小沢健二。 小沢健二 彗星 歌詞

タモリ絶賛!タモリは何故小沢健二の音楽が好きなのか

小沢健二

小沢健二の「彗星」は過去、現在、未来を1つの曲、わずか4分間の中でまさに美しい彗星のように縦横無尽に飛び回る曲だ。 同時に今までの時代を生きた人たちに賛辞を贈り、そして次の時代を担う子どもたちへエールを送るメッセージソングのようにも感じる。 しかし、生きていくなかで彼の楽曲、歌詞の持つパワーに触れ、惹かれていった。 だがそれは間違いだった。 2017年に突如シングル『流動体について』をリリース後、次々に新曲を発表し、もうすぐ待望のフルアルバム『So kakkoii 宇宙』もリリースする。 私はそんなアルバムの発売を待ちながらこの記事を書いている。 小沢健二が活動休止していた間も、彼が作った音楽はしっかりと「僕の部屋にも届いている」のだ。 そして私たち世代が作った音楽もまた、彼の元に届いている。 この曲が印象的なのは、「2020年」「1995年」「2000年代」と現在と過去を行き来していることだ。 度々挿入される流麗なストリングスの間奏が流れるたびに、時間軸が変わっていき、私たちをその時代に誘う。 当時の自分を現在の少年少女たちと重ね、思いを馳せているのかもしれないーー。 このストリングスが奏でられるたびに現在から過去、過去から未来へと時間を飛び回っている。 それはまるでタイムマシンのようであり「彗星」の正体なのかもしれない。 間奏の合間に繰り返し登場するサビでは高らかに「現在」について歌われている。 「日常」を「宇宙」という極めて大きな対象と対比させ、〈今の暮らし〉がいかに「奇跡」なのかを示しているのだ。 そして最後のサビでは、その暮らしについて〈なんて素敵なんだろう!〉とし、聴き手に訴えるかのようにリズムも変えている。

次の

小沢健二が消えたと思ったらアメリカ人妻と結婚していた!華麗なる家系図!

