ディーラー 転職。 【龍が如く7】ディーラーの評価|習得極技と転職可能キャラ|ゲームエイト

【リクナビNEXT】自動車【ディーラー】の積極採用中求人・転職情報50選

ディーラー 転職

ディーラーといえば、一見、華やかで営業マンとしてスキルを磨ける職場のように見えますが、実際は厳しい営業ノルマ、出世競争、サービス残業など労働環境は非常に厳しいものがあります。 また、年収水準も出世したり成果を上げなければ伸びず、離職率の高い業種と言えます。 そんなディーラーの厳しい実情を知らず、ディーラーに就職してしまい、早く辞めたい…と思っている方は、転職を考えてみましょう。 ディーラーの経験は他業種への転職に必ず役立ちます。 しかし、逃げの転職、後ろ向きな転職であることを面接官に見抜かれると、内定がなかなか出ず、ディーラーから転職するのが難しくなってしまいます。 今回はディーラーを辞めたいと思っている人向けの他業種転職のコツについて紹介します。 ディーラーからの転職で一番多いのが法人営業への転職 ディーラーのような、顧客と直接やり取りする営業「BtoC営業」は、顧客の時間に合わせるために、シフト制になっているところがほとんどです。 そのため、仕事時間は不規則で、事務作業なども行わなければいけないケースも多いので、必然的に労働時間は長くなります。 残業代を「みなし残業」として一定額支払い、超過分についてはサービス残業になるケースが多いので、ディーラーは営業マンの中では割にあわない職種と言えます。 そこでオススメなのが、BtoB、つまり企業対企業の取引を行っている商社やメーカーといった業種の営業マンに転職することです。 BtoB営業、つまり法人営業であれば、土日休み、年間120日以上といった安定した休みが取れる可能性が高く、ディーラーで磨いた営業力を活かすことも出来ます。 また、車関係の部品を卸している商社などであれば、自動車繋がりで転職もしやすいです。 もちろん、機械やその他メーカーなどでもディーラーで磨いたスキルは大いに役立ちます。 ディーラーは、BtoC営業の中では、どちらかと言うとサービス業の側面もあるので、営業力プラス顧客満足度を高めるスキル、経験をアピール材料にして転職に挑みましょう 自己PRではディーラーならではの強みを活かそう 自己PRでは、自動車という高額な商品を、いかに顧客にアピールしたか、自分を信頼してもらうよう努力、工夫をしたか、といった点についてアピールすると良いでしょう。 例えば、顧客へのフォローを定期的に行ったり、保険関連や自動車の性能などを分かりやすく伝えるために毎日、勉強をして知識をつけた…などの工夫した経験があれば、ぜひアピールしましょう。 顧客にとって数百万の取引を、いかにしてサポートしたのか? 個人プレーにならず、その店舗全体の売上を上げるためにどうやってチームに貢献したか? といったところも、掘り下げてみて、使えそうな経験、スキルがあれば職務履歴書に書いておきましょう。 ディーラーの最大のアドバンテージは、高額商品を売る営業スキルと、自動車という専門性の高い商品をいかに素人である顧客に分かりやすく説明して魅力を伝えたか、という点です。 営業+サービス業の両方のスキル、経験を武器にアプローチすれば、他業種であっても引っ張りだこになることは間違いないでしょう。 営業マンではなく、事務職や制作職など畑違いの職種に転職する場合も、上記のアピールで問題ありません。 しかし、その場合は「なぜ営業スキルが活かせる営業ではなく他業種に転職しようと思ったのか」という点をしっかり掘り下げて考えておきましょう。 クレーム処理の経験や失敗談も面接官に伝えよう 自動車という高額な商品を販売する際、どうしてもクレームや失敗経験も出てくると思います。 例えば、自動車保険について聞かれた時、間違えて答えてしまった、知識が浅く答えられなかった等々…。 そういった失敗談やクレーム処理の経験は、ぜひ面接官にエピソードとして伝えましょう。 失敗の経験を語ることは、一見するとマイナスのように思えますが、重要なのは失敗から何を学び、同じ失敗を防ぐためにどんな努力をしたか。 クレームに対してどう処理したか、という点です。 面接官も人間ですから、完璧人間、いいとこばかりアピールの人間よりも失敗談をざっくばらんに話してくれる人間のほうを信頼します。 また、ミスは必ず起こりえるものですから、それをどうリカバーしたのか? という点は評価ポイントになります。 