マルコポーロ 2 ボード ゲーム。 マルコポーロ2:大いなる帰還のレビュー by まつなが|ボードゲーム情報

マラカイボ ボードゲーム

マルコポーロ 2 ボード ゲーム

マルコポーロ大いなる帰還 完全日本語版の最安値は?通販情報はこちら! ボードゲーム・カードゲームが定価よりも安く購入できるネット通販サイトの中でも有名どころが4つのサイト 「駿河屋」「アマゾン」「楽天市場」「ヤフーショッピング」です。 ですので「 マルコポーロ大いなる帰還 完全日本語版」をお得な価格で購入するなら、上記4つの通販サイトで、価格・送料なども踏まえて比較して安く買えるサイトで注文するのがオススメです。 下記より、4つの通販サイトの「 マルコポーロ大いなる帰還 完全日本語版」へのテキストリンクを掲載します。 リンクをクリック・タップすると、最新の価格が確認できますので、比較してみてください。 各通販サイトへのリンクより「最新の価格や送料」を確認してください。 発売した後は予約の価格より値段が上がることもありますが、それでも割引価格なのでお得です。 予約開始すぐは定価ですが、時間とともに割引になることが多いです 割引率は商品により異なる。 予約時が定価だったとしても、アマゾンには「価格保証」があるので、後日割引になった場合は割引後の価格が適応されるので安心です。 現在のアマゾンでの価格・送料の確認は、上記のリンクをタップorクリックしてください。 楽天での最新の価格や送料を確認してください。 ショッピングの出店サイトによる。 ショッピングの検索結果を見ることができます。 楽天での最新の価格や送料を確認してください。 マルコポーロ大いなる帰還 完全日本語版のゲーム内容を紹介!」 「 マルコポーロ大いなる帰還 完全日本語版」は、2015年ドイツゲーム賞を受賞した「マルコポーロの旅路」の続編にあたる作品。 続編といっても拡張などではなく、このゲーム単体で遊ぶことができます。 オリジナル版は、2019年に「ハンス・イム・グリュック社」発売、エッセン・シュピールのスカウトアクションでは2位に選ばれるほど高い評価を受けました。 そして2020年6月に、アークライトから日本語版が発売されました。 ゲームのテーマは「中国に上陸したマルコポーロの一団が、ヨーロッパへ帰る旅」。 プレイヤーは、マルコポーロと共に旅をしている仲間になって、ヨーロッパへと帰る旅の中で貿易を行い、できるだけたくさんの利益を獲得することが目的となります。 ダイスを振ってその出目を使うことで色々なアクションをすることができる、という基本的なゲームプレイや、状況によりゲームの展開が変わっていくリプレイ性の高さなどの魅力的なポイントはそのままで、バランスの調整がされています。 また、ルールも分かりやすくなっているなどの正統な続編としての改良もされていて、前作をプレイしたことがある方も、プレイしたことが無い方も楽しく遊べるようになっています。 さらに、新しいシステムとして 「新しいリソースのヒスイ」 「種類を集めることでボーナスになる紋章」 「リソースを支払うことで恩恵を受けることができるギルドアクション」 などの要素が加えられていて、ゲーム上での選択肢が増えています。 それぞれのプレイヤーのキャラクター能力は強力。 ただ旅の比重も大きくなっていて、帰還するためのルートも重要になるなど、前作のファンも満足できる内容になっています。

