車両保険。 車両保険|自動車保険のアクサダイレクト

車両保険は必要?車両保険の役割と判断基準

車両保険

誰もが車両を補償する保険に加入しているわけではない 「自動車保険」というと、法律で加入が義務付けられている「強制保険(自動車損害賠償責任保険)」と、自動車の運転者等が任意で加入する「任意保険」とがあります。 昔、沖縄の自動車損害賠償責任保険(以下、「自賠責保険」という)では対物事故の賠償損害を補償していたこともありますが、自賠責保険は自動車事故の被害者救済が目的であり、現在、補償される範囲は対人事故の賠償損害のみになっています。 また、補償の金額にも上限があり十分な補償とは言い難いことから、自動車を運転する多くの人が任意保険にも加入しているのではないでしょうか(加入率は73. 1%、注1・注2)。 任意保険には、事故により第三者を死傷させた場合や物を壊した場合の補償(対人・対物)、自分自身や家族など搭乗者が死傷した場合の補償(搭乗者傷害・人身傷害)、その他、事故により契約している自動車が壊れた場合の補償(車両)があります。 ただ、車両を補償する保険(車両保険)の加入率は42. 1%(注1)に留まっており、誰もが当然に加入しているとは言えない状況です。 車両保険に加入していれば、ほとんどの場合、水没の補償も受けられる 車両保険には、本当はいくつかの種類がありますが、一般に普及しているものとしては補償の範囲が広い『一般条件』の車両保険と、補償の範囲が限定された『車対車+A』の2つです。 言い換えると、車両保険に加入している人は相当の場合を除き、水没による補償を受けることができるはずです。 出所)東京海上日動火災保険「ご契約のしおり トータルアシスト自動車保険(総合自動車保険)」2013年10月1日以降始期契約より作成 水没による車両保険金の受け取りは3等級ダウンではない 自動車保険は1年間無事故であれば無事故等級が1等級アップして割引が進むのに対し、保険を使った場合には3等級ダウンすることは一般に知られていますが、2012年10月から新しい等級制度(事故の有無で異なる割引率を設定)が導入され、現在は、保険金を請求すると3等級ダウンするだけではなく、「事故あり割引率」が適用されるようになりました。 ただ、水没による車両の損害は、昔でいう「等級据置事故」であり、現在の制度では1等級のダウンと1年間の事故あり割引率の適用です。 したがって、昔と比較すれば、それでも一義的にはユーザーに厳しい内容ではありますが、他の事故と比較して保険金が請求しやすいようになっています。 とはいえ車両の水没は、自分の心掛け次第である程度は損害を未然に防げるはずです。 基本的には保険を当てにしないで損害の防止について考え、努めてください。 (注1)日本損害保険協会「ファクトブック2013 日本の損害保険」2013. 9 (注2)本稿で扱う「加入率」は損害保険会社が取り扱う任意保険についてであり、共済団体が取り扱うマイカー共済との契約を加味していない。

次の

車両保険の金額はいくらが目安(相場)なの?|チューリッヒ

車両保険

車両保険の補償範囲の設定 車両保険には、補償の範囲によって主に2つのタイプがあります。 一般条件 ご契約の自動車が盗難または衝突・接触・火災・爆発・台風・竜巻・洪水などの偶然な事故によって損害を被った場合に保険金をお支払いします。 車対車・限定危険 ご契約の自動車が相手自動車との衝突・接触によって損害を被り、相手自動車とその運転手または所有者が確認された場合、および火災・爆発・盗難・台風・竜巻・洪水などによって損害を被った場合にかぎり保険金をお支払いします。 注 電柱との接触による単独事故や相手車両とその運転手または所有者が分からないあて逃げ事故はお支払いの対象外となります。 「一般条件」と「車対車+A」のそれぞれの場合で保険金が支払われる事故の例は下表のとおりとなります。 )とその運転者または所有者が確認された場合にかぎり補償されます。 また、ご契約の自動車が二輪自動車または原動機付自転車の場合は補償されません。 ただし、ご契約の自動車の所在が確認できない事故であって、かつその原因が明らかでない事故を除きます。 保険料は「車対車・限定危険」より高くなりますが、万が一の事故に備えて、補償範囲が限定されていない「一般条件」をおすすめします。 車両保険の自己負担額の設定 車両保険をご契約していただく場合、自己負担額の設定をしていただきます。 ご契約いただいた車両保険で事故による保険金をお支払いする際には、修理費などの損害額から自己負担額を差し引いた額が支払われます。 万が一の事故に備えて、自己負担額を差し引かない、自己負担額「なし」の設定をおすすめします。 注 ご契約の自動車が全損の場合(修理できない場合または修理費が協定保険価額以上となる場合)は、自己負担額は差し引かれません。 自己負担額は、1回目の事故と2回目以降の事故で異なる金額を設定する増額方式と、事故回数に関わらず同額を設定する定額方式があります。 設定できる自己負担額は、お客さまの契約条件やご契約の自動車の用途車種によっても異なります。

次の

車両保険|自動車保険はソニー損保

車両保険

車両保険は必要なの? 自動車保険の補償の1つである車両保険。 そもそも何を補償するのか?必要なのか? などよくある疑問点について解説します。 車両保険は、自分の車の修理費等を補償する保険です。 例えばこんな場合に、保険金額を限度に保険金が支払われます。 車同士の事故で、契約車両が壊れた• 契約車両に落書き・いたずらされた• 契約車両が盗難にあった• ガードレールで契約車両をこすった (「一般型」のみ)• 当て逃げされた (「一般型」のみ) 大きな事故で修理ができない場合は、車を買替える費用として保険金を充てることができます。 台風や洪水などで車がダメになった場合も車両保険があれば備えることができます。 事故の相手方から修理代が支払われるから不要では?というご意見もあります。 もちろん相手方が自動車保険に加入している場合、相手の対物賠償から保険金が支払われます。 しかし、注意してほしいのが、事故には過失割合があり、自分の過失割合分までは相手方からは支払われません。 車両保険があれば、自分の過失割合分も保険金が支払われます。 もちろん、相手のいない事故や自然災害の場合は、自分の車両保険がなければ保険金が支払われません。 車の修理代は高額になることもあり、急な出費に備えるためにも、車両保険をつけることをおすすめしています。 ただし、車両保険の有無で保険料は大きく変わってきます。 また車両保険の種類によっても保険料は変わってきます。 保険料がどれくらいになるかをご確認のうえ、車両保険の有無を決めてください。 保険料がどれくらいになるかは、で簡単に調べられます。

次の