どんな業種であってもクレーム処理やミスのりカバーは必要なスキルですから、ぜひそれらの経験を武器に転職を成功させましょう。 転職エージェントに登録して効率よく転職準備を開始しよう 転職は、新卒時の就職活動とは進め方がガラリと変わりますから、プロである転職エージェントにアドバイスをしてもらいながら行うのが一番オススメです。 転職エージェントは、在職中でも土日でも利用することができ、求人者は無料でキャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。 登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングして、あなたにあった業界、業種、年収アップ可能な求人などを紹介してくれます。 それに合わせて、オススメの求人をいくつかピックアップして紹介してもらえるので、一緒にキャリアの方向性を決められます。 自己分析もキャリアプランも、一人で考えると限界がありますが、転職のプロであるエージェントに相談すれば自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくる可能性があります。 また、給与交渉などもエージェントを仲介して行えるので、年収アップの確立がグッと上がります。 時間のかかる履歴書、職務履歴書の作成も、プロであるエージェントにアドバイスしてもらえばスムーズに作成出来ますから、転職で最も手間のかかる部分を大幅に省略出来ますよ。 オススメの転職エージェントは です。 DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っており、年収や待遇が良い企業の求人が集まっているのが特徴です。 そのため、待遇の良い求人を探すにはうってつけのエージェントです。 大企業の関連会社など、業績が安定しており待遇の良い求人が多く、またエージェントのサポートも書類作成から面接での受け答えまでしっかりやってくれます。 また、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。 就職活動は不安になる事が多いですし、右も左も分からない状態では、どう動いていいか分からないもの。 エージェントに登録しておけば、担当エージェントに色々と相談や質問が出来るので、心理的にもグッと楽になります。 また、非公開求人には優良求人がたくさんありますから、DODAを利用することで思わぬ求人と出会えることがありますよ。 DODAの登録方法について DODAに登録する場合、公式ホームページから『登録する』を押した後、基本情報を入力します。 (名前や生年月日、住所、連絡先など) その後、直近の職務経歴を書くのですが、前職の経歴を登録します。 経歴は正社員のみならず、アルバイトや派遣社員、契約社員でも構いません。 上記は入力の一例です。 上記画像で書いた株式会社ハイデイ日高というのは、ラーメンチェーン店の日高屋の事です。 例えば、ユニクロであれば会社名はファーストリテイリングですよね。 心配ないと思いますが、念のため再度、確認しましょう。 業種・職種・年収の欄は、大体で構いません。 最後の欄にある『自由記入欄』には、連絡出来る曜日・時間帯などを書いておきましょう。 登録終了後、担当エージェントから電話orメールにて連絡が入り、面談の日程を合わせてサポートを受けることが出来ます。 転職エージェントに登録して、ぜひ一度、面談を受けて転職可能な求人を紹介してもらいましょう。 自分が入社可能な求人を見れば、人生の選択肢がぐっと広がりますよ。 アーカイブ• 114• 18 カテゴリー•

次の

カーディーラーの求人・転職情報サイト【はたらいく】でお仕事探し

ディーラー 転職

自動車業界の二つのタイプ• メーカー:メーカーとはいわゆるトヨタやホンダなどです。 これらの企業はあくまでメーカーで販売する機能は持っていません• ディーラー:自動車メーカーが製造した自動車を消費者に販売する企業を言います ご存知でしたか? そして、今回ご紹介する自動車ディーラーです。 良く街中で、ショールームに自動車が置かれていたり、多くの自動車を並べている店舗を見たことはありませんか? これらの店舗を運営している企業が自動車ディーラーです。 中には、メーカーと自動車ディーラーが関連会社であることもありますが、大体は別企業であることが多いです。 