コロナいつまで予言。 コロナ収束時期をスピリチュアルな予言で予測!最新情報も|スピリチュアルたまてばこ☆

東京オリンピックはコロナで中止?松原照子が2013年に予言に当たりそうの声!

コロナいつまで予言

Contents• 予言とはそもそも? 予言という言葉を履き違えて、違っている者が多いと感じる。 そもそもこの言葉は言ってしまえば、宗教的な意味合いが色濃く反映されていると認識している。 そして、 必中 ( 必ず当たるもの)でなければ、予言という言葉の意味には当てはまらない。 加えて、合理的な説明が出来る見通しというのは、予言とは言えないと定義されている。 仮に『Aである』と予言したとして、答えは『Bだった』とするのであれば、これは予言ではなく単なる予想であっただけの話。 今回のコロナウイルスに関しても、既に以前から予言されていたと言って憚らないメディアも少なからず存在している。 これは単なる後付けであり、後付けならば何とでも言えるというのが個人的感想なのだ。 現代において予言者ということで広く認知されている人物として挙げるならば、エドガー・ケイシーやジュセリーノであるが、懐疑的な見方をしている者も多い。 私もその口なのだが、人々の『わからないことへの不安』を取り除く一つの精神的支柱となるという意味においては、価値ある人物として考えている側面もある。 コロナウイルスがいつまで続くかの予言? コロナウイルスの蔓延により、世界中がパニックを起こしている昨今。 株式市場をはじめとする金融の世界でも、これが切欠となって凄まじい暴落の憂き目を見ている。 物理的に何の関係がない分野にまで、非常に損失を出しているコロナウイルスではあるが、これがいつまで続くのか?を予言してくれる者がいるとすれば、縋りつきたい人間がいるのも仕方がないことなのかも知れない。 よくよく氾濫している情報を紐解いて考えてみると答えが見える。 前述したように予言というものは、『必中』でなければ予言という言葉の定義には合わないと個人的に考えている。 なので、それが出来る人間はいないと断言してもいいくらいだ。 今はメディアなどもこぞってコロナウイルスの危機を煽り、人々に恐怖感を植え付けているという見方も出来る状況だ。 そんな中で『予言』という根拠に欠けるものに縋ったところで、それを信じてしまって日々の行動を決めてしまうのは早計であると思うのだが。 実際に現在、確実にいつまで続くのかを何時何分何秒という単位で、指摘している者は誰もいない。 つまり、予言などは出来ないことを匂わせている一種の答えでもあるのだ。 コロナウイルスがいつまで続くのかの予言ではなく予想ならば・・・ コロナウイルスがいつまで続くかという予言ではなく、予想ならば可能であるが、それも確実とは言えない。 方法としては過去の類似ケースを紐解いて、人々がどう動いたかなどを分析することで、終息はどの程度の期間が必要なのか?というものを計ることは可能。 今回の新型コロナウイルスは2003年に大規模な広がりを見せたSARSのいわば親戚みたいなものである。 2003年のSARSは14ヶ月で終息をみたと言えるが、今回もそれに当て嵌まるかどうかは断言出来ないところだ。 しかし、1年間という短い様で膨大な時間の中において、相手が例え未知の病原体だったにせよ抗う結果が一つとして出ないなんてことはあり得ないと感じる。 実際には予言ではなく予想ということであるので、事態はもっと早期に終息を見るかも知れない。 或いはMERSの様に現在進行中の伝染病として、人々がそれを認知する形で落ち着くかも知れない。 個人的には、コロナウイルスがいつまで続くのか?という問いは必ずしも適正ではないと感じている。 もっと具体的に言うのであれば 『 コロナウイルスが切欠で起きている様々なパニックはいつまで続くのか?』 『 コロナウイルスが不安材料であり続ける期間はいつまで続くのか?』 と、いう方が正しいといえるだろう。 これら問いの答えならば、早ければ夏・・・わずか数か月のうちにパニックは終わりを迎えると感じている。 何故ならば人々は不安ばかりを抱えては生きていけないし、不安を感じる要因である情報というのに慣れる生き物であるからだ。 実際にこういったパニックを助長しているのは、大手メディアなどであると言っても過言ではないが、ここは特定の組織などを否定する場所ではないので割愛する。 後者の問いに関して言えば、抗ウイルス薬やワクチンが開発されて一般普及するするまでは、前例をなぞるならば少なくとも一年の期間は必要なのかも知れない。 しかし筆者はコロナウイルスをそれほど恐れていないのだ。 むしろ恐れているのは、恐れることを必要としないコロナウイルスが切欠となりパニック心理が働いて、多大な損失を被っている金融市場の在り方や、人々の意識だ。 それらは本来、全く関係のないところにまで飛び火して、失わなくても良かったものまでも失わせる悲劇に繋がるからだ。 残念なことに金融市場においては、経済の総本山であるアメリカとて食い止めることが出来なかったので、時間の経過が必要というしかない。 加えて人々の意識も未だに薬局などにいっても、紙類が品薄であることからみても、不安を煽って増長させた個々のパニック心理は非常に罪深いと言わざる得ない。 コロナウイルスがいつまで続くのかの予言や予想についてのおわりに コロナウイルスの世界的な蔓延が切欠になり、誰にも分からない未来への予言や予想に注目が集まるのは、考えようによっては仕方がないのかも知れない。 だが、それを完全に結果を言い当てられる人間などは誰もいない。 分からないのだ。 分からないならば、考える必要もそもそも無い。 考えるからこそ、前述したようなパニックが起きてしまうのだ。 そしてそれが本来は起きなかった筈の損失や悲劇を生み出す要因となる。 しかし、こうした考えを日常の生活に取り入れて生きている人間は極々、僅かであることは言うまでもない。 事態の終息は考えるのではなく、『待つ』ことしか手立てはないというのも、悲しい現実ではあるが、受け容れなければならないと感じざる得ない。