次の

マルコポーロ 2 ボード ゲーム

マルコポーロ 2 ボード ゲーム

こんにちは、ボードゲーム好き夫婦のぺーさんとあすなんです。 本日は重めのボードゲームが立つボドゲ会で遊びました! 個人的な記録なので、しっかりボドゲの紹介をしているわけではないのですが、 読んで楽しい雰囲気が伝われば幸いです!• コンコルディア(夫婦共通) ずっとやりたいと思っていたお買い物ゲーム、 コンコルディア、初プレイです。 (3人だからかもしれないですが)思ったより軽いプレイ感でした。 さあ張り切っていきましょうと第1ラウンドのダイスを振ったら1が3個に2が2個…。 めちゃくちゃラクダもらいました笑 初代のマルコ・ポーロと比べて移動がしやすくなった今作ですが、その分依頼タイルが取りにくくなっています。 そこにまだまだ適応できていないので、また挑戦したいですね。 交易王(あすなん) 次の重ゲーメンバーが揃うまで、軽く遊べるゲームを…ということで、 でも取り上げている交易王を遊びました。 自分が持ってない色の船をあえて出して他の人に勘違いさせておきながら、荷役で一気に商品を入れ替えたり…駆け引きがなんとも面白いですよね。 とてもシンプルで面白い、古き良きユーロゲームだと思っているので、こんなに頻繁に遊ぶ機会が持ててとてもうれしいです。 カルペディエム(あすなん) 面白すぎて、即購入してしまいました。 ブルゴーニュの城で有名なフェルトによるタイル配置ゲームです。 陣取り要素というか、バチバチとお互いの得点源を邪魔する感じもあって、とても面白いゲームでした。 詳細はに書きましたのでよければ合わせてご覧ください! アメリカンブックショップ(あすなん) マイナス点のあるトリテです 一番多くその色を持っている人は1枚1点、それ以外の人は1枚マイナス1点 また、場に出ているカードの数字の合計が17を越えたら、その時点で、その人がトリックをとります。 マストフォローとかも関係なく。 手番が回ってこなかった人は手札が余ります。 誰かの手札が尽きた時点でそのラウンドは終了です。 余った手札を点数計算に入れるかどうかを判断してから、誰がどの色を一番持っているかを確認します 5人で遊んだので、自分の番が回ってこなくてほぼ参加しない状態になるラウンドもありましたが、 下手に参加してマイナスになるよりはよさそうです。 なお、あすなんは1ラウンド目でかなりマイナス点になり、5ラウンドかけて0点に戻して終わりました笑 トリテは弱いです笑 でも盛り上がったので楽しかったです!! ザ・クルー(ぺーさん) しゃべっちゃいけない協力型トリテ。 ぺーさん初プレイでした。 2020年ドイツボードゲーム大賞のエキスパート賞の候補としてノミネートされていて話題沸騰ですよね(投稿時点でまだ大賞が決まっていません) ミッションを1から進めていくゲームですが、5くらいでつまってしまいました…難しい。 再チャレンジしたいです。 天下鳴動(あすなん) 話題作の天下鳴動を初プレイ! 全員初めての状態で、ルールブックをみんなで読んでいくところからスタートです 上から読んでいけばだいたい分かったので、インストできる人がいなくても遊べそうです(10分くらいはかかった気がするけど全然あり)。 これは完全に実力ですね。 1回目はわいわいと遊んだのでちょっと見抜けなかったのですが、 めちゃくちゃ頭つかいますこれ。 ダイスは使うものの、配置できる場所はだいたい目指したとおりにおけると思うので、そこまで運要素があるわけでもなさそうです。 2つの街の物語(ぺーさん) ノコスダイス(あすなん) 2回目のプレイになるノコスダイスです。 自分でとるトリック数を宣言し、ぴったりだった人に高得点が入るトリテです。 1回目は全員成功するというびっくりな状況になり、ゼロトリック宣言をしていた人が単独で点をとることに。 こういう大喜利というかマジョリティを目指すゲームはだいたい苦手な我々夫婦です が、今回はあすなんが結構マジョリティになって勝利しました! いつもギリギリまで悩むことが多かったのですが、結構さくさく決めることができました。 それにしても、脳と地球をペアにして「ガイアプロジェクトだよ!!」と言い張ったペーさんや、それはあすなんでも分からなかったぞ。 まとめ お昼から夜まで、結構重めのゲームをたくさん遊ぶことができ、合間に軽いゲームも遊べて、とても充実した一日でした。 主催の方、一緒に遊んでくれた方、ありがとうございました! それにしても、毎度のことですが、大きめのボドゲ会にいくと、だいたい別のテーブルで別のゲームを遊ぶ夫婦です笑 asuna1111.

次の

ボードゲーム会プレイ記録 2020.2.22

マルコポーロ 2 ボード ゲーム

2019年 人数:2〜4人 時間:60〜120分 年齢:12歳以上 こんにちは。 こんばんは。 aです。 今回は「マルコポーロ:大いなる帰還」の開封レビューをお届けします! 2015年に発売された「マルコポーロの旅路」の続編になります。 バランス調整され追加要素もあり、キツキツで苦しかったマルコポーロの角が少し取れてマイルドになったようです。 自分は前作のマルコポーロは1回だけプレイした事があります。 1回なのであまり覚えていないんですが、とにかく苦しくて八方塞がりになったという記憶だけは強く残っています。 そういった感じが緩和されているようで、初めてでもそれなりのプレイができるというのは個人的に嬉しいです。 テーマ的にはマルコポーロがヴェネツィアへ帰るという事でしょうか? 大いなる帰還ってあるくらいですから帰るんでしょうね。 どういった変更がされているか?それと、目玉の能力者がどうなっているかも楽しみなところです! 前置きはこの辺で、開封レビューを始めます! まずは箱裏からです。 説明文に西へと帰還します、と書いてあるからやっぱり帰るんですね。 デザイナーのお二人。 こんな感じなんですねー。 優しそうなおじさま。 代表作のゲーム性から、もっと尖った感じを想像してました。 箱を開けるとまずはメインボードです。 詳細は後ほど。 メインボードの下からは仕切りが出てきました。 これはキッチリ収納が期待できる?? その次はタイルが8枚です。 そしてルールブックとリファレンス。 イラストも引き続き前作と同じ人でした。 ガイアプロジェクトとかの方です。 どっさり大量の木コマ類。 前作と違って大コマがしっかり大きくなっています! これで大コマと小コマのどっちか分からずにらめっこする日々ともおさらば!! 一番うれしい改良点です。 新資源のヒスイです。 良い色してます。 おなじみの木製ダイスです。 やっぱダイスは木製に限ります! カード類は少な目です。 左は任務カードです。 前作と毛色が変わっていて、回った都市のセットコレクションになっています。 詳しくはルール編でお伝えします。 袋もついています。 メインボードです。 東は大都 北京 から西はトルコまででした。 ヴェネツィアまで帰らないんですね。 アクションスペースも大きく変わっています。 薄い記憶と比べて 地名だけでなく細かいところまで日本語化されています。 これは嬉しいです。 スタート地点の大都。 お待ちかね! 今回の人物タイルです。 イラストだけではどちら様ですか?って感じですね。 名前聞いてもどちら様ですか?ってなりましたけど・・・・ 驚いたことに、なんとこの中にマルコポーロがいません! 下段のそれっぽい人は別人でした。 プレイヤーキャラとして気軽に接することができないほど、偉くなってしまったんですね。 さようなら、マルコポーロ。 能力はイラストのアイコンで想像つくのもいれば、なんじゃこれ?ってのもいたり。 詳しくはルール編で。 全部のコンポーネントを出して仕切りを付けるとこんな感じです。 どこに何を入れるかイラスト付きな親切設計です。 きっちり収まりました!やったね!! アクションスペースも変わってましたし、資源も増えたし、追加ルールも増えていたし、能力も変わっているしで、どんなプレイ感になっているか?期待大です。 今回は以上になります。 ご覧頂きありがとうございました! 次回もお楽しみに!! amazonリンク 投稿ナビゲーション.

次の