つまり、自動車ディーラーとはメーカーが製造した自動車を販売する代理店という位置づけになります。 自動車ディーラーを別名、販社と呼びます。 自動車に詳しくない求職者が陥り易い間違い 自動車業界はメーカーと自動車ディーラーの2つに分けられており、自動車ディーラーに転職できれば、イコールで大手の自動車メーカーに転職したと勘違いする求職者がいます。 自動車メーカーは滅多に転職活動を行う求職者を対象とする中途採用は行いませんので、転職市場に出回る自動車業界の求人はほとんどが自動車ディーラーだと思った方が良いです。 求人の中に資本金比率の欄がありますが、その中に、割合は別にして自動車メーカーの資本が入っていればそれば大手自動車メーカーの関連子会社であり、資本がない場合は、単独の自動車メーカーが認可した正規ディーラーや正規代理店です。 私の転職エージェントにも、かつて、この内容を理由として自動車ディーラーへの転職を希望した求職者がいましたが、やはり、メーカーと販社の違いや意味を理解していなかったようです。 自動車ディーラーの求人職種 自動車ディーラーの求人職種はどのような種類があるのでしょうか。 転職エージェントや転職サイトを見て頂ければ大体は把握できるのかなと思いますが、営業職と自動車整備職と事務職がほとんどです。 このあと、それぞれの職種について詳しくご紹介したいと思います。 自動車ディーラーの営業職 自動車ディーラーの営業職は、自ら顧客となり得る消費者に出向いて営業するということはありません。 今の自動車ディーラーの営業方法は、国道沿いにショールームを構えて、興味のある消費者が訪問して、その消費者に対して営業を行うというカウンターセールスになります。 そのため、ノルマが必ずあります。 また、自動車ディーラーの営業職の給料体系は基本給と役職手当と歩合給となります。 売ってなんぼの厳しい労働環境 役職のない従業員は役職手当がなく基本給と歩合給の2階建てという構造になります。 どの自動車ディーラーもこの仕組みは変わりません。 自動車ディーラーは昔から売ってなんぼという社風文化がありますので、非常に厳しい労働環境です。 メーカーと資本関係のない独立した自動車ディーラーの場合は営業所となるショールームは休日であっても、ノルマを達成するために、過去にショールームに訪問した消費者に対して電話や訪問して自動車販売に繋げることをしなければいけません。 自動車は高額であるとは言え、利益率の低い商材であり、ノルマを達成した場合の歩合給もそこまで高いとは言えません。 と言うよりも、ノルマ達成のための労働力や労働量から比べると明らかに安いです。 自動車ディーラーの休日は少ない この後、ご紹介する職種も同様ですが、自動車ディーラーの休日については労働者としてはあまり良いとは言えません。 休日となる日も平日であり、土日は絶対に出勤日となります。 また、1週間あたりの休日日数は隔週で1日と2日ということが普通であり、月の休日日数は8日か9日ということが一般的です。 祝祭日も一切関係ありませんし、むしろ、祝祭日は消費者がショールームに来店する可能性が高いため、出勤することが絶対であり、年間休日日数も100日を切るぐらいです。 ちなみに日本の年間の休日日数の平均は120日前後です。 洗車も営業の仕事 新車のみを扱う自動車ディーラーであれば、洗車という業務は存在しませんが、自動車ディーラーは基本的に新車と中古の事業をどちらも行っていることが多いです。 しかし、営業マンは自分の営業成績のために営業をしなければいけない中で、自らの販売ツールである中古車の洗車も業務として行わなければなりません。 中古車は新車よりも販売率が高いため、自動車ディーラーやその営業マンとしては大切な商材です。 雨や風に野ざらし状態ですので、汚れが目立ち日々、その汚れを落とすために、また、消費者への見栄えも意識して定期的に洗車しなければなりません。 休日返上で洗車業務を行う では、この洗車はいつ行うのか?営業日は洗車するよりもショールームに来店した消費者への営業が優先度は高いため行うことはできません。 商品価値を高める洗車業務はショールームが休みである休日に行うことになります。 営業マンからすると休日労働になるのですが、ここでは残念ながら休日労働手当の支給はありません。 なぜならば、自動車ディーラーとしては、営業マンに洗車を義務としてはいないため、あくまで営業マン個人の自発的な行動となっているためです。 