ビルダー バーグ 会議 2020 年。 ビルダーバーグ会議2020年の参加者メンバーは誰?

ビルダーバーグ会議で新型コロナウイルスが仕組まれていた!?

ビルダー バーグ 会議 2020 年

オランダの。 1954年に最初の会議が開かれ、その名の由来となった。 ビルダーバーグ会議(ビルダーバーグかいぎ、:Bilderberg Meetings, Bilderberg conference, Bilderberg Group, Bilderberg Club)は、から毎年1回、世界的影響力を持つ人物や企業、機関の代表が130-150人ほど集まり、世界の重要問題や今後の主に政治経済や社会等を主なテーマに完全非公開で討議する秘密会議。 会議は、の下に行われる。 ビルダーバーグ・クラブ、 ビルダーバーグ・グループ、 ビルダーバーグ・ソサエティとも呼ばれる。 参加者があまりにも世界的影響力のある有力者や著名人ばかりなので、影の世界政府、世界の行く末を決める会議とも言われている。 概要 [ ] 世界的影響力を持つ人物や企業、機関が多い北米とヨーロッパ諸国を中心に、政治家や官僚、多国籍企業・金融機関、財団の代表やヨーロッパの王族、貴族など130-150人が出席し 、北米や欧州の各地で開催され、政治経済や環境問題等の多分野に渡る問題について討議する完全非公開の会議が年に一回開催される。 会議は厳重な警備の下、開催地の高級を借り切って行われる。 出席者リスト、議題はある程度ウェブサイトで公表され、や等も招待されるが、会議での討議内容自体は非公開であり記事になることはない。 事務局はオランダの。 や と並び、世界を牛耳るための組織などといったやの対象となることも多い。 歴史 [ ] ポーランドの政治活動家の ()(Joseph Retinger) は、大西洋共同体の成立を構想し様々活動をして来たが、当時アメリカでは、的な社会政治状況が極端に強まり、に代表される極右翼勢力が等の狂信的なでファシスト国家に変化しつつあると、まだやの記憶が強いヨーロッパで反感が強くなり反アメリカ主義傾向が広がり始めていた。 またではやへの侵害や蹂躙が横行しそれらが明らかになりつつあった。 こうした状況からヨーロッパの指導者たちはアメリカや共産圏に対し冷ややかなうえ、戦地になった国土の復興や様々な思惑や都合等で各国の足並みが揃わず、構想にはアメリカ、ヨーロッパ両方の存在が不可欠にもかかわらず、こうした状況では実現には程遠い状況だった。 こうした状況の懸念や重要問題にはヨーロッパと北米が協調して行動するべきとの考えから、や大西洋地域の有力者等で、様々な事を発言の結果を気にせずオープンに討議出来る定期的の国際的な秘密会議の創設をオランダの に提案した。 提案と説明を受けたは、ヨーロッパ側ではの元首相の Paul Van Zeeland 、首相の、後に財務大臣を務めるイギリス労働党の Denis Winston Healey 等に働きかけ、北米側では、大統領や等に会議創設に参加するよう要請した。 要請を受けた大統領は、長官の Walter Bedell Smith 、後に国務長官に就任する、次に大統領になるのアドバイザーを務めていた () Charles Douglas Jackson 、らに会議創設のサポートを指示した。 また、、の、の ()等の経済界の有力者の参加とサポートを取り付け、の主導によって創設された。 創設に際してアメリカ側では、 ()、、 ()、等が主導した。 第1回は5月29日から31日にオランダの ()(Oosterbeek) にある(the Hotel de Bilderberg) で開かれた。 最初の会議は、3日間で3時間の会議を計6回開くスケジュールが予定され、西ヨーロッパの11ヶ国から50名、からは、 ()、、 ()、ら11名が参加した。 とはこの会議で決められた後、各国に働きかけ創設されたと言われる。 また、も1971年のこの会議で計画されたと言われる。 中に、欧州の(NATO)加盟国と米国の橋渡しを目指したとされる。 頃からその存在を一般に知られるようになった。 ビルダーバーグ会議の歴代議長 [ ]• 1954—1975• ヘイゼルのヒューム男爵 1977-1980 イギリス元首相• 1981-1985 第4代連邦大統領• () Eric Roll, Baron Roll of Ipsden 1986—1989• 第6代キャリントン男爵 1990—1998 イギリス元外務英連邦大臣• 毎年、アメリカから30人、欧州各国から80人、国際機関などから10人とも言われている。 また、著名な大企業であっても自薦では参加者を送ることが出来ないと言われている。 ビルダーバーグ会議は、世界的影響力を持つ人物や企業、機関のエキスパートによる会議であり、そうした人物の少ない非欧米諸国からの出席者は少ない。 