほど盛り上がっていませんでしたよね? 【カナイセイジさん】 時期的にはプレステ2が発売されて家庭用ゲームコンソールが全盛時代。 あと『ラグナロク・オンライン』とか。 まだボードゲームの名作ラッシュ前で、ブームがくる兆しはなかったように思います。 いまだったら発表の場はたくさんあるけど、昔はゲームマーケット自体があまり大きくなかったですし。 主にコミケに出店してましたね。 メディアも自分ブログくらいしかなくて。 【カタパルト式なかむら】 アナログゲームは世界的なブームです。 それが日本にも広まって来たという見方もできますが、日本ではどうして広まったんでしょうか? 【カナイセイジさん】 いくつかの要因があると思います。 人狼ブームが一つ。 東日本大震災で非電源ゲームに注目が集まったのが一つ。 アグリコラとかドミニオンなどの名作がゲーマー層に一気に広がったというのもあります。 真偽はわかりませんが、いわゆる有名人がツイッターでボードゲームに関してツイートしたとか。 そういう口コミもありましたね。 これからゲームが進む道 【カタパルト式なかむら】 ここ数年でアナログゲームは大きく変化してきました。 カナイセイジさんはこれからアナログゲームがどうやっていくと思いますか? 【カナイセイジさん】 これは非常に難しい質問ですよね(笑)。 本当にいろんなアイデアが毎年でて、出尽くしたと思っても新しいものが出てくる。 アイデアを持った人はたくさんいるんですよね。 例えば『』なんて本当に目からウロコでした。 一回しかプレイできない。 ネタバレができないから口コミも伝わりづらい。 それでもあの発想力とゲームとしての完成度であれだけの大ヒットになった。 あと大きいのが企画の作り方が変わってきている。 最近だとキックスターターから始まるゲームが増えてきている。 そして目がつけられるとクラウドファンディングで資金調達ができる。 面白いゲームが増えて、市場も大きくなってきている。 こういう環境の変化によって新しいアイデアが出やすくなっていると思います。 【カタパルト式なかむら】 日本のアナログゲームシーンはいかがでしょう? 【カナイセイジさん】 今は人狼や、『ラブレター』などの軽いゲーム、アニメや漫画などの別コンテンツとのコラボレーションを通して、多くの方がアナログゲームに触れる機会を得ていると思います。 ゲームを遊べるカフェとかも増えてますし。 そうやって興味を持ってくださった方々を、いかにもう少しプレイ時間が長くて面白いゲームのほうに誘導していくかが焦点となっているかと思います。 初心者として入ってきた方に、楽しみながら中級者になっていただきたいと皆さん頑張っています。 【カタパルト式なかむら】 以前インタビューでそのうち重いゲームも作ってみたいとおっしゃっていました。 【カナイセイジさん】 実はもう作ったんですよ。 『』という協力型のゲームを出しました。 【カタパルト式なかむら】 おお!これは面白そうですね!早速買います! 【カナイセイジさん】 実はすべて売り切れてしまったんですよ……。 日本だとまだまだこういう重いゲームを重版するのって大変なんですよ。 倉庫や在庫の問題とかがあるので。 【カタパルト式なかむら】 それでも『』みたいなヘビー級のゲームの日本語版が出るくらいだから日本でも本格的ゲームが普及する素地はできてると思うんですけどね!一ファンとして日本のパブリッシャーさんたちにはもっと頑張って欲しい!! 海外展開とかはあるんですか? 【カナイセイジさん】 はい、おかげさまで『ウニコルヌスの騎士たち』も海外版が出ることになりました。 『ラブレター』では海外向けのパッケージングを作っていただいたんですが、今回はアートは日本版のままの予定です。 こういうアニメっぽい絵にも一定の需要があるそうです。 【カタパルト式なかむら】 それを聞いて安心しました!英語版が出たら早速買います!すごく待ち遠しいです。