本当に自動車が好きでもないとディーラーの営業マンは務まらない 自動車ディーラーの営業職の求人には、休憩、休日はしっかり記載がありますが、実情は全く違いますので、入社前に自動車ディーラーの実態を何らかの形で収集する必要があると思います。 私の知人で自動車ディーラーを経営している方がいますが、自動車ディーラー業界へ転職するのであれば、休みはないと思わなければ務まらないと言っています。 また、自動車が本当に好きな人間でなければ活躍は難しいとも言っています。 この意味は、休日の洗車が仕事ではなく、本人が自動車は趣味であり、自動車が好きであるために、趣味の範囲と捉える思考でなければ『やらされている感』となってしまい、長続きしないためです。 営業職は結婚後に続けることができるのか? 先述の通り、安い給料で休日も少なく労働時間も長い自動車ディーラーで結婚後も仕事を続けることができるのでしょうか。 結論から言いますと、自動車ディーラーの営業マンは独身である場合が多く、結婚を機に自動車ディーラーから他の業界へ転職するケースが多いです。 または、独身中に管理職になり部下のマネジメントを業務とする立場の場合は結婚後も続ける労働者もいますが、確率的には、どのタイミングであれ結婚を機に違う業界や職種へ転職する場合が多いです。 また、自動車ディーラーには営業職の他に2つの職種もありますが、営業職の場合は、この2つの職種に比べると明らかに離職率が高いことで有名ですし、早期に退職するという勤続年数が短いことでも有名です。 自動車ディーラーの自動車整備職 続いて自動車整備職についてです。 この職種は、整備士という資格を必要とします。 資格を持ってはじめて業務に従事することができる性格を持つために、潰しが効くと言われる職種です。 営業職とは異なりしっかりと休日には休むことができますし、労働時間もそれほど長い訳ではありません。 そのため、自動車整備職は自動車ディーラーで唯一と言っても過言ではないぐらい定着率があります。 定着率が良く人気な自動車整備職 自動車には車検がありますが、車検時期にはかなりの繁忙期になりますので、毎日深夜労働となることもありますが、しっかりと残業手当は支給されますので、問題ないと思います。 ちなみに、自動車整備職は、自動車好きには人気の職種であり、有効求人倍率も高いです。 定着率も高いことから求職者からすると狭き門と言えます。 必要なのは技術力!寡黙な性格の人材が適正アリかも 職人気質の職種であり、人とコミュニケーションを取る機会が少ない職種であるため、人間関係で悩まされるということは少なく寡黙な性格の人材が適正とされているようです。 しかし、社内的なコミュニケーションについては営業とは相反する立場にあるために軋轢が生まれることが多い職種でもあります。 営業マンは数字を追うことが仕事であり、自動車整備職は整備することが仕事です。 営業マンとしては早く整備することを要求しますが、自動車整備職は正確に整備することを主眼としますので、この関係性は水と油と呼ばれるようです。 自動車ディーラーに事務職 事務職と聞くと契約書の作成や管理などをイメージするかと思いますが、自動車ディーラーの事務職は基本的にはショールームでの受付や来店した顧客へのお茶出しがメインとなります。 売買契約や契約書類などの管理については、営業マンがワンストップで行うことが一般的であり、事務業務も営業マンの仕事になっています。 自動車ディーラーの事務職の働き方はノンスキルで業務も簡単であり、残業がないことがあります。 事務職も休日数は少ない しかし、休日日数はショールームに関連しますので、少ないことがデメリットとなります。 業務の性格上、女性がほとんどですが、雇用形態は契約社員やアルバイトであることが比較的、多いと言われています。 休日日数が少ないことがデメリットとであるとお伝えしましたが、これを理由に早期退職する労働者が多く、求人も定期的に存在します。 面接は1,2回!淡白な選考フロー 自動車ディーラーとしては、売上や利益に直接関係のない業務であることもあり、選考フローも非常に淡泊で面接は1回、多くても2回ということが普通です。 選考のポイントについては、経験などはほぼ不問であり、容姿の良い女性が内定を得ることが多いです。 実際、私の転職エージェントや私の友人の転職エージェントでも経験やスキルがなくとも容姿が良い女性の求職者が内定を得るというケースが極めて多いです。 