ロバート デニーロ 作品。 ロバート・デ・ニーロ出演映画の中から最高の8本を厳選!│今日も映画ですか?

ロバートデニーロの傑作・代表作!おすすめ映画を紹介します

ロバート デニーロ 作品

内気で人付き合いが苦手な医師セイヤーにロビン・ウィリアムス、不治の病に冒された患者レナードにロバート・デ・ニーロ。 水と火のように対照的な二人の演技が稀有の名作を作り上げた。 1920年代に流行した嗜眠性脳炎に罹り30年間半昏睡状態のレナードは、意識はあるが話すことも身動きもできない。 そのセイヤーがレナードに試験的な新薬を投与し、機能回復を試みる。 内気で人間関係が苦手な新任医師のセイヤーにとって唯一の拠り所は看護婦のエレノア(ジュリー・カブナー)だ。 そしてレナードは奇跡的な Awakenings ーー目覚めーーの朝を迎える。 ある日、レナードは父親の看病に来ていたポーラ(ペネロープ・アン・ミラー)に恋をする。 彼女への思いが徐々にレナードの自我の目覚めを呼び起こし、ついに一人で外出をしたいと医師団に申し出るが、病状の悪化を恐れた医師たちはそれを拒否する。 レナードは反抗心を抱き、それをきっかけにレナードの病状は悪化の一途を辿っていく。 セイヤーは罪悪感に苛まれるが、エレノアに励まされて患者達とのふれあいを思い出し、人々との関わり合いの大切さに気付く。 患者を演じたデ・ニーロの演技の凄まじさは狂気に近いものがある。 難病の恐ろしさがデ・ニーロの迫真の演技で生々しく伝わってきて、その凄さは身震いがするほどだ。 彼以外に誰がこのような演技ができるだろう。 なかでも、病状が悪化し再び麻痺状態に戻りつつあるレナードが惨めな姿を見せまいとポーラに別れを告げるシーン。 それでもポーラはレナードの手を強く離さず、ダンスを一緒に踊る。 涙を抑えられない場面だ。 デ・ニーロの火のような熱演に対し、ロビン・ウィリアムスの医師は誠実と慈愛に充ちている。 その優しい温もりは、映画を見終えた後もずっと長く心に残る。 素晴らしいとしか言いようがない。 この映画の原題ーーAwakeningsーー「目覚め」は30年もの間半昏睡状態だった患者に訪れた「目覚め」であるのと同時に、人付き合いの苦手な医師が患者たちとの関わり合いを通して人間の尊厳と愛に気付く「目覚め」でもあるのだ。 1969年の夏、NYブロンクス病院の慢性神経性患者20名に起きた奇跡の回復を綴った実話に基づく作品。 嗜眠性脳炎により利発だった少年時代から時が止まったロバート・デニーロ演じるレナード、彼にパーキンソン病患者向け新薬を実験投与し、30年振りの覚醒に成功したロビン・ウィリアムス演じる人嫌いのセイヤー医師。 この二人の心の交流と病院挙げての副作用との闘いを静かに描いた心情描写主体のストーリーに深く感銘を受けた。 背景は二点。 一つ目は、とかく生産性と合理性が重視される資本主義社会における彼等の存在場所の確保こそ、社会全体の義務であることを再確認出来る事。 最近、日本でも長期療養施設での凄惨な事件が起こる背景には、自由資本主義万能の勘違いが横行しているからだ。 セイフティーネットのない社会は脱落者を排除するだけでなく、挑戦心や家族を持つ意義すら失わせる社会である事を改めて感じる。 そして市場では解決出来ない環境や病気、犯罪等の外部不経済は社会全体で支えるしかない事を胆に銘じたい。 二つ目は、人格形成には社会性が必要であり、反抗期や青年期の挫折や葛藤、社会での勤労精神や権利と義務等を経験した上での自己承認が大事だと改めて思えた。 学問や知識、専門スキルが有れば生きていけるが、真の人生を送ったとは言えないのではないか。 二人の迫真の演技が物語るのは、自由に生きられない事が如何に辛いかと言う事と、人への慈しみや愛こそ今の経済社会の暴力性を紙一重で抑えている事実の訴えだと思う。 高価な新薬投与の為の資金援助に快く小切手を切る後援者や病院関係者達、レナードと心を通わせる女性の姿こそ、最も印象的だった。 それは我々も主演二人を支えるべき社会の一員である事を象徴しているからだ。 是非、彼等の渾身の演技を観て感じて欲しい、美しい心の名作です。 このBlu-rayには映像特典は一切無いが、その方が興醒めしなくていい。 二十年以上前に見たときは、ヒューマンドラマとして素敵な感動を与えてくれました。 でも、病気から目覚めたレナード氏の年齢を超えた今、見てみると、悲しみの方が大きく感じられます。 子供の時から体が動かなくなり、20歳を過ぎたころから完全に意識がなくなってしまった彼は50歳を超えて現実の世界に戻ってきます。 なくしてしまった人生の大半を思う彼の悲しみや憤りが伝わってきます。 リルケが好きな知的な彼は、20歳の心であっても、優しさやユーモア、正義感を持ち合わせています。 薬が効かなくなって、また体が動かなくなっていく悲しみは人間としてはかり知れないほどのものでしょう。 オリバーサックスという医師の体験した実話を、ロバートデニーロの名演(レナード役)がさらに深い人間を演じ、医師役のロビンウィリアムスが、人の悲しみがわかる医師を演じきっています。 ロビンウィリアムスは、晩年アルコール依存の治療、パーキンソン病、認知症を患い、自死しました。 彼の演技の中に、彼自身の人生で経験したものがあったのだろうなと思うと、そのことも悲しくなります。 すばらしい原作に、二人の名優がさらに感動を深める演技を加えてくれた、何度も見たい作品です。 Brilliant! No other word for it. What makes this movie is the fact it actually happened for real. Not only does it prove that miracles can happen but that two of Hollywood's finest actors Robin Williams and Robert De Nero can give an outstanding performance. This movie will certainly make you think and will pull on those heartstrings and quite rightly so! Great movie saw it a few years ago and decided to buy the DVD. It is supposed to be based on a true story. It's about a brilliant doctor Williams who discovers a drug which brings people out of comatose or locked in syndrome. It also tells of a delightful young boy who slowly loses all his abilities and ends up catatonic in his teens. He is now in his 30s DeNiro , institutionalised when a new young doctor starts working with him. He gets wide spread criticisms for this contraversal experiments. However, which seems to be working well, then things seems to start going wrong. I watched "awakenings" because I am trying to watch all of the films that Robin Williams has been in, to be honest I only do this because I am somewhat obsessed with completing collections not that this