当初は、ヨーロッパと北米間の対話促進を会議の目的として開催されたが、グローバル化等を推し進めて行くに従い、多様な国やメンバーを招待する様になっていた。 欧米以外の地域からの参加者は、、、、、、等の国籍が確認されている。 のスイス・での会議には中国から当時の外務次官が参加した。 また、2009年にアテネで開かれた会議には、の大統領が参加した。 日本人や日本関係の招待は、、、政財界及び他の分野を含め今まで一度も招待も確認もされていない。 2009年にアテネで開かれた会議に、当時事務局長を務めていたが参加しているが、同機関の代表、エネルギー関係の参考人としての出席であり日本の関係者や日本人としての参加ではない。 王族 [ ]• 前オランダ女王 会議主催者• 1965-1967• 1986• 国王 1992. 1993. 1996. 2007-2009. 2012• 前スペイン国王 1989. 2004• 前スペイン王妃 1989-1992. 1996. 2008-2011. 2014• スペイン王女• スウェーデン国王 1995• 女王 1966• 王子 1955. 1957• 1984• 、 2011• 公 1985-1987• 前 1994• 2018 ビルダーバーグ会議の開催地 [ ] ビルダーバーグ会議は基本的に年に1回開催されている。 1954年 5月29日-31日 ・、ビルダーバーグホテル• 1955年 3月18日-20日 ・• 1955年 9月23日-25日 ・• 1956年 5月11日-13日• 1957年 2月15日-17日 ・• 1957年 10月4日-6日 ・• 1958年 9月13日-15日 ・バクストン• 1959年 9月18日-20日 ・• 1960年 5月28日-29日 ・、パレスホテル• 1961年 4月21日-23日 ・• 1962年 5月18日-20日 ・サルショバーデン• 1963年 5月29日-31日 フランス・• 1964年 3月20日-22日 アメリカ合衆国・• 1965年 4月2日-4日 イタリア・• 1966年 3月25日-27日 西ドイツ・• 1967年 3月31日-4月2日 イギリス・• 1968年 4月26日-28日 カナダ・ケベック州• 1969年 5月9日-11日 デンマーク・• 1970年 4月17日-19日 スイス• 1971年 4月23日-25日 アメリカ合衆国・• 1972年 4月21日-23日 ・クノック• 1973年 5月11日-13日 スウェーデン• 1974年 4月19日-21日 フランス・メジェーヴ• 1975年 4月22日-24日 トルコ・• 1976年 (のため中止 )• 1977年 4月22日-24日 イギリス・• 1978年 4月21日-23日 アメリカ合衆国・• 1979年 4月27日-29日 ・• 1980年 4月18日-20日 西ドイツ・• 1981年 5月15日-17日 スイス・ニトヴァルデン準州ビュルゲンシュトック、パレスホテル• 1982年 5月14日-16日 ・サンデフィヨルド• 1983年 5月13日-15日 カナダ・ケベック州• 1984年 5月11日-13日 スウェーデン・サルショバーデン• 1985年 5月10日-12日 アメリカ合衆国・• 1986年 4月25日-27日 イギリス・、グレンイーグルス• 1987年 4月24日-26日 イタリア・ロンバルディア州チェルノッビオ• 1988年 6月3日-5日 オーストリア• 1989年 5月12日-14日 ・トシャ島(、)• 1990年 5月11日-13日 アメリカ合衆国・• 1991年 6月6日-9日 ・• 1992年 5月21日-24日 フランス・• 1993年 4月22日-25日 ・ブリアグメニ• 1994年 6月2日-5日 ・• 1995年 6月8日-11日 スイス・ニトヴァルデン準州ビュルゲンシュトック、パレスホテル• 1996年 5月30日-6月2日 カナダ・オンタリオ州キングシティー• 1997年 6月12日-15日 アメリカ合衆国・レイク・レイニエ• 1998年 5月14日-17日 イギリス・スコットランド、• 1999年 6月3日-6日 、• 2000年 6月1日-4日 ベルギー、郊外• 2001年 5月24日-27日• 2002年 5月30日-6月2日 アメリカ合衆国・バージニア州チャンティリー• 2003年 5月15日-18日 フランス・• 2004年 6月3日-6日 イタリア・• 2005年 5月5日-8日 ドイツ・• 2006年 6月8日-11日 カナダ・郊外カナタ、ブルックストリートホテル• 2007年 5月31日-6月3日 トルコ・イスタンブール、ホテル• 2008年 6月5日-8日 アメリカ合衆国・バージニア州チャンティリー• 2009年 5月14日-16日 ギリシア・• 2010年 