命の玉 ダメージ。 【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】命竜の扇の評価とおすすめスキル|ゲームエイト

星ドラ 完凸させるべきは黄金竜の槌か命竜のハンマーか|CAT|note

命の玉 ダメージ

スマホ対応等、いいかげん時代に追い付いていないので全面的に改装予定です。 本体 v1. 「ひざしがつよい」状態での回復量• みがわりのHP消費量 みがわり人形のHP• ゴツゴツメット、まきびし 2回 ダメージ• どく、やどりぎのタネダメージ• ポイズンヒール回復量• さめはだダメージ• ステルスロック 等倍 ダメージ• たべのこし、アイスボディ等回復量• やけどダメージ• 天候ダメージ• はらだいこ1回でオボン発動• とびひざげり等の失敗反動2回耐え• 4倍のステルスロック2回耐え• じこさいせい等の回復量増加 - 3n• さいせいりょくの回復量最大 - 4n• みがわり4回で残りHP1• みがわり4回使用可能 - 6n-1• ポイズンヒールの回復2回でみがわり1回分のHP回復 - 8n-1• どく、やどりぎのタネ、ステルスロック等持続ダメージ• しめつける状態ダメージ - 10n-1• いのちのたまのダメージ最小 - 16n• たべのこし、アイスボディ等の回復4回でみがわり1回分のHP回復 - 16n-1• ちきゅうなげ等の固定ダメージをより多く耐える 最低ライン - 191以下• ちきゅうなげ等の固定ダメージをみがわりが耐える 概要• HP実数値を入力すると、バトル中に影響するHP割合の適性をチェックします。 範囲外の場合はHP実数値の過不足を表示します。 ついでに割合ダメージの実数値も計算します。 HP調整なんて何か目的がない限りそこまで神経質にやることではないです。 当たり前ですが、挙げてある調整全てを満たすことは不可能です。 一部に Lv50を想定した項目があります。 その他• 最近の更新 v1.

次の

大神と呼ばれる女神

命の玉 ダメージ

Contents• また、陽気にすることによって、素早さ1段階上昇で最速ドラパルトを抜けるようになります。 意地っ張りだと抜けません。 持ち物について 持ち物は火力をあげるために、命の珠にしています。 命の珠にすることによって、ギャラドスを受けに来るポケモンの受けを許さない状況をつくることができます。 努力値振りについて 素早さは、トゲキッスやマンムーがいる最速80族を抜くため、最速にしています。 また、ダイジェットを一回積むことで最速ドラパルトを抜くことができます。 攻撃に関しては、A252命の珠ギャラだと火力過剰に感じる試合が多かったため、攻撃にある程度振って残りをBに振っています。 立ち回り 基本的な立ち回りとしては、相手のポケモンをダイジェットで倒せる圏内までダメージを与え、そこからダイジェットで全抜きをねらいます。 相手にブラッキーやアーマーガア等、ギャラドスを受けに来るポケモンがいる場合は、ダイストリームから入ることで、受けを許しません。 具体的な立ち回り 対ブラッキー 対HB特化ブラッキーに関しては、ダイストリーム後、雨下ダイストリームで、食べ残し一回分回復されても確定で落とすことができます。 ブラッキーがギャラドスとの対面で初手あくびを打ってきた場合は勝てないため、ブラッキーがギャラドスに後出ししてくるタイミングでダイストリームを当てる必要があります。 そのため、基本的に相手のパーティにブラッキーが入っており、ギャラドスを選出する場合は、ダイジェットからではなく、ダイストリームから入ります。 ダイジェットから入ってもHB特化ブラッキーに勝てるようにするためには、性格を意地っ張りにする必要がありますが、 食べ残しの回復量 6. 対アーマーガア HB特化アーマーガアもブラッキー同様に、アーマーガア後出しのタイミングでダイストリームを当てることで、食べ残しの回復量込みでも、次の雨下ダイストリームで落とすことができます。 カビゴンは電気技を持っている可能性もあるため、電気技がないとわかるまでは、対面した場合は基本的に逃げます。 対ヒヒダルマ 対ヒヒダルマに関して、ギャラドスのダイジェットでヒヒダルマを確定1発なので、ヒヒダルマを起点に、素早さと攻撃を一段階積むことができます。 スカーフドラパルトやサザンドラの大文字を耐えるために、HやD等耐久に振ったヒヒダルマも一定数存在したため、火力アイテムアップ無しの場合倒せない可能性があります。 この状況は何度かありましたが、そこまで多くなかった印象です。 対ギルガルド ギルガルドのHPを7割削れている状態で対面させるのが理想です。 H252ギルガルドに対して、ダイジェットのダメージが約3割のため、素早さと攻撃を両方あげることができます。 ギルガルドと対面した際、シャドークローのダメージがほぼ確定3発 0. 対マンムー 対マンムーに関して、ギャラドスを最速にすることによって、最速マンムーを抜けるため、マンムーに一発技を入れることができます。 マンムーは気合いの襷を持っている印象があり、かつギャラドスに対して4倍弱点をつけるフリーズドライ覚えるため注意が必要です。 ギャラドスで対応する際は、襷を潰しておく方がよいです。 対ミロカロス HB特化不思議な鱗ミロカロスに対して、やけどダメージ込みで「パワーウィップ」でほぼ2発で落ちます。 ミロカロスからギャラドスに対して有効技がないため、「竜の舞」から入ることもできますが、「熱湯」によるやけどを引いてしまう可能性もあるため、ギャラドスのパワーウィップ ダイソウゲン で落とせる範囲まで削ってから対面させるのが理想です。 被ダメ計算 攻撃を受けるポケモン 被ダメ ダイマックス ギャラドスのステータス H4ヒヒダルマ 62. 努力値振りや立ち回り方法が参考になれば嬉しいです! アイキャッチ画像には以下の画像を使用しています。

