ヒルドイドの代わり 市販。 今さら聞けない「ヒルドイド問題」!代用できる市販薬はどれ?|mb(モテコビューティー)

アットノン(ヒルドイド市販)はケロイド・肥厚性瘢痕に効く塗り薬?

ヒルドイドの代わり 市販

ヒルドイドとは ヒルドイドは有名な保湿剤です。 ヒルドイドにはヘパリン類似物質という成分が含まれており、肌の血行促進作用、肌に水分を閉じ込める作用があります。 ヒルドイドの成分 ヒルドイドの成分をヒルドイドクリームを例にして紹介します。 【基本成分】 ・ヘパリン類似物質(1g中3mg) 【添加物】 ・グリセリン ・ステアリン酸 ・水酸化カリウム ・白色ワセリン ・ラノリンアルコール ・セトステアリルアルコール ・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物 ・ミリスチルアルコール ・パラオキシ安息香酸メチル ・パラオキシ安息香酸プロピル ・イソプロパノール ヒルドイドにはヘパリン類似物質以外にも添加物が含まれています。 ヘパリン類似物質を適切に活用するためには、油剤、界面活性剤、防腐剤などの添加物がある程度は必要です。 皮膚を覆って保湿するための油剤、皮膚に成分を浸透させるための界面活性剤、保存期間をのばすための防腐剤があってこそ適切に作用するのです。 ヒルドイドの種類 ヒルドイドは3種類あります。 ヒルドイドクリーム• ヒルドイドソフト軟膏• ヒルドイドローション 以前まで私がよく使っていたのはクリームとローションです。 3種類とも1g中に3mgのヘパリン類似物質が含まれています。 ヒルドイドの保湿のしくみ ヒルドイドの有効成分であるヘパリン類似物質は水分子を引き寄せて保持することで、皮膚に水分を取り込みます。 ヘパリン類似物質で水分を取り込むと同時に、基剤(軟膏剤、クリーム剤、ローション剤)によって皮膚を覆い、水分が皮膚外に逃げないようにします。 そして、ヒルドイドで繰り返し保湿することによって天然保湿因子が増加し角質細胞が修復されます。 その結果、皮膚のバリア機能が回復し、正常で健康な肌へとなっていきます。 ヒルドイドの入手方法 ヒルドイドはネット通販やドラッグストアで入手できません。 ヒルドイドの入手方法は以下のとおり。 皮膚科を受診する• 海外から輸入する ヒルドイドは医薬品なので簡単には入手できません。 皮膚科を受診する ヒルドイドの入手方法は皮膚科を受診することです。 ヒルドイドは医薬品なので入手には医師の処方箋が必要であり、ネット通販やドラッグストアでは手に入りません。 皮膚科を予約• 皮膚科を受診• 医師の診察• 処方箋の受け取り• 薬局でヒルドイドを受け取る ヒルドイドを正規ルートで入手しようと思ったら手間がかかります。 海外から輸入する ヒルドイドの入手方法は海外から輸入することです。 個人輸入を代行してくれるサイトでは、海外版のヒルドイドを購入できます。 ネットで調べてみると、個人輸入を代行してくれるサイトはいくつかあり、アメリカ、香港、シンガポールなどの外国からヒルドイドを購入できます。 ただ、海外版のヒルドイドなので、名称は少し異なりますし、日本の医薬品とは微妙に違う印象を受けます。 さらに、海外から輸入する場合、保険が使えないので結構な金額になります。 