ヘパリン 外用 泡 状 スプレー。 ヒルドイドフォームのジェネリック 泡状スプレーを使ってみました

へパリン類似物質外用スプレー0.3%下さい!と私が皮膚科で叫んでいる理由!

ヘパリン 外用 泡 状 スプレー

Contents• 【2019年2月発売】ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0. 100g包装との違いとか、気がつく範囲でまとめてみましたのでよろしくお願いいたします。 スポンサードリンク ヘパリン類似物質スプレー剤の歴史 違いを紹介する前に、ヘパリン類似物質スプレーの歴史(?)を少し振り返ってみたいと思います。 ヘパリン類似物質スプレー(2012年12月発売?) ヒルドイドの スプレー製剤として2012年12月にヘパリン類似物質スプレーが 登場しました。 添付文書で調べる限り 「ファイザー」「PP」「TCK」あたりが2012年に発売 その後、色々なメーカーが参入し現在は 10社がスプレータイプを販売しています。 (2019年3月現在) ヘパリン類似物質泡状スプレー:100g包装(2016年12月発売) 医薬品業界に衝撃を与えた 『泡状』スプレーは普通のスプレーが発売になった4年後の 2016年12月から販売されています。 高い保湿性に加えて伸びが良いので、背中や体など広い面積に使用されるケースが多いような気がします。 販売しているのは 「日本臓器」「PP」「ニットー」の 3社のみです。 (2019年3月現在) 2016年に発売になったのは100gの包装です。 発売当初は予想以上に売れたために 流通が滞る場面もありましたが 現在は問題なく流通しています。 100gスプレーのキャップってベタベタしませんか? 薬を塗った手でキャップを閉めると手についたお薬がキャップについてベタベタ・・・ 使った後にティッシュなどで拭けば問題ないのですが、その一手間が面倒・・・という人も多いかもしれません。 100g容器のキャップの内側につく水滴(薬?)も気になります。 キャップレスになることで、キャップのべたつきの心配は不要になります。 塗った後に本体を触ると本体がベタベタになるので注意が必要ですが・・・ 『 置いた状態で使用できる』のも使いやすいポイントだと思います。 お風呂上がりなどに子供に塗布するケース 逃走しようとする子供との戦いです。 1秒でも早く薬を全身に塗って、下着やパジャマを着させる戦い。 床に置いたポンプから素早く薬を手に取り、塗る!!! キャップレスもそうですが、 1秒を急ぐケースでは助かる改良だと思います。 ここが注意だヘパリン類似物質泡状スプレー200g容器 200g容器を投薬するときに伝えておきたい注意点はただ一つ 『 1プッシュの量が100g容器と違う』という点です。 100gの泡状スプレーだと 1プッシュは手のひら2枚分と言われています。 200gの泡状スプレーはその倍の 1プッシュ手のひら4枚分になるそうです。 特に100gの製剤から変更した患者さんは、今までと同じように使おうとするので、出し過ぎになります。 実際に手にとってみれば量が多いことに気がつくかと思いますが 服薬指導の時点でしっかりと『 今まで使っていたスプレーの倍の量が1プッシュで出ます』と伝えておきたいとこですね〜 先ほどのお風呂上がりに子供に塗るようなケースでは1回に出る量が多くなるので 1プッシュで背中全体とか塗ることができるかと思います。