自動車ディーラーは男性文化 業界によって男性上位、女性上位という場合がありますが、自動車ディーラーについてはどの企業でも男性上位であり、従業員のほとんどが男性ということが普通です。 求人には男女不問とありますが、実質的には男性のみの独占求人と言っても過言ではありません。 女性の求職者で自動車ディーラー業界へ転職を考えている方は、転職後、周りは男性だらけであり、営業職となれば休みはないと思った方が良いです。 また、自動車整備職の場合は、油まみれになるということを覚悟しなければ務まらない業界です。 男性文化でも体育会系のタイプが多く在籍しているため、強烈な縦社会であることも想定した方が良いと思います。 自動車ディーラーは営業至上主義 メーカーの資本が入っている入っていない関係なくどの自動車ディーラーも営業至上主義であり、売上や利益至上主義です。 メーカーから出される月間売上リクエスト これにはメーカーとの関係性がかなり影響しているのですが、メーカーから年度や月単位で各自動車ディーラーには、『これだけ売ってほしい』というリクエストがあります。 このリクエストを達成することができなければ最悪の場合は販社としてそのメーカーの自動車を取り扱うことができないこともあるようです。 このリクエストは言い換えるとメーカーから自動車ディーラーが与えられたノルマとなりますが、このノルマを達成できない場合は翌年度の売上に対するコミッション額やコミッション率が低くなります。 自動車ディーラーは企業として売上や利益を確保するために、売上や利益に直接関わる営業マンに対してはかなり厳しいノルマを設定します。 新卒や第二新卒にはオススメできない自動車ディーラーへの転職 また、自動車ディーラーとしては、退職することは前提として考えており、また、特別なスキルなく自動車ディーラーの営業は従事することが可能であるため、転職後は働きやすい労働環境とは言い難いという評判は今も昔も変わりません。 余談になりますが、自動車ディーラーは新卒採用を行うことはほとんどありません。 理由は、扱う商品が自動車で高額なものであるため、消費者からすると自分より若い年齢の営業マンでは安心感に繋がらず、購入に繋がらないという側面があるためです。 また、ある人材コンサルティングの方は、新卒または第二新卒に対して自動車ディーラーの営業は絶対に転職しない方が良いと言っているぐらい自動車ディーラーは求職者に取って厳しい労働環境となります。 自動車ディーラーの求人の探し方 求職者としては、自動車ディーラーに転職したいと覚悟を持って自動車ディーラーへ転職しようと考えているのであれば、求人を探す必要があります。 転職エージェントにも自動車ディーラーの求人はありますが、数としては多くはありません。 自動車ディーラーの採用手法のメインは、転職エージェントや転職サイトではなく求人情報誌やハローワークが中心です。 採用コストを抑えるため大半の求人は求人情報誌 この背景には、どの自動車ディーラーも大きな採用コストを費やす企業体力がないということもありますが、特に営業職の場合は、早期退職することが前提で採用活動を行うために、採用コストはかけずに採用したいという思惑があるためです。 コンビニや駅に無料で置いてある求人情報誌を見て頂けると、自動車ディーラーの求人が掲載されていることが多いです。 特に、メーカーの資本が入っていない正規ディーラーや正規代理店の場合は、この傾向が顕著です。 自動車ディーラーへの転職希望者はよく求人情報誌をりようする 転職エージェントや転職サイトをあまり利用しない理由のもう1つは、この業界を志望する求職者は、転職活動で転職エージェントや転職サイトを使う文化があまりなく、転職イコール求人情報誌という意識が強いこともあります。 この点からも分かる通り、企業文化も古い体質であることが多く、風通しが良い社風とは言い難いものがあります。 更に男性文化で営業文化という性格もあるため、転職先に風通りの良さやフラットな組織を希望する求職者としては真逆な文化を持つ業界と言えます。 話を戻しますが、業界的に古い文化を持ち、この古い文化が採用活動にも少なからず影響している自動車ディーラーへ転職を考えている方には、求人情報誌よりも何よりもお勧めの方法があります。 直接応募と営業マンの紹介 興味のあるメーカーを取り扱っているディーラーに直接問い合わせよう 最も簡単で最もスマートな求人の探し方は、興味のあるメーカーを扱う自動車ディーラーに直接電話やエールで問い合わせすることです。 