particular collection is anywhere near complete, Robin Williams has an awful lot of films. During my quest to collect all of Robin Williams' work I have gone from an avid fan that truly believed this guy could not be in a bad movie to realising that he defiantly can. But never the less I persevere through his back catalogue and hope that I never again come across stinkers like "seize the day". I was trying to avoid seeing "awakenings" because I thought it was going to be another "seize the day". First impressions from the poster and the trailer were not looking good I thought that this film looked terrible. But then I noticed that the film is directed by Penny Marshall "I know that name" I thought to myself, so I looked her up. The film often displays the easy sentimentality typical of director Penny Marshall, which makes you feel quite warm and fuzzy. The plot is pretty typical in the sense that it pitted its heroes against mindless hospital bureaucrats in a tired effort to force a obligatory antagonist into the story, but because the film is based on true events, this plot device doesn't seem too over blown as it so often can do in films. The performances of stars Robin Williams and particularly Robert De Niro make it a very interesting film to watch. Cast against type, the two pros sink their teeth into their roles, Williams, as a shy genius and De Niro as a man with a teenager's mind betrayed by a collection of physical tics and twitches. Apparently so comfortable was Williams in the doctor role that he repeatedly returned to it and played healers in numerous later films, including NINE MONTHS 1995 , Good Will Hunting 1997 , What Dreams May Come 1998 , and Patch Adams 1998. For me, De Niro was just a perk to this film for I watched it for Williams, I don't know why but Williams seems to do some of his best work playing a doctor and this film is no exception. Based on actual fact, the film deals with an epidemic of encephalitis in the USA around 1920 and the resulting effects on those who survived the initial disease but developed, sometimes years later, a total paralysis which left them like living statues incarcerated in hospitals for the incurable - a very fine performance by Robin Williams who plays the young doctor who comes across a group of such patients one of whom is played by Robert de Niro and who uses a newly-discovered experimental drug called L-dopa with some remarkable results - all-in-all a very well-made and though-provoking film with fine acting from Williams and de Niro and the supporting cast. Well worth watching! An emotional roller coaster of a film based on a true story. A marvelous performance by Robin Williams who plays the lead performance as the brilliant Dr Malcolm Sayer, who takes up a new post at the Bainbridge Hospital and discovers a group of patients that have been in a semi-coma for several decades as a result of an epidemic many years earlier. Using a new experimental drug he manages to awken Leonard Lowe Robert DeNiro , who he befriends, and then all of the other patients. But is enough known about this wonder drug? Whilst trying to teach his patients the joys and pains of living, Dr Sawyer quickly learns that he is out of touch with his own emotions. This is not an edge of your seat action film, but you will remained glued to the set. Yet another DeNiro gem and also one of Robin Williams finest roles. Very enjoyable, but might put a tear in the eye