ノン フィクション 地下 アイドル。 フェイク混入ドキュメンタリー番組『ノンフェイクション』に岩淵弘樹ら

大浦忠明(きらら)は本名?現在借金苦でカイジ出場はノンフィクション?

ノン フィクション 地下 アイドル

4月19日の『』(フジテレビ系、毎週日曜14:00〜)は、「52歳でクビになりました。 〜クズ芸人の生きる道〜」と題して放送。 52歳のピン芸人に密着する。 いつもジャイアンツの帽子をかぶっているその男……小堀敏夫52歳、独身。 貯金はゼロ、家賃28000円のアパートに住み、ガスは止められ、スーパーで割引になったとんかつ弁当と一緒にカップヌードルを食べる暮らし。 それが「」だ。 ワハハ本舗に所属し「ガッポリ建設」というコンビを組んでいたが、5年前に活動休止。 相方は、生活の安定を求めて就職してしまった。 小堀はいまもピン芸人としてワハハ本舗に残っているが、主宰の喰始(たべ・はじめ)からは「クズ芸人」と呼ばれている。 芸人として何一つ努力もせず、毎日パチスロばかり。 「仕事」と称して出かけるのは、昨今世間で話題になった芸人による「ギャラ飲み」。 たとえクズ芸人と呼ばれようが、小堀にとっては「お笑い芸人」でありつづけることが大切なのだ。 小堀の所属するワハハ本舗では、仕事のない芸人を救済するために3か月に一度、お笑いライブが開かれている。 みんなの前で芸を披露し、主宰の喰にアイデアをもらいながら、本番に向けて芸を練り上げていく。 小堀も参加するが、やる気は全くない。 喰のダメ出しには、いつも言い訳ばかり。 そんなクズ芸人・小堀を見続ける喰は「自分は人間を嫌いになれない」「クビは切れない」と言い、長年、見逃してきたのだが……。 外部サイト.

次の

フェイク混入ドキュメンタリー番組『ノンフェイクション』に岩淵弘樹ら

ノン フィクション 地下 アイドル

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年1月) ノンフィクション(: non-fiction とは、史実や記録に基づいた文章や映像などの創作作品。 また、その形態。 やなど多肢にわたる。 製作上の綿密な調査や取捨選択など作成者の独自色が出る。 日本では雑誌記事の分類としてノンフィクションという言葉は使われていたが、概念として一般に認知されるようになったきっかけはが4月から月刊で刊行を始めた全50巻の『世界ノンフィクション全集』である。 その後ののの「」とのの「」によって広く知られるようになったと言われる。 のジャンルとして文学が定着していたに対して、日本ではなど戦争や事件があると、出版社が作家を現地に派遣して現地報告を書かせるのが主流であり、文学としては低く見られていた。 こうした作家の余技としてでなく、ノンフィクション・ライターが登場するようになったのはからにかけてである。 雑誌社系のの登場で、チーム取材による特集記事が需要が生まれ、文学者の余技ではない無名のライターによるノンフィクションの記事が成立した。

次の

大浦忠明(きらら)は本名?現在借金苦でカイジ出場はノンフィクション?

