あつ 森 タイプ ライター。 【あつ森】コワイ系の住民(住人)一覧【あつまれどうぶつの森】

雑誌『SWITCH』で『あつ森』特集 よゐこ有野晋哉、大川ぶくぶ、大童澄瞳らが島を披露

あつ 森 タイプ ライター

1:あつ森とはどんなゲーム? 「あつ森」とは「あつまれ どうぶつの森」の略称。 お花を育てたり、どうぶつたちのお願いを聞いたり、家具を作ったりして、どうぶつの住民たちと暮らしながら村や島を作っていく、ほのぼのしたゲームです。 大人気シリーズの「どうぶつの森」最新作ですが、今作では、無人島に移住し、島ごと自分好みにつくりあげていきます。 現実の季節感や時間と連動しているので、ゲームがリアルに寄り添ってくれる楽しさがあります。 しかし一部のユーザーからは、ほのぼのしているように見えて「鬼畜なゲームだ」とも言われているのです……。 (1)ローンを組まされひたすら返済 「あつ森」の中で自分の家を建てたり、改築したりするためには、多額のローンを組んでそれを返済しなければいけません。 島に橋をつくろうと思っても、かなり多くのお金を寄付しないと、橋をかけることができないのです。 このように、「何をするにもまずお金」というシステムにはリアル感がある一方、ゲームの中でも借金返済に追われることに……。 (2)不眠不休で昆虫採集! では、どうやってお金を稼げばいいのでしょうか。 当然、「あつ森」には「稼げる副業」としておなじみの「Uber Eats」はないので、お金を稼ぐためには昆虫採集や魚釣りをして、採ったものを売ることになります。 また、どうぶつの森は睡眠が必要ないので、24時間いつでも活動することができます。 つまり、お金を稼ぐには不眠不休で昆虫採集をし、魚釣りをして、それを売りさばかなければいけません。 働かなければお金を稼ぐことはできない……まさに現実社会とリンクしているのです。 (3 なんでもDIYしなければいけない 昆虫採集や魚釣りの道具は、基本的に自分で作ることになります。 ずっと使っていると壊れるので、また作らないといけない……。 これはUberEatsのシステムと一緒ですね。 また、住む家の家具や、島の景観のための柵なども、基本的には自分で作らなければいけません。 自分好みのこだわりの島にするためには、なんでもDIYをしないといけなくなります。 そしてその材料も、自分で集めないといけないため、お金稼ぎの合間に材料集めもしなければいけません。 2:あつ森男子とは? そんな、ゲームの中でもシビアな資本主義社会がたっぷり堪能できる「あつ森」だけでなく、今、注目したいのが「あつ森男子」なのです。 あつ森男子とは、ただ単に「あつ森」をプレイしている男子のことではありません。 趣味に時間や投資を惜しまず、こだわりぬく男子のことをいいます。 好きなことのためであれば、お金稼ぎのための労働を嫌がることはありません。 それに没頭できる集中力もあり、途中で投げ出さないという強みも。 理想の何かを作りあげるため、理想に近づけるためにコツコツと頑張ることもできる、真面目系男子が「あつ森男子」なのです! 3:あつ森男子を彼氏にするメリット そんなあつ森男子を彼氏にすると、どんなメリットがあるのでしょうか。 (1)浮気をしない あつ森とは、毎日コツコツ遊ぶゲーム。 ひとつのゲームを長く愛する様子は、あつ森男子が彼女をずっと一途に愛するのと同じです。 つまり、あつ森男子は浮気をすることなく彼女を愛し続けてくれるのです。 「男は浮気する生き物」なんて言われがちですが、あつ森男子なら浮気の心配がないので、安心してお付き合いできますね。 (2)尽くしてくれる 住民たちのお願いごとには、何でも献身的に応えたくなってしまうあつ森の世界。 それと同じように、あつ森男子も、彼女のお願いごとをちゃんと聞いてくれて、尽くしてくれるのです。 ちょっと無理めなお願いだって、「むしろ燃える!」と感じて、ミッションクリアしたくなってしまうのです。 (3)手先が器用 「ある森」には道具や家具を自分でつくる楽しみがあるのですが、あつ森男子も同様に、DIY志向が強く、手先が器用でなんでも自分で作れてしまいます。 椅子や本棚にはじまり、庭造りなど大掛かりなものまで。 しかもこだわりが強いので、自分の使い勝手がいいようにいろいろとアレンジを加えながら、器用になんでも作っちゃいます。 (4)アウトドアでも活躍 あつ森男子は、釣りや昆虫採集はお手のもの。 キャンプや海水浴などアウトドアな場面でも活躍してくれます。 アウトドアというのは、初心者が集まって試行錯誤するのも楽しいものですが、頼れる男子がいると、それはもう羨望の的。 それが自分の彼氏なら最高ですよね。 虫にも強くて、サッと捕まえて逃がしてくれるのもポイント高しです。 (5)結婚に前向き あつ森男子はマイホームを持つことの生きがいを感じます。 また居住空間をステキにしていくことにもとても熱心。 つまり、結婚をして家族を愛しながら家を持ち、平和に暮らしたいという考えの持ち主。 こういうタイプは結婚願望も強く、付き合っているときから結婚を前向きに考えてくれます。 コツコツと頑張る性格なので、若いうちからマイホームを建てて早めにローンを返していくことも厭いません。 現実と将来をちゃんと見据えることができるあつ森男子は旦那さんに最適かも。 4:まとめ 真面目で一途でマイホームを建ててくれる穏やか気質の努力家、それがあつ森男子です。 結婚を考えている女性から人気が出ること間違いナシですね。 「あつ森」にはインターネットで通信して交流する機能もあるので、ゲームの中で理想のあつ森男子を探してみるのもアリかもしれません。 この記事を書いたライター 松田優 Y. Matsuda ライターや記事ディレクターなど、幅広く文章業を営んでいる。 2019年に『ドミノ倒れ』『かぼちゃの馬車のクレームブリュレ』を同時刊行して小説家デビュー。