次の

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日本臓器」

ヘパリン 外用 泡 状 スプレー

乾燥する季節がやってきました! こんにちは!薬剤師のママとこどものおくすりやさんです。 乾燥する季節になってきましたね!実は私自身アトピー性皮膚炎を患っているので、乾燥対策にはとても敏感なのです。 今回は皮膚科でよく処方されるヒルドイドシリーズについて解説してみます。 皆さん一度はみかけたことのある保湿剤だと思います。 自分の薬であったり、子どものだったり、小児科や皮膚科でよく処方されるお薬です。 ヒルドイドの効果とは ヒルドイドの一般名はヘパリン類似物質といいます。 とはいっても一般名とは何?と思うと思います。 一般名とは有効成分の名前と思ってもらっていいです。 ヒルドイドの効能効果は 1.血液凝固抑制作用 2.血流量増加作用 3.血腫消退促進作用 4.角質水分保持増強作用 皮膚に対する保湿効果 5.線維芽細胞増殖抑制作用 なんだか難しい医療用語がずらり、簡単に説明すると「血流をよくして水分を保持してくれる」作用といったところです。 広く知られている作用としては保湿剤としてが有名ですが、血流増加の作用もあるので冷えの改善や外傷の早期回復に使われることもあります。 ヒルドイドには4種類の剤型があります。 ヒルドイドには下記の4種の剤型があります。 ・ヒルドイドクリーム ・ヒルドイドソフト軟膏 ・ヒルドイドローション ・ヒルドイドフォーム これらをジェネリックと合わせて解説していきます。 ヒルドイドクリーム ・一般名(有効成分名)はヘパリン類似物質クリーム ・クリームなのでべたつかない ・今はだいぶ改善されているが、独特なにおいがあり(昔はだいぶ臭かった…) ・有名なジェネリックは日医工が発売しているビーソフテンクリーム(他にもジェネリック品あり) ・ヒルドイドクリーム1本あたり約162円(3割負担) ・ビーソフテンクリーム1本あたり約56円(3割負担) ヒルドイドソフト軟膏 ・一般名(有効成分名)はヘパリン類似物質油性クリーム ・クリームと軟膏の間の使用感だが、ほぼクリームに近い ・今は改善されているが、昔は独特なにおいがあった(私的にミスドのドーナッツの甘さをとったような油のにおい) ・ジェネリックはヘパリン類似物質油性クリーム(日医工)など ・ヒルドイドソフト軟膏1本あたり約162円(3割負担) ・ヘパリン類似物質油性クリーム(日医工)1本あたり約56円(3割負担) ヒルドイドローション ・有効成分名はヘパリン類似物質外用液 ・ジェネリックはビーソフテンローションなど ・ヒルドイドローションとビーソフテンローションの使用感がだいぶ違う!ヒルドイドローションは白く、乳液のようだが、ビーソフテンローションは透明で化粧水のような使用感。 さっぱり感がお好みな人へはビーソフテンローションがオススメ ・ヒルドイドローションは25gと50gがあり。 全く外観違いますね! ヒルドイドフォーム ・ヒルドイドシリーズの中で一番新しい剤型 ・泡のような見た目と使用感 ・1本あたり約660円(3割負担) ・ジェネリックはありません (類似商品にヘパリン類似部室泡状スプレーがありますが、こちらはヒルドイドフォームのジェネリックには該当しません) ちなみに、ヘパリン類似物質外用スプレーという化粧水をポンプ式でだす形状のものもありますが、こちらは元の先発品はありません。 市販薬でも買うことができます! ヒルドイドの成分ヘパリン類似物質は今や処方箋がなくてもドラックストアで買えるようになりました。 ヒルドイドと同じ、ヘパリン類似物質単独の成分のものや、かゆみどめなども配合されているもの様々なものがあります。 効果は同じ成分なので処方箋薬と変わりないでしょう。 ただ、すべての商品に共通していえることは処方箋薬と比較すると高い!! 例えば、同じ容量くらいでヒルドイドソフト軟膏は約162円なのに、市販薬は1000円以上する場合もあります。 ただし、病院で診察代をかけて、処方してもらい、薬局で薬代以外のもろもろの金額と合わせると市販薬のほう安価かもしれません。 保湿剤の適切な使い方 入浴後5分以内がカギ! どの保湿剤にも共通していえることは、入浴後5分以内に塗るのが効果的とされています。 なぜなら、水分は5分でとんでいってしまうからです。 また、2歳までに保湿を頑張って継続すると、アトピーなどの皮膚疾患も予防できるとの報告があります。 私自身アトピーのため3歳の娘には、この保湿方法をうまれたときから実践しています。 そのおかげか、今のところ娘にアトピーの兆候はみられません。

次の

ヘパリン類似物質外用泡状スプレー 12/9に発売したけど、早速品薄

ヘパリン 外用 泡 状 スプレー

Contents• 【2019年2月発売】ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0. 100g包装との違いとか、気がつく範囲でまとめてみましたのでよろしくお願いいたします。 スポンサードリンク ヘパリン類似物質スプレー剤の歴史 違いを紹介する前に、ヘパリン類似物質スプレーの歴史(?)を少し振り返ってみたいと思います。 ヘパリン類似物質スプレー(2012年12月発売?) ヒルドイドの スプレー製剤として2012年12月にヘパリン類似物質スプレーが 登場しました。 添付文書で調べる限り 「ファイザー」「PP」「TCK」あたりが2012年に発売 その後、色々なメーカーが参入し現在は 10社がスプレータイプを販売しています。 (2019年3月現在) ヘパリン類似物質泡状スプレー:100g包装(2016年12月発売) 医薬品業界に衝撃を与えた 『泡状』スプレーは普通のスプレーが発売になった4年後の 2016年12月から販売されています。 高い保湿性に加えて伸びが良いので、背中や体など広い面積に使用されるケースが多いような気がします。 販売しているのは 「日本臓器」「PP」「ニットー」の 3社のみです。 (2019年3月現在) 2016年に発売になったのは100gの包装です。 発売当初は予想以上に売れたために 流通が滞る場面もありましたが 現在は問題なく流通しています。 100gスプレーのキャップってベタベタしませんか? 薬を塗った手でキャップを閉めると手についたお薬がキャップについてベタベタ・・・ 使った後にティッシュなどで拭けば問題ないのですが、その一手間が面倒・・・という人も多いかもしれません。 100g容器のキャップの内側につく水滴(薬?)も気になります。 キャップレスになることで、キャップのべたつきの心配は不要になります。 塗った後に本体を触ると本体がベタベタになるので注意が必要ですが・・・ 『 置いた状態で使用できる』のも使いやすいポイントだと思います。 お風呂上がりなどに子供に塗布するケース 逃走しようとする子供との戦いです。 1秒でも早く薬を全身に塗って、下着やパジャマを着させる戦い。 床に置いたポンプから素早く薬を手に取り、塗る!!! キャップレスもそうですが、 1秒を急ぐケースでは助かる改良だと思います。 ここが注意だヘパリン類似物質泡状スプレー200g容器 200g容器を投薬するときに伝えておきたい注意点はただ一つ 『 1プッシュの量が100g容器と違う』という点です。 100gの泡状スプレーだと 1プッシュは手のひら2枚分と言われています。 200gの泡状スプレーはその倍の 1プッシュ手のひら4枚分になるそうです。 特に100gの製剤から変更した患者さんは、今までと同じように使おうとするので、出し過ぎになります。 実際に手にとってみれば量が多いことに気がつくかと思いますが 服薬指導の時点でしっかりと『 今まで使っていたスプレーの倍の量が1プッシュで出ます』と伝えておきたいとこですね〜 先ほどのお風呂上がりに子供に塗るようなケースでは1回に出る量が多くなるので 1プッシュで背中全体とか塗ることができるかと思います。

次の