子供 おしり が 痛い。 子供の胸の痛みから考えられる病気

子供の胸が痛い原因は?何科で受診?

子供 おしり が 痛い

子供が腹痛を訴えたら? 子供が「お腹が痛い」と言ってきたら、 まずはしっかり話を聞いてあげてください。 うんちに行きたいだけだったり、 便秘からくる腹痛の可能性もあります。 痛い場所や、痛みの種類なども、 病院を受診する際の参考になります。 ・急に痛がってもしばらくするとケロッとしている ・時々痛くなる ・腹痛以外の症状もある など、腹痛と言っても、症状は様々です。 お子さんの様子を観察し、 その他に気になることはないかも、 チェックしてください。 急な腹痛 ・風邪 腹痛を伴う下痢に加えて、 咳、鼻水、発熱などの 風邪の症状が見られます。 病院では、腹痛や下痢を和らげる 薬を処方してもらうこともあります。 脱水などに気をつけて、 腹痛がひどくならないか見てあげましょう。 ・細菌性食中毒 腹痛に加えて、血便、嘔吐、 発熱などの症状があります。 サルモネラ菌や、大腸菌O157など、 食べ物から感染します。 小さな子供は、重症化することもあります。 症状が見られた時は、すぐに 病院で受診をして下さい。 治療は、下痢止め薬は使わず、 整腸薬や抗菌薬などを使います。 ・胃軸捻転(いじくねんてん) 腹痛に加え、吐き気、 腹部の張りが見られます。 胃が捻じれているので、 食べた物が、胃を通りにくくなります。 急に起こる場合と、 捻じれたり、戻ったりを自然と 繰り返す場合とがあります。 すぐに病院を受診しましょう。 専門医の元、治療が行われます。 ・腸閉塞 腹痛に加え、便やおならが出なく、 腹部の張りが見られます。 大腸や小腸に、硬い便などが詰まって、 胃から降りてきた物が通過できなくなる病気です。 すぐに病院を受診しましょう。 絶食をして、腸の中を吸引するなどの 治療が行われます。 ・虫垂炎 一般的には、「盲腸炎」と呼ばれています。 特に、右下腹部を痛がります。 すぐに病院を受診しましょう。 手術で虫垂を切除するなどの、治療が行われます。 慢性的な腹痛 ・過敏性腸症候群 強い緊張状態や、ストレスを感じた時 お腹に症状があらわれる病気です。 腹痛、下痢、便秘の症状があり、 どれか一つという子や、 いくつかを繰り返す子がいます。 病院では、症状に合わせて 薬を処方してもらえます。 時には、心理療法を必要とすることもあります。 ・食物アレルギー 食事をした時に、時々起こる腹痛なら、 食物アレルギーの可能性があります。 ある特定の食べ物を摂取した時に、 アレルギー反応が起きます。 早めに専門医を受診し、 アレルゲンの特定、除去をしましょう。 他にも、嫌いな食べ物を食べた時の ストレスの可能性もあります。 ・胃潰瘍 ゲップをよくする、嘔吐物に血が混じる などの症状もあります。 他の病気のサインであったり、 ストレスが原因とも考えられています。 早めに病院で受診して下さい。。 漢方薬などで治療していきます。 ・反復性腹痛 「繰り返し病」とも呼ばれます。 お腹の真ん中、おへその辺りが痛むようです。 痛みが、一日何度も起こる子や、 週に何回か、朝の支度をしている時にだけ、 と症状も様々です。 精神的な要因が大きいようで、 実際に病院を受診しても、どこにも異常はなく、 お腹を診察されるとくすぐったくて笑う 子もいるそうです。 環境の変化や、甘えたい気持ちを我慢していたり、 幼稚園や小学校での人間関係など、 ストレス要因を取り除けば、 痛くなることがなくなります。 まとめ 他にも、顔色が悪く、普段から元気がない場合は、 病気のサインの可能性もあります。 早めに病院を受診しましょう。 また、嘔吐、血便、高熱、食欲不振 などの症状も見られる場合はや、 急いで病院へ連れて行ってあげてください。 子供は、深夜、急に症状が悪化することもあります。 心配な時は、早めに病院へ行きましょう。

次の

耳が痛い!子供が耳を痛がるときは病気なの?