次の

『あつまれ どうぶつの森』の世界観をつくるUXライティング|nao

あつ 森 タイプ ライター

手つかずの無人島に越してきたプレーヤーがどうぶつたちと仲よく暮らすほのぼの系ゲームの同作は大ブームを巻き起こし、国内ではすでに470万本以上を売り上げている(6月11日現在)。 ゲーム総合誌『週刊ファミ通』などで執筆するフリーライター・西川くんはその魅力をこう解説する。 「コロナウイルスによる自粛生活で不安が高まり、外に出かけて友達と集まることができなくなった中で、無人島で疑似旅行を楽しめて、ゲーム内でプレーヤー同士が交流することもできる『あつ森』の需要が高まったのでしょう。 かわいらしいキャラやのんびりとした世界観に癒される人も多いようです。 釣りやムシ取りから洋服作り、区画整理まで、あらゆる楽しみがあり、自由度が高いのも魅力」 一から自力で開拓していくゲームのため、どこで何をすればいいか迷うのも事実。 コツをつかめなければ、なかなか楽しみが広がらない難しさもあるのだ。 『あつ森』では「ベル」と呼ばれる通貨によって、服や家具の購入、家の建築・増築などを行うことができる。 現実世界同様、労働により通貨を稼ぐわけだが、その基本となるのは、島に実っているフルーツや生えている雑草を採ったり、サカナやムシを捕まえたりして売ること。 それらには、効率的に稼ぐ方法がある。 すでに400時間近くプレーしており、YouTubeに実況動画をアップしているプロゲーマーのLightさんは島のあちこちに生えている「雑草」を使って賢く稼いでいるという。 「雑草は1個あたり10ベルと安価ですが、15個集めてDIYで『はっぱのかさ』にしてから売ると、買取価格は300ベルに。 ひと手間かけるだけで2倍稼げるのです」 獲得したアイテムの買い取りは基本的にタヌキ商店(初期は「案内所」)で行われるが、ムシとサカナの場合、定価より高値で売る手がある。 「たまに島に現れる特別などうぶつに買い取ってもらう方法があります。 レックスはムシを、ジャスティンはサカナを1. 5倍の値段で買い取ってくれます。 高値のムシやサカナはタヌキ商店には売りに行かず、ため込んでおいて、彼らが現れたとき一気に売るのがおすすめです」(西川くん・以下同) ベルは島の中に点在する岩を叩くことでも獲得できる。 「1日1つ、叩くとベルが出る岩が島に出現するのでスコップかオノで叩いてください」 岩は8回まで叩くことができ、叩くごとにもらえる金額が上昇し、最大で1万6100ベルを獲得できる。 だが、たいていの場合は叩いたときの反動でキャラクターの立ち位置が後ろにずれ、連続して叩くのは難しい。 「立ち位置がずれないようにするには、自キャラクターの立ち位置を固定すること。 手軽なのは、叩く位置の後ろに穴を掘る方法です。 岩から少しだけ間をあけて、3か所穴を掘っておけば、体が固定されて、立ち位置がずれません」(Lightさん) また、岩の周りに雑草が生えていたり、近くに石やフルーツが落ちていたりすると、体を固定していても、8回叩くことができない。 「1日1回、島のどこかに1000ベルが埋まっています。 地面が光っているので、見つけやすいですよ。 見つけたらスコップでベルを掘り出すのはマスト。 そのうえで試してほしいのは掘った穴に、再びベルを埋めること。 後日、穴に埋めた金額の3倍が木に実ります。 ただし埋める金額の上限は1万ベルにした方がいい。 それ以上埋めることもできますが、1万ベル以上を超える金額は、3万ベルまでしか実らないことが多いようです」(Lightさん・以下同) 小ワザでコツコツと資産を増やしたら、投資にもチャレンジしたい。 あつ森には『カブ』と呼ばれる、現実世界の株式のようなアイテムが存在する。 毎週日曜午前5時から正午前まで島に現れる、ウリというキャラクターから購入できる野菜のカブは「カブ価」が変動し、その時々の相場で換金できる。 安いときに購入し、高いときに売却すれば、最大で元手の5倍以上の「ベル」を入手できるのだ。 しかし売り時を逃すと半値になってしまうことも。 「はじめは最小限の数を買って、こまめにチャートをチェックすること。 粘りすぎて1週間を経過してしまうとカブが腐ってしまい、売れずに大損するので注意して」 つまり、売却のチャンスは購入から1週間以内。 カブ価は午前・午後で価格が変動するので、1日2回はチェックする必要がある。 また、カブ価の変動には1週間を一定の法則で推移するパターンがある。 つまり自分の買ったカブの価格がどう変わるタイプなのかパターンを見極め、よきタイミングで売れば大儲けできるということ。 このカブ価の変動パターンは4つあり、ある日、一気に価格が上昇して即下落する「一気にフィーバー型」、さほど高騰はしないが価格上昇が見込める「ゆるやかフィーバー型」、堅調な「通常型」、買値を上回らず、徐々に下降する「ジリ貧型」がある(グラフ参照)。 「ジリ貧型」の翌週は「一気にフィーバー型」になったり、「通常型」の翌週は「ゆるやか」になるなど、それぞれのパターンの翌週には、別の決まったパターンで推移することが多いので、知っておきたい。 リアルな友人とお互いの島を行き来できる「フレンド機能」を使ってベルを稼ぐ方法もある。 「カブは、ほかのプレーヤーの島に行っても売ることができるのですが、カブ価は島ごとに異なります。 つまり、自分の島のカブが値下がりしてしまっていても、フレンドの島のカブ価が高騰していれば、儲けるチャンスがある。 友達とお互いの島のカブ価を共有し合うのもおすすめです」 フレンド機能を使い始めたら、フルーツを交換するとさらにお得だ。 「自分の島に最初から実っていたものとは異なる種類のフルーツには、5倍の値段がつきます。 フレンドと島を行き来してフルーツの交換をするだけで、手軽にベルが稼げます。

