エクセル小数点以下切り捨て。 合計の小数点以下を切り捨てる-SUM関数・INT関数:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方/数学

【Excel】四捨五入・切り上げ・切り捨て関数~ROUND/ROUNDUP/ROUNDDOWN│働くオンナのパソコン教科書

エクセル小数点以下切り捨て

エクセル 小数点以下のみ 表示、関数 最も簡単なのは、整数部分を引き算する方法です。 しかし、不都合が発生することもあります。 INT関数は、引数に指定された数値を超えない最大の整数を返す・数値を小さいほうに丸める関数ですので、元の数値がマイナスの場合です。 よって、最もよい方法は、TRUNC関数を使う方法です。 エクセル 小数点以下切り捨て、丸める、表示しない エクセルで数値を切り捨てるには、ROUNDDOWN関数を使います。 ROUNDDOWNとTRUNCは、機能的に同じ関数です。 また、INT関数は、小数点以下を丸めるという点ではROUNDDOWNに似た関数ですが、負の数での扱いが異なります。 INT関数は数値をより小さいほうに丸めようとする関数です。 正の数「23. 45」を丸めると「23」になり、負の数「-23. 45」を丸めるとより小さい「-24」という結果になります。 45 結果は、-23 ROUNDDOWNの使い方は次の通りです。 456, 0 結果 -124 説明 負の数値を切り上げます。 エクセル 小数点以下を表示されないようにする エクセルで小数点以下を表示されないようにするには、セルの書式設定を使います。 セルの書式設定を使えば、ROUND関数を使わずに四捨五入することが可能です。 エクセル 小数点以下切捨て 関数を使わない エクセルで小数点以下の切り捨てで、関数を使わない方法はあるのでしょうか? 最も簡単な対応は、元の数式から0. 5を引くことです。 そして、先の通り、書式設定で小数点以下の桁数を0にするとよいでしょう。 例えば、1. 01と0. 99をそのまま、書式設定で小数点以下の桁数を0にすると四捨五入されるので、どちらも1に丸められます。 一方で、0. 5を引いてみて 書式設定を行うと、小数点以下切捨てを関数を使わないで行うことが可能になります。

次の

初心者でも簡単!Excelで四捨五入や切り上げ・切り捨てをする方法

エクセル小数点以下切り捨て

B2セルに12345. 6789という有限小数の値を仮に用意します。 小数点第2位以下を切り捨てたい場合は、=TRUNC 数値,[桁数] の[桁数]に『2』と入力します。 小数点第2位以下を切り捨てし、B2セルに12345. 67が返されます。 ROUNDDOWN関数はTRUNC関数と使い方は全く同じです。 小数点第2位以下を切り捨てたい場合は、=ROUNDDOWN 数値,桁数 の桁数に『2』と入力します。 小数点第2位以下を切り捨てし、B2セルに12345. 67が返されます。 その場合も同様に、TRUNC関数とROUNDDOWN関数を利用します。 整数部分の切り捨ては、桁数をマイナスにします。 千の位以下を切り捨てたい場合は、=TRUNC 数値,[桁数] の[桁数]に『-3』と入力します。 千の位以下を切り捨てし、B2セルに整数値12000が返されます。 ROUNDDOWN関数はTRUNC関数と使い方は全く同じです。 千の位以下を切り捨てたい場合は、=ROUNDDOWN 数値,桁数 の桁数に『-3』と入力します。 千の位以下を切り捨てし、B2セルに整数値12000が返されます。 下の表はROUNDDOWN関数を用いて、桁数の変化による結果の違いを表しています。 6789,4 12345. 6789,3 12345. 6789,2 12345. 6789,1 12345. 6789,-4 10000 TRUNC関数とROUNDDOWN関数の違い では、TRUNC関数とROUNDDOWN関数の機能は何が違うのでしょうか?実はほぼ同じ機能です。 唯一の違う点を挙げるとするならば、「桁数を入力しない状態で値が返るか」です。 まずはTRUNC関数から検証します。 通常=TRUNC 数値,[桁数] を入れるところ、=TRUNC 数値 だけ参照してみましょう。 小数点以下が切り捨てられました。 桁数の値を入力しないと、桁数に0を入力した状態と同様になります。 次にROUNDDOWN関数を検証します。 通常=ROUNDDOWN 数値,桁数 を入れるところ、=ROUNDDOWN 数値 だけ参照してみましょう。 「この関数に対して、少なすぎる引数が入力されています。 」とエラーダイアログボックスが表示され、値が返されませんでした。 切り上げについて この記事では切り捨てについてご説明しましたが、切り上げを行いたいときは以下の記事をご確認下さい。 タグで探す• 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