自動車ディーラーとしては離職率が高いため、新規人材の確保は労働量という観点では必須です。 私も情報収集を目的に自動車ディーラーへ採用について問い合わせしたところ、その全ての自動車ディーラーから一度、面接したいとのことで来店するよう言われています。 営業マンと親しくなって紹介してもらおう 次の方法は、営業マンと親しくなって営業マンの紹介で入社するルートです。 この場合は、コミュニケーション力が必要になりますが、営業マンには人材確保というミッションも実はありますので、積極的に勧誘する自動車ディーラーもあります。 求職者が消費者としてショールームに来店して営業マンと親しくなり、その話の流れで採用について聞いてみると良いと思います。 まず断られることはないと思います。 入社難易度が低い自動車ディーラー業界 これまでお話したように自動車ディーラー業界は、求職者にとっては自動車整備職を除き入社ハードルは低いです。 余程の特別な事情がない限り安易な気持ちで自動車ディーラー業界への転職は控えましょう。 自動車整備職は潰しの利く良い職種ですが、それ以外はかなり厳しいものとなると思います。 自動車が本当に好きで自動車が趣味だという求職者にとっては年中、自動車と接することができる最高の労働環境だと思いますが、変な憧れや偏った見解で自動車ディーラーへ転職することは早期退職に繋がる恐れが高いため、注意しましょう。 今回のタイトルは『自動車ディーラーは歯ごたえ十分』ですが、自動車ディーラーは求職者にとっては、転職後は歯ごたえがあり過ぎて歯が欠けるぐらいの環境だと思います。 最後になりますが、求職者の皆さんの転職成功を祈り、今回はこれで話を終わりにしようと思います。

次の

自動車整備士の転職理由・転職先にはどんなところがある?

ディーラー 転職

自動車ディーラーで営業職として働く皆様、仕事辞めたくなっていませんか?きっと辞めたくなっている人だらけだと思います。 そもそも自動車ディーラーという仕事は、顧客との距離が妙にちかいもの。 それ故にクレームや質問が営業職の皆様へ、昼夜問わずに直接投げ込まれます。 これが自動車ディーラーの仕事をブラックにしている根本的な原因です。 一般的な商品であれば、クレームや質問は専門の部隊が処理してくれます。 だからこそ営業は売ることに専念できますし、妙な時間に顧客対応せざるを得ないなんて事は皆無です。 けれど自動車ディーラーはそうは行きません。 販売した本人がアフターサービスの名のもとに直接対応する仕組みです。 これでは車を売れば売るほどに仕事が忙しくなってしまいます。 そんな自動車ディーラー仕事が嫌になってしまった皆様に向け、おすすめの転職先などをご紹介してゆきます。 気になった方は是非本記事をチェックしてみてください!• 自動車ディーラーを辞めたいと思う理由 現在、自動車ディーラーで、なおかつ辞めたいと思っている皆様、そんな人は実はけっこう多いんです。 某自動車ディーラーに従事してるS君は私の顔を見るたび「山田さん…転職したいです…しかしいい職場ないんで我慢してる…」と言う。 今でさえ薄給激務なのですし、今後の車業界の斜陽を考えると、まじ号泣あるのみですね。 — 山田鉄男@シゴツカ shigotsuka どんな人が、どんな理由で辞めたいと考えているのか、あるいは辞めていったのか、その理由についてチェックしてゆきましょう。 「あぁ、あるある」と感じた皆様は早めに転職活動を開始した方が良いかもしれません。 お客の対応のために時間外の仕事に疲弊する 自動車ディーラー仕事で最もつらいのが、アフターサービスという名の、お客様からのクレームや質問への対応です。 お客様も困っているがゆえに、営業時間の内外を問わずに連絡をしてきます。 それはディーラーの仕事時間か否かはお構いなしです。 しかも今どき、LINEなどでお客と繋がっている人も多いですよね。 お店の固定電話しか知られていないのであれば、営業時間外の対応は起こり得ないのですが、このご時世、なかなかそうは行きません。 スマホが鳴るたびにドキッとしてしまう人も多いですよね。 しかも、車を売れば売るほど、対応すべき顧客の数は増えてゆきます。 顧客の数が増えれば増えるほど、対応すべきクレームが増え、時間外の仕事も当然のように増えてゆきます。 また、嫌な事って重なるんですよね。 さっき嫌な対応があったかと思えば、続けて別の対応が発生し、そちらへの対応を手配しているうちに最初の対応がおろそかになって…。 そして怒りの催促電話がやってくる。 