次の

ヒヒダルマ育成論 : 命の玉ちからずくアタッカー|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

命の玉 ダメージ

こちらの方が参考になるやも! 青といえばサブダクやエレ魔法などの範囲魔法が強力ですが、その際の装備はジャリ一式とニビルがスタンダートかと思います。 今回はこの式を使って、魔攻装備を更新できないか検討してみました。 なお、計算にあたっては以下の条件を付しています。 現実にはあり得ませんので、参考程度にしていただければ幸いです。 サポは黒• 青魔法セットによる追加ステータスは考慮しない• 仮想敵はダイバーwave1の石像(INT261 魔防122)• 更新筆頭候補のAMシリーズは軒並み前衛ステータスの伸びが悪く、STR修正のシアリングは余り伸びませんでした。 魔命が大きく落ちる(魔命スキル-15もあります)もので使いどころは難しいですが、支援が充実している状況ならアリかもしれません。 いずれにせよ、AMにすることでINTと魔命が落ちるので、王将の耳飾りとミラージストールはないときついかもしれません。 ジャリもDEXは余り高くなく、AMとそこまで差がないからAMが優勢になった感じでしょうか。 アルマスはオグメなしでもニビルよりダメージが出せますので、今すぐにでも変更可能ですね。 更新装備は魔命は落ちていますが、アルマスの魔命スキルが高いので、実際は基準装備より高くなります。 これも、魔命が大きく下がるので、用途は限られそうです。 エントゥームが他のエレ魔法より威力が低いのは、ジャリが極端にVITが低いことが理由です。 実際、AMシリーズのほうが高いくらいで、その分、AMに更新することでストレートにダメージがアップします。 が、それでもやはり他のエレ魔法に比べると見劣りしますね。 AF系は軒並みステータスが高いので、ここでは頭と脚はAMより向いています。 差は余りありませんが、逆にこれで運用できるレベルやもしれません。 そのため、AMに変更しても伸びしろがあまりありません。 むしろ、ジャリのまま頭首耳あたりを更新したほうが、安定するかもですね。 フルゴアは前衛系のステータス3種に依存するので、なかなかダメージを伸ばせませんね。 妖蟲の髪飾りのおかげで、スペクトラルフローを抜いて青の最高ダメージを与えられる魔法です。 今回仮想敵をwave1石像にしたのは正直これがやりたかっただけですが、 でもブルーバースト込みならwave1石像を一撃で倒すことが可能、ということです。 もちろん、自身中心範囲なので、動かない敵で感知されない位置から詠唱する必要があり、魔命に難があるため支援は必須ですが、可能性の一つとして頭の隅に置いておきたいと思います。 なので、この魔法で石像破壊をできるだけのダメージを出せれば、デスの代わりとして十分通用することなります…が、現状は支援もらってブルーバーストしてギリギリといったところです。 (実際には青魔法セットで最大40近くINTを増やせますので、威力は十分。 あとは命中だけ。 AMを揃えるかは、ほんとに…お好みで! miotsukushi-ff11.

次の