微熱 が 続く 一 週間。 微熱が続く病気!女性と男性それぞれに多い4つの原因

微熱が下がらない原因と病気一覧。1週間も微熱が続く理由とは?

微熱 が 続く 一 週間

乾いた咳から痰が絡んだ湿った咳に変ります。 咳が20日以上続き、熱や倦怠感が同時にあります。 診療科目 内科・呼吸器内科・耳鼻咽喉科 対策 喉の乾燥を防ぐマスクや加湿器を活用。 喉の粘膜に優しい食べ物・飲み物を摂取。 香辛料はNG。 風邪の引き初めに、休養と栄養で長引かせない生活で防ぎましょう。 2)急性肺炎 初めは乾いた咳が出ますが、次第に痰が絡んだ咳が出ます。 胸に痛みが出ます。 細菌感染の場合、菌によっては痰の色が変化します。 肺炎=高熱ではありません。 微熱より少し高めの熱で経緯する肺炎もあります。 診療科目 内科・呼吸器内科 対策(ホームケアで治療の場合) 部屋を加湿 身体に負担をかけない消化の良い食事。 おかゆ・卵のおじやなど 水分の補給 食べられない時は経口補水液を使う 体力の回復には高たんぱく・高カロリーの食事で対応。 栄養機能食品を使うと手軽で便利 3)マイコプラズマ肺炎 風邪症状を思わせる「微熱・だるさ・頭痛」の症状が出ます。 初めは乾いた咳が出ますが、次第に痰が絡んだ咳が出ます。 咳止め薬を飲んでも咳が治まらず、約1ヶ月咳が続きます。 診療科目 内科・呼吸器内科 対策 マイコプラズム肺炎は、細菌とウイルスの中間に属する微生物による感染症なので、マスク・うがい・手洗いで予防ができます。 潜伏期間は2~3週間、この時期も人にうつる可能性があります。 マイコプラズマに効果のある抗生物質を飲む必要があります。 病院に行ったときは周りでマイコプラズマ肺炎を発症した人がいることを必ず伝えてください。 早めの検査と診断で重症化が防げます。 4)クラミジア肺炎 痰が絡まない空咳と微熱が続きます。 風邪症状と同じ鼻水や頭痛があります。 診療科目 内科・呼吸器内科 対策 細菌のクラミジア・ニューモニエに感染したことで起こる肺炎です。 飛沫感染ですが感染力は弱いので感染をしても発症をしない不顕性感染で終わることもあります。 普段からの感染症予防対策が重要。 家庭内など狭い範囲で感染することが多いので家族の症状もチエックして診察を受けるときは必ず伝えましょう。 的確な薬を使わないと確実な治療はできません。 次に流行とは関係なく起こる咳と微熱2つの原因を紹介します。 5)夏型過敏性肺炎 夏風邪を思わせる「咳・発熱・疲労感」があります。 家の中で症状が出て外に出ると治まることがあります。 家族全員ではなく、敏感に反応した人だけが発症します。 6月~10月のカビの発生が多い時期に症状が出ます。 診療科目 内科・呼吸器内科・アレルギー科 対策 肺炎の原因となるカビの1種「トリコスポロン」の発生を抑えます。 日当たりが悪い湿気のたまりやすいところに発生をします。 エアコンの中のカビが原因となることもあるのでフィルターの掃除はこまめに行ってください。 6)加湿器病 風邪を思わせる「咳・微熱・倦怠感」が続きます。 家の外では症状が治まります。 