いんげん 筋 とり。 いんげんの筋取りができない。とれない時はどうしたらいい?そもそも取る必要ってある?

さやいんげんのヘタとスジ取りとゆで方、水にひたす?

いんげん 筋 とり

先日、知り合いから いんげんを大量に頂きました。 毎年この時期は誰かしらから貰ってますね。 ありがたい^^ いんげんで何か料理をしよう!とりあえず大量のいんげんの 筋取りにとりかかりましょうかね。 まずは端っこを持ってポキッとやって・・・ 「あれ」 ポキッとやって 「あれ?」 なにやら筋がすぐに切れてしまってうまくとれません。 普通ならスーッとバナナの皮でも向けるかのように簡単にとれるんですが。 このままでは筋っぽいので美味しくありません。 こんなときはどうしたらいいのでしょうか。 インゲンの筋がとれないときの対応策は3つ! いんげんの筋が取れないときは、私の場合だと3つのうちどれかの対応をしています。 他にもあるのかもしれませんが参考にしてみてください。 茹でてみる まずは下ゆでしてみます。 いんげんの筋はお湯にくぐらせると格段に取れやすくなりますよ。 ですが、普通に取ることに比べたらちょっと一手間増えるのでめんどうですね。 筋を切る これがけっこうオススメ。 いんげんの筋に包丁を かるぅ~~~く押し当てます。 「プチッ」と筋が切れる感覚がわかると思いますので、その切り込みを3~5カ所ほど適当に入れていきます。 普通に取るよりも時間がかかってしまいますけど、筋が取れないときはこれで十分なんです。 (理由は下で) それに、なんかこれやってると夢中になるので。 いんげんが若いならとらなくても 実は先ほどの方法をすすめた理由がこれ。 いんげんの筋が とれない理由のは筋がそんなに硬くないからなんですね。 インゲンは成長とともに皮も筋も硬くなってきます。 それでも気になる方は上の方法で軽く切り込みを入れれば筋は全く感じなくなりますよ。 インゲンの筋の正しい取り方 この記事をご覧頂いている時点ですでに普通の方法ではとれなかったのだろうとは思いますが、一応本来のとりかたをおさらいしましょう。 ・反対側の端っこも同様に。 本来であればこれでごく簡単にとれるんですよね^^ えんどう豆系の食材はこのやり方で全部OK。 そもそも取る必要ってあるの? ところでなんで筋をとるのかご存じですか? 昔、料理の超初心者だった私はいんげんの筋取りなんて当然知るはずもなく、そのままいんげんを味噌汁にしました。 「よっしゃできた。 いただきまーす(ズズッ)」 ・・・「 筋が。 」 そう。 口にすっごい残って気持ち悪いんですよね。 歯の間にもはさまるし。 これが気になって味どころではなくなります。 食感をよくするためにいんげんの筋取りは 必須といえるでしょう。 まあそれでも気にしない。 面倒だから取らないというのであれば、健康に害があるわけではないのでお好みですが。 ですがどんな方法でとるにせよ、時間や手間もそこまでかかるわけではありません。 ほんの少しの手間で美味しくなるので、とらない理由はありませんよね^^ スポンサーリンク.

次の

いんげんの筋が取れない!簡単な取り方をご紹介!