小沢健二

名前:小沢健二 おざわけんじ 愛称:オザケン 出身地:神奈川県相模原市 生年月日:1968年4月14日 出身高校:神奈川県立多摩高等学校 最終学歴:東京大学文科III類 小沢健二さんは、オザケンの愛称で親しまれたシンガーソングライターです。 小沢健二さんは東京大学時代からアマチュアバンドを結成し活動。 1989年に「フリッパーズ・ギター」として5人組バンドでメジャーデビューを果たしましたが、1stアルバムリリース後に音楽性の違いにより3人が脱退。 その後は小山田圭吾さんと小沢健二さんの二人体制となり活動していましたが、1991年には解散しました。 以降ソロアーティストとして活動し「今夜はブギー・バック」 1995年 などのヒット曲を生み出しました。 その独特な雰囲気・ファッションから「渋谷の王子様」と呼ばれた人気アーティストです。 エリザベス・コールさんは、1976年生まれのアメリカ人で名門ブラウン大学等を卒業した才女。 仕事は映像・文学・文筆活動などで、メキシコにある新聞社での報道写真・レポートや、その他にも雑誌への寄稿をされていたといいます。 結婚後は小沢健二さんの音楽活動を手伝う(舞台美術・デザイン等)ことがあるそう。 非常に優秀な女性のようです。 二人の馴れ初めについても語っています。 (以下は、嫁のエリザベス・コールさんがブラウン大学を卒業し、ニュー・スクール大学院に通っていた時のこと。 ) 僕が友人を通じてエリザベスに出会ったのは、彼女がグリニッチ・ヴィレッジにある、この大学院に通っていた頃です。 芸術や文学の好みが似ていただけでなく、政治や社会についての考えも話が通じたので、すぐに仲良くなりました。 引用: 小沢健二さんの嫁エリザベス・コールさんとみられる画像。 いくつか出回っている嫁写真ですが、最も信憑性のありそうな画像がこちら。 真ん中の、指を指している女性が嫁と見られる 【オザケン】小沢健二の子供は息子が2人~キラキラネームと話題に 小沢健二さんは言うまでもなく天才の家系で、嫁のエリザベスコールさんも名門ブラウン大学などを卒業した才女ということで、二人の子供たちはとてつもない天才になりそうです。 2019年現在、小澤夫妻には二人の子供がいます。 ・2013年6月 第一子男児 「凛音 りおん 」 奥様の出産と息子の名前を報告した際には、その名前の持つ意味についても触れています。 凜は回る水と植物の文字。 澄んだ音や寒気の「りんりん」としたさま(日本語オノマトペ辞典、語源辞典形容詞編)を踏まえて、「いきいきとしてかしこい」(日葡辞書、広辞苑より)「きりりとひきしまっていて勇ましい」(広辞苑)という意味を生むようです。 音については「聲なり。 心に生じ、外に節有る、之れを音と謂ふ」(説文解字)、「言は祝詞。 その言の祈りに神の反応があって、その器が自ら鳴るのを音という。 それは神の『音なひ』『訪ずれ』を示すものであった」(字訓)などの、興味深い記述を参照しています。 Rioはスペイン語で川です。 僕も妻も川に縁を持って育ったので、その思い出を映しています。 綴りはアイルランド語の「ライアン」に重なっています。 引用: ・2016年10月 第二子男児 「天縫 あまぬ 」 HPにて公開された名前の由来より。 『フクロウの声が聞こえる』の、 天を縫い合わす飛行機 その翼の美しさを という歌詞を憶えていますか? 銀色の機体が航跡雲を引いて、街と街の空を縫い合わす。 そんな意味で、天縫(アマヌ。 読みの抑揚は「アトム」と同じ。 「洗う」の抑揚ではなく)という名前です。 他人の子の名前にケチを付けるのは世の大人の慣いかと思いますが、お手柔らかに笑。 元気な子で、長男、凜音(リオン、りーりー)によく似ています。 引用: どちらともキラキラしたお名前ですが、「オザケンならば」と納得する声が多いようです。 確かにあまりギャップは感じませんね。 子供の画像はありませんが、タモリさん曰く小沢健二さんにそっくりとのこと。 オザケンに似ていると話していましたよ」 引用: ただ2014年に「笑っていいとも」で共演した時の話で、子供は当時まだ約1歳程度でしたので、また変わってきてるのではないでしょうか。 どちらに似ても、将来が楽しみな子供達です。 子供が生まれてからの小沢さんの楽曲は、それが影響されてかパパ目線のものが増えているとも言われています。 【オザケン】小沢健二の現在について 音楽活動・2016年には6年ぶりツアーを開催していた 小沢健二さんは、1998年にシングル「春にして君を想う」をリリースしてから、しばらく音楽活動を停止。 2000年代以降はほとんどメディア露出がなく過去の人状態でしたが、幾度かのアルバム・シングルリリースは行っています。 1998年以降から現在までのアルバム・シングルリリースは以下の通り。 アルバム• Eclectic 2002年2月27日• 刹那 2003年12月27日 アルバム未収録曲集• 毎日の環境学: Ecology Of Everyday Life 2006年3月8日• 我ら、時 通常版 2014年3月19日 …2010年春に行った全国ツアー「ひふみよ」音源• シングル• シッカショ節(2010年7月6日)配信限定 やはり少し音楽活動から遠ざかっていた感じもありますね。 ただ2010年頃よりライブツアーを開催するなど音楽活動が増えています。 ライブ活動としては2010年・2016年にツアーが行われ、その他美術館ライブや他アーティストライブに飛び入り参加等もしています。 2016年のツアーは、5月25日〜6月27日まで開かれ全国14公演が行われました。 さらに2016年のフジテレビ「27時間テレビ」では、小沢健二さんの「強い気持ち・強い愛」がテーマ曲に採用されています。 1990年代ほどの活発的な音楽活動ではないかもしれませんが、現在再びスポットが当たりつつあるのかもしれません。 これからの活動にも期待です。 また、22年ぶりに雑誌の表紙とインタビューに登場しました。 小沢健二さんは「インタビューされる方の中にすでに答えがあって、 その証拠を取りにくるようなことが多かったんです。 それが非常に不毛に感じてしまった」と語っていましたが、 13年ぶりのニューアルバム「So kakkoii 宇宙」のリリースを控えて「新作の話をするのが楽しいと思ったから」として取材を受けています。 インタビューでは新作収録曲の歌詞、ニューヨークから日本に戻ってきての心境の変化、日本での制作活動などについて語っています。 その他の活動 2000年代以降も音楽活動を細々と続けながらも、露出がめっきり少なくなっていた小沢健二さんは、その他にやっていたことがあるそうです。 ライブ限定で発売された小説「うさぎ!」とは? これは著・小沢健二で、父親の小澤俊夫さんが責任編集している季刊誌「子どもと昔話」で連載されていた物語の単行本です。 「うさぎ!」の内容としては、一般的な小説というよりもメッセージ性が強いものであったと言われています。 「豊かな国」を基準にして物事をとらえることに疑問を持つ少年「うさぎ」が、仲間たちと議論を重ねていく中で、広く物事を見ることができる視野を身につけていく物語だ。 普段私たちが良い意味で注目しているエコ・カーやセルフ・エスティームなどに、「うさぎ」たちの鋭い疑問が投げかけられている。 引用: 小説「うさぎ!」は小沢健二さんの実体験を元に作られているそうです。 小沢健二さんは1998年を境にメディアからも日本からも遠ざかり、のちの嫁・エリザベスコールとともに南半球を中心に世界を旅して回ったそうです。 この旅の経験から小沢健二さんは小説「うさぎ!」を執筆、また2007年頃にはそれにまつわる映画会も開いています。 映画会についても、現代社会を風刺するような反グローバリズム的な内容だとされています。 2007年頃には旅先で撮った映像を映画化して二人で上映会を開いている。 映画のタイトルは「おばさんたちが案内する未来の世界」。 ファンの間で話題のイベントになったが、上映は主に地方の小さなホールなどで行われた上、その実態はネット上での公開が禁止され、ほとんど幻の映画となっている。 当時参加したファンから聞いたところによると、南米の反グローバリゼーションの動きを旅人の立場から撮影した記録映画のような内容だったという。 引用:.

