アイビス ペイント 髪の毛。 【新iPad×アイビスペイント】超初心者向け!新iPadを使ってイラストを描く方法。

髪の毛のツヤの描き方を

アイビス ペイント 髪の毛

アニメ塗りとは? 髪や肌などのパーツごとに、ベースの色と影の色などを「べた塗り」で塗り分ける方法です。 最近はアニメ自体の塗り方のバリエーションが増えたため、グラデーションや演出効果を使った塗り方も「アニメ塗り」と呼ばれるようになっています。 アニメ塗り以外の塗り方も以下の記事で詳しく解説しています! 1. キャンバスの作成・基本的な使い方 キャンバスの作成 アイビスペイントを起動します。 キャンバスサイズの選択シートが表示されます。 POINT キャンバスを横向きにする 新規キャンバスで選択したサイズは縦長ですが、以下の操作で横長のキャンバスに変更できます。 デジタルのお絵かきアプリ ソフト では、アナログの紙と違い、レイヤーという透明の層を使い分けることによってイラストを作成していきます。 線画、色塗り、など工程ごとや、髪、肌などのキャラクターパーツごとに別のレイヤーに描くことが多いです。 塗る前の準備 下描き・ペン入れ・塗り分け キャンバス上に、好きなペン・ブラシで下描きを描くか、または紙に描いたアナログの線画を写真で撮った画像などを取り込みます。 1 大まかに形をとる まずは全体の大きさやバランスが把握できるように、大きく形をとりましょう。 特にスマホの場合は画面が小さく、細部を描くときに拡大するため全体を見ながら描くことができません。 細部ばかりを見ながら描いていくとどうしても構図やデッサンが狂ってしまうため、はじめにしっかり決めておくことが大切です。 2 下描き 1 の線を参考に下描きをします。 1 よりも細かく、このあとペン入れをするときに迷わない程度に描き込んでおきます。 3 ペン入れ 2 のレイヤーの上に新規レイヤーを作成し、ペン入れをします。 ブラシの種類は「Gペン ハード 」など、はっきりした輪郭で描けるブラシを使うと、この後の塗り分けの工程が楽になります。 4 塗り分け 肌、目、口、髪、帽子・服など、色や質感などが違うパーツごとにレイヤーを分けます。 これで色塗りの前準備ができました。 着色 1 髪にグラデーションをかける 髪にグラデーションをかけて色に変化を付けます。 グラデーション用のレイヤーを作成し、塗り分けした髪のレイヤーの上に重ねたら「クリッピング」をオンにしします。 また、色をはみ出さないように塗る方法、クリッピングの方法については以下の記事をご覧ください。 ブラシツールからエアブラシ(標準)を選択します。 また、選択したブラシのサイズを大きなサイズ 557px に変更します。 ブラシサイズを大きくすると、筆跡の目立たない、なめらかなグラデーションがかけられます。 暗い部分のグラデーションをかけたら、下部ツールバーの「カラー」から明るい色を選択し、暗くなり過ぎた部分を明るく塗って調整します。 影や光に沿ってグラデーションを入れていきましょう! グラデーションをかけ終わったら、下部ツールバーの「レイヤー」を開き、グラデーションを描画したレイヤーのブレンドモードを「普通」から「オーバーレイ」に変更します。 「オーバーレイ」は、明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗く表示するモードです。 レイヤーの左側に表示される用紙の全体画面で変化が確認できます。 レイヤーの不透明度スライダーを調整し、60%にします。 2 影を入れる 髪に影を入れていきます。 影の輪郭はアニメ塗り特有のはっきりとした輪郭にするため、「ブラシ」ツールの「ペン ハード 」などを使って影を描いていきます。 