海外版のヒルドイドは1本が2000円くらいです。 個人的には海外版のヒルドイドを買うくらいなら、代わりの市販薬を買ったほうがいいと思います。 個人的におすすめだと思います。 ピアソンHPクリームとは ピアソンHPクリームは新新薬品工業株式会社の商品です。 ヘパリン類似物質を1g中3mg配合しており、成分はヒルドイドクリームとほぼ同じです(添加物は異なります) 市販されているのでAmazonや楽天から購入することができます。 市販薬ということがピアソンHPクリームの強みでありヒルドイドにはないメリットです。 ヒルドイドとピアソンHPの違い ヒルドイドとピアソンHPの違いは以下のとおり。 ヒルドイド ピアソンHP ・医薬品 ・保険適用だから安価 ・皮膚科受診が必要で入手に手間がかかる ・医薬部外品 ・ヒルドイドより高価 ・ネット通販やドラッグストアで手に入る ヒルドイドとピアソンHPクリームはヘパリン類似物質の分量は同じなので保湿効果は変わりません。 しかし、ヒルドイドとピアソンHPクリームでは添加物が異なります。 詳しくはをご覧ください(記事の中盤で成分比較を示しています) 私は以前までヒルドイドを使っていましたが、今ではピアソンHPクリームを使っています。 ピアソンHPクリームを使った感想は「ヒルドイドと変わらない」です。 むしろ、ピアソンHPクリームは市販されている分、ヒルドイドより使いやすいと思います。 私が使っているのはピアソンHP 現在、私はピアソンHPクリームを保湿剤として使っています。 以前まではヒルドイドを使用していたのですが、皮膚科の受診が面倒になってきたので、市販のヘパリン類似物質を含む保湿剤に乗り換えています。 ピアソンHPクリームはネットで見つけました。 なんとなくで買ったピアソンHPが良い商品だったのでリピートしている感じです。 他のヘパリン類似物質を含む市販薬は詳しく知りません。 もしかしたら、他の商品のほうが良質かもしれません。 また、ピアソンHPは私には合いましたが、合わない人はもちろんいるでしょう。 化粧品はあくまで自己責任でお願いします。 ヒルドイドを美容目的で処方してもらうのはNG ヒルドイドで問題となっているのが、ヒルドイドを美容目的で手に入れることです。 健康保険を美容目的で利用するのはよくありません。 美容の保湿剤としてヒルドイドを使いたい人たちが、皮膚疾患を抱えているわけでもないのに、皮膚科を受診してヒルドイドを処方してもらうことで健康保険は圧迫されます。 健康保険が圧迫され財源に困ると、国は患者の保険料負担を増やすかもしれません。 もしそうなった場合、皮膚疾患で困っている方々の負担が増えてしまいます。 ヒルドイドの処方だけでどれだけの影響があるかはわかりませんが、美容目的での健康保険利用がないに越したことはありません。 まとめ ヒルドイドをの入手方法は皮膚科受診か海外輸入です。 皮膚科を受診してヒルドイドを入手するには手間がかかります。 海外から輸入してヒルドイドを入手するにはお金がかかります。 私がおすすめするのはヒルドイドの代わりの市販薬を利用することです。 関連記事: ヒルドイドの代わりの市販薬を利用すれば、手間はかかりませんし、お金もそれほどかかりません。 私はヒルドイドを卒業してからは市販薬に頼り切っています。