6月3日-6日 スペイン・• 2011年 6月9日-12日 スイス・、スヴレッタ・ハウス• 2012年 5月31日-6月3日 アメリカ合衆国・チャンティリー、ウエストフィールズ・マリオットホテル• 2013年 6月6日-6月9日 イギリス・、グローブホテル• 2014年 5月31日-6月2日 デンマーク・、マリオットホテル• 2015年 6月11日-6月14日 オーストリア・ テルフス、インターアルペン ホテル・チロル• 2016年 6月9日-12日 ドイツ・• 2017年 6月1日-4日 アメリカ合衆国・バージニア州チャンティリー• 2018年 7月7日-10日 イタリア・• 2019年 5月30日-6月2日 スイス・ 参加者によるビルダーバーグ会議についての発言や言及 [ ] ビルダーバーグ会議は、前述の様に非公開の秘密会議なので参加者による会議についての発言や言及は極めて少ないが、何人かの参加者はインタビューや著書で会議について語っている。 」 と述べている。 会議の創設に関わり後に財務大臣を務めるイギリス労働党のデニス・ヒーリーは会議について「世界統一政府の樹立にまい進していたというのは言い過ぎだが、あながち見当違いというわけでもない。 われわれビルダーバーグ会議では、無益な戦いや殺し合いを永遠に続けて何百万もの難民を生み出すわけにはいかないと思っていた。 それなら、全世界を一つのコミュニティにすればいいのではないかと考えたこともある」• アメリカ側で会議の創設に関り第一回の会議にも参加した、 () Charles Douglas Jackson は、化してきたアメリカの過熱するやについて、第一回の会議の席上ヨーロッパ側からの相次ぐ懸念や説明を求められ、やは、本来アメリカ的では無い上、アメリカにとっても立場を悪くし様々な方面での障害になっているとして次の様に発言した。 "Whether McCarthy dies by an assassin's bullet or is eliminated in the normal American way of getting rid of boils on body politics, I prophesy that by the time we hold our next meeting he will be gone from the American scene. " マッカーシーが、暗殺者の弾で死ぬにしろ、通常アメリカが不要物を取り除く方法によって処理されるにしろ、我々の次の会議が開催される時までには、彼がアメリカから消え去っていることを私は予言する 事実マッカーシーは会議の直後失脚し1957年5月2日に死去した。 死因は多年に渡る飲酒が原因の急性肝炎との事だった。 ビルダーバーグ会議に対する批判 [ ]• を採用しているヨーロッパの殆どの国は、王、王族の政治的な発言や行動を慣習や等で禁止されているにも関わらず、招待や出席を求められると、それにもかかわらず、ヨーロッパの殆どの王や王太子の出席、参加が確認されている。 非公式の私的な会議なのに、開催される国では毎年私的に集まった参加者の為に警備費用等に多額の公費を使っている等。 民主主義国では、本来市民ないし選挙で選ばれた代表によって政策等を決定するにも関わらず、市民や選挙で選ばれた訳でも無い極少数の招待を受けたものが、非公開の密室で政策どころか国の行く末まで勝手に決めている等。 ビルダーバーグ会議についての諸説 [ ] 第二次世界大戦後の大西洋関係の再構築にビルダーバーク会議は極めて重要な役割を果たしたとする見解がある。 、、とも関係がある。 ビルダーバーグ会議出席者とこれらの組織のメンバーには重複が認められる。 ビルダーバーグ会議の情報は重複するメンバーによって下部組織に伝達されると見る説がある。 ビルダーバーグ会議が日本の受け入れを拒否したため、1973年に日米欧委員会(2000年より三極委員会)が設立されたと言われている。 ()の背後にはビルダーバーグ会議が存在すると言う。 1991年の会議には、当時知事だったビル・クリントンが招待された。 クリントンは会議の1年半後の1993年1月にアメリカ大統領に就任した。 1993年の会議にはのが招待された。 ブレアは会議の4年後の1997年5月にイギリス首相に就任した。 メンバーの中心は、やなどの中道派(国際協調主義)である。 と呼ばれる人々にも会議の常連が存在する。 、NATO等の首脳会議の決定に会議で話し合われたことが影響を与えるという指摘や、メンバーが外交問題評議会とかなり重複しているという指摘があると言う。 はドキュメンタリー「Endgame: Blueprint for Global Enslavement」でビルダーバーグ会議を扱っている。 陰謀論等 [ ] ダニエル・エスチューリン()は以下のように主張している。 