こういった危機的状況を、一度や二度でなく経験しているのではないでしょうか?しかもそれが休日の午前中だったりすると、一日ブルーに過ごさなくてはならず、心が休まる暇すらありません。 この時間外の労働に疲弊しきって、自動車ディーラーの仕事を辞めたくなる人は数えられないほど存在しています。 残業は多く休日出勤も多々ある 車は売れば売るほどに、個人的な付き合いが増えてゆく商材です。 そのため売れば売るほど顧客からの問合せは増えてゆくものです。 やれ「ワイパーがきちんと水をはじかない」だの「サスペンションが固い気がする」だの「警告灯が消えなくなった」などと電話がかかってきます。 それらすべてに対応しきるためには、どうしても残業せざるを得なくなるものです。 また、大事なお客さんがお店に来る日には、休日だろうと、予定があろうと駆け付けざるを得ませんよね。 しかも残業や休日出勤が多いのは、あなたが優秀で、沢山の車を販売してきたからに他ならないからという矛盾したような事実があるから。 一般的な企業では、優秀な人ほど残業が少なくなってゆくのですが、自動車ディーラーに限っては、優秀な人ほど対応すべき仕事が増えて、残業に休日出勤にと仕事が増えてしまいます。 せめてその残業代が支払われていればまだ我慢のしようもありますが、プライベートな時間にかかってきた顧客からの問合せやそれへの対応など、カウントできませんし、結局のところなぁなぁになってしまいます。 これではやはり自動車ディーラーという職業から離れたくなっても仕方ありません。 >> >> 理不尽なノルマに嫌気を感じる カーディーラーのように、個人に向けて何かを売るという仕事にはノルマがつきものです。 皆様にもきっと毎月のノルマが課されていますよね。 とはいえ、それを達成するのってそもそもキビシイですよね。 洋服の販売などであれば、その場の接客次第で即売れることもありますが、車って衝動買いをするものではありません。 また、接客の良しあしよりも、車自体の魅力が圧倒的にモノを言う世界です。 そもそも売れないものをどれだけ頑張って、親切・丁寧に説明したところで、残念ながら売れるものではありません。 ぶっちゃけ「コレは売れないだろう…」なんて車種、ありますよね。 そんな状況にも関わらず、ノルマだけはいっちょ前に課されるのですから、たまったものではありません。 しかも、頑張ってノルマを達成したところで、次は更なるノルマが課されます。 そこで頑張れば、さらなるノルマが…。 これでは続けてゆくことができません。 一方で、なかなかノルマを達成できない人には、低めのハードルが設定されている事もしばしばあります。 高いノルマを達成できなかった人と、低いノルマを達成できなかった人では後者の方が褒められることもあるものです。 販売という業務に対して、目標としてのノルマが存在するのはある種致し方ない部分です。 けれどそこにはやはり、かなりの理不尽さを含んでいます。 これではカーディーラーの仕事に嫌気を感じてしまうのも当然です。 車離れや人口減少による将来性の無さ かつて車は若者の憧れでしたし、車を持つという夢に向かって頑張っていたものです。 車が無いとデートに行けないなんて時代もありました。 けれど現状はどうでしょう?車がどうしても欲しいなんて若者、とんと見ないですよね。 現代ではエンターテインメントも様々ですから、車があろうとなかろうとデートに困ることはありません。 また、税金に、保険に、駐車場代に、日々のガソリン代にとどんどんお金が飛んで行くのですから、お金のない若者にとっては、車が欲しくなる要素が見当たりません。 さらには少子高齢化に人口減少にと、新しく車を購入しようという人はどんどんと減ってゆきます。 自動車メーカーにとっては海外で売れば良いだけの話ですが、ディーラーにとっては死活問題です。 カーシェアなど各種サービスの発展も車離れに拍車をかけています。 毎日使うのでなければ、カーシェアでも十分に事足りますし、お金だってがぜん節約する事が可能です。 それでも無理をして車を手に入れたいという人はいるでしょうか?答えは言わぬが花でしょう。 このように、車はどんどん売りにくくなっています。 将来的にますます厳しくなるであろう業界にいつまでもいるのも不安ですよね。 沈みゆく船は早めに降りた方が良いに決まっています。 【日本の自動車産業は衰退するかも】 トヨタ社長の終身雇用が守れないは、日本全体というより、トヨタが大きくダウンサイジングすることを見越していると思ってて。 