次の

ヒルドイドの類似品が市販されている!ローションなど人気商品8選

ヒルドイドの代わり 市販

医療用保湿剤であるヒルドイドを美容目的で使うケースが多いということが、一時、社会問題にもなりましたね。 きっとあなたもご記憶されているのではないでしょうか。 参 照 こうした問題を背景に2018年9月、ヒルドイドに配合されている保湿成分である「ヘパリン類似物質」を配合した市販品「ヒルメナイド油性クリーム」がマツモトキヨシから発売になりました。 その後、製薬会社や化粧品会社から様々な「ヒルドイド類似保湿剤」が発売されています。 こうした「ヒルドイド類似保湿剤」は、• 第2類医薬品 ヒルドイドと同量のヘパリン類似物質を配合したもの。• 医薬部外品 ヘパリン類似物質を配合したもの。• 医薬部外品(化粧品) ヘパリン類似物質を配合し、より使用感を重視したもの。 に大別されます。 医師の処方箋が必要となるヒルドイド(及びそのジェネリック医薬品)とは違い、すべて薬局やドラッグストア、またアマゾンや楽天といった通販サイトでも購入可能な市販品です。 この記事ではこうした「ヒルドイド類似保湿剤」の商品名や特徴・価格等を、比較一覧を交えて分かりやすくお伝えしていきますね。 以下の記事においても同じ。 部外=医薬部外品 ヒルドイドについて 上記各商品の先発品であるヒルドイドには、それぞれ性状の違う、• ヒルドイドクリーム• ヒルドイドソフト軟膏• ヒルドイドローション• ヒルドイドフォーム の4種類があります。 ヒルドイドに配合されている保湿成分は「ヘパリン類似物質」と呼ばれるもので、含有量は1g中3. 0mg(0. 上記一覧表の分類が「2類(第2類医薬品)」となっている商品は、すべてヒルドイドと同量のヘパリン類似物質が配合されています。 ヘパリン類似物質には、• 保湿作用• 抗炎症作用• 血行促進作用 の3つの作用があります。 これらの作用による乾燥肌の改善効果、肌のバリア機能の改善効果、乾燥によって荒れた肌の修復を早める効果などがあるんですね。 参 照 価格(薬価)はすべて共通で22. ヒルドイドクリーム 50gの場合だと、• 3=333円 がお薬の価格ということになります。 これに、• 初(再)診料:282点(72点)• 処方箋料:68点• その他 (1点は10円) 等の診療費が加算されてきます。 結局、ヒルドイドクリーム 50gを処方してもらうのに必要な費用は、初診の場合で1,400円、再診の場合は800円程度が必要になるということですね。 実際には他にも加算される項目があります。 参 照 ジェネリック医薬品について ヒルドイドのジェネリック医薬品(後発品)には、• ビーソフテン• ヘパリン類似物質油性クリーム0. ヘパリン類似物質クリーム0. 3%「アメル」 等々、多くの医薬品が発売されています。 薬の持つ効果はヒルドイドと同じですが、価格(薬価)は5. 3円~14. 7円と、当然ヒルドイドよりも安くなっています。 第2類医薬品 それではここから上記一覧表にある、ヒルドイドと同じ成分が配合されている市販の類似保湿剤を個別にご紹介していきましょう。 マツモトキヨシ ヒルメナイド油性クリーム マツモトキヨシのプライベートブランド「matsukiyo」から2018年9月11日に発売された、ヘパリン類似物質を含む保湿クリーム。 ヒルドイド類似の市販品と言うと、最初に頭に思い浮かべるのはこれという方も多いのではないでしょうか。 テクスチャは硬めで、皮膚の温度で溶けて浸透するのが特徴。 ヘパリン類似物質のみの単一処方• 無香料・無着色、ステロイドフリー、エタノールフリー で、赤ちゃんにも使える保湿クリームになっています。 容量は50g、価格は1,280円です。 アットノンEX クリーム 15g(1,404円)• アットノンEX ジェル 15g(1,404円)• アットノン コンシーラータイプ 10g(1,404円) の3種類がラインナップ。 ヘパリン類似物質に加えグリチルリチン酸二カリウムとアラントインを配合。 血流を改善して皮ふの新陳代謝を促すことで、目立って気になる傷あと・やけどのあとを目立たなくします。 主となる効能は「傷あと・やけどのあと」を目立たなくするというものですが、ヘパリン類似物質の作用により、乾燥したカサカサ肌にうるおいと柔軟性を与える効果があります。 クリームはしっとりとした使用感、ジェルはサラッとした使い心地、コンシーラーは肌への密着力が高く、肌色のクリームが傷あとを隠してくれます。 