各年のビルダーバーグ会議の決定に従って、各国政府、財界への工作、メディアを通じた世論操作が発動される。 その都度、議論されるトピックは国際政治経済状況による異なるが、最終目標は、あくまでも欧米による世界統一権力の樹立である。 そのための手段として、メディアおよびネットの国際的支配、 と「人体埋め込みチップ」 、による大衆監視、電子通貨システムを通じた国際通貨統合、人口抑制といったサブ・テーマが継続的に取り扱われている。 以降、米国・ネオコン派に対して米国・非ネオコン派および欧州派の意見対立がある。 1997年の会議でビルダーバーグでは、カナダからを分離した残部をアメリカに統合する計画を検討する予定であったが、ダニエル・エスチューリン、ジェームス・P・タッカー() らの活動により、「」紙をはじめとするカナダのマスコミが大々的にビルダーバーグ会議について報道するに至った。 それが国際世論の注目を集めたことにより、計画は頓挫した。 その結果、ダニエル・エスチューリンは暗殺されかけた。 脚注 [ ]• 2017年1月8日閲覧。 朝刊 2003年6月22日• 大戦後の欧州統合運動の提唱者であり、(European Movement)、(The Council of Europe)の設立に尽力した。 の友人としても知られている。 1976年にロッキード事件に巻き込まれるまで、議長を務めた。 オーステルベークはでも知られている。 ビルダーバーグ会議の名の元となった。 第1回会議の直後、1954年8月30日にフランス議会はの批准を否決し、構想は実現しなかった。 産経新聞朝刊 2003年6月22日• David Rothkopf の著書 Superclass - The Global Power Elite and the World They Are Making によると世界の60億人は6000人のエリート(The Superclass)によって統治されていると言う。 世界経済フォーラムの「ダボス会議」の招待客は3000人超である。 戦前のフランスでは「200家族(200家族資本)」がフランス経済を支配したと言われる。 2017年1月8日閲覧。 本来はアメリカ合衆国ので開催予定であった。 2009年の会議、の記事• 2009年の会議、(The Times)の記事• デイヴィッド・ロックフェラー(楡井浩一 訳) 『ロックフェラー回顧録』 2007年、「盛田・ロックフェラー対談」 1991年12月3日朝刊及びデイヴィッド・ロックフェラー、盛田昭夫『21世紀に向けて』 読売新聞社 1992年 参考:• (『ロックフェラー回顧録』新潮社 2007年)• ナショナル ジオグラフィック• アルデン・ハッチ 『オランダ王子 H・R・H・ベルンハルト』(1962)• 園田義明『最新アメリカの政治地図』 講談社 2004年• 1972年、は日本の受け入れをオランダ王室に打診したが断られたため、に日本をメンバーとする会議を創設することを提案した(「3極委員会 新たな転機」(春原剛)日本経済新聞 2008年1月21日)。 参考:• 『SAPIO』小学館 2004年12月08日• 米国では1936年に社会保障番号が年金制度の加入資格を持つ市民に付けられた。 欧州・アジアの諸国では、1940年代~1970年に住民登録番号や国民保険番号が住民登録制度に基づき全国民に付けられた。 人体埋め込みチップの一種についての記事。 ジェームス・P・タッカーは Jim Tucker's Bilderberg Diary(『ジム・タッカーのビルダーバーグ日記』、日本語訳未刊)等の著者、ビルダーバーグ会議の取材で知られる記者、ライター。 タッカーはヴィクター・ソーン(Victor Thorn)らと同じく「アメリカン・フリー・プレス」紙(American Free Press)に寄稿している。 「アメリカン・フリー・プレス」はリバティ・ロビー() の新聞「スポットライト」の後継紙。 関連書籍 [ ]• 『ユダヤ=フリーメーソン 謎の国際機関』 1991年• 中田安彦『世界を動かす人脈』 2008年• 中田安彦『アメリカを支配するパワーエリート解体新書』 2009年• デイヴィッド・ロックフェラー(楡井浩一 訳) 『ロックフェラー回顧録』 2007年• デイヴィッド・ロックフェラー、盛田昭夫『21世紀に向けて』 1992年• 園田義明『最新アメリカの政治地図』 講談社 2004年• ジョン・G・ ロバーツ、グレン・デイビス(森山尚美 訳)『軍隊なき占領 戦後日本を操った謎の男』 講談社 2003年• ベンジャミン・フルフォード『解体されるニッポン』 青春出版社 2008年• ベンジャミン・フルフォード『アメリカが隠し続ける金融危機の真実』 青春出版社 2008年• ユースタス・マリンズ(天童竺丸 訳)『世界権力構造の秘密』上巻・下巻 