10年・20年で、車が自動運転で社会でシェアされるようになる。 タクシーで貸す以外は、所有がいなくなる。 — よっしー yossyzzz0123 と、ここまで自動車ディーラーのつらい現実について見てきました。 もちろんそれでもその仕事にやりがいを感じ、一生の仕事としたいのであれば、頑張って耐え抜くしかありません。 けれど「このままでは続けられないかも…」と少しでも思うのであれば、転職を視野に入れなくては成りません。 ハードなノルマや残業に休日出勤など、業界全体の問題です。 残念ながら個人の頑張りだけでは改善できません。 そんな皆様に向けて、自動車ディーラーからの転職状況について次章でご紹介してゆきます。 少しでも転職を考えてるいのであれば、役立つ情報満載ですから、是非チェックしてください。 自動車ディーラーは嫌なら辞めればいい。 転職先は豊富である さて、自動車ディーラーを辞めたいと思っているのであれば、一刻も早く転職活動を始めるのがおすすめです。 転職するのであれば少しでも若い方が有利ですし、ディーラー経験者は転職先も豊富にあります。 なぜディーラー経験者は転職に有利なのか、どんな職種が向いているのか、それぞれチェックしてゆきましょう。 前職自動車営業は引く手あまた 自動車営業職経験者であれば、その経験をうまく活かす事によって、転職活動も有利に進めることが可能です。 そもそもカーディーラーの仕事が大変な仕事というのは世間一般の共通認識です。 そんな業界である程度働き続けていたという事は、忍耐力があることの証明にもなります。 また、車が売りにくい商材であることは誰もが知る事実です。 そこである程度の営業成績を残しているのであれば、営業の技術が優れている事の証明でもあります。 さらに、車のディーラーであれば接客技術もしっかりと身についていますし、それも重要なアピールポイントです。 直接の対応はもちろんの事、電話での説明も得意なはずですから、様々な業種で応用が利くものです。 「カーディーラーしか経験したこと無いし…、転職なんでできるんだろうか…」なんて悩んでいる人もいるかもしれませんが、ご安心ください。 全然大丈夫です。 おススメの転職先の具体例 続いては、自動車ディーラーから他業種への転職を考えた場合、おすすめの職種をご紹介してゆきます。 自動車関連の製造業 自動車に関する知識は言わずもがなですから、即戦力になれますよね。 さらにディーラー経験者であれば、そこでの営業担当に配属される事になるでしょう。 営業と言っても、最終顧客に対しての営業ではありません。 法人に対しての営業ですから、早朝・深夜に問合せが来ることもありませんし、休日出勤での対応を求められることも皆無です。 >> コールセンター 電話対応に自信があるという人であれば、各種コールセンターもおすすめです。 クレーム対応などもありますが、個人対個人での対応では無いため、ディーラー経験者にとっては苦にならないレベルの話です。 しかもサポート体制が充実しているので、いざとなったら上司が対応してくれます。 また、とるべき電話は会社にあるため、予想外の時間に自分の携帯が鳴るなんて事はありません。 これだけでも心身ともにかなり楽ですよね。 販売業務 お客さん対応が好きという人であれば、営業技術を活かして、店舗での販売業務に挑戦してみるのもおすすめです。 洋服や家電など世の中には多くの接客業が存在しています。 それら商材は、仮に商品に問題があったとしても、販売員が直接その対応にあたることはありません。 あくまでも店舗やメーカーでの対応ですから、ただただ接客と販売に力を注げばよいのです。 もちろん時間外の営業といった事もありません。 外資系 タフな仕事でも平気という人であれば、思い切って外資系を目指すのもおすすめです。 自動車ディーラー同様にハードな仕事ぶりが求められることもありますが、きちんとした結果を残せば、しっかりと給与に反映されます。 自動車のように、売れば売るほどアフターサービスに追われ、その割に給与に反映されないなんて事はありません。 車が売れなくなっている現在、どこもかしこも似たり寄ったりな状況です。 ノルマは課せられますし、時間を問わない対応だって求められます。 これは先ほども言いましたが業界全体の問題で、個人の頑張りによって解決するものではありません。 せっかく転職するのですから、思い切って全く違う業界にチャレンジするのをおすすめします。

次の