ノン フィクション 地下 アイドル

地下アイドルのきららさんが ザ・ノンフィクションに登場します。 地下アイドルできららさん・・普通に いそうな名前なんだけど、実はこの きららさんは男性で年齢も38歳なんです。 そして仕事は解体業。 これだけ聞いても アイドルとはかけ離れている人に感じ てしまうのですが(^^;) と言うか、このきららさんについては ザ・ノンフィクションの予告を見た 時に「ピ~ン」ときました。 あ、この人知っている! そう、2016年の深夜番組で一度出演して るんですね。 その時はうつろうつろ番組を見ていたのを 覚えてますが(笑)、またテレビ番組で しかも私の好きな「ザ・ノンフィクション」 で取り上げられるとあって関心を持たずに はいられませんでした。 ここではそのきららさんの「波乱万丈」の人生 について検証していきたいと思います。 スポンサーリンク きららが借金450万を抱え、極貧生活する理由は? きららさんが最初にテレビ出演したのが 2016年7月12日の「だから、アイドル。 TOKYO 不思議の街の住人たち」と言う 番組でした。 この番組は、深夜1時過ぎからの放送と言う 事もあって寝ようとしてた時だったの ですが、思わずきららさんの登場で見入って しまいました(笑) まあ録画しても良かったんですけどね。 さて、このきららさんは地下アイドルと 言えども実は「男性」だったんですね。 24歳まで普通の男性として生活をして きたそうです。 38歳で地下アイドルへの道に突き進ん でいるわけですが、その人生が超波乱万丈 なんですね。 現在は東京都内のアパートを借りてる のですがモチ、風呂なしトイレは共同 なんです。 両親とは親子の縁を切られ、借金は450万円! ってすごい借金額なんだけどどうしてそんな 大金の借金を抱えてしまったのかと言うと、 知り合いに騙されてしまったようなん です。 いくら仲の良い友人でもお金の貸し借り は絶対NGですよね。 私なんか兄弟にすらお金は貸しませんから。 と言うか私自身お金がありませんから(笑) まあそんな借金の事もあって生活は超極貧。。 家で食べるご飯は「家畜用のくず米」なん だとか。 しかもそのくず米は、ヤフーのオークション で安く手に入れてるんです。 本当に生活の大変さが滲み出てますよね。 ただ、職場に持っていく弁当は「白米」 を入れていくようです。 くず米だと色も茶色っぽいし、見られたら 仕事場の人にもいろいろと言われるだろう し・・ ただ、白米でもおかずはなし。 華奢なきらら さんだけに栄養面の心配も出てきます。 驚いたのは、きららさんの仕事が「解体業」 だって事。 解体業と言うとイカツい兄ちゃん達が怒声 をあげながら肉体労働をしてるって厳しい イメージがあるんだけど、きららさんには 辛いですよね。 ちなみに解体現場の指揮をするのは外国人 の方。 しかも日給は7,000円なんだとか。 7,000円だと1日8時間として時給に換算 すると875円ですか・・ まああくまでも日給なので仕事が早く 終われば帰れるのかもしれませんが・・ でもきららさんにはもっと合う職場もある と思いますけどね。 スポンサーリンク きららさん、職場での事故が原因で失職。 チラシ配りで生計を立てる日々 実はきららさん、職場で大変な事故に あってたんです。 解体現場で転落事故を起こしてしまい、 意識がないままに緊急搬送されちゃった んですね。 病院での懸命な治療のおかげで命に別条 はなかったものの骨折をしてしまい、 片腕が使えなくなってしまったため、 仕事に復帰しても日給は5,000円に 減給されてしまったそうです。 そして結局、解体業の仕事は辞めざろう 得なくなったわけです。 実はこの事故の2週間前に自身のライブ で「大けがをしたサンタクロース」役 を演じたのですが、 まさに悪い意味で実現してしまったの ですね(T.T) 番組ではきららさんがスーツで面接に いく姿も追いかけてましたが、 結果はボツで再就職ができない状況が 続いていました。 でも収入がないと生活ができないわけ ですし・・ きららさんは日給3,000円のチラシ 配りを必死でやってたんです。 ザ・ノンフィクションでは、1日で高額 を稼げる仕事に手を出した・・と予告 されてるけどこの仕事は気になりますね。 きららさんが地下アイドルを続ける理由とは? 極貧生活までしてきららさんはなぜ 地下アイドルを続けていってるの でしょうかね。 安定した収入もないのに、ステージに 立つには出演料を払わないといけません し、自分の生活をもっと苦しめていく 気がします。 実はきららさんは「しっとりくる」場所を 求めて生活をしてきたのです。 24歳まで男性として生きてきたきららさん。 落ち着くというか、精神的に安心できる 場所がなかったんでしょうね。 「地下アイドル」がまさに自分に合って 目指せる場所だったのでしょう。 体には十分気をつけて頑張ってほしいと 思うし応援したいですね。 でも・・定職は見つけなきゃね(^^;) 地下アイドル きららさんまとめ 今回のザ・ノンフィクションで2回目の テレビ出演になるわけですが、 もしかしてこのテレビ出演をきっかけに スポンサーなんか付いたりすることも あるかもしれません。 人生ってどこでどう変わるかわかりま せんもんね。 またきららさんは普通の地下アイドル ではなく自分で作った詩を披露する 「詩人アイドル」としても知られて います。 ザ・ノンフィクションではどんな詩を 読んでくれるのか、楽しみにしたいと 思います。 それでは最後までお読みいただき、 ありがとうございました。

次の