成甲書房 2007年• 田原総一朗『日本のパワー・エリート』 光文社 1980年• 『秘密結社 アメリカのエリート結社と陰謀史観の相克』 ビジネス社 2005年• 赤間剛『神々の陰謀』I・II・III 時の経済社 1984年、1985年• 桐生操『秘密結社 世界を動かす「闇の権力」』 中央公論新社 2007年• 『』「ネオコン人脈も蝟集する世界最強の秘密結社「ビルダーバーグ」の真実」 小学館 2004年12月8日• Gary Allen and Larry Abraham None Dare Call It Conspiracy 1971• アレン、L. Robert Gaylon Ross, Sr. Jim Marrs Rule by Secrecy: The Hidden History That Connects the Trilateral Commission, the Freemasons, and the Great Pyramids Harper Paperbacks ,2001• Victor Thorn The New World Order Exposed Sisyphus Press ,2003• Jim Tucker Jim Tucker's Bilderberg Diary American Free Press,2005• Daniel Estulin The True Story of the Bilderberg Group Trine Day,2007• ダニエル・エスチューリン(山田郁夫 訳)『ビルダーバーグ倶楽部 世界を支配する陰のグローバル政府』 バジリコ 2006年(The True Story of the Bilderberg Groupの日本語訳)• Superclass: The Global Power Elite and the World They Are Making Farrar, Straus and Giroux ,2008• Heinz Duthel The Bilderberger Group - Saviors or Destroyers? Lulu. com ,2008• Paul Jeffers The Bilderberg Conspiracy Citadel ,2009 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (市民グループのサイト)•

次の

第2回 世界を操る影のサミット、ビルダーバーグ会議

ビルダー バーグ 会議 2020 年

予想に反して 歴代初となる スイスのモントルーで開催となりました。 ビルダーバーグ会議2019 開催地はどこに? 実は 調べていても 今年は海外メディアにもあまりに記事が少なくて 会議の直後にしか詳しい内容がアップされていなかったのです。 というのも 昨年までは かなりいろんなメディアで予想が立てられ 有力な情報が多かったので 今年はかなり意外でした^^; まあ それだけに 今回の会議はかなり重要なもので 極秘に参加者も動いていたということでしょうね。 あとは 予想にあったアメリカの開催ではなくなったところを見ると この時期にアメリカでの開催は危険だということ??? とへんに勘ぐってしまいますね^^; 目次• 2019年ビルダーバーグ会議 議論の内容 第67回ビルダーバーグ会議は 2019年5月30日6月2日スイスのモントルーで開催となりました。 23カ国から約130名が参加 これまでと同様に、産業界、金融、学界、労働者、 そしてメディアからの政治的指導者や専門家の多様なグループが招待されています。 参加者については後ほど触れるとして 今回の議題が注目です! <2019年議論の主要なトピック> 1. 安定した戦略秩序 2. ヨーロッパの次は? 3. 気候変動と持続可能性 4. 中国 5. ロシア 6. 資本主義の未来 7. ブレクジット 8. 人工知能の倫理 9. ソーシャルメディアの武器化 10. 宇宙の重要性 11. サイバー脅威 2019年ビルダーバーグ会議 議論の深読み 昨年は かなり旬なキーワードが多かったのですが 今年は さらに進化した部分でのキーワードが多いのかなーと感じます。 「ヨーロッパの次は?」なんていうキーワードがあるということは 欧州におけるポピュリズムが浸透していくということなんでしょうか? さらには次の国があるということでしょうか?? 最近 香港のデモも大規模になっていますし もしかしたら 中国の動きがあるのかもしれません。 「人工知能の倫理」というキーワードになっているということは もうすでに 人工知能のコントロールもなされているのでしょうか? 人工知能に倫理を植え付けるとしても まだまだ未知数な感じがありますよね。 