診療科目 内科・呼吸器内科・アレルギー科 対策 加湿器のタンクやフィルターをこまめに掃除してキレイな空気で加湿をします。 タンクの水は毎日取り換え、必ず水道水を使います。 塩素で消毒をしてあるので雑菌の繁殖を抑えます。 湿度は50%台で、70%を超えるとカビの発生を招きます。 アレルゲンが関係する3つの原因です! 7)イネ科花粉症 鼻水・鼻づまり・喉のイガイガから来る咳が長く続き、微熱がでることもあります。 花粉が皮膚につくとかゆみがでます。 診療科目 内科・アレルギー科 対策 イネ科の植物は4月のカルガヤに始まり12月のススキまで長期に渡って飛散をします。 イネ科の植物の生息する河川敷には近づかないのが対策の1つ。 田んぼの稲の花が咲くのは7~9月。 花粉の飛散量は少なめですが、量にかかわらずアレルゲンとなります。 8)ブタクサ花粉症 鼻水・鼻づまり・咳・目のかゆみに微熱を伴うことも。 花粉の粒子が細かいので喉の奥に入り込んで気管支に炎症を起こします。 診療科目 内科・アレルギー科 対策 本州を中心に7月~12月まで花粉は飛散しています。 ブタクサが生えているのを見たら駆除をします。 アレルゲンの構造が似ているメロンやバナナを食べるのは禁止です。 アレルギー症状を重くする可能性があります。 9)犬アレルギー 咳・目のかゆみに伴って微熱の症状が出ます。 診療科目 アレルギー科 対策 室内犬より屋外で過ごす犬がアレルギーの原因になります。 手入れがされていない犬の抜けた毛・フケ・ほこりが喉を刺激します。 屋外の犬もブラッシングなどの手入れをしましょう。 犬を飼う前に犬アレルギーの診断を受けましょう。 アレルギーが出るペットは猫だけではありません。 最後に届け出をしないといけない2つの感染症です! 10)百日咳 初めは軽い風邪症状の発熱・頭痛で始まります。 2週間ほどコンコンと咳が出続けます。 次に重い咳症状が2~3週間続き、症状が治まるのに約3ヵ月かかります。 大人の百日咳は咳の出ない微熱が続くだけの症状もあります。 診療科目 内科・呼吸器内科 対策 予防接種で防ぐことができます。 大人になるとワクチンの効果が落ちるので再度予防接種を受けるのも、有効な予防対策です。 飛沫感染を防ぐためのマスクはマスト。 11)結核 微熱と咳で始まり、2週間以上続きます。 息切れ・体重減少の症状が現れます。 診療科目 内科・呼吸器内科 対策 通常であれば結核菌に感染をしても発症に至らないことがほとんどです。 体力・免疫力が落ちている時に発症をします。 生活リズムの乱れ・無理なダイエットも発症のきっかけになるので、規則正しい生活とバランスの取れた食事で結核を防ぎましょう。 喫煙は発症の原因の1つ禁煙を計画してください。 まとめ 咳と微熱が長引く原因の疾患は全部で11個! 1)急性気管支炎 2)急性肺炎 3)マイコプラズマ肺炎 4)クラミジア肺炎 5)過敏性夏型肺炎 6)加湿器病 7)イネ科花粉症 8)ブタクサ花粉症 9)犬アレルギー 10)百日咳 11)結核 咳と微熱が続くときは必ず原因があります。 重症化や感染を広げる前に病院へ行くことをおススメします。 お大事にしてくださいね。 こちらの記事もおすすめです.

