いみじ 意味。 「いみじき」の意味は間違いやすい?その語源や由来も解説!

古典 文法 助動詞 じ

いみじ 意味

もくじ• ライバル関係にあったといわれる紫式部と清少納言 二人が属した立場 平安中期、の後宮には、を父に持つと、を父に持つとがいました。 ひとりの天皇に対して複数の妻妾がいるのはごく普通のことですが、中宮位が与えられるのはひとりだけ。 その決まりを覆したのが一条朝の後宮でした。 もともと定子が第一の后として存在し、一条天皇とも仲睦まじい夫婦だったといわれています。 そこに割って入ったのが彰子です。 定子の家は道隆の死をきっかけに傾いていき、摂関家の権力は道長のほうへ移っていきました。 いくら夫婦仲がいいといっても、天皇の婚姻には政治の力が働きます。 家の後ろ盾を失った定子は後宮での地位も失いつつあった。 彰子が入内したのはそんなころだったのです。 二人の父親である道隆と道長は同じ兼家を父に持つ兄弟で、家族です。 しかしこの時代、摂関家にもなると、我先に出世しようと娘を后がねにしたりと権力をめぐって争いがあるのが常でした。 定子と彰子もいとこ関係にありますが、後宮ではお互いに家の将来を背負ったライバルです。 そんな二人にそれぞれ仕えたのが、清少納言と紫式部でした。 定子サロンのできごとを綴った『枕草子』、彰子の出産を記録した『紫式部日記』 清少納言は定子に仕え、定子サロンでの日々を『枕草子』に綴っています。 この作品は清少納言が好きなことを適当に書いたのではなく、定子の輝かしい日々を世に残す、そんな動機もあったとされています。 一方、紫式部は彰子に仕え、彰子の出産を『紫式部日記』に記しています。 また、『』執筆も道長に依頼されてのことである、という説もありますね(わずか12歳で入内した彰子に一条天皇が興味を示すように)。 二人はそれぞれ道隆・道長に才女として見込まれ、サロンに送り込まれたのです。 単にお姫様のお世話をする女房として存在したわけではなく、姫の教養を高める、またサロンの品位を上げる存在でした。 彰子にはほかにも赤染衛門や和泉式部らが仕えていますが、どちらも平安を代表する歌人です。 道長が彰子サロンづくりにいかに力を入れていたかがわかりますね。 そういうわけで、シンプルに考えると一条天皇をはさんで、道隆陣営(定子、清少納言ほか)、道長陣営(彰子、紫式部、赤染衛門、和泉式部ほか)と対立構造になっているというわけ。 それで平安朝の代表的な女流作家の二人がライバル関係にある、と一般的に言われているのです。 宮中にいた時期は重ならない しかし、二人が宮中に出仕した時期は重なりません。 そもそも二人の主人である定子と彰子の年齢が一回り近く違うため、後宮にいた時期もあまり重ならないのです。 『枕草子絵巻』 清少納言が定子に仕え始めたのは、正暦4(993)年ごろ。 そこから10年もしない長保2(1000)年に定子は出産によって亡くなってしまい、清少納言は宮仕えを辞めて藤原棟世と再婚し任国へ下ったとされています。 紫式部はどうかというと、彰子に仕え始めたのがだいたい寛弘2(1006)年ごろ。 そこから数年間宮仕えをしたとされていますが、清少納言が宮仕えを辞めてから6年の空白期間があることがわかります。 清少納言は『枕草子』にあるように数々の有名な貴公子(・・藤原斉信など)とも親交があるなど宮中では有名な人物でした。 また『後撰和歌集』の撰者でもある歌人・清原元輔の娘としても名が通っていたでしょう。 それまで宮仕えしたことのない紫式部でもうわさに聞く程度には知っていたのではないでしょうか。 ただ、清少納言のほうが紫式部の存在を認知していたかどうかはわかりません。 もちろん『源氏物語』が世に広まってからは知っていたでしょう。 スポンサーリンク 『紫式部日記』の清少納言評 問題の清少納言評ですが、『紫式部日記』にはこのように記されています。 清少納言こそ、したり顔にいみじうはべりける人。 さばかりさかしだち、真名書きちらしてはべるほども、よく見れば、まだいとたらぬこと多かり。 かく、人にことならむと思ひこのめる人は、かならず見劣りし、行末うたてのみはべれば、艶になりぬる人は、いとすごうすずろなるをりも、もののあはれにすすみ、をかしきことも見すぐさぬほどに、おのづからさるまじくあだなるさまにもなるにはべるべし。 そのあだになりぬる人のはて、いかでかはよくはべらむ。 『紫式部日記』(校注・訳:中野幸一『新編日本古典文学全集』/小学館)より かなり長いですが、簡単に訳してみると「清少納言って得意顔で利口ぶって漢字を書き散らしてるけど、よく見たら足りないところもある。 人より優れたところを見せようと振る舞う人はゆくゆくは悪くなる一方だと決まってる。 