アイド リッシュ セブン セカンド ビート。 【アイドリッシュセブン Second BEAT!(第2期)】アニメ無料動画の全話フル視聴まとめ【アイナナ セカンドビート】

アイドリッシュセブン Second BEAT![アニメ無料動画配信]|ニコニコのアニメサイト:Nアニメ

アイド リッシュ セブン セカンド ビート

アイドリッシュセブン アイナナ 1話・2話の感想! セカンドビートなので、1期の話の続きですね。 1期を見てないとわからないかな、って不安に思ったんですが、1期を見てなくても楽しめそうです。 1話では半分ぐらいアイドリッシュセブンの紹介を兼ねているので、どんなキャラなのかチェックしながら話が楽しめます。 レギュラー冠番組が始まる、というのが1話の全体的な話となります。 2話では、ゼロアリーナのこけら落とし公演2日目をゲットするために…という感じですね。 アニナナ2期では、アイドリッシュセブンが本格的にテレビやコンサートで活動を始めます。 それぞれの個性を活かして、どうやってトップアイドルに近づくのかがメインのストーリーとなりそうです。 いろんなタイプのアイドルがいるので、推しのアイドルを見つけると、よりアニメが楽しめそうですね。 それに、種村有菜先生がキャラデザをしてるだけあって、みんなきれいな顔をしてます。 アイドルを育てるゲームをアニメで見て、本当に面白いかなって思ってたんですが、めっちゃ面白いですね。 ストーリーのテンポがいいので、飽きずに見続けられます。 ストーリーとキャラクターに引き込まれます。 ただアイドルを目指すだけじゃなくて、それぞれのキャラクターになにか影があったり、キャラクターも作り込まれています。 メインのアイナナだけじゃなくて、他のアイドルグループも持ち歌があるので、どんな助成でも絶対一人は推しが発見できますね。 私は、きっとゼロの舞台演出をしていた人なんじゃないかと思うんです! アイドルのことをすごく好き!って気持ちが伝わってくるし、舞台に対するこだわりが半端ないので、きっとかなり素晴らしい舞台を作り上げてきたんだと分かります。 それに加えて、ゼロアリーナの近くにいたということから、ゼロのコンサート演出を手がけていた人じゃないかと予想しました。 もし本当にゼロの舞台演出をしていた人なら、きっともう一度会うことがありそうですね。

次の

【アニメ】アイドリッシュセブン Second BEAT!の2話あらすじ・ネタバレ感想

アイド リッシュ セブン セカンド ビート

出典:「」公式ページ ゼロアリーナのこけら落とし公演で、未確定の出演枠にIDOLiSH7を推すと宣言した千。 次のライブをゼロアリーナの総支配人が視察することになり、演出を担当する紡はアイディアを求めてゼロアリーナへ出かける。 そこで出会ったのは、過去に舞台演出を手掛けていたという一人の紳士だった。 ステージに立つアイドルたちへの思いを語る彼の言葉に、心を動かされる紡。 しかし、推薦はあくまで推薦。 このチャンスを掴むには総支配人に実際の実力を見せ付ける必要があります。 絶好の機会を手に入れたいとアイドリッシュセブン達は張り切ります。 過去に触れられたくない大和 出典:「」公式ページ 次回のアイドリッシュセブンのライブにゼロアリーナの総支配人が視察に来ることになり、メンバー一同は大盛り上がり。 もし自分達が選ばれたらゼロアリーナでライブが出来る!と張り切ります。 そんな大事なライブを控え、ライブをどう演出したらよいか悩む紡。 伝説のアイドル・ゼロからヒントを得ようと、過去のライブを見て、現場に足を運んでみることを思い立ちます。 ゼロアリーナが見渡せる公園に来てみたところ、とある男性と知り合います。 この人はなんと過去にアイドルを育て、舞台演出の経験があるという人でした。 舞台演出のコツはアイドルの魅力を知ることだと助言する男性。 力説を受け止めたマネージャーはすっかりインスピレーションが湧いた様子です。 上げたと思ったら落とす、これぞアイドリッシュセブン! 『アイドリッシュセブン Second BEAT! 』第2話を見た感想まとめ 「アイドリッシュセブンSecond BEAT! にもかかわらずあんなに楽しいライブの後にこんなに苦しい展開になるなんて・・次回の展開からも目が離せません。

次の

Second BEAT! Blu

アイド リッシュ セブン セカンド ビート

話数 - 放送 制作 TROYCA 声優 和泉一織:増田俊樹/二階堂大和:白井悠介/和泉三月:代永翼/四葉環:KENN/逢坂壮五:阿部敦/六弥ナギ:江口拓也/七瀬陸:小野賢章/八乙女楽:羽多野渉/九条天:斉藤壮馬/十龍之介:佐藤拓也/百:保志総一朗/千:立花慎之介/小鳥遊音晴:千葉進歩/大神万理:興津和幸/小鳥遊紡:佐藤聡美/八乙女宗助:小西克幸/姉鷺カオル:川原慶久/岡崎凛人:古川慎• TRIGGER(トリガー)と競い合った「ブラック・オア・ホワイト」での勝利を経て新たな一歩を踏み出したIDOLiSH7(アイドリッシュセブン)。 存在感を示したことでレギュラー番組も決まりさらに知名度を高めていくチャンスを手にする。 だが、活躍の場が広がるほど、担う責任や寄せられる期待は大きくなっていく。 そんな時、共演したトップアイドル・Re:vale(リヴァーレ)が示したのはエンターテイナーとしてのプロフェッショナルな姿。 その想いを貫くために、どう在るべきなのか?陸たちはそれぞれに自らと向き合っていく……。 第1話『新しい扉』 IDOLiSH7にとっては念願だった冠番組が決まり、お祝いムードになる陸たち。 小鳥遊社長はバラエティ番組のMCで才能を発揮した三月の功績が大きいと語る。 自分が認められた嬉しさで涙する三月。 番組宣伝のための仕事も増えることになり、早速トップアイドル・Re:valeの番組に呼ばれる。 大先輩であるRe:valeとの本格的な共演はこれが初めて。 挨拶のため、ビビり気味で楽屋を訪れた陸たちに対し、百と千の反応は……!? 第2話『揺れる気持ち』 ゼロアリーナのこけら落とし公演で、未確定の出演枠にIDOLiSH7を推すと宣言した千。 次のライブをゼロアリーナの総支配人が視察することになり、演出担当の紡はアイディアを求めてゼロアリーナを訪れ、ある紳士と出会う。 第3話『提案』 ライブの終盤で発作を起こし、アンコールに出られなかった陸。 幸いゼロアリーナ総支配人の評価には影響せず、IDOLiSH7はこけら落とし公演への出演をオファーされるが、陸がセンターを続けることへの懸念が残ってしまう。 第4話『あらたなかたち』 体調が不安定な陸に代わり、一織がIDOLiSH7のセンターを務めることになった。 新生・IDOLiSH7は順調な滑り出しを見せ、初めての冠番組『キミと愛なNight!』も三月のMCが好評で、7人の人気は一層高まっていく。 第5話.

次の