次の

女性の微熱が続くときは何が原因?その症状に隠れた病気と対処方法を解説します

微熱 が 続く 一 週間

1歳のママ、30歳の主婦(在宅ワーク)です。 ここ一ヶ月程、夕方になると37. 0〜37. 5度位熱が出ます。 朝は36. 0度位なんですが、15時ごろから18時ごろにかけて体温が上がり、 就寝時には36. 5度くらいに下がる、というのが毎日続いています。 先日病院に行き、尿検査と血液検査を受けましたが、異常は無く、抗生剤を3日分もらって終わりでした。 3日分の処方された薬を飲んでも、発熱は続いています。 大学病院に行って精密検査を受けようと思うのですが、血液検査や尿検査はすでに異常無かったので、そのほかに検査というとどんなものがあるのでしょうか?レントゲンとか?医療に疎いので、良く分かりません・・・教えてください。 更年期といってもまだそんな年ではないと思います。 ネットで検索すると、膠原病やバセドウ病かも?とも思ったりします。 体重の変化や膠原病に見られる皮膚の変化等は未だありません。 ただ、発熱時になると体がカーッと熱くなり汗が出てきます。 どんな病気、何が原因かわかりません。 大学病院に行って調べれば済むことなのですが、現在、在宅ワークで時間的な余裕が無く、受診は1週間くらい後になるので、その間、熱が出ると仕事に支障が出てしまい、また不安です。 発熱前になると、体がだるく横になると楽になります。 ユーザーID: 6601205596 あまり参考にならないかもしれませんが、レスさせてください。 20年ほど前、10歳ごろでしたが微熱が続く状態でした。 朝は平熱で登校するが、昼ごろになると熱っぽく、体がだるく保健室で休み、そのまま下校という生活が2週間ほど続きました。 いつも診てもらっていた小児科のお医者さんに紹介状を書いてもらって、大きな病院(たしか日赤)でみてもらった結果、「ようれん菌」が原因とのことでした。 小児科のお医者さんにも「もしかしたら『ようれん菌』が原因かもしれない」といわれていたので、そのことを大きい病院で言うとすぐに隔離されました。 大きい病院での検査は尿検査と採血だけだったと記憶してます。 すごーく苦い薬をのんで2週間ほど自宅療養したら治りました。 微熱の体がだるい状態、「この状態がいつまで続くんだろう?」という気持ちはわかります。 早く原因が判明し、治ることをお祈りしています。 ユーザーID: 7944255950• バセドウ 私はバセドウで服薬治療中ですが、 発覚する前、同じく夕方になると微熱が出るというような状態が続きました。 一度40度以上の高熱が出たときは、抗生剤をもらいましたが 全く熱が下がりませんでした。 あと、体重は最初は増えました。 (ひどくなってからは激痩せしましたが) 真冬でもちょっと動いただけで汗かいていて、 生理も止まったので、私も最初は更年期を疑いました。 で、しばらく経ってからバセドウだと気付きました。 通常の血液検査にはバセドウ病の診断項目は含んでいないので もう一度病院に行って「家族にバセドウの人がいるので・・・」と言って それ専用の検査をしてもらうといいですよ。 血液検査だけでわかるので、近くの小さい病院で大丈夫ですよ。 検査結果も急いでほしいことを伝えれば、急いでもらえる場合もあります。 お大事になさってくださいね。 あ、ちなみに私も在宅ワーカーです。 ユーザーID: 0498918609• 健康ランキング• 大腸癌の可能性も トピ主さん、こんにちは。 この3年くらい仰っているのと同じような症状ですが、原因はある抗生剤の副作用による肝機能障害です。 (抗生剤の名前はとりあえず控えさせて頂きますね。 ) なお、大学病院での血液検査で分かりました。 もともと喘息持ちで通院していたのがその大学病院でしたが、重い風邪を引き処方されたのがその抗生剤でした。 