こんな人たちの行末がいいわけないよね」という感じ。 最初から最後までほめるところがありません。 漢字を書き散らすことに関しては、紫式部自身も学者を父に持っていて漢詩の知識も十分にあったので、女の身で偉そうに漢詩の知識をひけらかす清少納言の振る舞いには思うところがあったのでしょう。 並んで批評されている和泉式部や赤染衛門、丹波守の北の方などはよくない点を挙げながらもほめているところはあります。 最初から最後までこき下ろす清少納言評はかなり目立ちます。 では紫式部は清少納言を認めず見下していたのか。 実はそうでもなさそうなのです。 「春はあけぼの」いいじゃん! 「春は、あけぼの。 やうやう白くなりゆく、山ぎはすこし明りて……」。 『枕草子』冒頭の有名な一説です。 今でこそ「春はあけぼの」、はいはい春は明け方がきれいってね~、と枕草子の描写はありきたりなものと思えるかもしれませんが、当時はそうではありませんでした。 春はあけぼの。 夏は夜。 秋は夕暮れ。 冬はつとめて。 清少納言が四季の美しさを挙げていったのは、どれも「時間」です。 確かに、明け方の太陽の光や夏の夜の涼しさ、秋の夕暮れのちょっと切ない感じや冬の早朝のひんやりした空気に吐く息の白さなど、その時間にしかない良さはあります。 でも、どうでしょうか。 「春は何がすてき?」と聞かれたら「桜!」と即答しませんか?春といえば現代の私たちにとって桜。 それは平安時代も同じで、和歌でも春の定番といえば桜、または梅、動物なら鶯。 夏ならほととぎす、秋は雁や紅葉、菊の花、冬は雪。 その季節にしかない花や動物、景色を詠んだ和歌が多いのです。 もちろん時間帯を和歌に入れたものもありますが、これほど印象的に表現した作品がほかにあったでしょうか? そもそも「あけぼの」という言葉。 存在はしていましたが、平安時代初期には見られない表現でした。 和歌では『後拾遺集』以降によく用いられた表現で、平安中期以降に流行した言葉だとされています。 平安中期ごろの流行語イコール清少納言が流行らせたとは言えませんが、1000年以上経っても色鮮やかで印象的な表現、『枕草子』以外にないでしょう。 平安時代、勅撰集の和歌は春・夏・秋・冬がそれぞれ部立になっていて、季節の和歌は誰もが詠んでいました。 しかし、「春は明け方、夏は夜、秋は夕暮れ、冬は早朝がいいよね!」と普通の人が考えもしない意外なことを言ってのけたのは清少納言その人です。 清少納言が素晴らしい感性を持っていたというのは、この冒頭からすでにわかるのです。 さて、この「あけぼの」という言葉、紫式部も『源氏物語』で使っています。 つれづれなる夕暮、もしはものあはれなる曙などやうに紛らはして 『源氏物語』「明石」巻(校注・訳:阿部秋生・秋山虔・今井源衛・鈴木日出男『新編日本古典文学全集』/小学館)より 「朝のしみじみとした風情の明け方」、こういう表現で使われています。 あれだけ日記で痛烈に批判しておきながら、清少納言が用いた表現を自分の作品に使っている。 これが『枕草子』の影響だとは言い切れませんが、紫式部は『紫式部日記』の冒頭を季節の描写から始めています。 こういうところも清少納言を意識していたのでは?と思える理由となっています。 日記では批判していますが、口には出さないものの認めるべくは認めていた。 紫式部自身優れた作家であったからこそ、清少納言の感性は認めざるを得なかったのではないでしょうか。 こうしてみると、清少納言側の紫式部評がないことが残念に思われます。 スポンサーリンク 紫式部は彰子サロンを盛り上げなければならない立場 清少納言を全力で否定していたわけではなかった紫式部。 彼女が『紫式部日記』の中であれほどこき下ろしたのには、紫式部が置かれていた立場に理由があったと考えられます。 清少納言が『枕草子』を書いた動機のひとつには、当時定子の父・道隆が亡くなり、兄の伊周は左遷……定子サロンにもかげりが見え始めるなか、定子サロンがいかに素晴らしいかを世に知らしめる意図があったと言われています。 『紫式部日記』もそれに近いものがあったと考えられます。 世はすでに道長の天下、とはいっても、一条天皇と定子はとても仲睦まじく、彰子が入り込む隙間はないほどだったとか。 人々も「あのころの定子サロンは輝かしかった」と知っている。 紫式部は、彰子サロンを上げるために定子サロンを下げる必要がありました。 そのやり玉にあげられたのが目立つ清少納言だったのではないでしょうか。 こちらを持ちあげるのに他方を下げる、あまりいい方法とは言えませんが、後から後宮に加わった彰子サロンはもともとそこに存在した強大な定子サロンの評価を下げでもしないと、目立つことができなかったのかもしれません。 ちょっと炎上商法のようですが……。