次の

ラブレター

ラブレター カナイセイジ

ハロー、こんにちは!ひねるです。 今日は「ラブレター」というアナログゲームを紹介します。 「ラブレター」は、カナイ製作所のカナイセイジさんが作成したカードゲームです。 同人ゲームというスタートでありながら、いくつもの賞を受賞し、その後商業ベースに乗って国内外で広く認知される作品となりました。 ゲームで使用するカードは 全部で16枚。 非常にシンプルな構成でありながら、ゲーム好きを納得させるだけの戦略性も持ち合わせています。 とはいえ、直感的にプレイする場面も多いゲームです。 のちほど紹介しますが、あるルールによって、どうしても論理的に考えきれない要素が出てくるんですよね。 製作者のカナイさん曰く、このルールがラブレターのキモとのこと。 ゲームの概要を公式サイトから引用しますと、 プレイヤーは姫に恋する若者となり、彼女の元まで恋文を届けようと試みます。 恋文を運んでくれるのは城に仕える様々な身分の協力者達(手札)。 彼らは恋文を預かるだけでなく、協力者としてあなたや他のプレイヤーに対して影響を及ぼす効果を発生させます。 ただし、他のプレイヤーに、自分の協力者が誰であるかを推測されるような行動は避けなくてはいけません。 なぜなら、他のプレイヤーは自分の協力者にあなたの協力者から恋文を奪い取らせ、ゲームから脱落させようと狙っているからです。 プレイヤーが保持できるのは、わずか1枚のカードのみ。 それらを上手に選択し、見事姫、もしくは姫に最も近い者に恋文を託すことのできたプレイヤーが勝者となります。 といった内容です。 ルールも内容物と同様にシンプルで、 人数は2 — 4人くらいまでで、キャラクター名、数字および効果の描かれた専用のカード16枚を使用しゲームを行う。 まず各人が1枚の手札を保持し、さらに1枚をゲームから除外して残りを山札とする。 手番が来たら山札より1枚カードを引き、先に保持していた手札または引いた札のいずれかを場に捨てる。 捨てたカードに記載された効果を処理したら、次のプレイヤーに手番が回る。 これを山札が無くなるまで繰り返し、最終的に一番数字の高いカードを持っているプレイヤー、もしくは最後まで生き残ったプレイヤーがそのゲームの勝者となる。 といったものになります。 1度プレイするか、これから紹介する夫婦で遊んだリプレイを読んでいただければ、すぐに覚えられると思います。 「ラブレター」夫婦で遊んだリプレイ ラブレターは一戦あたりにかかる時間が 5分から10分とかなり短いので、勝敗はゲームを合計3回先取した人の勝ちとしました。 1戦目 ゲーム開始時、山札から1枚のカードを 裏向きで除外します。 これはゲーム終了時まで誰にも公開されません。 この未公開のカードが、相手の手札を探る上で不確実な要素となり、ゲームをよりスリリングなものにします。 冒頭で書いたゲームのキモがこのルールになります。 さらに、2人でプレイするときは、山札から3枚のカードを除外します。 この 3枚は表向きでゲームから除外します。 というのも、2人でプレイするときは捨て札やアクションの総数が少ないので、どうしてもゲームを進める上で公開される情報が少なくなります。 そのため、最初にカードを公開した状態で除外することで、相手の手札を予測するためのヒントを増やし、ゲームの進行をスムーズにします。 悔しい…… というわけで、今回は3対2で妻の勝ちでした。 今回プレイして改めて感じましたが、「ラブレター」は、一戦を終えたあとに「ああしていたら勝てたかも?」という仮説が立ちやすいゲームだと思います。 一戦にかかる時間も5分〜10分と短いので、前のゲームで立てた仮説をすぐに検証できるという点が魅力的。 おもわず、もう1戦!と言ってしまう楽しさがあります。 癖になるゲームって、だいたいこういう特徴を持っていますよね。 まとめ 今回はカナイセイジさん制作の 「ラブレター」のリプレイをお送りしました。 ゲームで使用するカードが たったの16枚• ルールが非常にシンプル• 1プレイにかかる時間が5分〜10分程度 といったゲームですので、ゲームに慣れていない相手とでも気軽に遊べるのが嬉しいです。 相手と向き合ってプレイするアナログゲームは、コミュニケーションを楽しむゲームとも言えます。 今回のリプレイを読んで「ラブレター」に興味を持った方は、ゲーム好きのお友達はもちろん、ぜひ恋人や奥さんなど、大切な方と遊んでみてください! 肝心の入手方法ですが、以前はゲームマーケットやコミックマーケットでの即売会や、一部のアナログゲームショップでしか入手できませんでした。 しかし!最近はAmazonや楽天などでも販売されています!ぜひ一度チェックしてみてください!.

次の

外出自粛中でも楽しめる 無料でダウンロードして遊べるボードゲーム5選

ラブレター カナイセイジ

世界のボードゲーム愛好家を魅了し、 累計販売数200万個以上の名作「ラブレター」シリーズ最新作! 国内外で数々の賞を受賞し、世界からの評価も高いヒットゲーム『ラブレター』が、和の世界観で登場です。 手札はたった1枚、手番では1枚引いて1枚出すだけのシンプルさで、奥深い読み合いや駆け引きが楽しめます。 2人からできて、わずか5分で遊べる心理戦ゲームです。 【遊び方】 [準備] カードをシャッフルして裏向きに置き、山札とします。 山札から1枚取ったら、だれも確認することなく伏せてよけます。 各プレイヤーは、山札から1枚引いて手札とします。 [進行] 手番が来たら、山札から1枚引いて手札に加えます。 2枚になった手札から1枚選んで表向きに出し、カードの効果を使用します。 出したカードは捨て札とし、出した順番が分かるように表向きに並べます。 次は、左隣のプレイヤーが手番を行います。 これをゲームの終了まで続けます。 [勝敗] 山札がなくなったときにカードの強さが一番大きかったら勝ち、 または他のプレイヤーを全員脱落させたら勝ちです。 ゲームデザイン:カナイセイジ イラスト:田中寛崇.

次の