of some. Robin Williams died the night before today. This is my first movie review on amazon and I feel it is necessary to write it: "Awakenings" is a more than great movie with a brilliant performance by De Niro, and an outstanding performance by Williams. If you haven't seen this movie before, you have yet to experience how a true story, brought to life on the screen, not only grips you by the heart, but also lifts your perspective on history, life and love to a dimension, you never encountered before. De Niro - as always - brings depth and reflection to his performance, but the true wonder is the acting by Williams. There is little more to add than RIP Robin - may you be happy, wherever you are. Awesome film based on true events, which are very moving and inspiring. This is a Must See film for anyone working with terminally ill patients such as Parkinson's, Alzheimer's MND etc. Showing how important it is to treat them with respect and compassion, as you would want to be treated, because after all it isn't their intellect that has gone only their bodies that are letting them down. It's 1969 and Dr. Malcolm Sayer Robin Williams takes up a position in a New York hospital where he encounters survivors of the Sleeping Sickness epidemic that occurred decades previously. The story of one patient, Leonard Lowe Robert De Niro is told in the first scene and it is his case that Dr. Sayer responds to in a new quest to have his sleeping patients react to him. After many experiments with drugs and appeals to his employers, Sayer achieves something of a miracle for his patients and the hospital when the living statues wake from their decades long sleep. This brings about tougher challenges for Sayer as he struggles to control the effects of drugs on his patients and they on him. The events in this drama, particularly the awakenings and the aftermath some months down the line, pack an emotional punch. The new and not always happy circumstances each patient finds themselves in are hard to come to terms with, as is the great responsibility Dr. Sayer now feels for them. Leonard is now capable of feeling emotions he didn't know he had and quickly wants to learn how to be the complete adult he should be. Through it all is another kind of awakening; that of Dr. Sayer himself, who for so long buried his emotions beneath his work, they appear forgotten. As with Leonard, we see him taking steps to become complete again. People with an aversion to sentimentality may think this film is full of it, but shouldn't be put off. I found emotions were kept in check and as someone who can't stand the sentimental, I wouldn't have this film any other way. It's of course helped by the two brilliant performances that underpin it. Williams is well known for his loud, brash characters but seems to find another level in becoming someone hidden from others. As the introverted doctor, he is very compelling. De Niro who spent time in a mental hospital before production is just fascinating to watch. By turns childlike and joyful, then disturbed and chaotic, I am drawn to his character from the second he shows any expression. Considering his other roles of that time this came out the same year as Goodfellas , his range is extraordinary. A well researched and thought provoking fact-based drama that should stay with you for a while. Was soll das, fragt man sich, denn der "Honeymoon" ist bei Parkinsonpatienten auch schon lange bekannt.

