女流棋士 タイトル獲得数。 【2020年度】囲碁の女流棋士ランキングまとめ!仲邑菫初段はタイトルを狙えるか?

将棋の女流タイトル在位者一覧

女流棋士 タイトル獲得数

タイトル料は最高が「棋聖戦(読売新聞社主催)」の4500万円。 2番が「名人戦(朝日新聞社主催)」の3100万円。 2018年の賞金ランキング(手合い料含む)は、1位が5つのタイトルを獲得した井山裕太棋聖(29歳)の1億4696万円。 2位が一力遼八段(21歳)で5161万円。 対局料は棋戦(スポンサー)ごとに料金が違い、具体的な金額は公表されていない。 タイトル挑戦者を決めるリーグ戦では1局約100万円の対局料にもなるそうだが、菫初段がデビュー戦で打ったのは、優勝賞金600万円の棋戦、しかも予選1回戦なので、数万円というところだろうか。 勝ち進むにつれ、対局料も上がっていくシステムだ。 菫初段の当面の目標は、中学生までに女流棋戦のタイトルを獲得することだという。 現在、女流棋士は約100人。 第一人者・藤沢里菜女流本因坊(20歳)は3つの女流タイトルを持っている。 昨年の賞金は2189万円で、男性棋士に混ざってランキング6位に食い込んだ。 ちなみに、内訳は女流本因坊の優勝賞金が550万円、女流立葵杯が700万円、女流名人戦が350万円。 これにプラス、一般棋戦などの対局料の合計が2189万円ということになる。 菫初段がプロになる前の最年少記録、11歳6か月を持つ藤沢女流本因坊は15歳9か月、女流史上最年少タイトル獲得記録で初タイトルを奪取。 その年に女流本因坊にもなり二冠となった。 その年の賞金は1673万円。 高校1年の年齢で(藤沢女流本因坊は高校に進学していない)それだけ稼ぎ、現在までコンスタントにほぼその年収をキープしている。 藤沢女流本因坊に負けないほど菫初段が成長し、タイトルを獲得するなど活躍すれば、小学生のうちに1000万円、2000万円と稼ぐ可能性は大いにある。

次の

Wikizero

女流棋士 タイトル獲得数

通算女流タイトル獲得数は 歴代一位!!女流棋士界トップに君臨してきた最強クイーンです! 通算女流公式戦優勝回数・女流最高賞受賞回数・年度最高勝率など数々の 歴代一位記録を持つ、他を圧倒する成績を残すまさにレジェンド女流棋士! 1980年代後半から2000年代後半まで、 女流四冠独占・クィーン四冠を達成するなど、当時七冠タイトルを独占していた 羽生善治さんにちなんで「 女羽生(おんなはぶ)」と呼ばれていました。 将棋に関する著書も出していて、メディアでは 女流棋士初のNHK将棋講座の講師、 NHK杯テレビ将棋トーナメントの司会や刑事ドラマなど、多くのテレビ番組にも出演しています。 それでは今回は、日本将棋連盟所属の女流棋士・女流棋士番号7の清水市代さんを紹介します!• しかし、小学生の頃は家の中より外で活発に遊ぶ方が好きだったため、将棋を本腰で取り組むようになったのは中学に入ってからになります。 中学時代には、1983年 第15回女流アマ名人戦で優勝を経験。 中学3年の終わり頃に、名伯楽として知られる 高柳敏夫名誉九段一門に入門。 そして高校2年生に上がった1985年に、 女流2級で女流棋士となりプロ入り。 このとき、初期の 女流育成会制度での、上位者と下位者との入れ替え戦を勝ち抜いて女流棋士になったのは、清水市代さんだけという快挙でした。 そして入門してからは師匠の高柳敏夫さんに「 タイトルをとるまで恋も化粧もするな」とよく言われたそうです。 男性が主流の将棋界。 そんな中、女流棋士でありながら師匠から大きく期待されていたのだと思われるエピソードです。 通算勝率は7割超!女流四冠独占へ 初のタイトル獲得となったのは、1987年度の 第14期女流名人位戦。 中井広恵さんを相手に3戦全勝し、 女流名人となりました。 この時代から 林葉直子さん、 中井広恵さんとの三強時代に突入し、女流棋士界をリードし続けます。 1996年7月には、 女流王将・女流名人・女流王位・倉敷藤花のタイトルを獲得して 女流四冠独占を達成!この成績により 文部大臣表彰・都民文化栄誉章を受賞しました。 2000年、5度目の 女流王将位を獲得して永世位の「 クィーン王将」となり、他のクィーン位と合わせて「 クィーン四冠」という凄まじい記録を達成!その功績から女流棋士としては最高位の「 女流六段」へ昇段しました。 2009年、 第35期女流名人位戦で 矢内理絵子さんに勝利し、40歳1ヶ月で女流名人位を獲得という 最年長女流タイトル獲得記録を更新。 前人未到の成績を残す清水市代さんですが、2010年度はコンピュータ将棋システム「 あから2010」と対戦し敗北。 第32期女流王将戦では、 里見香奈さんに敗れて18年7ヶ月ぶりに無冠になるなど、好成績は残せませんでした。 しかし 18年間タイトルを保持していたという記録にまず目を見張るものがあります。 1980年代後半から2000年代後半まで、女流棋士界を席巻してきた清水市代さんのタイトル獲得合計は 43期と歴代1位!まさにクイーンオブクイーンズの名にふさわしい女流棋士なのです! そして、現在、日本将棋連盟の常勤理事としても活躍させています! なんと、女性で常勤理事になったのは、清水さんが初とのことです!すごいですね! 歴史を作っています。 清水市代さんの趣味やエピソード 清水市代さんの趣味は、読書・茶道・家庭菜園など。 よく読むのは 池波正太郎の時代小説などだそうです。 女流棋士として対局中は、姿勢よく背筋を伸ばして駒音は大きな音をたてないという、美しい作法で挑んでおり、自宅では子供向けの将棋教室「 ショウギ・キッズ・ハウス」を開いています。 1999年の女流王将戦では弟子の 石橋幸緒さんと師弟対決になり、弟子である石橋幸緒さんが勝ってタイトル奪取という、師匠越えを果たしています。 女流クイーン・清水市代さんの結婚の噂は?? 女流棋士界のクイーン清水市代さんの結婚の噂ですが、過去に男性棋士と婚約するという噂があり、師匠の高柳敏夫さんも噂が気になって本人に確認しました。 そのとき清水市代さんは、噂のお相手とは婚約するつもりはない。 と伝えたそうです。 師匠から「タイトルをとるまで恋はするな」と言われており、その当時はすでに 女流二冠を達成していたため、タイミング的にも結婚の噂はかなり信憑性のあるものだったのではないか。 と思われます。