次の

やりすぎ都市伝説の関暁夫のコロナ終息はいつ?イルミナティーカードの予言の内容は?

コロナいつまで予言

Contents• コロナは10年前から予言されていた?! 今回お届けするのはいま世間を賑わせているコロナウイルスについての話題です! 日々国内・国外で多くの罹患者や死者を出しているコロナウイルス… このたびあの志村けんさんまでもを追い詰めましたが、一体私たちはいつまで生活に制限をしなければならないのでしょうか?! 早く収束してほしいなと思いながらマスクを身に着ける日々です。 ババ・ヴァンガさんは1911年うまれで1996年に84歳で亡くなったブルガリアの預言者ですが、実は亡くなる数年前に 「ネシュカ、コロナが私たちのいたるところにある」 と一言放ったそうです! その的中率からブルガリア政府によって国家機密にされてきた予言者ババヴァンガの予言 たっくー情報 また当たってない…? ヨーロッパ経済の崩壊、人がいなくなるみたいなやつ 今まではイギリスEU離脱の影響かな?って思ってたけどコロナのせいだったんだ というかコロナ自体の予言もされてたんだよね — アヤナ twinkle58910 もともとババ・ヴァンガさんは12歳のときに竜巻に飲み込まれて両目を傷つけられて失明したときから予知能力が身についたらしいですよ。 この予言のコロナがコロナウイルスのことなのか真偽は定かではないですが… しかし、東日本大震災を予言しただ唯一の人らしです。 小説「首都感染」の作者・高嶋哲夫の予言 また、10年前に刊行された高嶋哲夫さんの小説「首都感染」でも新型コロナウイルスの展開を予測していたような描写があったそうです! この前、友達と本屋行って面白そうな本探してたら首都感染って小説があって。 「これコロナみたいだな」って思って裏表紙見たら思った以上にコロナっぽくてビビった。 それを思い出して今日調べてみたら予言の書って言われて増刷までされてるらしい 友達がその時に買ってたし今度感想聞いてみるか — イッチー amz11837 強毒性新型インフルエンザのパンデミックが起きて日本政府が感染拡大を防ぐために東京都を封鎖したというストーリーですが、遊園地の休園やホテルへの隔離、学校の一斉休校など・・・ 作中で描かれたことが実際に現在起きていることとリンクしていたということで注目されているみたいですね! スポンサーリンク コロナはいつまで続く?日本は5月がピーク? それでは、新型コロナウイルスはいつまで続くのでしょうか?! 毎日マスクをつけて警戒しながら外出するというのはとても神経がすり減りますよね^^;; 週末も今までのように外で遊ぶことが制限されていますし、やはりいつまでこの状況が続くのか気になるところです。 一説では新型コロナウイルスは寒さに強く暑さに弱いため、暖かくなりはじめる5月がピークか?!といわれているようですが、実際にはいつ収束するか目処は立っていません。 それどころか、気温が下がる秋には再び流行することがあるなんていわれています! 先のことが分からないと不安になるとは思いますが、今はとにかく冷静に行動して日々予防をしていくことが第一ということでしょうね@_@ 今後の続報を待ちましょう! コロナは予言されていた!いつまで続くのか…日本は5月がピーク?まとめ 今回は新型コロナウイルスについての話題をお届けしました! いかがだったでしょうか?! コロナは本当に恐ろしいですが、それ以上に我々が冷静さを欠いてしまうことが何よりの恐怖かもしれませんね。 しばらくは報道に耳を傾けることが必要でしょう。 長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました! スポンサーリンク.

