チワワ ブルー マール。 チワワの人気は毛色で決まる? チワワの人気カラーを見てみよう|みんなのペットライフ

チワワの白の魅力について

チワワ ブルー マール

チワワに多い病気の特徴と症状 ここではチワワがかかり易い病気の特徴と症状を、まとめてご紹介しています。 基本的に放っておいて良くなる病気はないので、症状が見られたら病院で検査を受けさせてあげましょう。 チワワに多い膝蓋骨脱臼 パテラ の特徴と症状 膝の関節疾患で、チワワ以外にもポメラニアンやヨーキーなど、小型犬に多いとされる病気です。 チワワにおける膝蓋骨脱臼 パテラ の発症率は、雑種と比べて4. また、オスと比べるとメスの方が1. 3倍高く、避妊手術をした子はしていない子の2. 4倍高いことも分かっています。 その他に体重や年齢も原因と考えられていますが、チワワを飼うのであればパテラは避けて通れない病気と考えて良いでしょう。 膝蓋骨脱臼 パテラ に多い症状• 歩行時に足をひきずる• 足を触ると嫌がる• 膝関節の変形• 足の腫れ• O脚やその逆 チワワに多いレッグ・ペルテス病 レッグ・パーセス病 の特徴と症状 原因は不明ですが、太ももと股関節の付け根部分 大腿骨頭 が血行不良により壊死してしまう病気です。 チワワのような体重が10㎏以下で生後1歳未満 6~7カ月が多い に発症します。 片足が多いですが、両足に起こることもあります。 血行不良が原因なのは分かっていますが、なぜ血行不良が起こるのかが分かっていません。 なので予防が難しい病気です。 また、 病気の進行を止めることはできないので、最終的には外科手術とリハビリが必要になります。 水頭症に多い症状• 頭が不自然に膨らむ• 頭のてっぺんに骨がなくペコペコする• 斜視 目の向きが異なる• 寝る時間が多い• 食欲がない• 元気がない• 視力が悪く物にぶつかる チワワに多い泉門開存症 ペコ の特徴と症状 頭蓋骨のてっぺんがくっつかない病気です。 通常、成長するにつれて生後4カ月程度で閉じていくんですが、チワワはほとんどがくっつかないと言われています。 ただ、小さければ健康上の問題はありません。 穴が大きすぎると水頭症になり易かったり、病弱だったり、頭への衝撃が命取りになったりします。 チワワの場合、子犬の時に泉門が閉じていなくても病気とは診断されません。 その為、 とくに症状などはありません。 泉門が大きいとふさがり難いと言われています。 触ってみればある程度の大きさは分かりますが、 素人が力加減を知らずに触るのは危険です。 ショップ店員やブリーダーに泉門の大きさはどれくらいか確認するようにしましょう。 チワワに多い気管虚脱の特徴と症状 のどと肺をつなぐ気管がつぶれてしまい、上手く呼吸できなくなる病気です。 