次の

『あつまれ どうぶつの森』の世界観をつくるUXライティング|nao

あつ 森 タイプ ライター

子供から大人まで世代を問わず楽しめて、日本のみならず世界中の人々を虜にし、入手が困難になるほど爆発的に売れている。 何より外出自粛になったこのタイミングで、外で遊ぶことを疑似体験できるソフトがドンピシャで発売されるという運命の巡りあわせに、任天堂の持つ神懸かり的な力を感じずにはいられません。 それだけ多くの人に愛されるプロダクトなので、プレイしていても学ぶことが本当に多く、いま自分が遊んでいるのか、仕事をしているのか、わからなくなるほどです。 いや、さすがにそれは言い過ぎました。 プレイしている時は完全に遊んでいます。 完全に遊んでいるのですが、それでもゲームをしていて、自分の仕事に活かせるような「これは…!」というようなアイデアや表現に出会うことが本当に多いです。 なぜゲームのUXが仕事に活きるのか? その理由は、 『あつまれ どうぶつの森』がマジで人生だからです。 あつまれ どうぶつの森(以下あつ森)を「人生」と表現したのは指原莉乃さんですが、あつ森はマジで人生です。 島でのんびり魚釣りをしたり虫を取ったりするゲームというイメージがあるかもしれませんが、それはあつ森の一部分にしかすぎません。 ローンを借りて家を建て、働いてローンを返済し、株取引に手を出し、マイルをコツコツ貯めるゲームでもあるのです。 これはもうビジネスでいうと、 完全にフィンテックです。 普段わたしたちが生活で体験していることを、そのままゲーム内でも疑似体験することになります。 あつ森のATMのUI そういう視点で見ていると、UXの基本である誰にでもわかりやすく伝えるにはどういう工夫をすればいいかが見えてくるわけです。 そんな学びの宝庫のあつ森ですが、わたしの専門はUXライティングなので、あつ森のUXライティングでこれはすごい!と思ったところを今回は書いてみたいと思います。 1.話し言葉と書き言葉 まずわたしが気になったのが、ゲーム内に登場するテキストのひらがなと漢字のバランスです。 以前このようなnoteを書きました。 任天堂のUXデザイナーの方が「 大人と子供を分けて考えるという視点がありません」と話しています。 あえて大人の言葉で説明しているのも、同じ思想によるものなのかもしれません。 ゲームを始めるとこんな感じで漢字を多用した大人の言葉で会話が進んでいくので、このまますべての言葉がこのように進むのかと思っていました。 ところが、ゲームを少し進めると、こんな画面が現れたのです。 ひらがなとカタカナしか使われていません。 これは一体どういうことなのか。 実はこの画面に表示されているのは、手紙です。 ゲームを始めたユーザーに対して任天堂から送られてくるお礼の手紙のようなものなのですが、この手紙はひらがなとカタカナで構成されていて、漢字が使われていません。 実はこれ以外にも、島の掲示板など、 実際にゲーム内に登場するキャラクターが書いたものは、漢字が使われていません。 つまり、 書き言葉では漢字が使われていないのです。 話し言葉はあくまでキャラクターが話した言葉を、わたしたちが漢字として認識しているにすぎません。 ところが、書き言葉は実際にゲーム内でキャラクターが書いている言葉なので、漢字が使われていないのです。 漢字とひらがなとカタカナを分けることで、ゲームの中と外の世界を分ける。 