「気候変動と持続可能性」や 「ソーシャルメディアの武器化」や 「宇宙の重要性」という部分は 新たに出てきたキーワードですね。 「ソーシャルメディアの武器化」とは かなり過激な感じがしますね。 まあ すでにfacebookによるアラブの革命が起きているので コントロールはできているのかもしれません。 SNSを使われている皆様 どうぞお気を付けくださいね。 私もなるべく記事をアップする時や 事件の内容などを書く時 LINEなどでのやり取りなどはなるべく気を付けています。 何処で犯罪に巻き込まれるかわからない時代です。 最近は天界での話や 実際に予知夢で視ている内容は かなりリアルに将来起きることばかりですので このような公共の場では絶対に書きません。 (というよりも内容が濃すぎて書けません・・・^^;;) 将来的に 法整備もあっという間になされると たぶん 私のような 能力のある方々は 内容によっては 過去に書いた内容が犯罪予告とみなされ 逮捕される可能性もあるからです。 といっても 2009年からずっと 日本は戦争をすること 朝鮮は統一することを書いてしまっていますが・・・^^; 10年という月日が過ぎ 憲法改正となると このことも真実味が帯びてきましたね。 話は戻って 「宇宙の重要性」といえば 2024年までに「アルテミス計画」として 有人月面着陸をするとNASAが発表しましたね。 月には 資源が眠っているということもあり 世界的にも 宇宙開発に向かっていきそうですね。 2018年ビルダーバーグ会議 議論の振り返り 第66回ビルダーバーグ会議 2018年6月7-10日にイタリア・トリノで開催 ちなみに 昨年のキーワードはこちらでした。 ヨーロッパのポピュリズム 2. 不平等の挑戦 3. 仕事の未来 4. 人工知能 5. 米国中間選挙 6. 自由貿易 7. 米国の世界的リーダーシップ 8. ロシア 9. 量子コンピューティング 10. サウジアラビアとイラン 11. 時事問題 これをみると なんとなく こんな2018年だったなーと感じますね。 「ヨーロッパのポピュリズム」でいえば フランスもドイツも 移民政策などで政党が対立していますよね。 「不平等の挑戦」でいえば やはりベネズエラの問題が大きかったかなーと感じますね。 いまだに問題を抱えていますが ハイパーインフレで 暮らしに困り亡命する方も増えていますし。 「米国中間選挙」は 共和党圧勝とまではいかなかったのですが 「自由貿易」では 中国における関税で アメリカと中国の対立が激しくなっています。 「サウジアラビアとイラン」は 今年ちょうど最近になって 対立が目立ちますよね。 ちなみに 昨年の記事では こんなことを書いています。 2018年から ユーロ圏とロシアの対立など 何かが動く気がしますねー。 あと イタリア開催ということで カトリック総本家 バチカンのおひざ元ですね。 ブルナビ首相に注目すべき 話題として 彼女が正教会のキリスト教徒であること そして同性愛者だとすると なにか 欧州などで次々と 同性婚解禁、 規制緩和というような 驚くべき発表がありそうですよね・・・ 2017年 6月4日の記事ですが 予想が おおよそ当たってますねー^^ 中国の台頭。 トランプ大統領とイスラエル関係。 中東シリアでアメリカによる軍事介入。 ついでに 欧州のロシアへの対立。 今回は なんといっても イタリアの参加者勢に注目ですね! 会議の開催地はイタリアですし これだけ 財政関係者がいれば もう 遅かれ早かれ イタリアの改革に 手を伸ばす感じがしますね^^ 今年5月に 英国ハリー王子が 黒人系である メーガンさんと結婚したことも ある意味伏線で これから キリスト教の改革として 大々的に 婚姻など 同性婚解禁や 規制緩和に乗り出す形となりそうですね^^ イタリアで 何か起きるのかなーと予想していましたが 目立ったことはあまりなく 2018年、バチカンのニュースといえば 司教任命めぐり中国と歴史的合意と 虐待の告発が相次いだことでしょうか。 いずれにしても 昔からそうですが 宗教からみの事件のようなものは 今年も多くなりそうですよね。 2018年ビルダーバーグ会議 参加者リスト さて では参加者のリスト(グーグル翻訳)を見ますと こんな感じです。 以下 カストリーズ、アンリ・ド(FRA)、会長、運営委員会。 の社長。 ハドソン研究所上級研究員 ハルバーシュタット、ビクター(NLD)、財団法人ビルダーバーグ会議の会長。 ライデン大学経済学部教授 Achleitner、Paul M. (アメリカ)、議長、ユーザーの諮問グループ、国立宇宙協議会 Feltri、Stefano(ITA)、Il Fatto Quotidiano、副編集長 Ferguson、Niall(米国)、Milbank Family Senior Fellow、スタンフォード大学フーバー研究所 フィンセン、ラース(DNK)、ディレクター、デンマーク防衛情報サービス フレミング、ジェレミー(GBR)、英国政府通信本部長 Garton Ash、Timothy(GBR)、オックスフォード大学ヨーロッパ研究教授 Gnodde、Richard J. (USA)、Saul P. 