次の

伊勢物語『芥川・芥河(あくたがわ)』解説・品詞分解

いみじ 意味

「いみじき」の意味は? 「いみじき」の意味は、 「程度が甚だしい様子」「並々でない様子」 などがあります。 好ましいものか好ましくないものかに関係なく、 程度が甚だしい時に使う事ができます。 具体的な内容を表すような言葉がない場合は、 好ましい意味にするか 好ましくない意味にするかを 前後の文脈から判断しなければいけません。 好ましい内容の場合は 「素晴らしい」「優れている」 「立派である」「嬉しい」 好ましくない内容の場合は 「ひどい」「辛い」「悲しい」「恐ろしい」 などがあります。 例えば、 「いみじき人」という表現がされている場合、 前後の文脈が好ましい内容であれば 「とても素晴らしい人」「立派な人」 好ましくない内容であれば 「ひどい人」「恐ろしい人」 という意味になります。 「いみじき」の語源、由来とは? 「いみじき」は、 古語の形容詞である「いみじ」の連体形です。 「いみじ」は穢れ(けがれ)を祓う事や 穢れを避ける事を意味する 「忌み(いみ)」が語源になります。 その由来として、 忌むべき程ひどい という事から程度が甚だしい事を 意味するようになりました。 「いみじき」「いみじくも」の違いとは? 「いみじ」の連用形である「いみじく」は、 現在でも「いみじくも」という形で 使われる事があります。 しかし、 「いみじくも」を使う上で 「いみじき」との違いについて 注意しなければいけない事があります。 「いみじ」や「いみじき」は 好ましい事にも好ましくない事にも 使う事ができますが、 「いみじくも」は「適切に」「上手く」 のように好ましい内容として使われます。 これは現在までの長い時間使われてきた中で、 言葉の意味や使われ方が変わってきたためです。 「いみじき」はあまり馴染みのない 言葉のためによく意味を間違えられます。 特に、文脈によって意味が変わる事には 注意しなければいけません。 現在では使う事がない言葉かもしれませんが、 同じ「いみじ」を語源としていて 現在も使われる「いみじくも」 という言葉との違いも覚えておきましょう。 「いみじくも」という言葉も 気になる人はこちらで解説しています。