次の

女流の将棋タイトル戦の賞金や永世称号は? 仕組みや奨励会との関係まとめ!

女流棋士 タイトル獲得数

歴代獲得ランキング [ ]• 2020年7月9日まで(本因坊戦終了時)• 公式戦のみ• 女流棋戦・地方棋戦(・など)は除く。 上位20位まで• 変動は最新のランキング変動。 七大タイトルの獲得ランキングはを参照。 順位 棋士 生年 獲得数 1 1956-06-20 (64歳) 75 2 1920-02-15 64 3 ・ ・ 1952-09-10 (67歳) 60 3 1989-05-24 (31歳) 60 5 1942-05-12 (78歳) 48 6 1947-03-15 47 7 1980-01-20 (40歳) 40 8 1942-05-06 (78歳) 35 1966-02-11 (54歳) 35 10 1948-08-15 (71歳) 24 1951-01-01 (69歳) 24 12 1925-06-14 23 1978-09-06 (41歳) 23 14 1958-11-07 (61歳) 22 15 1915-09-21 18 16 1976-10-26 (43歳) 15 17 1972-02-11 (48歳) 14 17 碁聖 1976-08-14 (43歳) 14 19 1907-02-27 12 20 1959-04-05 (61歳) 11 七大タイトル獲得数ランキング [ ]• 七大が七大タイトル合計(・・・・・・)。 三大が三大タイトル合計(・・)。 15位まで。 名前の後にあるのはか保持経験タイトルなど。 詳細はを参照。 2020年本因坊戦終了時点。 棋士名 生年 七大 三大 1 1989-05-24 (31歳) 48 23 2 1956-06-20 (64歳) 42 29 3 ・ ・ 1952-09-10 (67歳) 35 16 4 1947-03-15 31 6 5 元棋聖 1980-01-20 (40歳) 24 10 6 1920-02-15 21 9 1942-05-06 (78歳) 21 13 8 1942-05-12 (78歳) 17 4 9 1925-06-14 14 8 元棋聖 1978-09-06 (41歳) 14 9 11 1915-09-21 12 10 元名人 1966-02-11 (54歳) 12 4 13 元棋聖 1958-11-07 (61歳) 11 3 14 元本因坊 1951-01-01 (69歳) 10 7 15 1948-08-15 (71歳) 9 6 碁聖 1976-08-14 (43歳) 9 4 (31) 8連覇 (20) - (20) - (31) 5連覇 (31) 9連覇 (43) - (20) - 脚注 [ ] [] 注釈.

次の