次の

【新型コロナ収束見込み】スピリチュアルではいつまで?占い師の予言をチェック!|Rioの日々、気になるコト。

コロナいつまで予言

新型コロナウイルスはいつまで続く? 前にアメリカの スピリチュアル超能力者シルビア・ブラウンが、著書で新型コロナウイルス発生を12年前に予言していたという記事を書きました。 今回はスピリチュアル予言者のほかにも、ビルゲイツや高嶋哲夫などが著書で新型コロナウイルスのことを予言していたのではないかと思われることについてまとめてみました。 収束時期については3月から収束に向かう、という楽観的なものから、何年も繰り返し起こる、という悲観的なものまでさまざまで何とも言えませんが、一度収束してもまた余波が来るというのが大方の見方です。 100年前に流行ったスペイン風邪は収束に2年以上かかったと言われています。 状況は違いますが、1年はかかる、そしてその後も小規模な余波が来る、と見たほうがよいかもしれません。 スピリチュアル超能力者の予言 ブルガリアの予言者ババ・ヴァンガ ババ・ヴァンガは1911年に生まれ1996年に84歳で亡くなったブルガリアの予言者。 「ババ」とはブルガリア語で「おばあちゃん」という意味だそうです。 ヴァンガは12歳のときに竜巻に飲み込まれ、両目を傷つけられて失明してから予知能力が身についたそうです。 今までに第二次世界大戦の勃発、チェルノブイリ原発事故、ソ連崩壊、ダイアナ妃の死去、アメリカ同時多発テロ事件、数々の地震、イスラム国の台頭などを予言したといわれています。 新型コロナウイルスについては亡くなる数年前に、「ネシュカ、コロナが私たちのいたるところにある」と語ったらしいです。 そのコロナが今回の新型コロナウイルスのことか?と言われているのですが真偽は定かではありません。 ババ・ヴァンガについてはの記事にも書いています。 【2020年】ノストラダムスがコロナウイルスを予言【都市伝説・オカルト】 — NAVER まとめ — タカヒサ XIwaJkcxr8eekwq また、1999年の予言は20年の誤差で、恐怖の大王は2019年の新型コロナウイルスのことではないかとも言われています。 ノストラダムスの大予言って解釈を変えると新型コロナの話みたいな気がするけどどう思います?。 アンゴルモアの大王=コロナ(王冠) 1999年=コビット19 歓喜のうちに=オリンピック その他原文の解釈でやったら符合するところが出るのでは? — 田中 皇介 kaettkita ビルゲイツや作家の新型コロナウィルスの予言 ビル・ゲイツ ビル・ゲイツは超能力者ではないですが、未来に起きるであろう疫病を予言していたようです。 これ、3年前のビルゲイツの予言。 3300万人が感染症で死ぬとな。 実現してしまうのか? 的中しまくるビル・ゲイツの「13年以内に起きる7つの未来予言」とは?「1年以内に3300万人が感染病で死亡」 さんから — m3alp 雪降ったぜいぇーぃ m3alp 2015年にビルゲイツ氏がウイルスについて話してて、これぞ天才。 「すぐに対策を講じるべき」とありますが、どの程度真剣に受け取られたのでしょうか。 ビルゲイツの話なのである程度注目されたと思うのですが、実際この時点で対策が進んでいれば今のような状況が防げたのかは分かりません。 一番の防御策は正しく知ること」と話す。 これは小説ですが、航空機で帰国した人たちのホテルへの隔離、学校の一斉休校、人気遊園地の休園など、作品の中に描かれたことが実際今回起こっていることと同じです。 まとめ ビルゲイツや高嶋哲夫さんは、予言というよりも現実に基づいてこのような事態を起こりうると予測し、発表しています。 人類の歴史を見ればウイルス感染が繰り返し起きることは分かっていたことなのでしょう。 いつどこで起きるかは分からないにしろ、また繰り返されるのだと思います。 ウイルス感染だけではないいろいろな災害がこれからも起きていくでしょう。 ただ、私たちが災害を助長する行動をとることは避けなければいけないし、環境を大事にして生活することは続けなくてはならないと思います。 私たち個人がができることは、免疫力を付けておくこと、物事に動じない精神力を持つこと、いつ何が起きるか分からないと腹をくくって毎日を大切に生きることぐらいでしょうか。

次の