チワワなどの小型犬に多いとされ、「筋力の低下」や「遺伝的に軟骨が弱い」などが原因として考えられています。 肥満も気管虚脱のリスクを高める原因なので、を元に、できるだけチワワを太らせないように気を着けましょう。 結膜炎に多い症状• 涙の量が増える• 白目部分の充血• まばたきが増える• 目やにが増える• 目を足でこすろうとする• 目を床や壁にこすろうとする チワワに多い低血糖症の特徴と症状 血糖値が下がり、それに伴い症状が出る病気です。 子犬に多く、空腹や興奮、過度の運動などでチワワも起こし易い病気です。 なんとなく糖尿病のイメージがあるかもしれませんが、糖尿病ではないチワワでも起きます。 特に子犬の間は注意が必要です。 チワワは一度に食いだめできる量が限られているので、小まめにご飯を与えましょう。 もし朝起きてグッタリしているようなら、ガムシロップを口の粘膜に塗って急いで病院に連れていきましょう。 ピルビン酸キナーゼ欠乏症に多い症状• ぐったりする• 元気がない・疲れやすい• 散歩や運動を嫌がる• 食欲がない• 血尿のようなおしっこが出る• 口の粘膜が青白くなる• 呼吸困難• 正常時の呼吸が早い 【画像付き】チワワで病気になり易いレアカラーとは? チワワのレアカラーにはいくつか種類があります。 共通して言えるのは、「病弱」であったり、「脱毛」や「薄毛」などに悩まされる子が多い傾向にあります。 その為、JKCでは2011年4月からマール色をスタンダードから外しました。 上記の理由から、まっとうなブリーダーはマールカラーを作出しようとしませんし、交配もしません。 ブルーマール・レッドマール ブルーマールはチワワの血統上ではNG色です。 説明が難しいんですが、上記のシェルティのように、ブルーやシルバー 薄いベースの中に濃い色がマーブル状に混ざったカラーのことを指します。 同様に茶系 チョコ で濃淡が混ざったレッドマールもNG色となります。 このような色は「マール因子」という色素を抑制する遺伝子が原因で起こります。 マール因子は毛色だけでなく、目や耳・心臓などにも働く為、病弱な子になるリスクが高まるのでNG色となっています。 イザベラ イザベラは 茶 チョコ 系の色が薄まった毛色のことを指します。 イメージとしては上記画像の右側の子です。 こちらはマールとは違い「ダイリューション」という遺伝子が原因で起こります。 カラーミュータント脱毛症の原因と考えられています。 ブルー グレー 系 ブルーは ブラックを薄めた「薄い青」とも「グレー」ともいえるような色を指します。 イザベラ同様に「ダイリューション」という遺伝子が原因で、カラーミュータント脱毛症の原因と考えられています。 あまり良い画像を準備できなかったんですが、もう少し黒っぽくて「黒が抜けたような色」をブルーと言います。 参考資料.