いんげん 筋 とり

いんげんの下ごしらえ・下処理!筋の取り方は? いんげんは、6~9月が旬の夏野菜です。 いんげんは、1年中スーパーで購入できますが、旬は夏の時期であり、その時期がいちばん美味しい時期でもあります。 そんないんげんは、どのように下ごしらえすれば良いでしょうか。 下ごしらえの方法を簡単に説明します。 最近ではいんげんに筋がついているものは少なくなりましたが、筋があるいんげんもあるので、あらかじめ筋があるか確認します。 端をぽきっと折って、筋がある場合は端にくっついてきます。 ですので、そのまますーっと 下に引っ張れば筋がとれます。 糸みたいなのが 筋です。 反対側の筋も同じようにして引っ張って取り除きます。 スーパーで販売しているようなものは筋なしのものが多いですが、1、2本試しに折ってみると良いかと思います。 なければへたの部分を包丁で切ります。 尖がっている方は切らなくてもOKです。 これで下処理の完成です。 そこにいんげんをいれて、茹で時間 2分で茹でます。 下茹での場合、 1~1分半程度でOKです。 あとはザルにあげたあと、氷水で急冷して色止めして調理します。 いんげんの茹で方に関してはこちらもどうぞ いんげんの切り方は? さやいんげんは、和え物やサラダ、炒め物など様々な料理に利用されています。 調理によって、切り方を変えると、食べやすくなります。 胡麻和えや肉巻きなどもこのサイズが使いやすいです。 いんげんの大きさにもよりますが、だいたい 3cm 幅になります。 煮物やサラダ、何にでも使えます。 いんげんの小口切り• いんげんの下処理を行います。 端からお好みの大きさで包丁で切っていきます。 ピラフやチャーハン、卵焼きなど具を小さくしたいときに。 いんげんの斜め切り• いんげんの下処理を行います。 包丁を斜めにして、切っていきます。 煮物や炒め物など様々な料理に使用できます。 また冷凍にしておくと料理の際便利です。 いんげんの食べ方 1年中スーパーで見かけるいんげんは、緑黄色野菜でもあり、栄養価も豊富なため、様々な料理に活かしたいところですね。 さやいんげんの主な食べ方は以下のようなものがあります。 【茹でる】 サラダ 和え物 付け合わせ マリネ 【焼く】 ソテー キッシュ 卵焼き グラタン 素焼き 【炒める】 肉巻き パスタソース 牛肉とにんにく炒め 豚肉炒め 味噌炒め オイスターソース炒め 甘辛炒め 【煮る】 味噌汁 かきたま汁 佃煮 肉じゃが 【揚げる】 天ぷら かき揚げ 様々な料理に利用できます。 様々な調理法はありますが、いんげんは胡麻和えや肉巻きにされることも多いです。 簡単ないんげんの胡麻和え・肉巻きのレシピを紹介します。 いんげんの胡麻和え いんげんの胡麻和えに必要なもの• いんげん:100g• すりごま:小さじ3杯• 醤油:小さじ1杯• 砂糖:小さじ2杯• 水:小さじ1杯• 塩:大さじ1杯 いんげんの胡麻和えの作り方• まずはいんげんの下ごしらえを行い、半分にカットします。 茹でたらザルにあげて、冷水で急冷します。 水気をキッチンペーパー等でふき取っておきます。 ごまごろもの材料 すりごま、醤油、砂糖、水 を混ぜて、そこに茹でたいんげんを加えます。 器に盛り付けたら完成です。 いんげんの肉巻き いんげんの肉巻きに必要なもの• いんげん:100g• 豚肉:200g• 砂糖:大さじ1杯• 醤油:大さじ3杯• 酒:大さじ2杯• 油:大さじ1杯 いんげんの肉巻きの作り方• いんげんの下処理を行い、半分にカットして鍋にお湯をわかし、 塩大さじ1杯 をいれて、いんげんを1分半ほど茹でます。 続いて、豚肉2枚程度をしいて、いんげん2~3本をくるくる巻いていきます。 フライパンを熱して、油大さじ1杯程度をいれ、焼き色がつくまで肉巻きを焼いていきます。 焼き色がついたらタレの材料をいれて、1分程度蒸し煮にし、再度、全体にタレを絡ませたら完成です。 アスパラでも同じように作れます。 いんげんの肉巻きは冷凍してもお弁当などに使用できるので、便利なおかずです。 いんげんの筋の取り方まとめ いんげんの筋の取り方や下ごしらえの方法、切り方や食べ方をテーマにしてまとめました。 いんげんは、下ごしらえをすれば、様々な料理にも活用できます。 また食べ方もたくさんあるので、旬の時期は、いろいろな食べ方を楽しむのも良いかと思います。 こちらの記事もどうぞ.