漢字とひらがなとカタカナの使い分けにこんな活用法があるのか!と、とても勉強になりました。 2.「ポイント」ではなく「マイル」 冒頭で書いた通り、あつ森にはローンや株取引など、現実に存在する金融の概念が登場します。 そのひとつがマイルです。 マイルについては、次のように説明されています。 ここでわたしが気になったのは、説明の中で「ポイント」という言葉が使われている点です。 マイルの説明をするためにポイントという言葉を使うのであれば、「たぬきマイレージプログラム」ではなく、「たぬきポイントプログラム」でいいのでは?と思ってしまいます。 説明で使われているぐらいなので、わかりやすさで考えるとポイントのほうがよさそうです。 しかし、やはりゲームの舞台が無人島であり、上記の画像の通り主な移動手段が飛行機なので、マイルという言葉を選んでいるのだと思います。 あつ森でのマイルは実際にはソシャゲのミッションボーナス的な意味合いが強く、機能的にはポイントのほうが近いような気がしないでもないのですが、 マイルという言葉の持つ非日常性などもあり、ポイントではなくマイルを選んだのかもしれません。 これも、あつ森の世界観を構成するためにはどのような言葉を選ぶのが最適か、という視点で選ばれたのではないかと思います。 3.「戻る」ではなく「考え直す」 最後に紹介するのは、いわゆる狭義のUXライティングにおいて、いちばん参考になった事例です。 あつ森には、プレーヤー名や島の名前など、文字を入力する場面が何度かあります。 こうした入力フォームはゲームに関わらず、あらゆるプロダクトに存在するものだと思います。 わたしが驚いたのは、入力フォームの次に表示される確認画面です。 一般的には、確認画面は、入力内容の表示とともに、「次へ進む」などのOKを示すボタンと、「戻る」などの入力フォームに戻るボタンの2つが表示され、どちらかを選ぶUIになっていることが多いと思います。 しかし、あつ森の確認画面はこれでした。 普通だったら「戻る」になっているであろう部分が、 「考え直す」になっています。 わたしはこの「考え直す」という言葉を見て、頭をガツンと殴られたような衝撃を受けたのです。 「戻る」というのは、あくまでUI上の操作でしかありません。 この時にユーザーが本当に求めている行動は、入力フォームに戻ることではなく、名前を考え直すことなのです。 UIの言葉は会話のように考える、というのもUXライティングの基本ですが、たしかに「オッケーですか?戻りますか?」と聞かれるよりも「 オッケーですか?考え直しますか?」のほうが親切です。 もちろん「考え直す」という言葉はゲームだからフィットするものであり、一般的なプロダクトの場合は、慣れ親しんだ「戻る」のほうが認知の摩擦が少なくなるので、UXとしてはスムーズかもしれません。 しかし、「戻る」で完全に答えが出ていたと思っていたボタンに、「考え直す」というよりユーザーの体験に寄り添った言葉を見つけ出しているところに、任天堂のUXに対する圧倒的な細部へのこだわりを感じました。 自分がプロダクトを体験することがいちばんの勉強になる 今回あつ森を実際にやってみて、自分がプロダクトを体験することの大切さを改めて実感しました。 たくさんの人に愛されるプロダクトには、必ず理由があります。 その理由を自らの経験として蓄積するためにも、あらゆるサービス、プロダクトをユーザーとしてもどんどん体験していきたいと思います。

次の