次の

[mixi]ブルーマール殺処分って本当ですか?

チワワ ブルー マール

ブルーマールという毛色は、確かにとても美しいですよね。 独特のまだら模様はもちろんのこと、 青みがかったシルバーの毛が神秘的で、まさに大理石を思わせる被毛です。 しかし、この美しい毛色を発現させる遺伝子の取り扱いがなかなかに厄介。 ブルーマールにしろチョコマールにしろ、発現させるキーとなるのは マーリング遺伝子と呼ばれるもので、この遺伝子には 元の色を希釈してしまう作用があります。 つまり、青みがかったシルバーに見える毛色は、本来はブラックだったものをマーリング遺伝子が作用した結果、ああいう斑模様や色になっているんですね。 同様に、 チョコマールは濃いチョコレート色になるはずの毛がマーリング遺伝子によって薄い色を発現させています。 だからなんだ?と言われそうですが、よく考えてみてください。 マーリング遺伝子は 本来あるべき色を薄めているわけです。 これが作用しすぎたらどうなるのか、考えたことはありますか? ブルーマールをたくさん生ませようとした結果 ブルーマールの母犬とブルーマールの父犬で交配すると、単純に確率だけの話しをするなら、少なくとも50%の子犬がブルーマールとして産まれてきます。 では残りの50%はといえば、そのうちの25%はマールではない毛色に。 そして、25%は白が多すぎる ダブルマールという、 マール遺伝子を強く持ちすぎる子犬が産まれる可能性があります。 このダブルマールの犬には、かなりの確率で 先天性の奇形がでてしまい、 その多くは死産になるか、生きて生まれてきても長生きはできません。 たとえば、ブリーディングや毛色に関する知識のない人がマール同士を交配させてしまい、生まれた子犬を見て初めて自分がしでかした愚かな行為に気づくことがあります。 しかし、 ブリーダーが意図的に行う場合はそうではありません。 マール同士で交配し、マールとして生まれてきた子犬は高値で販売。 マールではない普通の毛色で生まれてきた子犬はマールより安値で販売。 そして、 ダブルマールの子犬は廃棄処分してしまうのです。 ブルーマールの今 そういう、ふざけるな!と言いたくなるような乱繁殖によって不幸な子犬が多く生み出された結果、FCI(国際蓄犬連盟)において、チワワのブルーマールは 非公認カラーとなりました。 ブルーマールが発現する犬種はチワワだけではありませんが、とりあえずチワワは人気犬種になってしまったがゆえに、 乱繁殖があまりにもひどかったことの結果なのでしょう。 珍しい毛色だから、という理由だけでマールを選ぶのだとしたら、少なくとも 毛色にまつわるリスクのことと、悲惨なブリーディングの実態があることを知ったうえで、それでもその毛色が欲しいのかを今一度よく考えるべきではないでしょうか。 CATEGORY• 子犬を選ぶために知っておきたいこと• 子犬を購入する• はじめに• 子犬をペットショップで購入する• 子犬をインターネットで購入する• 犬種による違い• 小型犬• 中・大型犬• 日本犬• 特殊な犬種• 血統書• ジャパンケネルクラブ(JKC)とその他の団体• 犬を飼う前に知っておきたいこと• 犬を飼う環境• 犬を飼うためにかかるコスト• 犬を飼うための環境を整える• 犬を飼うために自宅以外の環境を整える• 犬と暮らすなら知っておきたいこと• 犬との生活とアクシデントは切り離せない• 飼い主をあわてさせる突然の出来事• 飼い主として知っておきたいこと• 知っていると役に立つこと• 犬の介護• 犬のしつけと接し方• 犬のしつけに関すること• 犬との接し方について• いつかくる別れの日について• 大切な愛犬の最期を迎えること• 愛犬の思い出を大切にしたい• 犬の食事について知っておきたいこと• 市販のドッグフード• 市販のドッグフードと安全性• 手作り食• 手作り食の栄養と気を付けるべきポイント• 病気になった犬の食事• 特定の病気に対応した栄養バランス• 犬についてもっと深く知ろう• 犬の見た目と性格について• 犬の体にまつわること• 犬の性格にまつわること• 犬業界に関するあれこれ• ブリーダーの実情• ドッグショーと展覧会の世界• 働く犬たち• 様々な分野で活躍する犬• 犬と暮らすコラム• 筆者と愛犬の暮らしのコラム• 犬のいる日常•