次の

ロバートデニーロの若い頃の画像は?身長や性格なども紹介!

ロバート デニーロ 作品

受賞 『』 『』 『』 『』 助演男優賞 『』 『タクシードライバー』 『レイジング・ブル』 『』『』 『ミーン・ストリート』 『タクシードライバー』 『レイジング・ブル』 アンサンブル演技賞 『』 『』 作品賞(テレビ映画部門) 『』 AFI賞 『』 『アイリッシュマン』 特別賞 『レイジング・ブル』 長年の功績に対して その他の賞 主演男優賞 『レイジング・ブル』 『』 備考 ロバート・デ・ニーロ(Robert De Niro、 - )は、の、。 を受賞した『』、を受賞した『』、および『』などの監督作品や、ベトナム戦争ものの『』などへの出演で 知られている。 会員 である。 撮影の前に徹底した役作りを行うことで有名。 また、『』などの作品でも務めている。 生い立ち [ ] の出身。 父親のロバート・デ・ニーロ・Sr. と母親のヴァージニア・アドミラルはともに。 父は系及び系であり、母は、、、の血を引いていた。 2歳の頃に両親が離婚し、母親の元で育てられたが、父親も近くに暮らしていたため行き来して育つ。 少年時代から役者に憧れ、の下で演技を学んだ後に、名門に通った。 一時期ヨーロッパに出向き、各国を渡り歩きながら演技の修行をしていたこともあった。 キャリア [ ] 役者として駆け出しの頃は、同様に無名フィルムメーカーであった監督とコンビを組んでいた。 1972年に公開された『』でソニーやマイケル役のオーディションを受けたが落選。 しかし、監督のはデ・ニーロの演技力を高く評価し、続編の『』では若きドン・ヴィト・コルレオーネの役を割り当てた。 デ・ニーロは、この役を演じるためにわざわざまで赴きシチリアなまりのイタリア語をマスターした後、のしゃがれた声を真似るために必死の練習をしたという。 その演技は評判となりを受賞した。 1970年代は作品に恵まれ、その後も『タクシー・ドライバー』や『』など、映画史に残る作品に出演した。 1973年には長らくコンビを組むことになる監督の『』に出演。 これ以降、『』(1976年)、 『』(1977年)、『』(1980年)、『』(1983年)、『』(1990年)、『』(1991年)、『』(1995年)『』(2019) といった同監督の作品に主演した。 2012年にはイギリスのTotal Film誌の発表した「映画史に残る監督と俳優のコラボレーション50組」にて第1位に選ばれた。 2013年公開の主演作『』ではスコセッシは製作総指揮を担当した。 を受賞した『レイジング・ブル』では体を鍛え上げボクサー役を演じた後、老いた主人公を演じるために体重を20キロ増やした。 このようなデ・ニーロ流の徹底した役作りは デニーロ・アプローチと呼ばれるようになり、彼の代名詞となった。 出世作である『』をはじめ、『』、『』、『』、『』、『』など犯罪映画に多く出演してきたが、半ばからはなどでも成功を収め、近年は『』や『』でコミカルな役柄を演じるなど幅広い演技力を見せている。 には、 と共同で、プロダクション「トライベッカ (トライベッカフィルムセンター)」を設立。 2013年には『』で21年振りにアカデミー助演男優賞にノミネートされ、還暦を超えてもなお精力的に活動を続けている。 役作り [ ] 上述の通り、デ・ニーロは役に成りきるための努力を惜しまない。 その例を挙げる。 『ゴッドファーザー PART II』では、に住んで、シチリア訛りのをマスターした後に、のしゃがれ声を完璧にした。 『タクシードライバー』では3週間、でドライバーとして働いた。 『ディア・ハンター』では、物語の舞台となったに撮影数ヶ月前から偽名で暮らしていた。 さらに鉄工所で働こうとしたが、現地の人に拒否されたという。 『レイジング・ブル』では実在したミドル級ボクサーの鍛え抜かれた肉体を披露し、その後、引退後の姿を表現するために体重を20キロも増やした。 