ペンで影を描き、消しゴムで消して形を調整していきましょう。 この繰り返しで、髪の影が描けました! 2 奥の影を入れる ここから、さらに奥の影を入れていきます。 これをやることによって、より立体感がでます! 新規レイヤーを作成し、髪のレイヤーにクリッピングをかけ、塗っていきます。 服にも同じように、影を入れていきます。 同様に他のパーツにも影を入れて以下のように全体を着色します。 光の表現 イラストに光を入れていきます。 新規レイヤーを追加して「ブレンドモード」から「加算・発光」を選択します。 ハイライトの上にエアブラシで光を乗せると、まぶしいハイライトになります。 髪や目にハイライトを入れます。 魔法の効果などもハイライトを追加して表現しています(目の色を青から赤紫に変えました) 4. 全体にグラデーションをかける 全体にグラデーションを乗せることでイラストの印象が変わります。 一番上に新規レイヤーを追加し、下部ツールバーの「カラー」から色を選択します。 初期状態では「カラーサークル」が表示されますが、右上のアイコンをクリックするとカラーパレットに切り替えられます。 ブラシサイズを大きくしたエアブラシで、グラデーションになるよう塗っていきます。 今回は、赤、紫、黄色で斜め方向のグラデーションを描きます。 グラデーションができたら、グラデーションのレイヤーの「ブレンドモード」を「比較(明)」に変更し、不透明度を30%に下げます。 仕上げ 4. までの工程でイラストが完成しましたが、さらに仕上げとしてグロー効果を付けます。 仕上げのために、完成したイラストをいったん保存します。 1 完成イラストの保存と読み込み 「レイヤー」の右下にある「…」をタップして表示されるメニューから「「PNG保存(キャンバス)」を選択してイラストをスマートフォンのカメラロール アルバム に書き出します。 保存ができたら、カメラマークの「画像読み込み」をタップしてカメラロールからイラストを読み込みます。 読み込んだイラストは、レイヤーの重ね順の一番上に置きます。 イラストを貼りつけたあと、「線画抽出を行いますか?」とダイアログが出ますが、今回は不要なので、キャンセルします。 2 ガウスぼかしをかける 下部ツールバーの「ツール」を開いて、「FX(エフェクト)」から「ガウスぼかし」を選択します。 貼りつけたイラストを全体的にぼかしていきます。 下部ツールバーの「レイヤー」に戻り、ぼかしをかけたイラストのレイヤーのブレンドモードを「スクリーン」に変更します。 さらに、不透明度をスライダーで調整して20%まで下げます。 これで完成です! アイビスで描いたイラストの続きは パソコンでもできる スマートフォン スマホ ・タブレットでで描いたイラストをもっと描き込みたい、細かい演出にもこだわりたいという場合は、パソコンソフトで続きの作業を行うこともできます。 たとえば、仕上げのグロー効果など、パソコンソフトでは一旦画像を保存・読み込みすることなくソフト内で作業できます。 Photoshop、CLIP STUDIO PAINT、SAIでグロー効果をかける方法について詳しくは、こちらをご覧ください。 また、Photoshop、CLIP STUDIO PAINTに搭載されているグラデーションマップ機能での仕上げも面白い効果が生まれますよ。 アイビスペイントは、定番のお絵かきソフトCLIP STUDIO PAINT クリップスタジオ と連携しているため、スマートフォン スマホ ・タブレットで描いたイラストをレイヤー構成やブレンドモードを維持したまま続けてパソコンで作業ができます。