次の

古典 文法 助動詞 じ

いみじ 意味

「いみじくも」の意味と語源とは? 「いみじくも」の意味は「適切に」と「非常にうまく」 「いみじくも」は「適切に」や「非常にうまく」という意味の副詞です。 誰かの行動を認めたり、褒めたりするときに使われることが多い表現です。 後ろに過去形の動詞をつなげて使うことが多く、例えば「いみじくも言った」という文は、「非常にうまく表現して言った」という意味になります。 「いみじくも」の語源は「忌む」 形容詞の「いみじ」に助詞の「も」をつけた言葉が「いみじくも」です。 「いみじ」は、嫌ったり避けたりする意味の「忌む」という動詞が、穢れなどを意味する「忌み」という名詞になり、さらに形容詞である「いみじ」になったとされています。 「穢れとして避けなければならないくらいひどい」という意味から、「程度がはなはだしい」という意味として使われるようになりました。 善悪関係なく「はなはだしい」という意味で使われ、現代語では「非常にうまく」という良い意味だけが残りました。 「いみじくも」の使い方と注意点 「偶然にも」を「いみじくも」と使うのは誤用 「いみじくも」は「偶然にも」という意味で誤用されることがあります。 例えば、「偶然にも結婚記念日に亡くなられた。 」という文を、「いみじくも結婚記念日に亡くなられた。 」と表現するのは間違った使い方で、正しくは「奇しくも結婚記念日に亡くなられた。 」になります。 「いみじくも」は漢字にしない 「いみじくも」の語源は「忌む」だとされていますが、「いみじくも」を「忌みじくも」と表現することは一般的にはありません。 基本的にはひらがなで使われる言葉です。 「忌」という漢字は、穢れなどのネガティブな印象を持っています。 「適切に」や「非常にうまく」など前向きな意味の言葉が、ネガティブに受け取られてしまう可能性もありますので注意しましょう。 「いみじくも」の同意語と類語は? 「いみじくも」の同意語は「巧みに」 「いみじくも」の同意語に「巧みに」があります。 「非常にうまく」という意味を、「いみじくも」と同じく一言で表現できますので、使いこなせるようにしておきましょう。 「巧みに」は「いみじくも」と同じ意味ですので、言い換えて使うこともできます。 例えば「この絵は、いみじくも真実を表している。 」は、「この絵は、巧みに真実を表している。 」という文に言い換えることができます。 「いみじくも」の類語は「上手に」 「いみじくも」の類語には、「上手に」や「見事に」などがあります。 どれも非常にうまくいくという意味を表しています。 「上手に」や「見事に」よりも「いみじくも」の方が、要点を捉えることがうまいという意味合いで使われることが多いです。 いみじくもの用例をチェック 「いみじくも」を使った短文 ・「猿も木から落ちる」とは、いみじくも言い得たものだ。 「猿も木から落ちる」とは、本当にうまく表現したものだ。 ・2つの違いをいみじくも表現している。 2つの違いをとても上手に表現している。 ビジネスで使う「いみじくも」の例文 ・いみじくもお客様が指摘してくださった通りです。 とても適切にお客様が指摘していた通りです。 ・課長はいみじくも私のミスを指摘した。 課長は非常にうまく私のミスを指摘した。 「いみじくも」は古文で使う? 古文では「いみじ」を使う 「いみじくも」を古語と感じる人もいますが、基本的に現代語です。 古文では「いみじ」という表現の方が使われることが多いので覚えておきましょう。 「いみじ」は、「はなはだしくひどい」という意味の言葉です。 紫式部日記に書かれた文で、紫式部が清少納言のことを「いみじうはべりける人」と表現して批判した文章が有名です。 「いみじくも」を英語で表現すると? 「いみじくも」は英語で「quite appropriately」 「非常にうまく」という意味の「いみじくも」を英語で表現すると、「quite appropriately」となります。 「quite」は「かなり」、「appropriately」は「適切に」という意味の単語で、「quite appropriately」を直訳すると「かなり適切に」となります。 「それはいみじくも表現された」を英語で表現すると、「It was quite appropriately expressed. 」となります。 まとめ 「いみじくも」は、日常で使うことが少ない表現ですので、正しい意味を知らない人も多いかもしれません。 しかし、全く使われない言葉ではありませんので、意味を理解しておいた方がよいでしょう。 「いみじくも」は誤用の多い言葉でもあります。 間違って使わないように気をつけることも大切です。

次の