サーボ モーター と は。 アナログサーボとデジタルサーボの違い

基礎からのマイコンモーター制御(6):PWMを使ったサーボモーターの制御 (1/3)

サーボ モーター と は

サーボ機構(サーボきこう, 追従機構, servo mechanism)は、物体の位置、方位、姿勢などを制御量として、目標値に追従するようにで作動する仕組み。 サーボ Servo の語源はラテン語の "servus"(英語のslave・servantの意)。 、や分野では欠かせない技術となっている。 コントローラ(司令部)がサーボアンプ(制御部)をとおしてサーボモータ(駆動・検出部)を制御し、サーボモータは制御の状態を確認し制御部に負帰還 feedback する方法と、予め計算した値に正帰還 feed forward する方法 とがある。 また、自動車等のブレーキ等では、ブレーキペダルの踏力から直接の油圧によりそのままブレーキ装置を働かせるだけではなく、何らかのサーボ機構を利用するものがあり、それをサーボと呼ぶ。 (自動車など)や、自転車等のいわゆる「」における、ブレーキ機構自身の摩擦力によって、より強くブレーキが効く方向に正帰還 feed forward 的な働きがあるという特性を「セルフサーボ特性」と呼ぶ。 そのためか、踏力を補助する『倍力装置』等と理解されていることがある(参考: )。 自動車以外でもサーボブレーキという概念を用いている。 サーボ機構の応用 [ ]• FA: Factory Automation• など 規格と定義 [ ]• JIS Z 8121 1967 オペーレーションズリサーチ用語 『サーボ機構』• JIS B 0185 2002 知能ロボット用語 『サーボ機構』 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• 機械先端点のたわみを低減するサーボ制御装置, ファナック, 特許公開番号: 特開2015-230617• 電気サーボブレーキを備えたブレーキシステム, ローベルト ボッシュ ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング, 特許公表番号: 特表2016-515494 外部リンク [ ]• (利用例).

次の

基礎からのマイコンモーター制御(6):PWMを使ったサーボモーターの制御 (1/3)

サーボ モーター と は

TowerProの模型用サーボモーター「SG90」 一般にサーボモータと言えば「フィードバック制御が可能なモーター」を指しますが、ここで扱うサーボモーターはラジコン模型などに用いられる、「PWMで軸の回転角度(0〜約180度)を制御できるアクチュエーター」を指します。 その内部にはギア付き直流ブラシ付きモーターと軸の角度によって抵抗値が変わる角度センサーの1つであるポテンションメーターが搭載されており、この組み合わせによってフィードバックの制御が行われています。 サーボモーターはこれまで紹介してきた直流ブラシ付きモーターのように360度以上、回転するものではありません。 角度を制御するという特長を持つことから、ラジコン模型の車であればステアリング、飛行機あればラダーの制御などに用いられます。 SG-90 今回は低価格で入手性の良いTowerProのサーボモーター「SG90」を例に(Amazonや秋月電子通商などでは1個400円程度で販売されています)、マイコン(Arduino)からの制御方法を紹介します。 以下が、SG-90のデータシートから抜粋した仕様です。 Specifications 1) Weight 9 g 2) Dimension 22. 2 x 11. 8 x 31 mm approx. 3) Stall torque 1. 8 kgf-cm 4) Operating speed 0. 2)が寸法。 3)が最大トルクです。 4)が軸の回転スピードを表します。 60度回転するのに0. 1秒必要ということになります。 5)が電源電圧のその範囲を示しています。 8Vが最適な電圧で5Vは超えてはなりません。 6)は後に説明しますが1ミリ秒から2ミリ秒のパルス幅でサーボモーターを制御しますが、その分解能力を示しています。 8度単位の制御が可能であることを示しています。 数値が小さいほど高分解能となりますがノイズ等による小さな信号の変化にも反応しやすくなります。 7)は運用可能な温度範囲を示しています。 関連記事• 「マブチモーター」でもおなじみ「直流ブラシ付きモーター」は安価で入手性もよいモーターですが、マイコンからの制御を考えると一工夫必要になります。 今回は「PWM」を使った回転制御を紹介します。 この連載ではここ数回、「マブチモーター」に代表される直流ブラシ付きモーターをマイコンから制御する話をしていますが、今回は困ったときに読みたい、知っておくと便利なTipsを幾つか紹介したいと思います。 「マブチモーター」に代表される直流ブラシ付きモーターは安価で入手性も良好ですが、Arduinoなどと組み合わせる際には発生するノイズが問題となることがあります。 そこで今回は、「直流ブラシ付きモーターのノイズ対策」について解説します。 「マブチモーター」でもおなじみ「直流ブラシ付きモーター」は安価で入手性もよいモーターです。 これをArduinoで制御するとしたら、何を理解して何を用意して、どんなプログラミンが必要でしょうか。 実験します。 「動くモノ」の制御ができると手を動かした実感がわくものです。 この連載では、マイコンを用いたモーター制御の基礎を学んでいきます。

次の

基礎からのマイコンモーター制御(6):PWMを使ったサーボモーターの制御 (1/3)

サーボ モーター と は

機械横についているNC装置との組み合わせによりスライドの速さを自在に変化できるのが特徴です。 このサーボ制御によってプレスの 加圧位置、スピード、加圧力を任意に変更できます。 さまざまなモーション プレス加工する際のスライドの動き から加工に最適なモーションを選択できます。 複雑形状の金型でプレスする際は、プレス作業のスピードを遅く設定して丁寧に加工する必要がありましたが、 サーボモーターでスピードを自在に変えることができるため、加圧している時だけゆっくりと動かすことができます。 単純な構造の製品にはオーバースペックですが、 複雑形状&量産の場合は サーボプレス導入のメリットはかなりあると言えます。 油圧プレスとは 出典:JAM油圧プレス 油圧プレスとは、液圧式でプレス加工をする構造をもったもののうち、圧縮された油の力でスライドを上下させて加圧する種類のことです。 油圧プレスのメリット・特徴 油圧プレス機の特徴は、ストロークの長さと加工速度です。 リミットを上下させて圧力がかかる範囲を指定できるので、深絞り加工に適しています。 ただ、サーボプレスと違ってストロークスピードの変更ができないため、生産スピードの点だけで見ると油圧プレスは劣ります。 逆に割れやすいワークなどのようにストロークスピードを必要とせず、じわっと加圧したいときや圧入などの加工には油圧プレスのメリットは大きいです。 また、ボリュームを回すことで加圧力を自由に変更できるので、 ベアリングを圧入して製造する工場でも活躍しています。

次の