このために赴いて、現地のあらゆるを食べ歩いた。 主人公がの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』では、ユダヤ人家庭にした。 『アンタッチャブル』では頭髪をそり上げ、を演じた。 体重は直後に別の映画出演が決まっていたので太るわけにいかず、ボディスーツを着用したが、顔だけは太らせて撮影に臨んだ。 『ミッドナイト・ラン』では、と共に実際のと共に行動し、捕獲の瞬間、張り込みを見学し、捜査の方法などを習得した。 『ロバート・デ・ニーロ エグザイル』でホームレス役で出演するため、役づくりのためにホームレス施設に潜入した。 私生活 [ ] イタリア名誉市民権 [ ] にの首相が彼を「著名なイタリア系移民」として表彰しようとしたが、一部市民団体がデ・ニーロは『』などで「イタリア=」のマイナスイメージを植え付けた人物だとして抗議した。 紆余曲折の末、2006年のローマ映画祭の最終日のセレモニーの際に名誉市民権が授与された。 家族 [ ] 1976年に女優のダイアン・アボットと結婚し、アボットの娘を養子にとり、息子ラファエルをもうけるも1988年離婚。 1995年には当時交際していたモデルのToukie Smithとの間にで双子をもうける。 1997年に女優のグレイス・ハイタワーと再婚 1998年には息子エリオットが生まれた。 1999年8月にはデ・ニーロが離婚の申し立てを行った が、離婚はせず 2011年には娘グレイスが生まれている。 2016年3月にへの出品作品取り消し問題 についての書面の中でエリオットがだと発表した。 エリオットの自閉症の原因はワクチン接種による薬害であると主張している。 博士号 [ ] 2012年5月にはより博士号を授与された。 トライベッカ [ ] 生まれ育ったの地域には特に愛着を持っている。 共同で設立したプロダクションにもその名を使い、で被害を受けた復興のためにトライベッカ映画祭を主催するほか、トライベッカ・グリルや(との共同)などのを経営している。 アメリカ本国ではやなどのにはほとんど出演していない。 の曲「」の歌詞にもトライベッカとデニーロの名前が登場している。 エピソード [ ]• 映画以外では表立った活動を避け、を欠いたの対応は嫌悪する。 またドナルド・トランプを批判した際には、マス・メディアに大きく報道された。 『ディア・ハンター』で、制作のがを降板させようとした時、この映画のヒロインで、カザールの婚約者だったや監督のとともに「ジョンを降ろすなら、自分も降りる」といってカザールの続投を認めさせた。 ユニバーサルは(骨腫瘍)宣告を受けていたカザールの健康に配慮して降板を企図したのだが、デ・ニーロらはカザールの意志を尊重した。 デニーロは、カザールの医療保険を支払ったとも報道された。 ウィズアウト・ユー Entropy(1999年)• About a Boy(2002年)• Rent(2005年) 監督作品 [ ]• The Good Shepherd (2006年) 制作作品 [ ]• Thunderheart (1992年)• When They See Us 2019年 リミテッドシリーズ 受賞歴 [ ] アカデミー賞 [ ] 受賞 :『』 :『』 ノミネート アカデミー主演男優賞:『』 アカデミー主演男優賞:『』 アカデミー主演男優賞:『』 アカデミー主演男優賞:『』 アカデミー助演男優賞:『』 :『』 英国アカデミー賞 [ ] ノミネート 新人賞:『』 :『』 主演男優賞:『』 主演男優賞:『』 主演男優賞:『』 主演男優賞:『』 :『』 ゴールデングローブ賞 [ ] 受賞 :『』 ノミネート 主演男優賞 ドラマ部門 :『』 :『』 主演男優賞 ドラマ部門 :『』 主演男優賞 ミュージカル・コメディ部門 :『』 主演男優賞 ドラマ部門 :『』 主演男優賞 ミュージカル・コメディ部門 :『』 主演男優賞 ミュージカル・コメディ部門 :『』 ニューヨーク映画批評家協会賞 [ ] 受賞 :『』 :『』 主演男優賞:『』 主演男優賞:『』、『』 ノミネート 1974年 助演男優賞:『』 主演男優賞:『』 受章 [ ]• (2016年) 出典 [ ]• contactmusic. com. 2010年12月7日閲覧。 