1日1錠の服用ですが、それを飲むと体の調子がおかしいので(だるい、めまいなど)、自己判断で3日目で飲むのをやめました。 2週間くらいで風邪は全快したのですが、その後、夕方になってくると顔や手が熱くなり熱が出ているようだ、と気づきました。 外から見ても熱っぽい顔になっていたそうです。 そこから1週間、毎夕方に検温してその記録を喘息の診察時に先生にみてもらいました。 先生も膠原病やバセドウ氏病を疑い、その方面の検査をしましたが異常はなく、血液検査で肝機能障害が出ていることが分かりました。 その抗生剤で「稀に」肝機能障害が出る人がいるということで、そのための発熱、と説明され納得しました。 肝機能の数値を測って頂いてはいかがでしょうか? ユーザーID: 8916846134• 尿路感染が否定されていますから 私も同じような症状がたまに出ていました。 最近あまり気になりませんが。 初めてなったのは高校1年のときで、20代になってから回数が増え、30代になっても続きました。 普段は何ともないのですが、一旦症状が出ると、ひどい時は体を起こしていることもつらくて 30代半ばの時に地元のクリニックを受診しました。 私も血液検査や尿検査を受けたのですが、検査結果の数値からは、 微熱が続くという症状から疑われる病気(膠原病やバセドウ病)を 示す結果は出なかったと言われました。 結局、クリニックの診断ではこれといった病名はつきませんでした。 大きな病院での検査は受けるという考えは浮かばなかったです・・・。 ちなみに、20代の男性にも原因不明の微熱で体調が悪くなる人がいました。 所謂未病ってやつじゃないかと思っています。 未病治療なら、漢方や整体等の方が効果があるかもしれません。 その後私は腰痛で整体に通うようになったのですが、以前程微熱が気にならなくなった気がします。 在宅ワークで長時間同じ姿勢を続けていたりしませんか? 案外体の歪みが原因かもしれませんね。 ユーザーID: 1772372556• 素人だから何ともいえませんが、私も微熱が続き、近所のクリニックで血液検査しました。 でも異常ありませんでした。 疲れから来る風邪かな?と言われ、風邪薬、抗生剤が処方されましたが、 一向に治りませんでした。 自分でもビタミン剤とか飲んでましたが、 そのうち日常生活に支障が出るほどになり、再度、別のクリニックへ受診しました。 そこで、甲状腺の血液検査、頭痛が酷いので念の為MRIとかやりましたが、結局、異常ナシで、自律神経失調といわれました。 普通の血液検査では甲状腺の異常はわかりませんからね。 漢方薬とリーゼという安定剤を処方され、ずいぶん回復しました。 通常の血液検査で、白血球の数に異常がなかったなら ウイルス性とか細菌性の病気ではないのかも知れませんね。 ただ! 同じような症状でも、何か病気が隠れてるかもしれませんので 必ず早めに受診してくださいね。 ユーザーID: 7675743163• 慢性疲労症候群かも 私も、微熱が3ヶ月続いたことがあり調べてみました。 慢性疲労症候群の、症状の一つにあります。 けれど、この病名と診断されるには、大学病院で数々の検査を受け他に原因がみつからないことを確認する必要があります。 検査だけで大変です。 大学病院へかかるには、かかりつけの心療内科や内科から予約をとってもらう必要があり、それも数ヶ月待ちで、かなり敷居が高いです。 さらに、この病名がついても、健康保険の適用はされないそうです。 内科や心療内科、婦人科等で、女性外来やメディカルアロマ外来など、最近増えてきています。 従来の枠(内科、婦人科、等)にとらわれず、広く「人間全体」をみてくれる病院もありますので、ご相談されてみられてはいかがでしょうか。 ユーザーID: 5256461590• 歯?鼻?.