小数点以下の切り捨てに便利!TRUNC関数【Excel・エクセル】

エクセル小数点以下切り捨て

【目次】 四捨五入(切り上げ・切り捨て)の基本 多くの会社では、エクセルを使って売上管理や在庫管理、請求書や見積作成を行っています。 消費税などの関係で、1円未満の端数の処理に困ったという声をよく耳にします。 また、数字の桁数が多い場合に、表を一見しても、細かい数字に目が行ってしまうため、切りのよい数字に四捨五入し、見やすい表にしたいという声も少なくありません。 その他にも、小数点以下の数字を表示させたいのに勝手に数字が丸め込まれてしまって困るという意見もあります。 エクセルではROUND関数や表示形式を使って数字の任意の桁数を切り捨て・切り上げ、四捨五入が行えます。 売上管理や在庫管理だけでなく、端数の処理をするときに使ってみてください。 「ROUND関数」で四捨五入(切り上げ・切り捨て)を行う エクセルでは、数字を四捨五入・切り上げ・切り捨てしたいときに使える関数がそれぞれ用意されています。 ROUND関数:指定した任意の桁数で四捨五入する• ROUNDUP関数:指定した任意の桁数で切り上げる• ROUNDDOWN関数:指定した任意の桁数で切り捨てる 実際にROUNDUP関数を使って5052. 389という数字の小数点第2位を切り上げてみましょう。 「数式」タブの「関数の挿入」をクリックします。 「関数の挿入」ダイアログが表示されたら、関数の検索に「ROUNDUP」と入力して「検索開始」ボタンをクリックしてください。 関数名の部分に検索結果が表示されるので「ROUNDUP」を選択して「OK」をクリックします。 そうすると、「関数の引数」ダイアログが表示されます。 「数値」の入力欄には、切り上げたい数値が入力されたセル番地を入力します。 「桁数」の欄には「切り上げたい桁数」ではなく「切り上げられた計算結果のでる桁数」を入力します。 ROUND関数の桁数では1の位を0として、小数点までを処理する場合には「0」、少数点第2位までを処理する場合には「1」…というように小数点以下には1から順番に数字が割り当てられます。 今回、5052. 389を5052. 4へと小数点第2位の数字を切り上げるので、「1」を入力して「OK」ボタンをクリックします。 そうすると、B2のセルに5052. 4と小数点第2位を切り上げた結果が入力されます。 ROUND関数を使えば、四捨五入することができ、ROUNDDONW関数を使えば、切り捨てることができます。 数値の桁数を切り捨てる関数にはROUNDDOWN関数以外にもINT関数とTRUNC関数があります。 INT関数:小数点を切り捨てて元の値を超えない最大の整数に返します。 切り捨てる桁数は指定できません。 TRUNC関数:指定した桁数を切り捨てます。 ROUNDDOWN関数と違い、切り捨てる桁数を省略できます。 たとえば、-10. 789の小数点第2の桁数を切り捨てた場合を例に挙げてみましょう。 ROUNDDOWN関数とTRUNC関数は小数点2位以下が切り捨てられて「-10. 7」となります。 TRUNC関数で指定する桁数を省略した場合は「-10」になります。 INT関数では小数点を切り捨てて元の値を超えない最大の整数をかえすため「-11」となります。 「表示形式」で四捨五入を行う エクセルではROUND関数以外にも「表示形式」からも数値を四捨五入できます。 セルを右クリックし、「セルの書式設定」をクリックします。 「表示形式」タブをクリックして「数値」を選択してください。 「小数点以下の桁数」の欄に表示させたい小数点桁数を指定します。 たとえば、10. 789の小数点第2位まで表示させたい場合は、ここの値は「2」と入力して「OK」ボタンをクリックします。 すると、10. 79と四捨五入された値にセルの表示が変更します。 その他にも「表示形式」タブの「ユーザー定義」で表示させたい小数点以下の文字数を設定することもできます。 小数点第2位まで表示させるのであれば、「種類」の欄に「0. 00」と入力して「OK」ボタンをクリックしてみましょう。 セルの数字を見るとすべての桁数が表示されていることがわかります。 表示形式を利用したこれらの四捨五入は、ROUND関数と違い表示を利用した簡易的な四捨五入と言えます。 計算をした場合に、表示されていない端数でズレが起こることもあります。 正確に桁数をコントロールしたい場合は、ROUND関数を利用しましょう。 四捨五入をワンクリックで行う 1234567. 9999のような桁数が大きい数字は、エクセルが自動的に小数点以下の数字を四捨五入して「1234568」と表示させることがあります。 これは書式の設定によるものです。 一見すると、セルの値は四捨五入されたかのようにみえますが、シートの上にある数式バーを見ると元の数値はそのままで、計算は元の数値で行われます。 四捨五入しない方法は「ホーム」タブをクリックして、「数値」グループの「小数点以下の表示桁数を増やす」ボタンをクリックして、すべての桁数が表示されるまで小数点の桁数を増やしてみてください。 入力した数字がそのままセルに表示されます。

次の