次の

マールについて・・・

チワワ ブルー マール

人気の犬種チワワ もう13年前になりますが、某CMで一躍有名になった白色のチワワ、『くぅ~ちゃん』覚えていますか? あのCMによって、日本でメキシコ原産のチワワがヒットしブームとなりましたが、ブームが去った現在も、チワワは人気の犬種です。 その後もTVで活躍したビションフリーゼやサモエド、Mシュナウザーに負けずに、人気犬種の座をキープしてますからその魅力は驚異的です。 現在、ペットショップで販売されているのも、トリミングサロンへ通うのも、動物病院にかかるのも、チワワがとても多いです。 チワワを飼ってるおうちは、2頭以上の多頭飼いされていることもよくあるそうです。 トリマーの私が人気犬種を考えるとき、いつも気になることがあります。 そもそも犬種にブームが起こること自体、少しおかしい話だなぁという想いは置いておいて、、、人気犬種を飼う方でその犬種の特性や習性を知らずに「みんな飼ってるから」と安易にペットに迎え入れてしまうことです。 はっきり言って、チワワの飼育は簡単ではないと思います。 チワワの飼育の一番の壁は、基本的な性格を作り上げる社会化期が短いこと。 犬の中でも仔犬の成長速度が速く、犬の性格の中に人間社会に適応する為の準備をする期間も短かく、その短い期間で上手に慣れてもらわなければならないことがたくさんあります。 音、車、人に触られること・・・人間の社会で違う動物が生活しようというのですから、その大変さは人間の子供以上です。 そのプロセスが上手くいかなかった場合「問題犬」となってしまいます。 人間でいうと、アダルトチルドレンのようなものかもしれません。 本来怖れる必要のないものを怖れ、身を守ろうとします。 犬の場合は咬む、暴れる、過度に吠える、心を安心させる為の粗相など様々な問題行動となります。 チワワは自分の体が小さい事もあり、余計に怖れるものが多くなります。 チワワの仔犬を迎え入れる時に必要なものは、十分な社会化期における知識と時間の余裕です。 社会化期さえ上手くアプローチができたら、最高に可愛くて最高に飼いやすくて、最高なパートナーとなってくれる犬種です。 被毛もロングコート、スムースコートがあり、カラーもバラエティに富んでいます。 今回はチワワの中でも「白」に観点を当て魅力をお伝えしていきたいと思います。 チワワの白を飼いたいと思ったら どの犬にも言える事ですが、基本は優良ブリーダーからの購入が望ましいです。 中でも犬の、チワワの社会化期に重点をおくブリーダーなら尚安心です。 白は色の退色などもそんなに考える必要もないですから、色にこだわるブリーダーを探す必要もないでしょう。 チワワには先天性の疾患、遺伝で起こりやすい病気などにも注意する必要があるので、先祖代々健康的な系統であることが重要です。 被毛の手入れは、ロングコートだと無駄毛がたくさん抜けます。 お尻の毛や耳の後ろの毛がもつれ・毛玉にもなりやすいので、定期的なブラッシングやシャンプーが必要です。 美しいさらさらの被毛をキープしたければ、シャンプーやトリートメント剤にもこだわる必要があり、ブラッシング時も保湿力の高いブラッシングスプレーを使用すると良いでしょう。 白色は被毛の痛みもわかりにくく管理しやすいと思いますが、痛むとさらさらの毛がゴワゴワになりますので気をつけてあげたいところです。 懐かしいですね! チワワが有名になった(流行った)きっかけが真っ白いチワワのくぅちゃんのCMなんですよね。 ウルウルした目がめちゃくちゃ可愛かったのを覚えています。 チワワを見かける事が増えましたし、あの時期は真っ白いロングコートのチワワをよく見かけました!今はブラックタンやブルーマールやフォーンなどいろいろなカラーのチワワを見かけるようになりましたが、チワワに人気が出てから今でもトップ3に入るほどの人気がありますね。 2頭飼いの方が多いのかな?たまに4. 5頭をペットカートに連れてお散歩される方を見かけましたが、チワワが好きな方はまたチワワを飼う人って多いのかもしれませんね。 チワワを飼うにあたり、可愛いし小さいしそんなにお散歩も必要ないし飼いやすそう!と思う人や、進めるペットショップの店員さんも多いと思います。 お部屋の中で1時間くらい遊ばせてあげるだけで十分ですよ〜とは結構聞きますが、チワワも散歩は必要です。 社会科期が不十分だったり躾が出来ていないと吠えるし噛むようになる子もいます。 チワワの性格にもよりますが、噛むようになるチワワは多いんですよね〜。 小さくても噛まれると痛いですし吠えるとうるさいです。 なので思ってたのと違ったから、と手放す人がいるんですよね。 愛犬の場合は社会化が上手く軌道に乗ったのでとても育てやすい子に成長しました。 しかし、前に飼育していたチワワのオスは社会化教育を上手く行えずに、どちらかというと飼育しにくいワンちゃんに育ってしまいました。 先代のチワワと現在の愛犬を比較すると先代のチワワは性別がオスで縄張り意識が強く性格も活発で躾が中々思うようにいきませんでした。 しかし、現在の愛犬は性別がメスでおっとりしており、ペットショップの方である程度の躾はしてもらえていたらしく、改めて覚えさせた事といえば、ハウスぐらいと手のかからない子でした。 したがって、育てやすさはワンちゃんの性別や性格に左右されます。 オスよりはメスの方が育てやすいので、気難しい性格のチワワを初めて飼育するのであればメスのチワワからスタートを切りましょう。

次の