元欧州委員 Henry、Mary Kay(アメリカ)、Service Employees International Union、国際会長 平山、マルティナ(CHE)、教育、研究、イノベーション担当国務長官 アリエル・インベストメンツLLC会長 ホフマン、リード(アメリカ)、共同創設者、LinkedIn。 パートナー、Greylock Partners Roche Holding Ltd. 、Vernon E. LLCのシニアマネージングディレクター Jost、Sonja(DEU)、最高経営責任者、DexLeChem Kaag、Sigrid(NLD)、貿易開発協力大臣 Karnti、Alex(USA)、Palantir TechnologiesのCEO Kerameus、Niki K.(GRC)、MP。 パートナー、Kerameus&Partners Kissinger、Henry A. (アメリカ)、Kissinger Associates Inc. コットキン、スティーブン(アメリカ)、プリンストン大学歴史国際問題教授 Krastev、Ivan(BUL)、自由主義戦略センター長 Kravis、Henry R. (アメリカ)、Kohlberg Kravis Roberts&Co. Pagoulatos、ジョージ(GRC)、ELIAMEP副学長、教授。 アテネ経済大学 TITAN Cement Company S. のCEO、Papalexopoulos、Dimitri(GRC)。 ペトレウス、David H. ラタス・ジュリ首相 Renzi、Matteo(ITA)、元首相。 イタリア共和国上院議員 ロックストーム、ヨハン(SWE)、ポツダム気候影響研究所研究所所長 ルービン、ロバートE. (アメリカ)、共同議長、外交評議会。 元財務長官 ルッテ・マーク(NLD)首相 サビア、マイケル(CAN)、社長兼最高経営責任者、ケベック州立大学 Sarts、Janis(INT)、ディレクター、NATO StratCom Center of Excellence Sawers、John(GBR)、Newbridge Advisory執行委員長 シャドロー、ナディア(アメリカ)、ハドソン研究所上級研究員 Schmidt、Eric E. (USA)、Alphabet Inc. (GBR)、Financial Timesのチーフエコノミクスコメンテーター Zeiler、Gerhard(AUT)、最高収益責任者、WarnerMedia Zetsche、Dieter(DEU)、元会長、Daimler AG 今回の参加者で 特に注目は オランダ王国陛下(NLD) Micklethwait、John(USA)、ブルームバーグLP編集長 Minton Beddoes、ザニー(GBR)、エコノミスト編集長 ホフマン、リード(アメリカ)、共同創設者、LinkedIn。 パートナー、Greylock Partners Cohen、Jared(USA)、創業者兼最高経営責任者、ジグソーパズル、Alphabet Inc. Schmidt、Eric E. (USA)、Alphabet Inc. のテクニカルアドバイザ ホワイトハウス大統領の上級顧問クシュナー、ジャレッド(アメリカ) あたりでしょうか。 オランダ王国陛下は以前は会議に参加されていたのですが 最近は参加されていなかったので 今年の会議の重要性を感じますね。 初参加としては ジグソーアルファベット社の創設者でCEOの ジャレッド・コーエン氏 ホワイトハウス大統領の上級顧問 クシュナー、ジャレッド氏ですね。 有名な経済誌の編集長も出席していますし いずれにしても 今年 アメリカで何かが起きるということには変わりない感じがします。

次の

第67回ビルダーバーグ会議 2019年5月30日

ビルダー バーグ 会議 2020 年