次の

スナップえんどうの下ごしらえ(筋とり/ゆで方/ゆで時間など):白ごはん.com

いんげん 筋 とり

いんげんは筋を取らないと口触りが悪くて美味しくない! いんげんの筋は毒ではありません。 体に害があるわけではないので食べても問題ありません。 食物繊維だからむしろ食べたほうが良いという方もいるほどです。 でもいんげんは筋を取らないと、口触りがとても悪くなりますよね。 筋だけが口の中に残ったり、歯に挟まるのも厄介です。 炒め物などの場合はある程度我慢できますが、白和えやお吸い物などの繊細な料理に使う時には、筋があると美味しさが半減するでしょう。 気にならない人もいると思いますが、基本的にいんげんの筋はとってから調理したいですね。 いんげんの筋取りの基本的なやり方は? いんげんの筋取り方法をご説明していきましょう。 いんげんの片方の先端部分をつまみ、5mmほどポキッと内側に折ります。 すると折った5mmのほうに、白っぽい筋がついてきます。 その筋を下に向かってスーッと引っ張ります。 筋が上から下までしっかり取れたらOKです。 反対側の筋も同じように取り除きます。 ポイントはあまり力を入れないことです。 ポキッと折る時も力を入れると筋が切れてしまいます。 下に向かってスーッと引っ張る時も力を入れるとプチっと切れてしまいます。 Sponsored Link いんげんの筋がうまく取れない!簡単に取る方法ってないの? 茹でてから筋を取る いんげんの筋がスーッと取れると気持ち良いのですが、上手くいかないことも多いです。 どうしても途中で切れてしまうことがあります。 そんな時は茹でてから筋取りをしてみましょう。 筋が柔らかくなることで取りやすくなります。 包丁でかるく筋を切る 筋がうまく取れない時は、その筋が柔らかすぎるからです。 まだ若いいんげんだと筋も柔らかいのです。 その場合には、無理に筋を取らずに包丁で軽く筋にプチッと切れ目を入れるだけでも十分です。 数か所切れ目を入れていくだけで、食感が良くなるでしょう。 レンジ加熱してから筋を取る いんげんの筋がとれない場合には、茹でて柔らかくするとスムーズに取れるようになります。 でもお湯を沸かして茹でるのは手間がかかりますよね。 そこでおすすめはレンジ加熱です。 2~3分加熱すると筋が柔らかくなるので取りやすくなるでしょう。 若いいんげんは実は筋取りが不要というのは本当? いんげんの筋取りがうまくできない、どうしても切れてしまうという場合は、筋を取る必要がありません。 筋が取れないということは、まだ若いいんげんで筋がとても柔らかいという証拠でもあるのです。 筋が全然取れないほどの柔らかい筋であれば、口の中に入っても違和感がないでしょう。 だから無理に取る必要はないのです。 昔のいんげんには必ず筋がありました。 しかし品種改良が進み、「筋なしいんげん」が出回るようになったのです。 少し前までは「筋なし」と表記されて売られていましたが、最近は筋なしが主流になりわざわざ表示されることも少なくなりました。 筋がうまく取れないいんげんの場合は、この筋なしいんげんなのでしょう。 筋を気にすることなく、そのまま調理に使えますね。 まとめ いんげんの下処理で面倒なのが筋取りです。 きれいにスーッと取れると良いのですが、切れてしまってうまくいかないことが多いですよね。 でも、そもそも筋がないタイプのいんげんや若いいんげんなのかもしれません。 先端をポキッと折ってみて、筋がついてこない場合には、筋なしいんげんの可能性が高いですね。 でも、いだだきもののいんげんや、家庭菜園で収穫したいんげんなどには筋がついているものが多いので、しっかり筋取りしてくださいね。

次の