インスタグラムの口コミは? さん ibuharumaman がシェアした投稿 — 2016年 2月月17日午後9時14分PST 医薬部外品(化粧品) メグマーレ ヘパスキン ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウムの2つの有効成分に加えて、ヒアルロン酸やリピジュア、スクワラン、メドウフォームといったスキンケア成分を配合。 保水機能が低下しバリア機能が乱れたお肌を整え、うるおいをキープできるように導くミルクローションタイプのスキンケアです。 口もとや目もとなど部分的な乾燥には普段のスキンケアにプラスして、顔全体の乾燥が気になる場合はいつもの化粧水・乳液に置き換えて使用します。 容量は80g、価格は7,560円。 インスタグラムの口コミは? がシェアした投稿 — 2018年12月月8日午前1時01分PST コジット ヒルセリンシリーズ コジット ヒルセリンシリーズは• ヒルセリンローション 100ml(1,598円)• ヒルセリンクリーム 50g(1,058円) の2種類のラインナップ。 ヘパリン類似物質とグリチルリチン酸ジカリウムのダブルの有効成分配合。 さらにヒルセリンローションはベール機能油脂成分にスクワランを配合し、ポンプボトルで広範囲に塗り広げられる乳液タイプになっています。 ベール機能油脂成分にワセリンを配合したヒルセリンクリームは、チューブタイプでピンポイントに塗り重ねられるクリームタイプ。 どちらも医療用保湿剤とほぼ同じ使用感でお肌の乾燥を防ぎます。 化粧品メーカーとして使い心地のテクスチャーにとことんこだわって開発。 グリチルリチン酸ジカリウム配合でニキビや肌荒れも防ぎます。 さらにスクワラン、リピジュア、ヒアルロン酸の3つの美容成分を配合。 ヘパリン類似物質が肌の内側から、3つの美容成分が肌の外側から肌を守ります。 お肌にやさしいアルコールフリー、無着色、無香料、無鉱物油の4つのフリー処方。 顔にもからだにも使えるミルクローションです。 容量は200ml、価格は2,880円。 インスタグラムの口コミは? アットコスメに投稿されたNALC 薬用ヘパリンミルクローションの口コミを紹介しています。 インスタグラムのポストもたくさん掲載! 大正製薬 「AdryS(アドライズ)」は大正製薬が立ち上げた、乾燥肌にアプローチする新しい保湿美白スキンケアブランド。 「保湿シリーズ」として、• アドライズ アクティブローション• アドライズ アクティブクリーム 「洗浄シリーズ」として、• アドライズ アクティブクレンジングミルク• アドライズ アクティブフェイスウォッシュ• アドライズ アクティブソープ が、2019年5月15日に発売されます。 このうちヘパリン類似物質が配合されているのは、「保湿シリーズ」の「アドライズ アクティブローション」と「アドライズ アクティブクリーム」の2つになります。 保湿シリーズの2商品には、ヘパリン類似物質の他に美白有効成分であるプラセンタを配合。 Wの有効成分による保湿美白を行います。 アドライズ アクティブローションは油を使用しないみずみずしく軽やかな使い心地。 お肌にす~っとなじみ、ベタつかずうるおいが長続きします。 アドライズ アクティブクリームはコクのあるクリーム。 ベタつきのないとろけるような感触で、肌なじみが良く、うるおいを閉じ込めてしっとりなめらかなお肌へと導きます。 もともとお医者さんで処方される薬と同じ保湿成分が配合されているわけですから、保湿作用は折り紙付きだと言っても良いでしょう。 もちろん、美容目的で顔に使用しても大丈夫。 また赤ちゃんの乾燥肌のトラブルにも使用できます。 ただし目や粘膜(口腔、鼻腔、膣など)、顔面のきず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱりなどへの使用はNGといった注意があります。 使用にあたっては各商品の使用上の注意書きをよく読み、注意事項を守って使うようにしてくださいね。 各商品には使用感・性状の違うクリームやジェル、ローションなどがラインナップされているので、あなたの好みに合うものから選んでみてはいかがでしょうか。 より使用感を重視される方には、NALC薬用ヘパリンミルクローションなどの化粧品がおすすめですよ。 そんなに高額な商品はないので、色々と試してみて、ぜひ自分に合った保湿剤を見つけてくださいね。 以上、「 ヒルドイドと同じ成分配合!市販の類似保湿剤【まとめ】」でした。