次の

女性の微熱が続くときは何が原因?その症状に隠れた病気と対処方法を解説します

微熱 が 続く 一 週間

スポンサードリンク 微熱とは何度のこと? 微熱とは? 一般的に平熱は35~37度未満、微熱は37~38度位、38度以上は高熱といわれますが、体温には個人差があり、一概に「微熱は何度」と言い切ることはできません。 そのため、まずは自分の平熱を把握することが大切です。 そして、平熱よりも約1度ときは微熱、その状態が何日も続くようならば微熱が続いているということになります。 微熱が続く原因は? 微熱が続く原因は、大きく3つに分けられます。 1.更年期障害による自律神経の乱れ 女性の場合には、生理の周期(排卵から生理がくるまでの2週間)、妊娠、更年期障害などで微熱が続くことがあります。 病気というよりは「女性特有の体の変化」によるものです。 「女性特有の体の変化」とは別に、更年期障害では微熱が続くことがあります。 その原因として考えられるのは、更年期障害による自律神経の乱れです。 一般的に、閉経を迎える約50歳の前後10年間が更年期といわれています。 この時期には卵巣機能が低下するため、卵巣から分泌される女性ホルモンの分泌量も減少します。 その影響で自律神経が乱れて、自律神経失調症に似た症状を起こすことがあります。 自律神経は、様々な働きをしていますが、そのひとつに体温をコントロールするという大切な働きがあります。 そのため、自律神経が乱れると体温調節が上手くいかず、微熱が続くことがあります。 その他、40歳を過ぎて、微熱のほかにも月経不順や頭痛、肩こり、イライラや不安感といった症状が出ている場合は、更年期障害の可能性が高くなります。 2.ストレスからくる自律神経の乱れ 最近、微熱が続くのは、ストレスによる自律神経の乱れが原因であるケースが増えています。 これは女性に限ったことではありませんが、比較的女性に多くみられます。 以下のような症状の場合は、ストレスによる自律神経の乱れが原因の微熱と考えられます。 ・医師の診察を受けたが異常は見つからない ・排卵日から月経までの期間ではない ・妊娠していない ・上記3項目に該当しないのに1ヶ月以上も37度前後の微熱が続く ・疲れがとれないし体が重く感じる。 ・日々ストレスを感じている 3.さまざまな病気 さまざまな病気が原因となって、微熱が続く症状があらわれることがあります。 考えられる主な病気を以下にあげてみました。 しかし、風邪なら薬を飲んで安静にしていれば、1週間以内にほとんど微熱は下がります。 何日も熱が下がらず微熱が続くようなときには、風邪以外の疾患が隠れている場合があります。 また、考えられる病気もこれですべてというわけではありません。 上記以外の病気が隠れている場合があるので、心配な場合には必ず医療機関を受診してください。 最近こんな病気も増えています。 気になる方は読んでみて下さい。 微熱が続く不調を解消するには? では、微熱が続く不調を解消するにはどうしたらいいのでしょうか。 自律神経からくる微熱を解消するために、ふだんの生活でできる対処方法を説明します。 微熱が続く原因の一つはストレスなので、まず、ストレスを軽減することを考えます。 ストレスのもとをなくすのはほとんど不可能ですが、感じたストレスを軽減することは可能です。 そのためには、リラックスすること。 リラックスするためには、副交感神経を優位にする必要があります。 その方法とは、意識して副交感神経を優位にすることは難しいので、そうなりやすい状況を作ることです。 具体的には・・・ ・ぬるめのお風呂にゆったりつかる。 お湯の温度は 39~40度くらいのぬるめの温度に設定します。 熱いお風呂やシャワーは交感神経を勝たせてしまうので逆効果。 スポンサードリンク ・筋肉の緊張をほぐす マッサージ 体操をする ・軽い運動をする 家の近くを散歩するのもいいですね。 これも、時間を気にせずゆっくりと周りの景色を楽しみながら、ということを心がけてください。 忙しい毎日を送っている方には難しいかもしれませんが、考え方を変えてください。 それがストレスを軽減するコツです。 ・ストレッチをする 中高年の元気を応援! ストレッチング~ストレッチの実践 ストレッチング~ストレッチのポイント 参照 その他にも、好きな音楽を聴いてゆったりするなど、「リラックスできた」と感じることを見つけてください。 まとめ 微熱が続くということは、からだが何か異常のサインを出しているとも考えられます。 そんな時、自分の体の状態を把握せずに普通の生活を送るのも不安です。 人によって体の不調の感じ方は違います。 普段から元気な人は、微妙な体の変化に気がつきにくいということもあります。 診察を受ければ、大したことがなければ安心して生活できますし、もし病気が見つかれば早く治療を始めることができます。 微熱が続くときは、面倒がらずに医療機関を受診しましょう。 そして、自分でできるリラックスの方法で、からだをゆったりのんびりさせてあげてください。 それを続けることによってストレスを軽くして、長引く微熱を治してしまいましょう。 やることが多すぎていつも忙しい、時間がないと感じている方、このブログ記事を読んでみてください 誰にでも平等に与えられている一日24時間なのに、いつも忙しそうな人とゆったりしている人との違いはなんでしょうか。 そんな疑問に対して一つの大きなヒントを与えてくれる記事です。 参考図書も紹介してくれていますよ。 ぜひ読んでみてください。 そして、この著書は、実際に Amazon で現在も 1,000 円で販売中です。 「インターネットで収入と自由を得る」、「インターネットを仕事にする」ということを考えてみたことがない方には、 常識をくつがえされる内容です。 といっても、難しいお話ではなく、ご自分の経験から得たことを、誰が読んでもわかりやすく説明してくれています。 そして、この書籍をダウンロードすると、付録として、著者の「インターネットビジネス入門書」も読むことができるという特典付です。 繰り返しますが、この著書は、一部のインターネットに詳しいかた向けのものではありません。 誰にでもわかりやすく、専門用語があればその都度解説付きなので、気楽に読み進められます。 ダウンロードしたからといって、何かを買わなければならなくなったりなど、費用が発生することは全くありません。 安心してダウンロードの上、読んでみてください。 こちらからメルアドを登録して無料で書籍をダウンロードしてくださいね。 以前9万9000円で販売していた教材が 今なら無料でもらえます。 こちらからメルアドを登録して 教材を受け取ってくださいね。

次の