次の

髪の毛のツヤの描き方を

アイビス ペイント 髪の毛

クリッピングってなに? どうやって使うの? なんのために使うの? こんな疑問に答えます。 この記事ではクリッピングのことをわかりやすく説明するために、こちらの桜のアイコンを こんなふうに光らせていきます。 クリッピングをする目的は「 塗りたいこところから色がはみ出ないようにするため」なのですが、この説明だけだとピンとこないですよね。 なので、とりあえず桜のアイコンを塗ってもらったほうがわかりやすいと思います。 桜のアイコンはあらかじめ用意しておいてください。 描き方がわからない方はこちらの記事を見ていただければ描けます。 先にこちらの記事で基本的な使い方を習得したほうがいいですよ。 かんたんなのですぐできます。 目次 クリッピングってどんな機能? ひと言でいえば「 色がぬってあるところにしか色を塗らないよ」という機能です。 コインの上に紙をおいて鉛筆でこするとコインのあるところだけ模様が出ますよね。 紙をコインにクリップして塗っているからコインの形しか出てこないわけです。 こんなイメージだと思ってください。 アイビスペイントのクリッピングってどうやるの? クリッピングのやり方は簡単です。 クリップしたいレイヤーの上にもってくるのがポイントです。 新規レイヤーはアクティブにしておいてください。 レイヤーが青くなっていればOKです。 「クリッピング」をタップすると大きい赤枠のように下向きの黒い矢印が出ます。 これでクリッピング完了です。 では、クリッピングした状態で桜のアイコンに色を付けてみます。 お好きな色を選んでください。 今回はちょっと太めのペンを選んであります。 キャンバスに戻ったら矢印のように線を引きます。 桜からはみ出してかまいません。 おおざっぱに線を引いてみてください。 するとこのようになります。 桜のアイコンがあるところにしか色がつきません。 「色が塗ってあるところにしか色を塗らない」とはこういうことです。 レイヤーを見てみますと、たしかに線は描かれています。 でも桜のあるところでしか見えていません。 これがクリッピングの機能です。 これを踏まえて桜のアイコンを光らせていきましょう。 クリッピングで桜のアイコンを光らせる方法 クリッピングレイヤーを用意します。 ペンの色を真っ白にします。 赤枠のように3つのスライダーをすべて右側いっぱいにもってきます。 左側の数字が「255」になっていればOKです。 キャンバスに戻ったら矢印のように線を引いていきます。 ポイントは 少しずつ重ね塗りしていくことです。 重ね塗りすることで徐々に白い部分が濃くなってきます。 ちょうどいい濃さになったらペンの太さを変えます。 おなじ「エアブラシ(台形40%)」の「40」を選択します。 こんどは先ほど塗ったところの上側を狙って塗っていきます。 ちょうどいいところでやめます。 〇が描かれたレイヤーの非表示を解除します。 これで完成です。 おつかれさまでした。 クリッピングってどんな時に使うの? 今回のようにエアブラシで色を塗るときに使えばはみ出さずに塗れます。 たとえば髪の毛に艶を出すといった細かい部分の色塗りで重宝する機能ですね。 アイデア次第でいろいろ使える機能です。 重ね塗りを多用するなら知っておいて損はありませんよ。 まとめ:アイビスペイントでクリッピングを使えばまったくはみ出さずに色が塗れます• 新規レイヤーをクリップしたいレイヤーの上にもってくる• 「クリッピング」をタップ• あとは塗るだけ•

次の

【超初心者向け】アイビスペイントの使い方・基礎機能の紹介①│もめの部屋

アイビス ペイント 髪の毛

スポンサーリンク グラデーション塗りの準備 今回練習として使うのは、この四角です。 なぜ四角かというと、こういう基本的な形のほうが分かりやすいし、応用が効くからです。 この四角にグラデーションをかけるとこんな感じになります。 不思議と立体感が出ますね^^ では、さっそくやっていきましょう! 二色で作るグラデーション塗り まずはグラデーションする色を2色決めます。 今回は青から黒に変化するグラデーションなので、青と黒ですね。 まず最初にベースにする色(ここでは黒)を全体に塗ります。 今回は塗りつぶしツールを使いました。 次にグラデーション用のレイヤーを新規で作っておきます。 ペンのボタン(画像では塗りつぶしボタン)をタップしてツールを出します。 その中の(FX)フィルターをタップ。 下の方に行くと、「平行波グラデーション」があるのでタップ。 そうすると画面に赤いグラデーションが出ます。 思わずギョッとしますが落ち着いて 笑 まずは色を変えましょう。 画面の下の方に「色相」と書かれた色を変えられるバーがあるので、ここをいじって色を変えます。 今回は青になるよう調整しました。 次はグラデーションの向きを変えます。 横のグラデーションの場合はこのままでいいですが、今回は縦グラデーションなので角度をいじります。 画面の上にいくと角度が変えられるバーがあるので、そこで調整します。 だいたい270度くらいだと縦グラデーションになります。 思い通りの角度になったら、グラデーションの調整はひとまずここまでです。 あとは、このはみ出た色をなんとかしたいですよね 笑 このはみ出し、なんと一発で消せる方法があるんです! まずはレイヤーボタンをタップします。 グラデーションのレイヤーが、青い四角のレイヤーの上にあることを確認してください。 次にグラデーションのレイヤーを選び、「クリッピング」をタップします。 すると、青く塗った部分だけにグラデーションがかかりました!^^ これでグラデーション塗りの完成です!^^ 二色グラデーション、クリッピングの注意点 このクリッピング機能は、「色がついた部分にだけ」反応するようにできる機能です。 なので白と他の色でのグラデーションの時は、先に白で塗りつぶしておくと良いですよ。

次の