次の

アットノン(ヒルドイド市販)はケロイド・肥厚性瘢痕に効く塗り薬?

ヒルドイドの代わり 市販

ヒルドイドとは ヒルドイドは有名な保湿剤です。 ヒルドイドにはヘパリン類似物質という成分が含まれており、肌の血行促進作用、肌に水分を閉じ込める作用があります。 ヒルドイドの成分 ヒルドイドの成分をヒルドイドクリームを例にして紹介します。 【基本成分】 ・ヘパリン類似物質(1g中3mg) 【添加物】 ・グリセリン ・ステアリン酸 ・水酸化カリウム ・白色ワセリン ・ラノリンアルコール ・セトステアリルアルコール ・セトステアリル硫酸ナトリウム混合物 ・ミリスチルアルコール ・パラオキシ安息香酸メチル ・パラオキシ安息香酸プロピル ・イソプロパノール ヒルドイドにはヘパリン類似物質以外にも添加物が含まれています。 ヘパリン類似物質を適切に活用するためには、油剤、界面活性剤、防腐剤などの添加物がある程度は必要です。 皮膚を覆って保湿するための油剤、皮膚に成分を浸透させるための界面活性剤、保存期間をのばすための防腐剤があってこそ適切に作用するのです。 ヒルドイドの種類 ヒルドイドは3種類あります。 ヒルドイドクリーム• ヒルドイドソフト軟膏• ヒルドイドローション 以前まで私がよく使っていたのはクリームとローションです。 3種類とも1g中に3mgのヘパリン類似物質が含まれています。 ヒルドイドの保湿のしくみ ヒルドイドの有効成分であるヘパリン類似物質は水分子を引き寄せて保持することで、皮膚に水分を取り込みます。 ヘパリン類似物質で水分を取り込むと同時に、基剤(軟膏剤、クリーム剤、ローション剤)によって皮膚を覆い、水分が皮膚外に逃げないようにします。 そして、ヒルドイドで繰り返し保湿することによって天然保湿因子が増加し角質細胞が修復されます。 その結果、皮膚のバリア機能が回復し、正常で健康な肌へとなっていきます。 ヒルドイドの入手方法 ヒルドイドはネット通販やドラッグストアで入手できません。 ヒルドイドの入手方法は以下のとおり。 皮膚科を受診する• 海外から輸入する ヒルドイドは医薬品なので簡単には入手できません。 皮膚科を受診する ヒルドイドの入手方法は皮膚科を受診することです。 ヒルドイドは医薬品なので入手には医師の処方箋が必要であり、ネット通販やドラッグストアでは手に入りません。 皮膚科を予約• 皮膚科を受診• 医師の診察• 処方箋の受け取り• 薬局でヒルドイドを受け取る ヒルドイドを正規ルートで入手しようと思ったら手間がかかります。 海外から輸入する ヒルドイドの入手方法は海外から輸入することです。 個人輸入を代行してくれるサイトでは、海外版のヒルドイドを購入できます。 ネットで調べてみると、個人輸入を代行してくれるサイトはいくつかあり、アメリカ、香港、シンガポールなどの外国からヒルドイドを購入できます。 ただ、海外版のヒルドイドなので、名称は少し異なりますし、日本の医薬品とは微妙に違う印象を受けます。 さらに、海外から輸入する場合、保険が使えないので結構な金額になります。 海外版のヒルドイドは1本が2000円くらいです。 個人的には海外版のヒルドイドを買うくらいなら、代わりの市販薬を買ったほうがいいと思います。 個人的におすすめだと思います。 ピアソンHPクリームとは ピアソンHPクリームは新新薬品工業株式会社の商品です。 ヘパリン類似物質を1g中3mg配合しており、成分はヒルドイドクリームとほぼ同じです(添加物は異なります) 市販されているのでAmazonや楽天から購入することができます。 市販薬ということがピアソンHPクリームの強みでありヒルドイドにはないメリットです。 ヒルドイドとピアソンHPの違い ヒルドイドとピアソンHPの違いは以下のとおり。 ヒルドイド ピアソンHP ・医薬品 ・保険適用だから安価 ・皮膚科受診が必要で入手に手間がかかる ・医薬部外品 ・ヒルドイドより高価 ・ネット通販やドラッグストアで手に入る ヒルドイドとピアソンHPクリームはヘパリン類似物質の分量は同じなので保湿効果は変わりません。 しかし、ヒルドイドとピアソンHPクリームでは添加物が異なります。 詳しくはをご覧ください(記事の中盤で成分比較を示しています) 私は以前までヒルドイドを使っていましたが、今ではピアソンHPクリームを使っています。 ピアソンHPクリームを使った感想は「ヒルドイドと変わらない」です。 むしろ、ピアソンHPクリームは市販されている分、ヒルドイドより使いやすいと思います。 私が使っているのはピアソンHP 現在、私はピアソンHPクリームを保湿剤として使っています。 以前まではヒルドイドを使用していたのですが、皮膚科の受診が面倒になってきたので、市販のヘパリン類似物質を含む保湿剤に乗り換えています。 ピアソンHPクリームはネットで見つけました。 なんとなくで買ったピアソンHPが良い商品だったのでリピートしている感じです。 他のヘパリン類似物質を含む市販薬は詳しく知りません。 もしかしたら、他の商品のほうが良質かもしれません。 また、ピアソンHPは私には合いましたが、合わない人はもちろんいるでしょう。 化粧品はあくまで自己責任でお願いします。 ヒルドイドを美容目的で処方してもらうのはNG ヒルドイドで問題となっているのが、ヒルドイドを美容目的で手に入れることです。 健康保険を美容目的で利用するのはよくありません。 美容の保湿剤としてヒルドイドを使いたい人たちが、皮膚疾患を抱えているわけでもないのに、皮膚科を受診してヒルドイドを処方してもらうことで健康保険は圧迫されます。 健康保険が圧迫され財源に困ると、国は患者の保険料負担を増やすかもしれません。 もしそうなった場合、皮膚疾患で困っている方々の負担が増えてしまいます。 ヒルドイドの処方だけでどれだけの影響があるかはわかりませんが、美容目的での健康保険利用がないに越したことはありません。 まとめ ヒルドイドをの入手方法は皮膚科受診か海外輸入です。 皮膚科を受診してヒルドイドを入手するには手間がかかります。 海外から輸入してヒルドイドを入手するにはお金がかかります。 私がおすすめするのはヒルドイドの代わりの市販薬を利用することです。 関連記事: ヒルドイドの代わりの市販薬を利用すれば、手間はかかりませんし、お金もそれほどかかりません。 私はヒルドイドを卒業してからは市販薬に頼り切っています。

次の