Dougan, Andy 2003. Da Capo Press. 145. Dougan,p. Dougan, pp. 17—18. Dougan, p. シネマトゥデイ. 2012年3月4日. 2012年12月16日閲覧。 com. 2004年8月17日. 2012年12月16日閲覧。 Toukie Smith and actor Robert De Niro become parents of twins. October 20, 1995. com. 2001年7月31日. 2012年12月16日閲覧。 People 2011年12月23日. 2011年12月23日閲覧。 Daily Mail London. 2011年12月24日. 2011年12月24日閲覧。 シネマトゥデイ. 2011年12月24日. 2012年12月16日閲覧。 デイリースポーツ 2018. 22(2020年2月23日閲覧)• シネマトゥデイ. 2012年5月29日. 2012年12月16日閲覧。 映画ナタリー. 2016年11月9日. 2016年11月9日閲覧。 なお、この式典にデ・ニーロ本人は出席しておらず、代理人として同作品の監督であるが受賞している。 共同通信 47NEWS. 2016年11月17日. 2016年11月17日閲覧。 関連項目 [ ]• 吹き替え俳優 [ ]• 参考文献 [ ]• Baxter, John 2002. De Niro: A Biography. HarperCollins. Dougan, Andy 2003. Untouchable: a biography of Robert De Niro. Da Capo Press. 外部リンク [ ] ウィキクォートに に関する引用句集があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• 1966• 1967• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018.

次の

【ロバートデニーロ】出演のオススメ映画8本(無料で見る方法も)

ロバート デニーロ 作品

ロバートデニーロの若い頃はブライアンデパルマ作品から 名優 ロバート・デ・ニーロですが、彼の個性を最初に引き出したのは、1960年代の後半にニューヨークで映画作りを開始した ブライアン・デ・パルマといえるでしょう。 デパルマは、「御婚礼 ザ・ウェディングパーティ」 1969年 「黄昏のニューヨーク」 1968年 「哀愁の摩天楼」 1970年 で、デニーロを起用しました。 当時の世相を表していますね。 あらすじをいうと、「黄昏のニューヨーク」は、ベトナム戦争行きを何とか逃れようとしている3人の風来坊の話です。 デニーロ演じるジョンは覗きが趣味の男で、結局彼だけがベトナムへ送られてしまいます。 連作ともいえる「哀愁の摩天楼」は、いかがわしい映画を撮ろうとするジョンを主人公にして、ベトナム戦争、黒人差別などの混乱のニューヨークが描かれます。 当時のニューヨーク・インディーズの作品といえるでしょう。 そして、 「御婚礼 ザ・ウェディングパーティ」 製作年は1969年になっていますが、この作品こそ、 ロバートデニーロのデビュー作です。 話は、ニューヨーク郊外に住むチャーリーが、ジョセフィーヌと結婚するために友人とやってくるところから始まります。 