子供 おしり が 痛い

子供の胸の痛みから考えられる病気 子供に異状が見られないのに胸の痛みを訴えた場合について、可能性のある病気を紹介します。 肋軟骨炎(ろくなんこつえん) 【症状】比較的に強い胸の痛み。 前胸部には中央に縦長の胸骨があり、左右の脇から伸びてきている肋骨は、肋軟骨によって胸骨と接続しています。 肋軟骨炎は、その肋軟骨と肋骨の接合部分、あるいは肋軟骨と胸骨の接合部分に発症した炎症です。 炎症を起こしている個所だけが痛み、他の部分にはまったく異状が感じられませんが、上半身や腕の動き、笑う、咳をするといったことで鋭い痛みを感じます。 原因はいまだ解明されていません。 しかし、 風邪などできつい咳を繰り返したときや、激しいスポーツをした後などに多く発症するようです。 治療は、主として鎮痛剤が処方され、咳が出る場合には咳止めも投与されます。 また、骨折の治療に準じて、バストバンド、リブバンドなどの胸部固定帯を使用することもあります。 通常、2〜4週間ほどで痛みが消え、自然治癒します。 スポンサードリンク.

次の

【ふくらはぎの痛み】 子供の場合の原因や症状、対処法は?

子供 おしり が 痛い

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 子供に「耳が痛い!」と言われると、「大きな病気なのではないか」「耳が聞こえなくなってしまうのではないか」など、様々な心配してしまいますよね。 原因や治療方法を知って、落ち着いて対処してあげましょう。 今回は、子供の耳が痛いときの原因や治療方法などをご説明します。 子供が「耳が痛い」というときは病気?熱はない? 子供が耳を痛がる原因は様々ですが、まず疑われるのが「中耳炎」です。 「中耳炎」とは、細菌やウイルスが耳に入り、炎症を起こした状態のことをいいます。 1歳頃の子供は鼻水が出た直後に中耳炎を起こすことが多く、鼻をかみすぎたり、鼻水をすすりすぎたりするだけで耳が痛くなることもあります。 3歳頃までは、風邪を引くたびに中耳炎にかかり、耳が痛くなる子供もいますが、小学校に入学する頃にはかかりにくくなります。 耳が痛い以外に、下記のような症状が出た場合、中耳炎が疑われます。 子供が「耳が痛い」といったときは、まず熱はないか、鼻や耳の状態に異常がないかを調べるようにしましょう。 黄色い鼻汁• 耳から膿が出る 関連記事 子供が耳を痛がる原因は? 子供が耳を痛がっても、中耳炎ではない場合もあります。 外耳炎 外耳道に炎症が起こる「外耳炎」は、耳を引っ張ったり、少し触れたりしただけでも非常に痛がるのが特徴です。 高熱は出ず、37度くらいの微熱が出ることもあります。 外耳炎の多くは、耳をかき過ぎたり、耳の入り口にできたアトピー性の湿疹などをかきむしったりすることで、化膿が起きることが原因になります。 また、中耳炎で鼓膜が破れて外耳に膿が流れたり、耳かきでできた傷に細菌が感染することで発症することもあります。 耳の痛み以外に、「耳が臭う」「耳の入口がカサカサとしている」といった症状が見られたときも、外耳炎が疑われます。 関連記事 子供の耳が痛いときは何科を受診? 子供が耳を痛がるときは、そもそもの原因が風邪や熱などにあることが多いため、まずはそれらの病気を治療するために小児科を受診しても問題ありません。 小児科によっては、耳鏡で鼓膜など、耳のなかまで見てくれることもあります。 耳の痛みに加えて、鼻水が出ているときや、喉の痛みがあるときには、耳鼻科を受診してもいいでしょう。 どちらを受診しても処置は行えますし、必要な場合は他の科を紹介してもらえます。 まずは、子供の状態をよく知っているかかりつけの医師に相談してもいいですね。 子供が耳を痛がるときの治療法は? 子供の耳が痛いときの治療法は、その原因となる病気によって異なります。 中耳炎・外耳炎が原因の場合、抗生物質の内服や点耳薬によって治療をします。 初期で症状がまだ軽い場合は、この治療で治ることがほとんどです。 しかしそれでも治らない場合や、膿がたまるほどひどい場合は、膿が溜まっている部分や鼓膜の切開手術を行うこともあります。 切開した鼓膜はすぐに再生し、膿が出てしまえば強い痛みもやわらぎます。 中耳炎や外耳炎以外が原因の場合、その原因となる傷や病気の治療が優先されます。 また、耳の痛みが強い場合は、対症療法として、痛み止めの服用を行うこともあります。 子供の耳が痛いときの応急処置は? 子供が耳を痛がるときは、冷たいタオルなどを耳の後ろにあて、冷やしてあげましょう。 冷えると次第に痛みが和らぐこともあります。 また、子供用の鎮痛剤を服用するのもいいでしょう。 その際は必ず医師や薬剤師に相談し、用法・用量を守ってくださいね。

次の