ジェイコブ・ロスチャイルド(第4代ロスチャイルド男爵)• イーロン・リーヴ・マスク• ニック・ボストロム• マーク・ザッカーバーグ• ピーター・ティール• ビルゲイツ やり過ぎ都市伝説でもこちらの6名について順番に紹介がされました。 名前 ジェイコブ・ロスチャイルド(Jacob Rothschild) 生年月日 1936年4月29日 配偶者 セレナ 子供 ナサニエル・フィリップ 職業 貴族院議員(1999年まで) 出身大学 オックスフォード大学・クライスト・チャーチ ジェイコブ・ロスチャイルドは第4代ロスチャイルド男爵です。 ロスチャイルド家はケンブリッジ大学へ進学する伝統がありましたが、このジェイコブはオックスフォード大学・クライスト・チャーチに進みました。 このロスチャイルド家は金融グループを3つも運営していて、古くからかなり影響力を持つ家系で「都市伝説」などで度々「ロックフェラー家」と共に話題になっています。 2020年のやり過ぎ都市伝説2020春では、ロスチャイルド家は明治維新を裏で操ったともされている「巨大財閥」として紹介されていました。 スポンサーリンク イーロン・リーヴ・マスク 次にイーロン・リーヴ・マスクです。 名前 イーロン・リーヴ・マスク(Elon Reeve Musk) 生年月日 1971年6月28日 出身 南アフリカ共和国のハウテン州プレトリア 現在 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス 出身 ペンシルバニア大学 職業 起業家、エンジニア 妻(1人目) ジャスティン・マスク(離婚) 妻(2人目) タルラ・ライリー(離婚) 子供 5人 イーロン・リーヴ・マスクはアメリカのエンジニアであり実業家です。 なんと10歳の時にパソコンを買ってプログラミングを独学で学んだイーロン・マスク。 マスク財団の会長で、スペースXの創設者、テスラの共同設立者でCEOです。 スペースXは名前の通り、宇宙関連を経営した会社です。 頭にチップを埋め込まれた人間が生活する事に近い内なるという説明の中でIT技術が紹介された時にサラッと触れられた程度で、他の方より紹介部分は少なかったですね。 スポンサーリンク ニック・ボストロム 次はニック・ボストロムです。 名前 ニック・ボストロム(Nick Bostrom) 生年月日 1973年3月10日 専門 人体冷凍保存、トランスヒューマニズム、クローニング 職業 オックスフォード大学教授 ニック・ボストロムについては、もう専門を見て頂ければ分かるように、「人体冷凍保存」「トランスヒューマニズム」「クローニング」などなど、都市伝説では有名な方です(笑) マイクロチップの話で以前にも都市伝説に出ていますよね。 「人体冷凍保存」については101歳で亡くなったとされている「デイヴィッドロックフェラー」がもしかして肉体を冷凍保存するか意識を既にデータ化して復活しているかも…もしかすると今後復活して降臨するかもと触れられていました。 どうなんでしょうね…。 このマーク・ザッカーバーグについてのお話も凄かったんですよ! まずはプロフィールをご覧ください…表向きのです。 名前 マーク・ザッカーバーグ(Mark Elliot Zuckerberg) 生年月日 1984年5月14日 出身地 アメリカ合衆国ニューヨーク州ホワイト・プレインズ 出身大学 ハーバード大学工学部(中退) 職業 起業家 アメリカで両親ともにお医者さんの家庭の第2子です。 2003年に友人と共に開発した音楽再生用のフリーソフトがマイクロソフトなどに目に留まったほどで、ハーバード大学に入学したあとも様々な開発を続けていました。 そしてハーバード大学のコンピュータのセキュリティを破って動くプログラムを作ってしまい処分されますが、その後にFaceBookを立ち上げて大学を休学、最終的に中退しました。 やり過ぎ都市伝説では、マーク・ザッカーバーグが実は ロックフェラーの子孫ではないかとの話になり、話しがかなり飛躍していくんですよね…。 さらにアメリカのトランプ大統領を支持していたということで、「やり過ぎ都市伝説」でこの件について話題になっていました! 名前 ピーター・ティール(Peter Andreas Thiel) 生年月日 1967年10月11日 出身地 西ドイツのフランクフルト・アム・マイン 出身大学 スタンフォード大学(ロースクール) 職業 起業家、投資家 ピーター・ティールは西ドイツで産まれていますが、1歳の時にアメリカに移住。 スタンフォード大学で哲学を学んだあとで、ロースクールにも進学しています。 2018年頃の純資産は25億ドルとも言われている投資家で、FaceBookの取締役でもあります。 そしてトランプ大統領が選挙活動を行う際にチームメンバーになり、ITの分野からトランプ大統領をサポートしました。 名前 ビルゲイツ 生年月日 1955年10月28日 出身地 アメリカ合衆国ワシントン州シアトル 出身高校 ハーバード大学 職業 実業家、プログラマー ビルゲイツ氏は誰でも知っている有名人ですよね。 あの「マイクロソフト」の創業者です。 やり過ぎ都市伝説ではこのビルゲイツがコロナウイルスについて「予言」していたと紹介がありました。 また、コロナウイルスの治療薬をFaceBook創業者の「ザッカーバーグ」と「イギリス」と組んで作成しているという話も…。 たった1回の放送でかなりの情報量でちょっと混乱していたので情報を整理する意味で数記事に分けてまとめています。

次の