次の

【オザケン】小沢健二と嫁の結婚・子供・現在まとめ【息子の名前がキラキラネーム】

小沢健二

小沢健二の「彗星」は過去、現在、未来を1つの曲、わずか4分間の中でまさに美しい彗星のように縦横無尽に飛び回る曲だ。 同時に今までの時代を生きた人たちに賛辞を贈り、そして次の時代を担う子どもたちへエールを送るメッセージソングのようにも感じる。 しかし、生きていくなかで彼の楽曲、歌詞の持つパワーに触れ、惹かれていった。 だがそれは間違いだった。 2017年に突如シングル『流動体について』をリリース後、次々に新曲を発表し、もうすぐ待望のフルアルバム『So kakkoii 宇宙』もリリースする。 私はそんなアルバムの発売を待ちながらこの記事を書いている。 小沢健二が活動休止していた間も、彼が作った音楽はしっかりと「僕の部屋にも届いている」のだ。 そして私たち世代が作った音楽もまた、彼の元に届いている。 この曲が印象的なのは、「2020年」「1995年」「2000年代」と現在と過去を行き来していることだ。 度々挿入される流麗なストリングスの間奏が流れるたびに、時間軸が変わっていき、私たちをその時代に誘う。 当時の自分を現在の少年少女たちと重ね、思いを馳せているのかもしれないーー。 このストリングスが奏でられるたびに現在から過去、過去から未来へと時間を飛び回っている。 それはまるでタイムマシンのようであり「彗星」の正体なのかもしれない。 間奏の合間に繰り返し登場するサビでは高らかに「現在」について歌われている。 「日常」を「宇宙」という極めて大きな対象と対比させ、〈今の暮らし〉がいかに「奇跡」なのかを示しているのだ。 そして最後のサビでは、その暮らしについて〈なんて素敵なんだろう!〉とし、聴き手に訴えるかのようにリズムも変えている。

次の