二人の悪友は、何とかチャーリーの結婚を諦めさせようとあの手この手を使います。 そして、チャーリーが結婚に懐疑的になったら、逆に結婚はいいものだと勧めるという、コメディですね。 デニーロは新郎の悪友に扮しています。 初期に限らずデニーロ作品というと、なぜか薄ら笑いが印象に残っています。 普通薄ら笑いというと、いいイメージはあまりないと思うのですが、デニーロの役柄での薄ら笑いは、当たり前の役を裏切っていく積極的な意味合いを感じられます。 薄ら笑いの悪ガキが青年や壮年になってのちに、 「タクシー・ドライバー」や 「」のデニーロに変化したといえるかも。 のちに、 ロバートデニーロとブライアンデパルマは、「アンタッチャブル」で 再びコンビを組みます。 ちなみに、私が一番好きなデパルマ作品は 「ミッドナイトクロス」ですね。 「ミーンストリート」でマーチンスコセッシと初タッグ デニーロは、1960年代にオフ・ブロードウェイの舞台やデパルマの映画に出演して、 一部の注目を浴びました。 でもその後、ひどい脚本や演出のため、つまり作品に恵まれず、酷評され続けていたそうです。 そんな時に、 「ミーン・ストリート」出演の話が持ち上がります。 最初、デニーロ自身はその作品に強く魅かれたが、何の役をやればいいか思い当たらなかったとのこと。 その時、友人でもあるチャーリー役を演じたハーベイ・カイテルに、「ジョニー・ボーイを演じれるのは君をおいていない」と推薦されたらしいです。 ロバートデニーロ演じるジョニー・ボーイは、少し軽薄でお調子者の不良青年。 いつも何をしでかすかわからず、周りに借金をしまくり逃げ回っています。 小心者で、そのくせ目立ちがり屋とくれば、何か問題を起こさないわけがありません。 この軽薄でお調子者、自分でも抑制のきかないそうしたキャラクターは、その後スコセッシと組むことになる作品の基本的な性格といえるでしょう。 私がこの映画を見たときに、 強烈に印象に残ったシーンは、デニーロがいきなりレストランでズボンを脱ぎだし、ヘラヘラと笑っている場面でした。 ただこの時は、皮肉な薄笑いというより、ヘラヘラとしたもう少し子供っぽい笑いを感じました。 ところで、この 「ミーン・ストリート」は、五反田の名画座の2本立てで観ました。 もう一本は、 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」 こっちの方がメインだったのですが、若いデニーロを見られてすごく嬉しかった記憶があります。 前述したデニーロの不遇時代。 この時に培われた監督不信の念は強く、当初マーチン・スコセッシとは口もきかなかったそうです。 でも、彼の映画への熱意、才能を知り、ついには親友になったとのこと。 このゴールデンコンビにより、この後 「タクシー・ドライバー」「ニューヨーク・ ニューヨーク」「レイジング・ブル」「キング・オブ・コメディ」と衝撃的な作品が発表されるわけです。 ロバート・デ・ニーロを始めて名画座で見たのは、この作品でした。 まとめ ロバートデニーロの若い頃の映画で「御婚礼」などは、デニーロフリークというくらいの人でないと楽しめないかも。 でも、 「ミーン・ストリート」や今回紹介できませんでしたが、「バング・ザ・ ドラム」といった初期の作品は充分楽しめると思います。 共にまだ 「ゴッドファーザーpart2」で衝撃的な日本デビューを飾る前で、エネルギーが満ち溢れていく途中です。 デニーロは、 「ゴッドファーザーpart2」以降、大作主義の名優というイメージが強くなったと思うのですが、地味ながら実力を見せつけた味わい深い佳作といっていいでしょう。 デニーロの場合、マフィア映画、 「告白」「ミッション」などの宗教映画? など いくつも顔を持ちますが、デビュー当時の作品に彼の本当の顔の一面が現れていると感じています。

次の